能・狂言

夜桜能「絃上」「仏師」「西行桜」

第25回奉納夜桜能 第二夜  2017年4月

まさに満開の桜と月のもと、薪能を鑑賞。風が吹くとすごく寒かったけど、風情は満点だ。靖国神社、由緒ある木造の能楽堂前にパイプ椅子を並べた席の、下手寄り前の方で1万1500円。休憩を挟み2時間弱。フジテレビと社団法人夜桜能(松元崇会長)主催。

18:40から経営者らが務める火入れ式があり、まず舞囃子「絃上(けんじょう)」。中国伝来の琵琶にまつわる伝説を描いたそうで、梅若長左衛門が直面(ひためん)で、平安文化を開花させた村上天皇の霊となり、爽やかに早舞をみせる。
続いて狂言の「仏師」。仏師を探し、都で呼ばわりながら歩く田舎の者(野村萬斎)に、お馴染みスッパ(野村万作)が、なんと自ら仏像になりすまして、お代をせしめようとする。田舎者の修正要求に、スッパがあたふた応えて大騒ぎ。正統ドタバタコメディだなあ。

休憩で参集殿に避難して風をよけ、甘酒を買って少し暖まる。 後半はシチュエーションにぴったり、世阿弥が和歌を元につくった能「西行桜」だ。西山にある西行庵では老木の桜が満開。西行法師(森常好)は煩わしいと、能力(のうりき=寺男、声がいい深田博治)に花見禁制を言いつけるものの、はるばる訪ねてきた花見の人々を受け入れ、桜のために暮らしを乱されたと詠む。すると夢に桜の精(梅若玄祥)が現れ、桜に咎はない、と諭し、花の名所をたたえて静かに「太鼓序の舞」を舞う。
昼の賑やかさから一転、夜が更けて、古木に見立てた作り物から、翁の面をつけたシテが登場する。白と金の衣装が美しく、悠々とした雰囲気。杖を持つ演出でした。

20170404_011

20170404_012

20170404_015

「三番叟」「乱」「若菜」

大手町座第20回記念公演 亀井広忠義プロデュース能楽舞台「三番叟」  2016年12月

ステージに柱4本を立てただけのシンプルな舞台で、能狂言を楽しむ。観る者のイマジネーションを引き出し、おおらかな空気を醸していて気分がいい。能楽師・葛野流太鼓方の亀井広忠プロデュースによる、2日連続公演の2日目だ。年配中心ながら若い女性もけっこう目立つ日経ホール、下手寄りで9000円。休憩を挟んで約2時間。

まずおめでたい「翁」の後半で、狂言師がつとめる「三番叟」を野村萬斎で。杉信太朗の笛がぴりりと響き、広忠の太鼓や3人の小鼓にのって、揉ノ段ではきびきびと回り、烏飛び。鈴ノ段では黒式尉の面をかけて。文楽のようなコメディタッチは無し。
休憩を挟んで舞囃子「乱(みだれ)」。能「猩々(しょうじょう)」の舞だそうで、紋付姿のシテ梅若紀彰と観世喜正が、秋の一夜、酔って波と戯れる猩々を相舞で。爪先立ちの流れ足やら、首を細かく振るやら、能とは思えない動きの連続でびっくり。特に紀彰さんが本当にチャーミング! 大鼓は人間国宝の亀井忠雄、地謡が4人。
最後は狂言「若菜」で、こちらは長閑な春。果報者の大名(石田幸雄)と茶坊主・かい阿弥(人間国宝の野村万作)が野遊びに出掛け、早咲きの梅を眺めたり、鶯を餌差竿で突いたり。そこへ大原女たちが長寿祈念の若菜摘みに現れ、ともに酒宴で謡い舞う。大原女はなんと狂言師5人が派手な着物、花を挿した大原木=薪を頂いて。恥ずかしがって帰りかけたりするのが面白い。おおらかだなあ。万作さんは謡ったり跳ねたり、とても85歳とは信じられません。鍛え方が違います。後見には孫の裕基の姿も。

20161221_001

桂文珍「定年の夜」「旅立ち」「寝床」狂言「舟船」

桂文珍大東京独演会vol9~大好評リクエスト寄席!ネタのオートクチュール~ 2016年4月

風の強い連休の初日に文珍さんへ。駄洒落のなかに、幅広い時事ネタへの関心と皮肉を織り交ぜ、うまく力が抜けた大人の高座だ。文楽でお馴染み国立劇場小劇場の、上手寄り前の方で5000円。中入りを挟み2時間強。

入口で61席のリストを配り、聴きたい3席をアンケートし、師匠と82年入門の一番弟子・桂楽珍が登場して、「1位は老婆の休日でした」などと紹介。寄せ文字でリストを書いた垂れ幕を吊るして、客席からもリクエストを聞く。壺算と言われて粗筋を解説し、「あ、だいたいしゃべっちゃった」などと笑わせ、結局、別の6席「本日のおすすめ」を示して演目を決定。
なーんだ、と苦笑したところで、いったん引っ込み、楽珍の「島んちゅの唄」。故郷・徳之島の方言や投票率などをふってから、帰省して妻に島唄を聴かせるが、「煙草(みち節)」など大人っぽい歌詞ばかり、という話。

続いて師匠が、まず出来立てほやほやという「定年の夜」で、情報に振り回される世相を活写する。定年祝いの席なのに、妻や娘はスマホをいじってばかり。ふてて居酒屋へ行き、やはりスマホを観ていたら画面に吸い込まれ、謎の「情報の海」へ。ビッグデータやIT企業の盛衰から、どうでもいい情報について、都知事公用車問題をとりあげるワイドショーを皮肉ったり、羂索と検索をひっかけて、例えの「蜘蛛の糸」でピース又吉の芥川賞にちょっと疑問を呈したり。GPSで奥さんに居場所を突き止められるというオチ。知的だなあ。
続いてネット通販で僧侶を呼べる状況を語ってから、多死社会を描く「旅立ち」。セレモニーホールを舞台に、葬儀を一般商品のように営業する可笑しさから、採用面接へ。元文学部教授が低い声で古典の1節を暗唱して、妙に説得力があるのが笑えます。

中入り後、意外に狂言となり、大蔵流若手の茂山宗彦、逸平兄弟の「舟船」。主人と太郎冠者が、西宮に出掛ける途中、神崎の渡しで「ふな」か「ふね」かで言い争う、と、これだけの話。ゆったりとしたテンポと声の良さが素敵。
トリは再び師匠で、パワハラの話と前置きして、喬太郎で聴いたことがある古典「寝床」。さらさらと軽妙でした。

20160429_003

能「碇引」

奉納梅若第三十八回 成田山蝋燭能  2015年5月

新緑の成田山新勝寺で、毎年5月第3土曜に開催するという能楽に足を運んでみた。1944年、54世梅若六郎が「碇引」を奉納されて以来続いているそうです。今年と来年は改築の都合で屋外の薪能ではなく、光明堂で蝋燭を使う形式。4階の広い講堂のようなスペースにパイプ椅子を並べた見所の、中央あたりで4000円。休憩をはさみ2時間半。

1部はまず仕舞2番。演目のクライマックスを謡いだけ、袴姿で演じるものだ。「竹生島(ちくぶしま)」は梅若英寿、「羽衣」は梅若美和音と、孫世代がりりしく。
続いて梅若会の連吟「融(とおる)」。男女20人ほどが並んで、クライマックス部分を謡う。
2部で法楽・火入れ式となり、僧侶と裃姿の小泉成田市長が厳かに、舞台四隅の蝋燭に点火。ただし照明も使うので、陰影がゆらめくような効果はない。
続いて狂言「磁石」。田舎者が大津の市場で、すっぱ(詐欺師)を出し抜き金をもって逃げる。すっぱが追いかけて脅すと、田舎者はなぜか自分は磁石の精だと言い出し、太刀を奪って反撃する。シテは人間国宝・山本東次郎、アドは山本泰太郎、山本凛太郎。シュールな話のようだけど、演者が見えにくかったし、筋もよくわからなくて残念。

休憩を挟んで、いよいよ成田縁起能「碇引(いかりびき)」。明治期、成田山は参詣客相手のビジネスなどで栄え、旦那衆の間で能楽の稽古が盛んだった。大野屋を定宿にしていた、国文学者で「鉄道唱歌」などを作詞した大和田建樹が、成田鉄道全線開通を記念してこの謡を作り、昭和になって梅若六郎が能にしたそうです。ただし今回は40年ぶりの上演とあって、梅若玄祥が型づけをした、ほぼ新作とのこと。
ある者(ワキ、宝生欣哉)が初めて成田山参詣に向かう道すがら、草を刈る2人連れ(ツレ、次代を担う梅若長左衛門、梅若紀彰)に出会って付き合ってもらう。花束を背負っているのが可愛いな。寺に着くと、額堂に大碇が納められており、九十九里の海底で漁を邪魔していたものを、不動明王の力で引き上げたという。
間(アイ)で山本凛太郎が、平安時代、寛朝大僧正が不動明王に祈願して平将門の乱を納めたと、開山の由来を語る。そして先ほどの2人連れが、今度は白い面をつけ、ご本尊に仕える矜羯羅(こんがら)童子、制吒迦(せいたか)童子という本来の姿で現れる。続いて、ひときわ音楽が高なり、ついに不動明王(シテ、人間国宝の梅若玄祥)が登場。碇を引き上げるさまを綱で表現する。面は成田山に現存するものだそうで、けっこう怖く、赤い衣装が鮮やかで、オーラがみなぎる。
後ろに控える笛は杉信太朗、小鼓・幸正昭、大鼓・亀井広忠、太鼓・観世元伯。さすがの大迫力でした!

025 087 092

能「男舞」「八島」

能とシェリーを楽しむ会「男舞」「八島」   2014年3月

日本・スペイン交流400周年記念と銘打ったシェリーの伝道師、中瀬航也さんの会に足を運んだ。初めてのセルリアンタワー能楽堂は、客席が小さめで音ががんがん迫ってくる。正面席で5500円。

テンポの速い素囃子「男舞」で幕開け。大鼓・亀井洋佑、小鼓・森澤勇司、笛・栗林祐輔。そのあと中瀬さんのお話「武家のもてなし。能とシェリー」で、本日のテーマの由来を聞く。まず東インド会社の貿易船指揮官、ジョン・セーリスの「日本渡航記」を紹介。1613年に能を観る記述があり、その宴に持ち込んだ「スペイン産葡萄酒2瓶」がシェリーらしい。当時、長い船旅や気温の変化に耐える酒はシェリーだった、セーリスに国書を託したイングランド王ジェームズ1世もシェリー好きだった、王家が贈るので名門イートン校の学長は今でもシェリーに詳しい、といった薀蓄が面白い。
続いて喜多流能楽師・大島輝久さんのレクチャー。足利義満の庇護のもとで発展した能は、秀吉ものめりこんだように武士と縁が深く、家康が武士社会の式楽(公式行事の芸能)と定めた。喜多流の初代は七つの時に秀吉に褒められたことから七大夫と名乗り、大阪夏の陣に出陣。その後、2代将軍・秀忠に認められて派を興した。歴史的には新しい流派だが、動きがダイナミックで、最も武家に好まれる芸風。本日のシテの友枝家は細川家のお抱えだったそうです。
ラストはいよいよ舞囃子「八島」。本当は1時間40分ほどかかるけど、この日はクライマックスの20分だけ観る。シテ方喜多流能楽師・友枝雄人、地謡は大島さんのほか佐々木多門、友枝真也。朧月の春の夜に、旅僧が義経の亡霊に遭遇する「夢幻能」で、激しい戦いを再現する勇猛な「勝修羅もの」だ。笛が鋭く、足踏みの音が重く響く。剣を抜き、最後は橋掛かりの中ほどで一回りして終わりました。

閉幕後はイタリアンに場所を移して、シェリーパーティー。面白かったです。

伝統芸能の今2012「六道の辻」「龍神」

伝統芸能の今2012  2012年9月

歌舞伎囃子方で三響会(田中家三兄弟の会)の田中傳次郎が演出、能狂言と歌舞伎が融合するイベントに足を運んでみた。浅草公会堂の2階最前列右寄りの席で6500円。市川猿之助、片岡愛之助とスターが揃い、ファンらしき中年女性が目立つ。小児がん患者と家族の支援、途上国へのワクチン普及を対象にしたチャリティー公演で、開幕前にロビーで出演者が寄付を呼びかけていた。

演目はまず茂山逸平作の新作狂言劇「源平騒乱・六道の辻」。閻魔大王(猿之助)が亡者を地獄へ連れこもうと狙うところへ、平忠度(茂山逸平)がやってきて、俗物ぶりを発揮、金銀を差しだしてなんとか極楽へ逃れようと画策する。颯爽とした源義平(愛之助)も、清盛を討つため極楽行きを目指していて大騒ぎ。結局、金銀は募金箱へ、というオチで、傳次郎のチンという鐘の音が笑いを誘う。
逸平の格段に声が通るところはさすがだ。後方に控える能楽一噌(いっそ)流笛方の一噌幸弘が驚異的で、リコーダーや角笛などを次々に持ち替えるばかりか、3本ぐらい同時に吹いちゃう。人間国宝なのに、型破りな人だなあ。

10分の休憩後、出演者が並んで30分を超える座談会。まずチャリティーの趣旨説明、3・11後に渋谷駅前で突発的に募金活動をした思い出など。逸平が飄々として、いい感じだ。一噌幸弘が加わってしょうもない駄洒落で笑わせた後、サプライズゲストとして三味線の上妻宏光が登場。猿之助ゆかりの大河ドラマの旋律を混ぜた「津軽じょんがら節」、そしてオリジナルを1曲聴かせてくれました。

20分の休憩を挟んで猿之助振付の創作「龍神」が15分ほど。逸平の語りに続いて演奏があり、一噌幸弘がまた息が長くてびっくり。幻想的な照明のなか猿之助が白い衣装、緑の髪、頭に龍を載せた姿で現れ、鮮やかな跳躍を披露。楽しい会でした。
20120908f

狂言「重喜」能「兼平」

7月普及公演 狂言「重喜」能「兼平」 2012年7月

先月に続いて国立能楽堂へ。この日は夏の日差しがまぶしい。正面後ろ寄りの席で4800円。まず佐伯真一・青山学院大教授が30分ほど話す。飄々とした語り口で義仲と兼平、巴はきょうだいのような関係、などと解説。

まず狂言で和泉流「重喜(じゅうき)」。「弟子七尺を去って師の影を踏まず」と諭された新発意(しんぼち)が、住職の頭を剃るのに竹竿の先に剃刀を結びつけたものだから、さあ大変。地謡も入って楽しい演目だ。シテ・住持(じゅうじ)は人間国宝・野村萬。子方・重喜で登場した野村眞之介が可愛い。萬さんの孫で9歳ぐらい、滑り出しは声が不安定だったけど、だんだん調子が出た。

休憩のあと能・金剛流「兼平」。平家物語をもとにした作者不詳の作品だそうです。旅の僧が琵琶湖で老船頭の柴舟に乗せてもらい、粟津原に着く。アイ狂言で渡守から、この地での義仲、兼平の最期の様子を聞き、さきほどの船頭は兼平の亡霊だったと気づく。後半は「平太(へいだ)」の面をつけ、甲冑を表す衣装の兼平の霊が登場。捨て身の合戦、壮絶な自害のさまを語る。ラストは動きが激しいですね。シテは種田道一、ワキ・旅僧は森常好。  

狂言「千切木」能「鍾馗」

6月普及公演 狂言「千切木」能「鍾馗」  2012年6月

雨の国立能楽堂。中庭の緑が綺麗で、売店に並ぶ様々な扇が面白い。女子高生の団体を含め、満席の人気ぶりだ。正面席の中ほどで4800円。

冒頭に「解説・能楽あんない」として中国文学者の井波律子国際日本文化研究センター名誉教授が登場し、道教系の魔よけ・鍾馗(しょうき)についてのお話。科挙に落ちて命を絶った鍾馗の霊が、不憫に思ってくれた高祖皇帝に恩を感じ、玄宗皇帝のマラリアを退治したという伝説のこと、玄宗が画家・呉道子に絵を描かせたのが一般に流布して、日本で端午の節句に絵を飾る風習に至ったこと、京都の民家が屋根に瓦製の鍾馗像を置いたりする風習のことなど。旧暦の5月5日が今年は6月24日にあたるので、今月の演目になっているようだ。ちなみに端午の節句のもとは、高潔さゆえに左遷され、自害した官吏・屈原の弔いだとか。知らなかったなあ。悲劇の人を祀ると守り神に転じるという発想が面白い。

続いて狂言・大蔵流「千切木(ちぎりき)」。千切木は胸の高さに切った棒で、武器になる。口うるさいため疎まれている「宗匠」太郎(シテ・山本東次郎)が、呼ばれもしない連歌の初心講に押しかけて横柄に振る舞い、主人(アド・何某の山本則俊)らから袋だたきにあう。妻(山本泰太郎)の叱咤で仕返しに回るけれど、皆に居留守で上手にいなされ、虚勢を張る、というちょっとシニカルな笑い話だ。ほかに太郎冠者の若松隆ら。朗々たる声が心地良く、スピード感がある。太郎が妻の尻に敷かれる感じなどが可笑しくて、客席はよく沸いてました。

休憩時間に資料展示室の能衣装や面の展示を眺める。
そして後半は能・金春流「鍾馗」。後方に笛、小鼓、大鼓、太鼓、右側に地謡8人が2列に並ぶ。終南山の麓から都に向かう旅人(ワキ・高安勝久)の前に、里人(前シテ・金春安明)が現れて「皇帝が自分を敬えば宮中に奇瑞を示す」と奏上してほしい、実は自分は鍾馗だ、と名乗り、世の無常を語る。間狂言で山麓の者(アイ・山本則重)が鍾馗の由来を聞かせたあと、後場でいよいよ早笛にのって鍾馗の霊(後シテ)が登場。真っ赤な髪、恐ろしげな面(小べし見)で剣をひっさげた姿だ。悪鬼を払って国を守護する誓いを示し、天下泰平を祝して明るく終わる。最後の方で袖を腕に巻いたりして、けっこうリズミカルで動きがあった。太鼓が力強く盛り上がると思わず拍手したくなり、能は音楽なんだなあ、と実感。囃子方の間で指揮者、リーダーは決まっていないそうだけど。

パンフレットを読むと、皆さん世襲なんですねえ。それから各席についているスクリーンに詞章が映るのが便利。ちょっと言い回しが違ったりして興味深い。

東京ミッドタウン能狂言

第二回東京ミッドタウン能狂言 08年9月

東京タワーが見える六本木ミッドタウンの芝生広場に、2000近い椅子を並べ、スピーカーで聞かせる趣向。二日公演の第二夜で、第一夜が台風接近で中止になりはらはらしたが、この日はちょうどいい気候でラッキー。
個人的には「伝統芸能強化月間」で、文楽、歌舞伎ときてついに能狂言。昨年の薪能以来です。平らなところに席が並んでいるので、10列目でも舞台はいまひとつよく見えず、会場内であんみつを売っていたのにゴミ箱やトイレにはミッドタウンのビルまで歩く必要があって、やや不便。とはいえ野外とあって、虫の音を聞きながら非日常の雰囲気をゆったり味わえた。6000円。

7時開演で、まず喜多流舞囃子「高砂」。この夏、人間国宝に認定された68歳の友枝昭世(あきよ)が、紋付袴で面をつけずに舞う。
続いてお楽しみの和泉流狂言「棒縛」。太郎冠者に野村萬斎、次郎冠者に深田博治。共に40歳そこそこの二人に、ベテラン野村万之介が主で組む。たまたま先週観た赤坂大歌舞伎の舞踊のもとになった演目で、比較ができて興味深かった。内容は歌舞伎版よりシンプルで、その分、縛られたまま酒蔵の扉を開けたり、酒をくみ、酔って踊ったりする所作の面白さが際立っていた。飲みたい一心の二人のやりとりや、酒に映った主の顔に驚くあたりの「間」が絶妙で、客席から笑いが起こる。シンプルだけど、誰でも心当たるようなシチュエーションで、自分も含めた人間の愚かさを笑う感じが面白い。

20分の休憩を挟んで、喜多流能「船弁慶」。前場(まえば)静御前と後場(のちば)平知盛の霊だけが、シテとして面を着けており、塩津哲生(あきお)が演じた。涙に暮れ、後ろ髪ひかれ何度も振り返りつつ去る前場と、角のある恐ろしい姿で、無念に荒れ狂う後場という、変化が鮮やか。
義経は友枝雄太郎で、お父さんの友枝雄人(たけひと)が後見についていた。10歳ぐらいなのに1時間超でずっぱりで、「少しも騒がず」の決めせりふや刀を振るうシーンもこなしていた。偉いなあ。弁慶は人間国宝、宝生閑(かん)。74歳ぐらいだけど、重みがありつつ、きびきびしていて、とても良かったと思う。石田幸雄の船頭の「波波波」というセリフが、狂言役者らしくリズミカルで、ちょっと笑ってしまう。高砂の友枝昭世も地頭で加わり、豪華な舞台。お能がわかるとは、まだ全然言えないけれど、楽しかったです。(2008・9)

台風の中日,爽風の夜 第2回東京ミッドタウン能狂言 1974年のブルース

2008920_015 2008920_003_2

愛宕山薪能「彦市ばなし」「一角仙人」

NHK「愛宕山薪能」 07年5月

放送博物館前広場の特設ステージ。天候が良く気持ちいい。財界人や外国人もちらほら。
狂言は「彦市ばなし」。木下順二の民話劇 を元にしていて、熊本弁や子供の仕草がひょうきんでとても楽しい。木と一畳台だけで空間を表現し、小さいクジラの作り物をひいて登場したり、客席に話しかけたり、でんぐり返しや横転があったり工夫満載。彦市は闊達な野村萬斎、殿様は野村万作、天狗の子は月崎晴夫。勘違いの連続は喜劇の基本形だと思う。

能 は金春流で「一角仙人」。太平記中の天竺の話が歌舞伎の「鳴神」の原作。ワキの勅使が素顔で説明するし、途中で幕を開いて庵の中に仙人が登場し、ストー リーがわかりやすい。シテ・仙人と前ツレ・施陀夫人の相舞で太鼓が高鳴る感じ、後ツレ・龍神2人が登場してからの派手な立ち回りなど見所も多く、寝不足で 少し風邪気味なのに寝もしなかった。シテは櫻間金記、前ツレは井上貴覚、後ツレは正木哲司、野村雅。スピーカーを使っていたのがちょっと淋しかったけど、 楽しゅうございました! 
十年以上前に一度だけ能を観たときは寝てしまったのに、私も大人になったのか。