演劇

鎌塚氏、腹におさめる

M&Oplaysプロデュース 鎌塚氏、腹におさめる   2017年8月

作・演出倉持裕、「完璧なる執事」鎌塚アカシ(ナイロンの三宅弘城)が活躍するスクリューボールコメディの4作目。さすがの楽しさ、安定感で、3作を超えればもう寅さんへの道かも。今回のマドンナはチャーミングな二階堂ふみだ。本多劇場、最前列で7000円。休憩無しの約2時間。

錦小路サネチカ公爵(大堀こういち)が屋敷の離れで亡くなる。探偵気取りのお嬢さまチタル(二階堂)は、毒舌の叔父・ヤサブロウ(眞島秀和)を探り始め、当然ながらアカシも手助けするが…
密室や時間の本格風に、亡き公爵がうろうろしちゃう「ゴースト」テイストなどをふりかけつつ、ラストは亡き母を含めた家族の情でほろりとさせる。まさに寅さんの巧さです。

二階堂はフリフリドレスがよく似合い、歌も披露。三宅と、お馴染みライバル・スミキチ(ペンギンの玉置孝匡)が、ワインとスイカなど、息の合ったギャグで笑わせる。2人とも執事衣装で、のっけから汗だくなのが気の毒だけど。ここに草木を枯らす園丁の矢田部俊(我が家)と、同時にふたつのことができない料理人の猫背椿(大人計画)がからんで、いいリズムだ。大堀が鷹揚で、ギターも巧い。ナイロンの旗揚げメンバーなんですねえ。白スーツの眞島もはまり役。

夢のある屋敷内と離れの、リカちゃんハウス風セットを暗転でつなぐ。美術は中根聡子。プログラムの赤堀雅秋、長塚圭史、大矢亜由美プロデューサーとの鼎談も個性的で面白かった。

20170806_006

鳥の名前

コムレイドプロデュース 鳥の名前  2017年7月

人気の赤堀雅秋作・演出。「屈指のダメ人間」揃いの日常を襲う、トホホな事件を温かく描く。名前なんかわからなくても、鳥はただ生きて、空を行くだけ。演劇好きが集まった感じの下北沢ザ・スズナリ、ほぼ中央で5500円。休憩無しの2時間。

ボロアパートの大家・金子(最後の舞台、と強調する新井浩文)が、よせばいいのに住人の金森明菜(名前が謎。ナイロンの村岡希美)を、寂しい自転車屋の中村さん(赤堀)に紹介する。金森がつきまとわれていると聞き、何故か友人の池田(今回の公演の言い出しっぺらしいハンチョー・山本浩司)を連れて、元カレの東(お馴染み荒川良々)、舎弟・平田(松浦祐也)に会いに行くが、よりによって東に因縁をつけにきたチョー危ないヤクザ柳(水澤紳吾)に、まとめて拉致されちゃう。

戯曲のいい味わいを、俳優陣が個性全開で肉付けする。まず新井の飄々加減が絶妙だ。痴漢冤罪の過去を持つ赤堀、そろそろ身をかためるつもりの山本という、冴えない凡人に寄せるシンパシーが切ない。
飛び道具系もさすがだ。いきなりサウナでスローモーションの荒川は、持ち前の子供っぽさで、粗暴なキャラをチャーミングに見せちゃう。村岡はわざとらしさが真に迫る。何より水澤の、意味不明な切れっぷりが凄まじい。「クヒオ大佐の妻」では驚きの親子2役だったしなあ。
対して振り回されてばかりの山本と、スナックで働く彼女・井端珠里の透明感が爽やかだ。事件の発端となる地下アイドルに根本宗子、そのファンで、ファミレス店員に飯田あさと。シンプルな2段セットは袴田長武。マニアックかなあと思ってたけど、チケットがとりにくいのもちょっと納得。

20170730_003

NINAGAWA・マクベス

蜷川幸雄一周忌追悼公演 NINAGAWA・マクベス  2017年7月

蜷川幸雄演出の「仏壇マクベス」として、あまりに有名なシェイクスピア劇。1985年英国公演などで世界のニナガワを確立した代表作を観る。圧倒的な様式美、小田島雄志の一部七五調の翻訳で、死と隣り合わせの運命、変わらない人の愚かさを描きだす。
個人的に度肝を抜かれるほどではなかったけれど、海外で評判だったのがうなづける鮮やかさだ。今回は香港からの凱旋公演で、このあと英国、シンガポールに展開。年配客が目立つ、彩の国さいたま芸術劇場大ホール、中ほど上手寄りで1万2000円。休憩を挟み約3時間。

安土桃山風セットは、ニナガワのひらめきを妹尾河童が形にしたという。おびただしい死者と向き合う仏壇、端正な紗幕の障子と板塀、不吉きわまりない赤い月、復讐の連鎖を見守る十二神将像。3人の魔女は花かんざしの女形で、幣を振り、登場シーンは一面に桜吹雪。バーナムの森も満開の桜で、無常感をかきたてる。
辻村寿三郎の衣装もきらびやか。マクベス夫妻の大きなかんざしを刺した髪形が不思議だ。国崩しの「王子」か、高貴なおすべらかしか。

登場人物で一番目立つのは、実は二人の老婆(羽子田洋子、加藤弓美子)かもしれない。客席から登場して仏壇の扉を開け、左右端に座り込む。気ままにお弁当を食べたり、千羽鶴を折ったり編み物をしたり。敵味方なく、残酷な死には声をあげて嘆きつつ、どろどろ権力闘争を傍観し続ける。無力でしたたかな庶民。
マクベスの市村正親は気合十分。滑舌が気になるものの、大詰め、老いを強調したメークでの絶唱「思えば長いこと生きてきたものだ…ついには歴史の最後の瞬間にたどりつく」が深い。マクベス夫人の田中裕子は悪女というより、ひたすら夫を思う造形で、錯乱シーンがさすがに巧い。
布陣は盤石。裏切られる盟友バンクォーに辻萬長、マクベスを倒すマクダフに大石継太、ダンカン王に瑳川哲朗、門番に石井愃一、魔女は4代目雀右衛門門下の中村京蔵ら。立ち上がる王の息子マルカムでは、ネクストシアターの堅山隼太が健闘。

巨大な鏡の「十二夜」、薔薇が降りしきる「ヘンリー六世」、被災地に涙した「たいこどんどん」、雨の非日常感が圧巻だった「血の婚礼」…。改めて蜷川さんの稀有な才能を思う一日でした。

20170729_008

20170729_013

20170729_019

あっこのはなし

マームとジプシー10th Anniversary Tour あっこのはなし  2017年7月

猛スピードで上演を畳みかける作・演出の藤田貴大も32歳。同世代OL3人組の脱力系の日常や不安を、笑いたっぷりに描き、新しい一面を見る思いだ。リフレインはいつも通りながら、死への拘泥は影をひそめている。演劇関係者が多そうな、彩の国さいたま芸術劇場小ホール、自由席で3000円。休憩なし2時間弱。

とある地方都市。学校事務で働く、しっかり者のあっこと、同級生で陽気なアパレル勤めイノちゃん、後輩でマイペースのフミちゃんがシェアハウスに住み始める。街コンで、あっこに初彼氏らしき人ができるけど、相手はオタクっぽい。一方、イノちゃんはバー経営者と付き合い始めるものの、既婚者で…

2016年、新宿の新劇場LUMINE0のオープニングだったという作品。ハイキングや岩盤浴など3人のささやかなオフタイムや、他愛無いおしゃべりのなかに、婦人科系やら脱毛やら、かなり生々しい「おんなトーク」がまじる。自分の生に向き合うさまは真剣だ。
一方、笑いは案外ベタ。スクリーンに「あっ、このはなし」など駄洒落を映し出したり、北海道出身者あるあるを繰り広げたり。余裕とみるべきか。
出演は石井亮介、伊野香織、小椋史子、斎藤章子、中島広隆、船津健太。音楽UNAGICICA、映像・召田実子、衣装・荻原綾。劇団設立10周年記念公演で、ほかに過去の作品の再編集も。

20170723_009

20170723_008

怒りをこめてふり返れ

2016/2017シーズン演劇「怒りをこめてふり返れ」   2017年7月

「JAPAN MEETS… 現代劇の系譜をひもとく」シリーズとして、1956年初演、社会現象「怒れる若者たち」を巻き起こしたというジョン・オズボーンの戯曲を、水谷八也による新訳、千葉哲也のみずみずしい演出で。「ヒストリーボーイズ」などの中村倫也(ともや)が、休憩を挟み3時間強、時代の閉塞に対する膨大な怒りのセリフを放出。切なさと現代性を感じさせる。新国立劇場小劇場の下手端、中段で5900円。

イギリス中部の田舎町。登場人物は5人だけで、屋台のキャンディー屋ジミー(中村倫也)と相棒クリフ(浅利陽介)、中産階級出身のジミーの妻アリソン(「鱈々」などの中村ゆり)が住む安アパートへ、アリソンの友人ヘレナ(三津谷葉子)が訪ねてくる。殺伐とした暮らしをみかねて、インド駐在だった父レッドファーン大佐(真那胡敬二)とともにヘレナを実家へ帰すことにするが…。

休日の夕方、新聞を読むほか楽しみもない。中村倫也が大声で、ぱっとしない妻や保守的な妻の家族、先行きに希望をもてない境遇、大義なき社会を罵倒しまくる。背景にあるのは、介入したスペイン内戦での敗北や、1956~57年の第2次中東戦争(スエズ紛争)ではっきりした英国の斜陽だ。だが、その苛立ちは、昨今のトランプ現象とか、短絡的なネトウヨとかにも通じる気がして、古びていない。

怒声が延々続くのだけれど、決して下品ではない。メディア情報と無力感を胸にため込んだジミーの息苦しさを、物理的に、生々しく伝える。肉声による舞台ならではの効果。だからこそ、実らないヘレナとの関係、そして傷ついたアリソンとの再会が、深い後悔を漂わせて哀切だ。反逆者というよりも、孤独で未熟な若者同士の、不器用な愛の物語。名作だなあ。

中村倫也のチャーミングさ、色気に対し、中村ゆりは透明で、疲弊した前半から、芯の強さを示す大詰めにかけて、しり上がりに存在感を増す。曲者・浅利が愛なのか友情なのか、曖昧に2人の「緩衝地帯」を演じて、全体を引き締める。溌剌とした三津谷も健闘。元グラドルなんですね。

屋根裏部屋のワンセットは、斜めにねじれたような壁や深い奥行が閉塞を象徴する。アイロン台、水バケツやベッドが雑多に並ぶ。美術はお馴染み、二村周作。劇中ではトランペットなど、ニューオリンズジャズが多用される一方、冒頭とラストの強いライトの明滅とラップ、足を踏み鳴らすような音が、50年代と現代を結ぶ。
客席には河原雅彦さんらしき姿も。

20170722_008

OTHER DESERT CITIES

OTHER DESERT CITIES  2017年7月

2010年ジョン・ロビン・ベイツ作の家族劇を、「紙の月」などの早船歌江子が翻訳・台本、「狂人なおもて往生をとぐ」などの俊英・熊林弘高が演出。名手・中嶋しゅうが初日舞台上で倒れ、急逝するという、信じられない不幸を乗り越えての公演だ。梅田芸術劇場の主催。年配女性が目立つ東京芸術劇場シアターイースト、上手寄り後方で9500円。休憩を挟み2時間半。

設定はイラク戦争さなかの2004年クリスマスイブ。砂漠の街・パームスプリングスにあるワイエス家に、鬱を患っていた娘ブルック(寺島しのぶ)が帰ってくる。近く出版する小説で、家族の辛い過去を描き、共和党実力者の父ライマン(急遽代役となった斎藤歩が健闘)と高圧的な母ポリー(佐藤オリエ)を告発するという。ちゃらいバラエティー制作者の弟トリップ(中村蒼)、ポリーの世話になりながら反発するアル中の叔母シルダ(麻実れい)をまじえた確執の果てに、真実が語られる…

それぞれに病んだ家族の再生を、白ボックス数個がメーンのシンプルなセットで淡々と描く。ボックスに潜ったり乗ったりする動きや、客席前方でト書きを読んで、シーンを相対化するあたりがスタイリッシュだ。美術は島次郎。
出演陣では佐藤が、折り目正しくペースを保持して、対立する寺島、麻実を寄せ付けない。さすが俳優座出身。中村が屈折を表現して、なかなかの色気を発揮する。肝心の大詰めではヘッドホンをかぶって引きこもっちゃう。

戯曲はベトナム戦争からトランプまで、政治への言及が多いけれど、麻実主演の「炎 アンサンディ」などと比べちゃうと、切迫感は薄い。軸となる母娘関係は、言ってしまえばお馴染みの構図だし。やはり米国のエスタブリッシュメントのお話なのかな。
客席には高良健吾らしき姿も。

遺作となってしまった中嶋さんは、名作「炎…」をはじめ、妻・鷲尾真知子と共演した「狂人なおもて…」や、やはり熊林演出が出色だった2014年「おそるべき親たち」などで観てきました。シビアな物語でも、そこはかとなく色気やペーソスを漂わせて舞台に深みを与える、重要な存在でした。合掌。

20170716_007

20170716_011

部屋に流れる時間の旅

チェルフィッチュ20周年記念「部屋に流れる時間の旅」  2017年6月

岡田利規作・演出の演劇カンパニーによる追加公演。音・美術は美術家の九門剛史。喪失と再生の真面目な物語を、床に置いたライトなど多様な小道具を動かしつつ、淡々と語る。シアタートラム、全席自由の中段を選んで3150円。2016年の京都初演後、世界16都市を巡回したという。休憩無しの75分。

設定は2012年。一樹(吉田庸)の部屋では、震災直後に亡くなった妻・帆香(マームとジプシーでお馴染みの青柳いづみ)が息づき続けている。亡くなった者、過去の抱いた「とても不幸な出来事だったけど、世の中が良くなる気がする」という希望が悲しい。私たちは、そんなに良くなりはしなかった現在を知っているから。それでも男は、訪ねてきたありさ(安藤真理)と、未来に踏み出そうとする。頭脳派という印象。

俳優3人は緊張感の高い演技。これよみがしではなく、吉田が客席に背を向けて椅子にかけたまま、足をぐらぐらさせる、といった不安定さはインパクトがある。
一方で動く小道具や音響は、仕掛けが満載だ。風に揺れるカーテン、回るターンテーブル…。面白いんだけど、ちょっと消化不良気味かな。

20170625_002

髑髏城の七人 Season花

ONWARD presents劇団☆新感線「髑髏城の七人」Season花 Produced by TBS  2017年6月

東京・豊洲で3月にオープンした「IHIステージアラウンド東京」のこけら落とし公演。客席周囲360度を、ドーナッツ状にステージが取り囲み、直径33メートル、1300人を載せた客席の盆がまるごと回転して、眼前にシーンが展開していく。スクリーンの映像が連動して、間口の広いステージがさらに広がり、どでかいスケール感を存分に楽しめる。視界は最大180度とか。
オランダに次ぎ世界で2例目という、まさに遊園地の一大アトラクション体験だ。観る側も動いて、舞台の躍動とオーバーラップ。これは体感する価値あり! 女性グループが多め、お祭り気分の客席の、下手寄り後方ブロックCで、1万3000円。休憩を挟んで4時間近いけど、あっという間です。

お話は1990年初演の劇団代表作とのことで、遊園地にふさわしいシンプル、かつファンタジーなチャンバラ活劇だ。黙阿弥ばりの大仰な台詞と見得の連続、はっきりしたキャラが気持ちいい。
時は信長亡きあとの乱世。風来坊・捨之介(小栗旬)が、関東の覇権を狙う暴虐・天魔王(成河)と対決し、屈折した色里の主人・蘭兵衛(山本耕史)がからむ。捨之介に共感して、健気な沙霧(清野菜名)や気風のいい花魁・極楽太夫(りょう)、暴れん坊の兵庫(青木崇高)、ただ者でなさそうな浪人・狸穴二郎衛門(近藤芳正)、そして変人刀鍛冶・贋鉄斎(古田新太)らが結集する。
小栗が爽やかに、時に飄々と漫画チックな舞台を牽引。全員、駆け回るけど、特に小柄な清野が飛んだり跳ねたりで大活躍だ。ハスキーな声もチャーミング。高橋英樹への道を歩むかのような山本のアクの強さに、成河のキレはちょっとかすみがちか。古田が安定のギャグで沸かせる。

横長のパノラマを生かした花畑や本水の雨、河、飛び去る鳩、上下にも動くCGがインパクト大。奥行の不足を鏡で補う工夫も。蜷川さんだったら、どう使うかなあ。キャスト、演出を替えて4バージョン、1年3カ月という超ロングランだそうだ。作・中島かずき、演出・いのうえひでのりの、エンタメ設計力に舌を巻く。

2020年いっぱい、期間限定の劇場。ロビーでは木村屋の特製あんぱんなどを楽しめる。客席には藤原竜也、木梨憲武らしき姿も。

20170611_009

20170611_028

20170611_030

20170611_038

クヒオ大佐の妻

クヒオ大佐の妻  2017年6月

映画「クヒオ大佐」(2009)の吉田大八監督による作・演出で、「紙の月」(2014)で絶賛された宮沢りえと、再びタッグを組んだ舞台。一見普通の主婦が暴走するんだけど、宮沢は全くみじめに見えず、美しい。ただ吉田さんは舞台2回目のせいか、刺激的な設定と配役の割に、説明調のセリフが多いのはもったいなかったかな~ コアな演劇ファンが集まった感じの、コンパクトな東京芸術劇場シアターウエスト最後列で7600円。休憩無しの2時間弱。

雑然とした安アパートのワンセット。洋裁仕事でミシンを踏む夏子(宮沢)の部屋に、宅配便の配達員・今井(お馴染みハイバイの岩井秀人)が訪れ、高校の同級生で憧れていた、夫の結婚詐欺師クヒオ大佐のことを聴かせろ、と上がり込む。そこへクヒオに金を貢いだという佐知江(ハイバイの川面千晶)、同じアパートに住む子供シンイチと、その父でクヒオに妻を寝取られた河端(水澤紳吾がなんと2役!)がからむ。

1970年代から90年代にかけて、米軍パイロットを自称した実在の詐欺師クヒオが題材。ただクヒオ本人は登場せず、待ち続ける夏子のなかで膨らんでいく、妄想の異様さを描く。この空疎の正体は、いったい何なのか?
プログラムなどで宮沢が着ているスカジャンが、アメリカ支配を強く示唆し、中東の紛争も話題になる。とはいえ、いまひとつ焦点を結びにくかったかなあ。はすっぱながら温かみが漂う川面は、宮沢といいバランス。水澤が怪演。

20170610_015

天の敵

イキウメ「天の敵」  2017年6月

お馴染み前川知大作・演出。アンチエイジングへの疑問を通して、「生きるに値する人生」というものを見つめるSF。喋りっぱなしの浜田伸也、それを受け止める安田順平の巧さ、切なさが、いつにも増して際立つ。東京芸術劇場シアターイーストの中央最前列で4800円。休憩無しの約2時間。

エセ科学などを追及してきたジャーナリスト寺泊(安田)は、近ごろ妻(太田緑ロランス)が心酔する謎の菜食カリスマ・橋本(浜田)にインタビューする。戦前の医師・長谷川卯太郎の孫では、と迫ると、浜田は自分こそ長谷川本人であり、122歳になると主張する。

ほぼ全編が、長い長い橋本の告白だ。食材の瓶がずらりと並ぶスタイリッシュなキッチンのワンセットに、若き日の長谷川(松澤傑)や、完全食のアイデアをもたらす時枝(森下創)、長谷川の異常な食と長寿を支え続けた先輩医師(渋い有川マコト)、それを受け継ぐ孫夫妻(盛隆二、ナイロン100℃の村岡希美)らが次々に出入りして、印象的なストロボ音を挟みながら、橋本の来し方をテンポよく見せていく。美術は土岐研一。

人体改造というグロテスクな選択をした橋本は、それゆえに、しんと孤独だ。欠食から飽食へ、健康ブームへ。戦後日本の食事情の劇的変化にも、戸惑うばかり。だからこそ、唯一の友人だったチンピラ(大窪人衛)、そして橋本のすべてを受け入れた助手(小野ゆり子)が示す、素朴な共感が、胸に迫ってくる。それこそが、100年以上生きて掴んだ真実なのか。「家庭内失踪」などの小野が健気だ。

前川は調理師免許を持ち、今回の戯曲のために3日間の絶食も試みたとか。往年の名作「ポーの一族」など、いろんなイメージを詰め込んでいて、ときに理屈っぽい気もするけれど、荒唐無稽な物語に、確かな手触りを感じさせる。
最近、黒沢清が代表作を映画化してカンヌへ出品。乗ってるなあ。

20170604_001

より以前の記事一覧