演劇

神の子

コムレイドプロデュース「神の子」 2019年12月

観劇納めは作・演出赤堀雅秋。リアルなダメ人間たちの日常が、いつものように脱力系の笑いで描かれるんだけど、いい年したオトナの淡い恋が苦くて切ない。本多劇場の中ほど、やや下手寄りで8500円。休憩なしの2時間。

人生に何の展望もない池田(大森南朋)は、楽しみといえば警備員仲間の五十嵐(田中哲司)、土井さん(でんでん)と繰り出すパチンコぐらい。美咲(長澤まさみ)と出会って、柄にもなくゴミ拾いボランティアを始めるが、グループは怪しい新興宗教とつながっていて… 都市の孤独のよるべなさが、「美しく青く」の被災地とまた違った現代性を帯びる。

大森はだらしないキャラがはまって、「市ケ尾の坂」に続いていい感じ(個人的に、何故か当たり外れを感じる人)。クールな寅さんというべきか。長澤はコメディ味を封印し、影のあるギリギリの女を好演。涙も自然で、なかなか幅がある女優さんです。終始ヘラヘラした田中、思い込みの激しいでんでんは安定。2人と三角関係にあるスナックのママ、江口のりこが籐椅子シーンで驚かせる。キレるサラリーマン永岡佑と、同じく危ないフリーター赤堀に説得力があり、ボランティア仲間の石橋静河が見事なバレエを披露して、爽やか。珍しく田中がとちるハプニングがあったけど。

突然怒鳴りだすシーンが多いのは、閉塞感の現れなのかな。いつもながら随所に挟まる歌謡曲(青山テルマ!)と、雪が効果的。具象なんだけど削ぎ落としたセットは土岐研一。客席には秋元康さんらしき姿も。

20191228-010

 

タージマハルの衛兵

シリーズことぜんvol3  タージマハルの衛兵   2019 年12月

令和元年も年末にきて、重い舞台を観てしまった。オハイオ出身のインド系作家、ラジヴ・ジョセフによる2015年の2人芝居を、名翻訳家の3代目・小田島創志の訳、小川絵梨子演出で。エグ過ぎる設定と、弱い個人が突きつけられる究極の選択。目を背けたいんだけど、ぐいぐい引きづられる。新国立劇場小劇場の前のほう、やや下手寄りで5832円。休憩無しの1時間半。

舞台は1648年、インド・ムガル王朝の都市アグラ。建設に20年以上を費やした王家の霊廟タージマハルが、ついに完成の日を迎える。生真面目な若者フユーマーン(成河)は、共に警備につく幼馴染みバーブル(亀田佳明)のやんちゃぶりに気を揉んでいる。やがて皇帝シャー・ジャハーンの残酷きわまりない命令が、2人を追い込んでいく。
権力の理不尽に対する怒りというよりも、フユマーンの深い絶望が胸をつく。凡人の保身、狡さは、誰だって覚えがあること。やってしまってからの、圧倒的な喪失感がなんとも辛い。だからといって、どんな選択肢があったのか。歴史で繰り返される、人間性否定の罪深さ。

小柄な成河が醸し出す切なさは、期待通り。対する自由人、亀田も達者だ。「岸 リトラル」主演も凄まじかったけど、今回の方が存在感が強かった。文学座恐るべし。
凄惨なシーンがある一方で、荘厳なタージマハルの光景や妄想の発明品など、観る者の想像力に訴える手法も印象的だ。特に空をいく鳥の群れの、自由への憧れ。美術は二村周作。

 20191221-017 20191221-02220191221-013_20200101170301

 

Q

NODAMAP第23回公演「Q A Night At The Kabuki Inspired by A Night At The Opera」  2019年12月

映画で「ボヘミアン・ラプソディ」現象が起こる前に、クイーンメンバーからオファーを受け、名盤「オペラ座の夜」にちなんで野田秀樹が作・演出。いつにも増して2重3重のイメージの飛躍に目が回るけど、意外にストレートなメッセージが心に響く秀作だ。
シベリア抑留の悲劇から、人間性の否定に対する強い怒りが、そして30年後に届く手紙から、切ない鎮魂の思いが、時空を超えて立ち上る。終わらない争い、世界の分断のなんと罪深いことか。60代の野田さん、衰えてません。東京芸術劇場プレイハウス、後ろ寄り上手で1万2000円。休憩を挟んでたっぷり3時間だけど、長く感じない。

全編に楽曲が流れるものの、クイーンというよりも、「見立て」などカブキの印象が強い。お馴染み「ロミオとジュリエット」を、源平の争いに置き換え、1幕では生き残った、それからの瑯壬生(ろうみお、上川隆也)と、それからの愁里愛(じゅりえ、松たか子)が、映画「ゴースト」よろしく若い瑯壬生(志尊淳)と愁里愛(広瀬すず)を見守り、なんとか悲劇を食い止めようとする。ポップな舞台(いつもの堀尾幸男・美術、ひびのこづえ・衣装)に、寺子屋や熊谷陣屋、俊寛を思わせるシーンが散りばめられる。
届かない手紙の紙飛行機が、爆撃機に転じ、物語が深まるのは2幕。若き日の恋人の望み通りに「名」を捨て、無名戦士となった瑯壬生は、尼寺に行って(ハムレット!)従軍看護師となった愁里愛と束の間再会するものの、国家に翻弄されていく。存在をなかったことにしてしまう残酷さ、深い喪失感と絶望、それでも思い続けるということ。終幕に至ってクイーンの叙情が染みる。ドラマの合間には2019年を象徴する「ハカ」など、遊びもぎっちり。

松が凛として出色だ。マイムの仕草一つひとつが、高水準で美しい。頼朝の橋本さとしのかつらが落ちちゃうアクシデントで、咄嗟にポーンとかつらを蹴飛ばす瞬発力! さすが舞台女優、進化してるなあ。
対する上川は、コメディーセンスと生真面目さの切り替えで、舞台の核となる包容力を発揮。殺陣の切れ味が、発見でした。注目の初舞台、広瀬は声がよく伸びて、存在がキラキラして楽しみだ。志尊も健闘。金満・清盛と、おどおどした兵士の2役を演じた竹中直人が手練れ。ほかに源の乳母で野田秀樹、平の母などで羽野晶紀、平の家臣で小松和重、巴御前などで伊勢佳世ら。

分厚いパンフレットも豪華で、なんと吉永小百合との往復書簡も収録。チケットは購入時に来場者の氏名を登録したうえ、「指定の公的な文書」で本人確認する厳重さだった。野田さん、本気です。人気チケットでは、こういう煩雑さがデフォルトになっていくのかしらん。
劇場前の西口公園がきれいになって、屋外ステージもできてました~

20191208-002 20191208-006 20191208-034

鎌塚氏、舞い散る

M&Oplaysプロデュース「鎌塚氏、舞い散る」  2019年11月

作・演出倉持裕のコメディ「完璧なる執事・鎌塚アカシ」シリーズも、もう第5弾。いつも通り、安心して楽しめる笑いとともに、今回はどんなにピュアに望んでも、手の届かないものがあるという、大人のもの悲しさが色濃かった。本多劇場の上手寄りで7000円。休憩無しの2時間強。
今回、鎌塚(三宅弘城)は北三条公爵家の未亡人マヤコ(大空ゆうひ)に仕えて、雪山の別荘にいる。パーティー続きのため、鎌塚は旧知の女中で、密かに思いを寄せる上見ケシキ(ともさかりえ)に助っ人を頼む。やってきたケシキさんはなんと婚約中。そしてマヤコも長年の恋心を胸に秘めていた…
主演2人のじれったいすれ違いに、お馴染み悪党だけど憎めない堂田男爵夫妻(片桐仁、広岡由里子)、その従者でケシキの婚約者ヨウセイ(小柳友)、堂田家をクビになった宇佐スミキチ(玉置孝匡)、若い女中ミア(岡本あずさ)がからんで、ドタバタを繰り広げる。
いつもながら三宅の抜群のリズム感、ともさかの気品が素晴らしい。それにしても久々の再会なのに、笑わせようと死んだフリするっていう登場シーン、おかし過ぎです。チープな雪山のセットや、突然の三宅&大空のデュエットも爆笑。ド派手な衣装の広岡、ひがみっぽい玉置の暴れっぷりも伸び伸びしてます。美術は中根聡子。

 

20191130-001

ドクター・ホフマンのサナトリウム

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「ドクター・ホフマンのサナトリウム~カフカ第4の長編~」  2019年11月

カフカファンを自任するケラリーノ・サンドロヴィッチ作・演出による、めくるめく脳内迷宮を楽しむ。「カフカ第4の長編小説が存在した」という架空の設定で、原稿でひと稼ぎしようとする男が不条理な小説世界、さらにはカフカが生きた過去に迷い込んじゃう。
タフな戯曲だと思うけど、オシャレな演出と、大好きな多部未華子はじめ豪華キャストの確かな演技で、余韻が深い。演劇好きが集まった感じのKAATホール、2階で9500円。休憩を挟んで3時間半。

晩年のフランツ・カフカと交流があった老女(麻実れい)がもっていた遺稿を、孫息子(渡辺いっけい)が見つけて出版社に買い取らせようと奔走。ひとクセある友人(大倉孝二)とともに、なぜかカフカが療養していた1920年代のサナトリウムにタイムスリップする。その小説のなかでは、うら若い女性(多部)が婚約者(瀬戸康史)戦死の知らせを受け、真偽を確かめようと戦地に向かう。

物語はとても入り組んでいる。けれどストーリーを追うというより、登場人物の美しい身のこなしなどからにじむ、生きることの不穏や孤独を味わう舞台だ。お馴染みプロジェクションマッピングと、シンプルな椅子などを動かしながら展開していく、精緻な構成に引き込まれる。ケラさんらしい、登場人物のパンダメークが虚構感を強める。映像は上田大樹、美術は松井るみ、小野寺修二が振付という、鉄壁の布陣です。
多部の健気さが際立ち、渡辺のこすっからさも説得力がある。もちろん、脇を固める犬山イヌコ、村川絵梨、緒川たまきらも安定。瀬戸がなんだか渋くなってきて、いいなあ。バイオリンなどの楽団が、演奏しながら演技にもからむスタイル。

実際にはプラハ生まれのユダヤ人カフカは、作家としては無名のまま40歳で病死。長編は3作とも未完で、没後に友人の編集者が発表したそうです。それがいまや、ジョイス、プルーストらと並び20世紀を代表する作家と言われていて、確かに物語にしてみたくなる存在だな。
プログラムがまた凝っていた。「フェイク」がテーマだけに、プログラムは見開きごとに袋とじになっていて、虚と実が交錯する作り。うなります。

20191124-004 20191124-008 20191124-013

カリギュラ

カリギュラ  2019年11月

アルベール・カミュの不条理劇を、岩切正一郎訳、栗山民也演出で。哲学的なセリフの洪水に圧倒されるけど、タイトロールの菅田将暉が不可解な衝動を繊細、みずみずしく演じていて、刺激的だ。相変わらず手応えのある仕事ぶりだなあ。
コアな演劇好きと菅田ファンが相半ばした感じの新国立劇場中劇場、後ろのほうで1万800円。後半は知人と交代して2階で鑑賞した。休憩を挟んで2時間半強が、緊張感をはらんで長くない。ホリプロ主催。
ローマ帝国三代皇帝カリギュラ(菅田)の物語。情婦だった妹の死をきっかけに人格が崩壊、元老院の貴族らから気まぐれに財産を没収し、拷問で命を奪ったり、妻を公営売春宿に送ったりし始める。無償の愛を捧げる妾セゾニア(秋山奈津子)や奴隷出身の忠臣エリコン(谷田歩)、父を殺されつつもカリギュラを憎みきれない詩人シピオン(高杉真宙)とも心を通わすことなく、珍妙な仮装で乱痴気騒ぎ。ついに冷徹な臣下ケレア(美形の橋本淳、「キネマと恋人」のスター俳優)らに討たれる。
戯曲の執筆スタートは1930年代、初演は1945年9月のパリで、パリ解放から1年というタイミングだ。カリギュラが繰り出す言説は難解で、正直、理解は追いつかない。しかしその理不尽さは絶望、横暴というより、為政者が戦争の破滅へと突き進む、どこかで見た状況を思わせる。元老院の面々がつぶやく「道理」の虚しさに、背筋が冷たくなる。
なんといっても菅田の、中性的で子供っぽい姿形とリズム感が秀逸。後半冒頭、上方からなんとチュチュ姿で降りてきても、グロテスクでなく、愛らしいほど。貫禄の秋山、谷田ともいいバランスだ。橋本も健闘してました。
セットは左右に刀のような柱が並ぶ、抽象的なもの(美術は二村周作)。後方の鮮烈な赤い裂け目にカリギュラのシルエットが浮かぶなど、照明(勝柴次朗)もスタイリッシュだ。ひび割れた床の前方がアクリル板になっていて、下から照明で照らしたり、カリギュラが覗き込む鏡になったり。ラストでカリギュラ的なものは終わらない、というメッセージとともに、倒れた王の顔だけがライトに浮かびあがり、戦慄。
20191123-008


 

終わりのない

終わりのない  2019年11月

前川知大の脚本・演出による、大風呂敷ど真ん中のSF。量子論やらAIを超える直感やら、旬のテーマで左脳が刺激されるだけではない。「今ここから、よりよく生きる」という、力強いメッセージが胸に残る。世田谷パブリックシアター中央あたりで7500円、休憩なしの2時間。世田谷文化財団とエッチビイ(劇団イキウメの制作部)主催。
高3で引きこもりの悠理(山田裕貴)は、プロダイバーの父(仲村トオル)、物理学者の母(村岡希美)、幼馴染の春喜(大窪人衛)、りさ(清水葉月)とキャンプにやってくる。湖で溺れかけ、目覚めるとなんと32世紀、地球を捨てた人類(安井順平、盛隆二ら)とAI(浜田信也)が、住処を求めて旅する宇宙船の中。さらに人類(森下創)が原始人に囲まれ、なんとか生きのびている惑星へ。果たして悠理は、21世紀に帰りつけるのか。
悠理はまあ、さえない奴だ。両親や友人に対するコンプレックス、かつて恋人・杏(奈緒)を深く傷つけたことへの後悔にとらわれている。けれど時空を超えて「ありえたかもしれない平行世界」を体験。どんなにさえなくても、かけがえのない「今」を希求するようになる。「俺を救えるのは俺だけ」。大きな人類の物語であり、同時にひとりの青年の成長談でもある。ちょっと消化不良のところは、再演で磨かれていくのかな。
山田は少し暗くて、頼りない造形で健闘してました。暑苦しい仲村、知性と愛情で受け止める村岡がいいバランスだ。清水も伸び伸びし、もちろん、劇団の面々は超安定。全体に抑制気味ながら、AIなのに徐々に人間らしくなっちゃう浜田が特にはまってた。
戯曲は意外にも、紀元前8世紀に英雄がたどる故郷への苦難の旅を描いたホメロス「オデュッセイア」に着想を得ている。プログラムによると、「オデュッセイア」を題材に、人間の意識の目覚めを読み解いた米心理学者ジュリアン・ジェインズの著作「神々の沈黙」をヒントにしたとか。いろいろ研究してます。個人的には今さらながら、トロイ戦争やオレスティアとの繋がりを確認。ギリシャ悲劇は苦手意識が抜けないけど、「リング」などファンタジーやゲームに通じる物語の原型があるなあ、と再認識しました~

終演後、新しいビルが続々で、変わりゆく渋谷の街を散歩しました。

20191116-001 20191116-007 20191116-006

渦が森団地の眠れない子たち

Sky presents 渦が森団地の眠れない子たち  2019年10月

蓬莱竜太が新作を自ら演出。愛されたいと願う人の弱さ、集団の息苦しさを切なく描き、苦いなかにも希望を感じさせる秀作だ。小6役を藤原竜也が別格の存在感で演じきって、さすが。
藤原ファンに演劇好きが混じった感じの新国立劇場中劇場、中央あたり通路すぐ後ろのいい席で1万800円。休憩を挟んで2時間半強。

郊外の20棟もある団地や近くの森を、そそり立つ抽象的な壁などで表現(美術は「死と乙女」などに続いて松井るみ)。圭一郎(鈴木亮平)は心に傷を抱え、空想癖のある少年で、震災で家を失い「渦が森団地」に引っ越した初日、電飾自転車を乗り回し、エアガンを背負った悪ガキ鉄志(藤原)とでくわす。母(奥貫薫)同士が双子の姉妹なのに、何故か疎遠だった従兄弟だと判明。この粗暴な「キング」鉄志と「血縁の誓い」をかわして、振り回される羽目になる…

大人がランドセルを背負って子供を演じるわけだけど、「演劇力」で成立しちゃうことは2012年のモダンスイマーズ「楽園」で証明済み。子供らしいやり取りに笑いながらも、閉じた集団内の暴力や、愛情のねじれ、嫉妬や嘘がリアルに胸をつく。このあたりは重松清レベルに重い。加えて背景には、はっきりとは語られない母同士の長年の確執や、復興に揺れるコミュニティーの閉塞もにじんでいて、重層的だ。

なんといっても緩急自在な藤原が、ときに徹底的に憎たらしく、ときに切なく舞台を牽引。虚勢を張っているけれど、誰よりも傷つき、圭一郎の傷も本能的に感じとっている。ラストは本当に泣かせます。対する鈴木は、物静かな追憶の語りを挟み、全体を冷静に相対化していて、いいバランスだ。空想の世界地図の、なんと哀しいことか。
はつらつとした妹の青山美郷ら、子供グループの面々も達者。奥貫は姉妹2役を静かに演じ分け、終盤、青山に語る言葉に芯の強さがくっきり。独居老人「安部ちゃん」のお馴染み木場勝己が、いわば社会の視点を示し、子供の残酷さや老人の寂しさで陰影を添えていた。
企画制作がホリプロのせいか、舞台写真まで物販が充実してました。
 

20191019-005_20191023004201 20191019-004_20191023004201

組曲虐殺

組曲虐殺    2019年10月

2009年初演、2012年再演で数々の演劇賞を受けた井上ひさしの遺作を、栗山民也が演出。状況の残酷さは昨日の「死と乙女」に通じるけど、印象はいわば正反対。厳しければ厳しいほど、日常のふとした笑いを忘れず、終幕にはなけなしの希望を灯す。優しい音楽劇だ。天王洲銀河劇場の下手寄り、中ほどで9000円。休憩を挟んで3時間15分。こまつ座&ホリプロ公演。
29歳で拷問死したプロレタリア作家・小林多喜二の評伝。あいにく私の体調が今ひとつで、集中できなかったのが残念だけど、散りばめられたコミカルなシーンや、多喜二のモテぶりが、庶民の暮らしの手触りを感じさせて引き込まれる。何より全編の音楽と効果音を、ジャズピアニスト小曽根真が手掛け、しかも自身が舞台上方の後ろで生演奏。リズムと哀愁が魅力的だ。
多喜二はタフなアジテーターというより、ピュアで幼さを残す造形。パン屋で働きながら、貧しい者がパンを買えない現実に強烈な疑問を抱く。井上の線の細い感じ、透明感ある歌声が合っている。頼りになる姉・高畑淳子、同志で妻となる神野三鈴の安定はもちろん、生涯の恋人・上白石萌音も可憐でよかった。末端で多喜二に張り付くうち、影響を受けてしまう特高刑事に山本龍二、土屋佑壱。
井上ひさし没後10年の、こまつ座企画のラストだったそうです。
20191014-003

死と乙女

シス・カンパニー公演 死と乙女  2019年10月

チリのアリエル・ドーフマンによる1991年初演作を、「スカイライト」の渡辺千鶴訳、安定の小川絵梨子演出で。理性の不確かさを突きつける三人芝居で、ひりひりと観る側に緊張を強いる。ほぼ1年半ぶりに観る宮沢りえが、狂気を漂わせて圧巻だ。贅沢な小空間のシアタートラム、下手寄り中段で8000円。暗転を挟みながら休憩無しの1時間半。
独裁政権崩壊直後、電話もない静かな岬の一軒家。パンクで立ち往生した弁護士ジェラルド(堤真一)が、通りかかった医師ロベルト(段田安則)の車に送られて帰宅する。妻ポーリーナ(宮沢)はロベルトの声から、反政府活動をしていた十数年前、自分を残酷に拷問した人物だと確信、銃で監禁して「自白」を迫る。
ベースは1973~90年のピノチェト独裁政権下で、4万人が政治犯としてとらわれ、左派市民3000人が殺害もしくは行方不明となった現代史。しかし抑圧による人間性の破壊というテーマにとどまらず、人はいかにして加害者になるか、という普遍的な問いを放つ。
真相は最後まではっきりとは語られないけれど、ロベルトがなんとか解放されようと、いかにして一線を超えたか、を告白するシーンは、真に迫って背筋が寒くなる。対するポーリーナも、復讐の深みにはまって暴力的。そして何より、ロベルトを解放しようとするジェラルドこそ、独裁時代の人権侵害調査という大役を得た立場を守ろうとする偽善の気配が漂っていて、残酷だ。
露悪的なセリフを連発するポーリーナ役が成立するのは、宮沢の透明感、凛としたたたずまいあってこそだ。車のライトやベランダを使った陰影の濃いセット(美術は松井るみ)と、幕切れに至るシューベルトの端正さが効果的。
台風の余波で開始時間が遅れたけど、さすが、それほど空席はなかったです。

20191013-009_20191015004401

より以前の記事一覧