落語

一之輔YouTube落語生配信 第2幕

春風亭一之輔の10日連続落語生配信 第2幕 2020年5月

 

4月に続いて、今度は浅草演芸ホール夜の部トリをつとめるはずだった時間に配信。今回は日替わりで色物のゲストも登場、寄席への誘いがパワーアップした。才人です。
9日目まで神保町らくごカフェ、最終日は浅草の舞台から。コロナでギスギスする日常だから、庶民の助け合いの噺が気持ちいい。「加賀の千代」では隠居がお気に入りの甚兵衛さんに、どんどんお金を貸そうとしちゃうし、「意地くらべ」では隠居と下駄屋の旦那が、八五郎が金を返そうとするのに受け取れない、とひと騒動。決して憐れみや施しではないんだなあ。
バカバカしい噺になんとも言えない愛嬌があるのも魅力。一日の疲れがとれます。尾頭だけで身がない鯛が騒動をよぶ「猫の災難」で、床にこぼれた酒をなめちゃうところとか、素人芝居(天竺徳兵衛のガマガエル!)の「蛙茶番」で、舞台番が片思いの娘をダシにされて乗り気になっちゃうところとか。「普段の袴」の冒頭、武士の立派な服装を歯切れよく説明するところも好き。とんでもない「釣りの番」を引き受ける「夢見の八兵衛」は、ちょっと怖かったけど。
ゲストはそれぞれ個性的。特に三味線の師匠たちが寄席ならではだ。

 

5・21 あくび指南 ゲスト:林家正楽
5・22 天狗裁き ゲスト:江戸家小猫
5・23 猫の災難 ゲスト:柳家小菊
5・24 短命 ゲスト:三増紋之助
5・25 蛙茶番 ゲスト:アサダ二世
5・26 夢見の八兵衛 ゲスト:ロケット団
5・27 普段の袴 ゲスト:のだゆき
5・28  意地くらべ ゲスト:林家二楽
5・29  加賀の千代 ゲスト:立花家橘之助
5・30  明烏 ゲスト:鏡味仙三郎社中

 

20200530-01220200530-01620200530-017

 

志ん朝「愛宕山」「文七元結」

落語研究会 古今亭志ん朝 全集 上  2020年5月

番外編でNHKドキュメンタリー「落語を救った男たち」(2017年)の録画を観て、TBS「落語研究会」DVDのBOXセットから2演目を鑑賞。談志が大笑いしたという「愛宕山」(1987年3月)。粋な旦那にくっついてピクニックに出掛けた怠け者の幇間が、瓦投げの小判をやると言われ、谷底へ降りていく。
欲と怖さでウロウロする滑稽さ、傘を持って飛び降りたり、崖をよじ登ろうとしたり、の荒唐無稽なスペクタクル。端切れがいいなあ。

もう1席は、正蔵さんにサウナで指南したという「文七元結」(1997年11月1)。流れるような筋運びで、角海老の使いの者や女将らの人物造形はさらっとしている。何かと品があると言われるゆえんか。
吾妻橋シーンも長兵衛の葛藤やプライドを、さほどこってり掘り下げない。むしろ投げつけられた包みが本当に50両だと気づくときの、文七のピュアな驚きが印象的。真面目だから、戸惑いが勝って喜べない。リアルだなあ。この身も世もない複雑な心境があるから、トントン拍子のハッピーエンドが痛快です。

一之輔 YouTube落語生配信

春風亭一之輔の10日連続落語生配信    2020年4月

鈴本演芸場の4月下席(21〜30日)夜の部でトリをとるはずだった一之輔師匠が、17日に公式YouTubeチャンネルを開設。鈴本に合わせ10夜連続で20時10分から、高座の生配信に踏み切った。当初はちょっとやりにくそうだったけど、毎晩期待通りの爆笑で、スーパーチャット(投げ銭)も大賑わい。いいチャレンジでした~
会場はお馴染み、神保町らくごカフェでこじんまりした雰囲気だったが、千秋楽はなんと鈴本からお囃子も加わって。ファンを引き止めたいという熱意+初心者も意識して、マクラは地元・野田や師匠とのお酒の思い出、可愛い息子さんとか、時事ネタのマスクの屋台とか、たっぷり。ネタも真っ向古典から独創まで、ちょっと崩れた口調に色気があって、実力発揮してたなあ。
初日から「団子屋政談」でぶっちぎる。初めて聞いたんだけど、「初天神」のあと大岡越前が出てきて親子の情愛ものになっちゃうアクロバティックな展開を堪能。殿村部長(談春さん)を噂したり、第三夜にはなんと「芝浜」の粗筋をしゃべっちゃってから、バカバカしい「百川」へ。
直前の時間帯に三三さんが生配信で、情緒たっぷり2席披露してたり、一之輔さんが柳家の大事な、といいながら「千早ふる」でのびのび暴走したら、なんとその翌日に小三治さんが偶然なのか「千早ふる」をかけて(前座か!)、その日の「青菜」はきっちりした印象になったり、配信ならではのライブ感も。10席のなかでは、やっぱり雨の日の「笠碁」が可愛らしかく、思わずさん喬さんの録画(渋い)で聴き比べちゃいました。最終日はマスク屋台が出ているご当地上野の、いつもなら花見なのになあ、という感慨から市馬、一之輔で聴いたことがある「花見の仇討ち」で、賑やかに〆。
「団子屋政談」「粗忽の釘」「百川」「千早ふる」「青菜」「らくだ」「笠碁」「鰻の幇間」「お見立て」「花見の仇討」

20200430-014

桂文珍独演会「老婆の休日」「火焔太鼓」「天神山」

芸歴50周年記念 桂文珍 国立劇場20日間独演会  2020年3月

楽しみにしていた連日贅沢ゲストが登場する公演の17日目。開幕後、コロナでいったん振替になり、自主公演ゆえ一時復活したところへ参戦した。(この後また中止に) 体温チェックを受け、消毒液をかけて、記念の手拭いを頂いて入場。半分強の入りながら、文珍さんの脱力系の笑いと、独特の嫌味のない皮肉っぽさで、いっとき憂さを晴らしました~ 国立劇場大劇場の上手寄り前の方で5500円。主催は読売新聞社と吉本興業。
まず師匠が挨拶し、小朝門下の女流・春風亭ぴっかりが元気に、五代目文枝作「動物園」。続いて師匠が新作の定番「老婆の休日」。お下品なところが巧い。続いて大好きな権太楼さんで、待ってました「火焔太鼓」。テンポいい運びに爆笑しつつ、女房がバカにしてる旦那とそっくりな反応をするところに愛を感じる。いいなあ。
中入り後は囃子方の内海英華が、上方で復活させたという色物「女道楽」で三味線。粋ですなあ。トリは再び師匠で、古典「天神山」。狐モノのパロディですね。変わり者の源助が墓場で花見をして、しゃれこうべを持ち帰ったところ、若い美人の幽霊が押しかけてくる。隣の安兵衛が真似したら、狐が来て…。さらりとメルヘンでした~

20200321-017 20200321-025 20200321-032 20200321-036

志の輔「ぞろぞろ」「メルシーひな祭り」「八五郎出世」

志の輔らくご~PARCO劇場こけら落とし  2020年2月

3年半の建て替えをへて再オープンした渋谷パルコの、オープニングシリーズ。約20年続いた名物「志の輔らくご」の復活に参戦した。期待通りの笑いと涙。斜度があって見やすい中段やや後ろで5000円。仲入りを挟んでたっぷり3時間弱。
まずは「2001年宇宙の旅」のテーマをバックに、上空からパルコに迫る映像で盛り上げ、師匠がまさかの三番叟! 続いてこけら落としの一席へ。ちゃんと舞踊の師匠に三番叟を習った、本当にやるんですかと言われたけど、こけらという字はもう無くなった、パルコは600席に増え、なにもこんな大きい会場でやらなくてもと思う、今回は特別料金5000円、しかも御縁袋付き、新しい五円玉がまだ足りない、などと笑わせつつ古典の「ぞろぞろ」。
舞台は稲荷神社の門前の、はやらない茶屋。主人が懸命に祈ると、1足しかないわらじを求める客が次々訪れ、不思議にもわらじがぞろぞろ、ご利益にあやかろうとした床屋では… 千客万来のめでたい噺でした。
続いて事前予告の定番新作は、寂れた店つながりで「メルシーひな祭り」。フランス特使の奥方と幼い娘が、雛人形みたさに訪れたのはナンの変哲もない商店街。会長が張り切って案内するも、おつきの「外務省」とはすれ違ってばかり。最後にせめて雛人形を見せたい、という商店街の面々の気持ちが通じて… 庶民の人情が、可笑しくて泣ける。さすがです。舞台後方で雛壇実演付き。

仲入り後は学生時代に来たパルコ劇場は仲代達矢と山口果林、当初は2席のはずが、冒頭映像の制作でパルコ公演を振り返ったら大好きなのにかけていない演目に気づいた、と振っておいて、おめでたい一席は待ってました「八五郎出世」。気のいい八五郎がどんどん酔っていくさま、おっかあと長屋のつながりに磨きがかかった感じで、またまた笑って涙~

ラストはお三味線やお囃子、雛壇の劇団メンバーが登場して手締め。劇場はロビーにゆとりがあり、外階段からは渋谷の街が一望できて、いい感じ。樂しかった!

20200209-005 20200209-018 20200209-023 20200209-030 20200209-039 20200209-058

浜町寄席「人情匙加減」「仙台の鬼夫婦」「文七元結」 

明治座浜町寄席「話芸三昧~喋る・唸る・語る」  2020年1月

夢空間制作で、話芸3ジャンルの人気者が揃う贅沢な会。それぞれに安定感があって楽しい~ ロビーの売店が賑やかな演歌の殿堂・明治座、前の方で4800円。仲入りを挟んでたっぷり2時間半。

開口一番は三遊亭白鳥の弟子で、ぐんま。肩をぐるぐる回しながら出てきて、不穏なムードのまま、銭湯で出会ったタイガージェットシン似のインド人に迫られる、微妙なマクラ。「え、これで古典いくの?」と子供に言わせて「初天神」。
続いて出てきた神田松之丞が、このマクラをいじり倒して、いきなり爆笑。さすがです。2月に真打ち昇進で伯山を襲名するから、松之丞で聴くのは最後。「すでに相当押しているけど、いいよね」「今日のネタは宝井琴調先生に習って今朝OKを貰ったばかり、初めて習ったときは怖かった…」「冒険できるのも今のうち」などと笑わせつつ「人情匙加減」。大岡政談のひとつなんですね。
若い医者が料理屋での雨宿りが縁で芸者と深い仲に。勘当されつつも医業に精を出し、体を壊した芸者を身請けする。強欲な料理屋の主人は、芸者が無事回復したと知ると、身請けを取り消そうと訴え出る。「この話は大岡越前が出てくるまでが長くて」と、終盤で名奉行登場。薬代やらを持ち出して、主人を懲らしめて、めでたしめでたし。「ネタおろしにしては、よくできた」と、いつもの大者ぶり。落語っぽい庶民の話のせいか、以前のこってり、しつこい印象が薄れて、いい頃合いだった。

仲入り後は演台がセットされて、お馴染み玉川奈々福と沢村豊子。節と啖呵、テーブル掛け、曲師との呼吸など浪曲の楽しみポイントをたっぷり解説。昨年は海外公演が多く、外国で妻の薙刀シーンが大いに受けた、と紹介して「仙台の鬼夫婦」。
3大将軍家光の時代、賭け碁に熱中していた武士・井伊直人が、妻・お貞との立ち会いに負けて江戸へ剣術修行に行き、大成するという出世談だ。講談「寛永御前試合」のアレンジとのことで、こちらもリズムがよくて、爽快でした。ちょっと拍手をねだり過ぎな気もするけど…
曲者2人に後で、トリは柳家三三。さて、どうするか、と思ったらマクラ無しで、なんと「文七元結」。一気に会場の空気が締まるのが、凄いです。なぜ五十両やってしまうか、の解釈よりも、江戸の職人の勢いが全面に出て楽しい。そして家族の情で泣かせちゃう。面白かったです!

20200127-003 20200127-011 20200127-016

談春「明烏」「芝浜」

35周年記念立川談春独演会 阿吽ーー平成から令和へ   2019 年12月

年末らしい、楽しみな演目の独演会を、友人夫妻と。師匠、どこか力が抜けて、いい感じだ。2000人収容という昭和女子大人見記念講堂の中央、やや前のほうで4500円。

前座なしで師匠が登場し、1席目は「明烏」。メーン前の滑稽な噺なんだけど、人物がくっきりして聞き応えがある。町内一のワル2人組の、ダメ男ぶり、脱線ぶりが可笑しくてたまらない。

中入り後はマクラ無しで、ネタ出し(予告演目)の「芝浜」だ。相変わらず巧いんだけど、それだけでない。女房が嘘をついた理由とか、解釈は目立ち過ぎず、自然に泣けてくる。テーマは忘れるということ、なのかな。年の瀬、除夜の鐘にひととき耳を澄ます情感と、自堕落な人間が過去は過去として受け入れ、前を向いて生きていけることの幸せ。染みました~

20191218-010_20200101164901

 

落語「寄合酒」「そば清」「元犬」「磯の鮑」「仏壇叩き」

特撰落語会 柳家喬太郎・柳家三三二人会  2019年7月

雨の七夕に、安定してハイレベルの二人会。グループ客も目立つ地元・杉並公会堂、中ほどの席で3700円。仲入りを挟んで約2時間。
前座は三遊亭楽べえで「寄合酒」。円楽のお弟子さんですね。空き地の拾い物がお味噌で、角の乾物屋がとんだ目に遭うオチまで。大勢出てくる噺をそつなく。
本編は喬太郎からで「そば清」。蕎麦屋の客が、居合わせた食いっぷりのいい男と何枚食べられるか賭けをして、負け続ける。それもそのはず男は通称そば清という名の知れた大食い。大勝負に備えて信州に出かけ、大蛇が消化に使った草を手に入れるが、実はそれは人間を溶かすものだった… 落語ならではの蕎麦を食べるシーンの臨場感、そして蕎麦が羽織を着ているという、なんともシュールなオチが鮮やか。
続いて三三で、お馴染みの「元犬」。何回か聴いてるけど、オマワリの繰り返しなどバカバカしさが増している感じ。
仲入り後も三三で「磯の鮑」。与太郎が仲間にかつがれ、ご隠居に「儲かる女郎買い」を習いに行く。「せめてモテるように」と教わったことを、吉原で実行。色っぽさとスピード感がさすが。
そしてトリは喬太郎で、マクラ無しで「指物師名人長二」の発端「仏壇叩き」。初めて聴くけど喬太郎さんは、けっこうかけてるんですね。明治20年に圓朝が新聞に連載した噺で、モーパッサン「親殺し」をベースにしたサスペンスタッチの名人伝とか。蔵前の札差が気難しいので知られる長二に仏壇を発注。手間賃百両と言われてごねるが、才槌で叩いてもびくともしない出来栄えに感服する。普通の人間のこずるい面を嫌味なく。「笑いがないので」と言いながら、達者な口調にすっかり引き込まれました。物語はこのあと湯河原に舞台を移して、親との再会などが展開されるようです。充実。

20190707-00820190707-014

落語「万病円」「お化け長屋」「館林」「洒落小町」

第二十五回渋谷道玄坂寄席 三遊亭兼好・三遊亭萬橘ニ人会 2019年6月

広瀬和生プロデュース、圓楽党同士の2人会で、年1回ペースで開催しているそうだ。評判の萬橘をお初で。確かに独特のおかしみが秀逸です。常連グループが多そうなマウントレーニアホール、こぢんまりした渋谷プレジャープレジャーの真ん中へんで、ワンドリンク付き3900円。映画館ぽい椅子だし、開幕前にビールとポップコーンですでに楽しい。
開口一番は三遊亭まん坊(萬橘のお弟子)で「手紙無筆」。続いて萬橘で「万病円」。人をくったクセのあるキャラが噺にぴったりだなあ。屁理屈ばかり言う浪人が、湯屋で下帯を洗うわ、餅屋や古着屋にからむわ、やりたい放題。紙屋で万病に効くという薬をみつけ、「本当に万あるか」と難癖をつけると主人も負けずに「百日咳に四十肩に…」とやり込めちゃって、滑稽かつ痛快だ。ひとつ間違うと浪人の横柄さが鼻につきそうだけど、ただのテンポの良いダジャレ合戦で聴かせ、浪人が言い負かされて心底悔しがるのもお茶目。
続いてお馴染み兼好が登場。いつもの朗らかハキハキ口調で「萬橘は不機嫌なほど面白い」とかからかいつつ「お化け長屋」。空き家を物置にしたい長屋の面々が一計を案じ、怪談をでっちあげて借り手を追い返す。長屋の古狸こと杢兵衛の、立板に水の講談口調が巧い。ところが次に来た男は乱暴者で全く怖がらず、お化け上等とばかり、いちいち「ああ、それな」とまぜっ返す。杢兵衛が「お前面白いな」と強がるのがチャーミング。長屋総出の、さながらホーンテッドハウス騒ぎが賑やかだ。
仲入り後も兼好で「館林」。町人が剣術を習った幕末のこと。先生から上州・館林で賊を召し捕った武勇伝を聞き、早速町内で真似して失敗する。ラストがあっけないせいか、あまり演る人がいないらしい。シュールです。
トリは再び萬橘で「洒落小町」。バカバカしくて爆笑。お松がご隠居に亭主の浮気を盛大に愚痴り、「在原業平は井筒姫の歌に感じ入って、浮気をやめた」と諭される。それで亭主に優しくするんだけど、これがトンデモ。色気ゼロのお松さんのガチャガチャぶりが規格外で、ついには亭主をダジャレ攻めにしちゃう。ハイレベルでした~

20190624_183522609 20190624_211216286

落語「初天神」「火焔太鼓」「甲府い」

よみらくご第16回公演  2019年5月

充実の顔合わせの落語会で、テーマは家族。誠に残念ながら体調不良で前半までを鑑賞した。よみうり大手町ホールの中ほどで4300円。
開口一番は春風亭昇々、初めて聴く昇太のお弟子さんだ。落語芸術協会二ツ目ユニット「成金」メンバーで、予想を裏切らずアクが強い。松戸のチンピラ口調で、悪ガキ風の「初天神」を、エグい団子のくだりまで。ほのぼの親子じゃないんだけど、崩れた父親に可愛げがあって魅力的だ。
続いてお目当ての古今亭菊之丞。2003年に異例の一人真打ち昇進でお練り決行とか、現代人とは思えない若旦那風とか女形風とか、大評判で、聴いてみたかった噺家だ。しかも演目は「火焔太鼓」。古今亭圓菊の弟子、古今亭志ん生の孫弟子とあって、一門のお家芸に期待が高まる。昨年の権太楼さんが印象的だった演目だけど、今回は夫婦のやり取りが少し軽めで、風情があってよかった。大河ドラマ「いだてん」の落語指導もしてるんですねえ。また聴きたいです。
そしていぶし銀・入船亭扇辰がバンドの宣伝なぞをしてから「甲府い」。豆腐屋の親父の男気、故郷に恩返しの爽やかさ。好きな噺をたっぷりと。
体調回復してまた楽しむぞー。

より以前の記事一覧