演劇

炎 アンサンディ

炎 アンサンディ  2017年3月

レバノン出身、カナダ、フランスで活動するワジディ・ムワワドの2003年の戯曲を、早大教授の藤井慎太郎が翻訳、文学座の上村聡史が演出。2014年に数々の演劇賞を受けた舞台の再演を、最終日滑り込みで観ることができた。
人はどこまで残酷になれるのか、沈黙を貫くということ、そして約束を果たすこととは。初演のスタッフ、キャストが集結し、人間の尊厳を問う重いストーリー、秀逸な演出、演技が激しく心を揺さぶる。年配の芝居好きが集まったシアタートラムの下手中段で6800円。休憩を挟み、緊迫の3時間半だ。

5年も心を閉ざしていた中東系カナダ女性ナワル(麻実れい)が、世を去った。公証人エルミル(中嶋しゅう)は双子の子供、数学者ジャンヌ(文学座の栗田桃子)とボクサーのシモン(小柳友)に謎の遺言を伝える。「あなたたちの父と兄を探しだし、手紙を届けてほしい」と。姉弟は戸惑い反発しながらも、封印された母の過去をたどり始める。
中東の内戦を舞台にしているが、世界の不確実性が高まる現在、憎しみの連鎖の不条理が鮮烈に迫ってくる。目を背けたくなる過酷さに対し、戯曲は決して声高に理屈を叫ばない。スリリングな謎解きでぐいぐい引っ張り、衝撃の真実が明らかになってからは、一人ひとりの愛する力を信じる、静かで強靭なメッセージへとなだれ込む。

俳優陣が頼もしい。なんといっても、ナワルの恋する少女時代から闘う40代、深い悔恨を示す60代までを演じ切る麻実が圧巻。凛としたたたずまいと深い声で、説得力抜群だ。また岡本健一も見事で、ナワルの純な恋人や、ロックを歌いながら殺戮を繰り返しちゃうキレキレの狙撃兵ら、雰囲気の違うキーマン数役をこなす。
劇中で成長していく栗田、小柳に切なさがあるし、お馴染みの中嶋は飄々と温かい雰囲気がいい。ナワルの親友サウダなどの那須佐代子(青年座)、元看護士アントワーヌなどの中村彰男(文学座)も達者。特に小柳はチャーミングで、「マーキュリー・ファー」「BENT」と、実にいい仕事を選んでいるなあ。

演出も洗練されており、時空を超えて人物が交錯する複雑な設定を、小ぶりの椅子、大きな布などのシンプルなセットで、手際よく提示する。意表をついて人物が出入りする小さい穴や、雨のなか家族を包むシートの存在が印象的だ。美術は「豚小屋」などの長田佳代子。

20170319_002

足跡姫

NODA・MAP第21回公演「足跡姫」~時代錯誤冬幽霊(ときあやまってふゆのゆうれい)~  2017年3月

作・演出野田秀樹。2012年にみとった盟友18代目中村勘三郎へのオマージュと宣言し、肉体の芸術が死によって消える切なさ、それでも滅びない情熱=足跡、舞台人の覚悟を、実力派キャストでストレートに歌いあげた。
近作に目立った政治メッセージは影をひそめ、掛け言葉やリズミカルな足拍子など、遊びがぎっしり。イメージの奔流、そしてほとんど反則技の涙で押し切っちゃう。潔いなあ。男性客が目立つ東京芸術劇場プレイハウス、下手バルコニートップのいい席で9800円。休憩を挟み3時間弱。

江戸時代のどこか。踊り子の三、四代目出雲阿国(宮沢りえ)と、弟で劇作家となる淋しがり屋サルワカ(妻夫木聡)は禁制の女歌舞伎を続けるため、将軍御前での上演を目指す。
勘三郎を体現する宮沢が、いつもの透明感で舞台を強力に牽引。阿国の色気と足跡姫の野性の対比が際立つし、ダンスも進化(振付は「逆鱗」などの井手茂太)。対する野田の役回りとなる妻夫木は、声が通って、頼りなさと明るさがいい。2007年「キル」から「南へ」「エッグ」と、戯曲に押され気味かと思ってたけど、確実に成長してますねえ。
サルワカを助ける売れない幽霊小説家(古田新太、得意の殺陣も少し)、実は幕府転覆を企てた由井正雪の亡霊や、正雪配下の戯けもの(佐藤隆太)、正雪の遺体を追う腑分けもの(野田秀樹)、座長・万歳三唱太夫(池谷のぶえ)と妹分・踊り子ヤワハダ(鈴木杏)が複雑にからんでいく。皆さすがの安定感だ。伊達の十役人を、野田版やコクーン歌舞伎、平成中村座の参謀だった中村扇雀が演じ、コミカルに舞台回しを務める。

ベースになるのは2月の歌舞伎座で予習した、寛永元年(1624年)に江戸歌舞伎を開いた初代勘三郎の物語。盆と花道を備えたシンプルなセットに、修羅能「田村」からすっぽん、揚幕の金輪まで、歌舞伎っぽさを散りばめていて楽しい。さらにはカヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲! シネマ歌舞伎で観た「野田版研辰の討たれ」を思わせる仕掛けは、問答無用の慟哭だ。すべてが虚構である舞台を、共に体験できる幸せ。美術はお馴染み堀尾幸男、ドキッとする薄物など衣装はひびのこづえ、作調は田中傳左衛門で囃子も。
分厚いパンフレットで、野田さんが綴る勘三郎の足跡のエピソードが素晴らしい。戯曲の載った「新潮」も買っちゃった。

20170304_008

20170304_011

陥没

シアターコクーン・オンレパートリー2017 キューブ20th.2017 陥没  2017年2月

作・演出ケラリーノ・サンドロヴィッチ。2009年「東京月光魔曲」、2010年「黴菌」に続く昭和3部作の最終作ということだけど、従来の妖しさ、毒気はすっかり影をひそめ、ハートウォーミングなほどの人間喜劇だ。五輪の前、歴史上まれな高度成長という時代の明るさ、余計なことを考えずにすんだ日常へのオマージュということか。豪華キャストが皆、非常にはまり役だし、照明などが高水準で、まとまりがある。客層が幅広いコクーン、上手寄り後ろの方で1万円。休憩を挟み3時間半だが、長さは感じない。

昭和38年、東京。瞳(小池栄子)は亡き父が遺したホテルのプレオープンで、前夫・是晴(井上芳雄)と若い結(松岡茉優)の婚約披露パーティーを引き受けるが、浮浪者の一団が部屋に入り込む騒ぎに。ダメ夫・真(生瀬勝久)を含む、じれったい4角関係を軸に、是晴の母(安定感の犬山イヌコ)や弟(瀬戸康史)、結の恩師(色っぽい山西惇)らが出入りし、互いを思う大人の群像劇が、小津安二郎ばりにしみじみさせる。さらに瞳の父(山崎一)の亡霊が是晴との復縁を画策して「魔法」を使うあたりは、「奥さまは魔女」のようで、ベタなほどのファンタジックコメディだ。

俳優陣はそれぞれ持ち味を発揮。背筋の伸びた小池は凛として健気、井上はだらしないけど善人。ピュアな瀬戸が達者で、影がある松岡と好対照を見せる。何やら画策する生瀬は胡散臭く、瀬戸についてきた長髪男や金貸しの山内圭哉はもっと胡散臭い。ホテルスタッフで小池の親友・緒川たまきの軽妙なリズム感が際立ち、瞳の幼馴染の趣里、そのマネージャー・近藤公園も安定。美しいマジシャン高橋惠子が、貫禄で全体を引き締める。神様の声はお馴染み峯村リエと三宅弘城。

ホテルロビーの3階建てワンセットと、背景で揺れる色づいた樹木がお洒落(美術・BOKETA)。照明(関口裕二)も冒頭・回想シーンのモノクロ風や、白塗り亡霊へのスポットが巧く、オープニングクレジットの客席横まで使ったプロジェクションマッピングも美しい(映像・上田大樹)。
テニスとか新幹線といった昭和なキーワード、そして家具調の東芝!製テレビから電器屋が謎のミイラを取り出すエピソードやらが楽しい。それにしてもタイトルの意味は何だったんだろうなあ…

20170225_002

お勢登場

お勢登場  2017年2月

作・演出倉持裕。やや年齢層若めのシアタートラム、上手寄り中段で6800円。休憩無しの2時間半。
江戸川乱歩の8本もの短編を、謎の女・お勢(黒木華)を軸に構成。ナンセンスコメディやテレビコントも書く作家だけど、今作は奇妙な味わいと、バラバラの物語をパズルのようにつないでいく技巧が際立つ。1Fに並べた3セットを前後に出し入れし、セットの2F部分、紗幕や映像も駆使。一つひとつシチュエーションの意味を細かく説明しないけれど、テンポが速くて心地いい。複雑な美術は「シブヤから遠く離れて」などでお馴染みの二村周作。

盛り込まれたエピソードは、乱歩デビュー作である「二銭銅貨」の暗号や、明智が初登場した「D坂の殺人事件」の密室という「本格」要素もさることながら、いかにも乱歩らしい人間心理の倒錯がたっぷり。病身の夫を衝動的に長持に閉じこめる「お勢登場」や、生々しい絵が題材の「押絵と旅する男」、変装して自分の妻と浮気しちゃう「一人二役」などが、観る者をぞくっとさせる。大正から昭和にかけての凌雲閣、花屋敷の木馬、見世物小屋の覗きからくりといった道具立てもキッチュで怪しい。

とはいえ、コケ脅しのエログロはほとんどなし。トントンと舞台転換していくせいか、透明感のある黒木の持ち味なのか。笑いも随所に散りばめられ、突如高らかにスタイリスティックスを吹く梶原善や、警官役までこなしちゃうお馴染み片桐はいりが達者だ。
「マーキュリー・ファー」のナズが印象的だった長身の水田航生は、探偵役などで爽やか。ほかに寺十吾(じつなし・さとる)、千葉雅子、川口覚らがくるくると何役も演じて巧かった。

20170219_002


生きてる時間

カタルシツ演芸会 生きてる時間  2017年2月

作・演出前川知大。イキウメ別室カタルシツの5作目は、なんと古典落語の柳家三三と共演する意欲作だ。2008年上演の戯曲「表と裏と、その向こう」の設定をベースにしたという(内容はだいぶ違うらしい)独特のブラックSF。「座布団一枚の小宇宙」落語が持つ最強のイメージ喚起力と、冷静な語り部でもあるという役回りが、同様にイメージ豊かなイキウメ節と噛み合って、面白い。あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)、なんと2列目で4000円。休憩無しの約2時間。

近未来のとある町。全住民が埋め込み型IDチップでプライバシーを管理されるかわりに、税金はタダ、という社会実験中だ。裏では集めたデータからそれぞれの寿命を算出し、「生きる時間」の売買が横行している…
時の流れというものは誰にも平等なようでいて、実は一分一秒の重みは人と場合によってずいぶん違う。そして時間は濃密であれば幸せ、というわけでもないのだ。管理された時間からの、勇気ある逃走。

白いボックスを並べただけのシンプルなセットに、まず三三が登場。歌丸さんの近況、池袋は落ち着く、お客さんのファッションもしまむら?といった軽妙なマクラから、町の秘密を知る老医師夫婦のエピソードを語る。続いてコンビニの男(安井順平)、謎にせまる若い甥(田村健太郎)、フリーライター(盛隆二)がからむ芝居と、落語とが交互に進んでいく趣向で、情報量が多い。横からスポットライトで照らし、見えない者と会話する演出もはまっている。

盛と、最近はドラマでも活躍する安井の、息の合った笑いがさすが。客演の田村が瑞々しい。チラシの裏は英文で、盛の達者なイラスト付き。これからもいろんな語り口にチャレンジしてほしいものです。

20170218_002

世界

シアターコクーン・オンレパートリー2017「世界」  2017年1月

ほぼ1年前の「同じ夢」も良かった、赤堀雅秋の作・演出。たまたま2階最前列で、柵が邪魔でとても見づらいのが残念だったけど、笑いにくるんだ市井の人物たちのトホホな日常、そこはかとない温かさが染みる。カタルシスはないものの、手練れ揃いの俳優陣、特に風間杜夫、大倉孝二の説得力が際立つ。男性客が目立つシアターコクーンで1万円。休憩無しの2時間強。

舞台は船橋市、しがない町工場。父・義男(風間)はいつも不機嫌で、妻・節子(梅沢昌代)に心底、愛想をつかされている。父を嫌いながらも家業を継いだ息子・健二(抑制気味の大倉)は、近所のスナックに入り浸り、ママ(鈴木砂羽)と浮気中だ。
父子はそれぞれ暴走しかけるけれど、ヒリヒリ感は乏しい。物語の基調は、時に同時進行する無為な会話の、徹底した噛み合わなさだ。
そして視点は、あくまで卑小。母は腹痛に苦しむときも、床のゴミが気になって仕方ない。彼らの世界の、なんとちっぽけで、間が抜けていることか。繊細で、リアルだなあ。それが雪が舞うなか、父が自棄気味ながら、ついに負けを認めるシーンの切なさにつながっていく。サイドストーリーの、終始真実味のない工員・辺見(早乙女太一が達者で愛嬌が漂う)と純なバイト諸星(和田正人)、風俗嬢あずみ(初舞台の広瀬アリス、ちょっと可愛過ぎか)の、いかにも若者風な3角関係との対比、大人たちとの出会いが効果的。

ごたごたしたダイニングキッチンやスナックなどを回り舞台で転換し、セット上部に歩道橋がかかる(美術は「太陽」などの土岐研一)。大音量の、いかにもなカラオケが詫びしい。ほかに健二の妻に青木さやか、ママの夫に赤堀、気のいい工員に福田転球。

20170122_006

豚小屋

地人会新社第6回公演「豚小屋~ある私的な寓話~」   2017年1月

南アのアソル・フガードによる1987年の戯曲を、栗山民也が翻訳・演出。共同体の抑圧、人間の尊厳という重いテーマを突きつけつつ、すがすがしい後味を残す。緊張感の高い2人芝居で、北村有起哉、田畑智子が秀逸! 年配客が目立つ新国立劇場小劇場、下手寄りで6500円。休憩無しの2時間弱。

脱走兵パーヴェル(北村)が身を隠す、狭い豚小屋のワンセットで、暗転で4景をつないでいく。41年も豚小屋にこもっていたソビエト兵の実話にインスパイヤされたとか。家畜の声がうるさく、見ているだけで臭ってくるよう。
同じ栗山演出だった「鱈々」「木の上の軍隊」と通じる、相当ハードな息苦しさなのだが、唯一パーヴェルの存在を知る妻プラスコーヴィア(田畑)が出入りして、時に素っ頓狂な反応を示し、空気を軽くしちゃう。パーヴェルも、小さいことを延々と考え続ける感じが妙にユーモラスで、現代的な造形だ。
蝶のエピソードの極限状態から、後半で一歩、外へ出るシーンがなんとも切ない。大詰めでは一気に、パーヴェルが世界の罪を背負う聖者に見えてくる。鮮やかだなあ。罪とは人と人を区別し、囲ってしまう、すべての不自由さなのか。何より、破滅的な状況でも笑みを浮かべ、寄り添っていく老いた妻の美しさ。

瘦身の北村は、相変わらず膨大な台詞、過酷なシチュエーションをものともせず、強靭で、観る者をぐいぐい引き込む。そして対する田畑の透明感に驚く。無垢な存在感があり、歌声も繊細。観て良かったです。

20170115_004

シブヤから遠く離れて

シアターコクーン・オンレパートリー2016「シブヤから遠く離れて」  2016年12月

2016年の観劇納めは、大好きな岩松了が2004年に蜷川幸雄と初めて組んだ秀作を、ニナガワ亡きあと自ら演出する話題の舞台。ひりつく台詞、損なわれてしまった哀しさが胸を締め付ける。初演に続いて小泉今日子が、母であり運命の女であるマリーを色っぽくみせて、目が離せない。ナオヤ役の19歳・村上虹郎も、やや滑舌が不安ながら、繊細な存在感で収穫。揺れ動き、すれ違う感情と、2人の個性がかみ合う。演劇・音楽関係者が多い印象のシアターコクーン、やや下手寄りのいい席で1万円。休憩を挟み3時間弱。

11月の、南平台あたりの洋館。開幕前はパティオの花壇が美しいけど、冒頭の暗転で一変し、ススキに覆われた廃墟に(美術は「青い瞳」などの二村周作)。幼馴染ケンイチ(鈴木勝大)を訪ねてきたナオヤが、事情を抱えて廃屋に身を隠す娼婦マリーと出会う。そこへマリーにぞっこんのアオヤギ(橋本じゅん)、その飄々とした同僚フナキ(豊原功補)、別れ話のため会津から出てきたアオヤギの父(文学座のたかお鷹)と都会に興味津々の妹トシミ(初舞台の南乃彩希)がからむ。狂言回しのマンション管理人フクダに、関西拠点の高橋映美子、黒服の男たちに小林竜樹と駒木根隆介の凸凹コンビ&岩松さん。

ナオヤは幼い日の禁断の思慕と、取り返しのつかない罪の記憶にからめとられている。愛した人を嫌いになるくらいなら、明日がきたってしょうがない。そんな死に引き寄せられていく未熟さを、受け止めるマリー。関わる男を破滅させちゃう宿命を帯びつつ、退廃と透明感で傷を包み込む。
台詞とともに、細部のエピソードが印象的だ。寂しいと死んだふりをする籠の鳥、鮮やかなマリーのドレスと、忽然と現れる追憶のゼラニウムの赤、繰り返される2階バルコニーからの転落、唐突な銃撃と雨(本水)の理不尽さ、それが雪に変わって舞台を白く染めていく切なさ。すべては人が群れ集うシブヤの、忘れられた場所での出来事。幻影と現実の曖昧さが秀逸だ。

ナオヤの葡萄をつまみ食いする豊原が、崩れた色気を発揮。岩松組初参加で異質な感じの橋本も、笑いを引き受けてまずまず。初演配役(二宮和也、杉本哲太、蒼井優、勝地涼、立石涼子、勝村政信ら)よりバランスはいいのかも。

客席には赤堀雅秋さんらの姿も。

20161223_002

ロミオとジュリエット

ロミオとジュリエット  2016年12月

没後400年で、気鋭の藤田貴大がシェイクスピア初挑戦。松岡和子翻訳を、上演台本・演出の藤田が大胆に再構築した。たった5日間の少女たちの衝動。完全に藤田ワールドだなあ。意外と男性、年配が目立つ東京芸術劇場プレイハウス、中段やや上手寄りで5500円。休憩無しの2時間弱。

いきなり主人公2人の死のシーンから始まり、毒薬入手、はずみの殺人、燃え上がる恋、運命の出会いへと遡りつつ、エピソードをパッチワークしていく。すべてが否応なくつながっていたという感覚。何故若者は、つたない死へと突き進んでしまったのか?
象徴的なのは「ありとあらゆる壁という壁」という台詞。抑圧のリフレインが胸にささる。実際、舞台上に蝶番でつないだ2枚の壁があって、男優陣が自在に動かして人物同士を隔てたり、場面を作ったりしていく。
そして14世紀イタリアの悲劇にひとり、日本人の女の子ひよ(西原ひよ)が紛れ込む。「かつて死を選んだ友達にまつわる、忘れられない記憶」という、作家が常に描いてきた存在が、戯曲を現代へ引き寄せる。残された者たちが、舞台奥から懸命に2人を呼ぶけれど、ついに呼び戻すことはできない。取り返しのつかない時間。

主要人物を女優が演じ、女子高の文化祭を思わせるのはいつも通り。この藤田ワールドに賛否ありそうなのも、いつも通りかな。初舞台というジュリエット役、豊田エリーの可憐さが際立つ。ロミオの青柳いづみは疾走シーンの焦燥感などで持ち味を発揮。ほかにジュリエットの婚約者パリスにりりしい川崎ゆり子、親友マキューシオに菊池明明、敵役ティボルトに尾野島慎太朗、従者バルサザーに吉田聡子ら。
MUJIっぽさに古典を振りかけた衣装は大森伃佑子、音楽は大人びたジャズ風で、山本達久が舞台上でドラムも演奏、ほかに石橋英子、須藤俊明。

20161218_002

エノケソ一代記

シス・カンパニー公演 エノケソ一代記  2016年12月

大河ドラマを完走した三谷幸喜の書き下ろし作・演出。市川猿之助が喜劇王榎本健一になりすした男・田所を演じ、崇拝することの悲しさを見せつける。やや年齢層高めの世田谷パブリックシアター、上手寄り中段で9800円。休憩無しの2時間弱。

テーブルや椅子などシンプルなセット(美術は松井るみ)で、胡散臭い「エノケソ一座」の地方巡業をたどっていく。昭和32年の公民館控室から小学校の教室、中洲のクラブ、温泉街のストリップ小屋、そしてついに38年の新宿コマ劇場の応接室へ。

エノケンのライバル、アチャラカの帝王・古川ロッパ(三谷が扮装)とのまさかの遭遇など、スリルと笑いをベースに、「洒落男」「月光値千金」といった歌とダンスもたっぷりで、サービス満点だ。しかし猿之助の持ち味なのか、笑いよりもエノケンが好き過ぎる男の悲哀、という印象が強くて、どうも沸き立たなかったかなあ。
ネットはおろかテレビも一般に普及する前で、有名人の偽物がうようよ出没したという世情は面白い。浅草オペラのアクションやエロ、そしてエノケンという存在自体、馴染みが薄くてわかり辛い面はあるけれども。

徐々に常軌を逸していく夫を支え続ける健気な妻に吉田羊、最も怪しい座付作家・蟇田一夫に浅野和之、こき使われる団員に春海四方とみな達者。山中崇がなんと5役、裏社会ぽくなっていく招聘元の男を次々演じて巧い。ほかに水上京香、影アナは山寺宏一、音楽はいつもの荻野清子。

20161210_005

より以前の記事一覧