落語

落語「のめる」「元犬」「たちきり」「花筏」「寝床」

第43回大手町落語会~ザ・柳家!Ⅶ~  2017年6月

安定感抜群の贅沢な落語会だ。けっこう幅広い落語好きが集まった日経ホール、下手寄り最前列で4000円。中入りを挟み約3時間。

開口一番は入船亭小辰。扇辰の弟子の二つ目だ。「私なんぞは料金の外」「広くは柳家ということで(むしろ源流ですよね)」と笑わせて「のめる」。友達同士が互いの悪い口癖「つまらねえ」「一杯のめる」を封印、口にしたら罰金と約束し、沢庵とか将棋とか、他愛無い手で何とか言わせようとする。軽妙で巧い。

本編はまず柳家三三。いつものように「長いマクラ」や林家兄弟をからかってから「元犬」。1年前にやはり三三さんで聴いた滑稽噺。徹底した馬鹿馬鹿しさがいい味だ。
続いてベテラン柳家権太楼。今度新聞にインタビュー連載が載る、今日はネタを準備してきたけど、前に同じ会で出したネタ(へっつい幽霊)はできないし、季節感もあるし(花見の仇討)、と明かしてから、たっぷりと「たちきり」。鶴瓶、正蔵らで聴いた切ない恋。控えめな三味線が入る大詰め、ごくシンプルに、恋人の死を知った若旦那の悲嘆、後悔が染みて、満場が静まり返る。素晴らしい。

中入りでは10月の会の特別前売りに行列も。固定ファンがついてるなあ。後半はまず柳亭市馬。相撲の呼び出しを朗々と披露してから、「これで拍手もらうのもどうかなあ、ろ最近思ってますが」と言いつつ、前に喬太郎で聴いた「花筏」。さらっと運ぶけど、相変わらずのおおらかさ。粋ですねえ。相撲観戦を経験して、情景が目に浮かぶようになり、一段と楽しい。
トリは権太楼さんのライバル、柳家さん喬。「権太楼師匠があんなに押すとは…」と笑わせてから、洒脱に「寝床」。こちらも喬太郎、そして文珍で聴いたことがある。笑わせつつ、ちょっと聴かせる義太夫が上手。粋ですねえ。

20170610_004

20170610_021

談春「一目あがり」「五人廻し」「動物園」「文違い」

立川談春「廓噺の会」   2017・5

夏の夕暮れの雰囲気がいい感じの浅草。1月の「居残り佐平次」、2月「明烏」に続いて、立川談春が遊郭をテーマにする会へ。3日連続の2日目だ。浅草公会堂、中央あたりで4320円。中入りを挟み約2時間半。
開口一番は立川こはるが、「こう見えて女性ですよ」といつものフリから、はきはきと「一目あがり」。
談春が登場して、弟子ちはるを普通の会社に奉公に出した、と驚きのコメントから「五人廻し」。関東の遊郭で、一人の遊女が複数の客を相手する「廻し」制度の解説、そして若い者が花魁に待ちぼうけを食わされた客に、さんざん苛められる。癖のある客たちの造形が見事だ。

中入り後は客演で、大阪出身の立川雲水。元は英語圏のジョークだそうで、怠け者が職を世話され、移動動物園に行ってみると、なんと虎になりすます仕事。園長の「蒲生」をギャグにするパターン。ちょっとねっちり。
トリは談春さんで、2015年話題だったドラマや近く公開の映画の話題などから「文違い」。昨年三三さんで聴いた演目だ。新宿を舞台に、客と遊女が次々に騙し合いを繰り広げる。どうしようもない男女同士の、それでも必死な感じが巧いなあ。
2席とも、廓ならではの、むき出しの欲と色気がよかったです!

20170523_001

新宿末広亭四月上席

新宿末広亭 四月上席  2017年4月

ホール落語を聴いてきて、ついに初めて寄席に足を運んだ。雨交じりの新宿三丁目、けっこう若者が目立つ新宿末広亭・上席(かみせき)で3000円。オール自由席のなか、下手寄りの桟敷をチョイス。マイク無しで聴ける距離が新鮮だ。昼の部13時半ぐらいから観始めて、お寿司などをつまみつつ、入れ替え無しで夜の部21時までたっぷりと。

昼の部は代演が多かったが、寄席ならではのベテランを味わう。金原亭馬之助は相撲の階級などの漫談+お座敷芸風の百面相。金原亭伯楽は旬の「長屋の花見」。卵焼きのつもりの沢庵とかが馬鹿馬鹿しい。桂文楽「看板のピン」で中入りとなり、後半は柳家一九「湯屋番」、柳家小団治が五輪メダルのマクラから「ぜんざい公社」、トリで柳家小満ん「盃の殿様」。国元と吉原の間で盃をやり取りする。この中では桃月庵白酒「つる」が安定感抜群でした。

夜の部は開口一番の柳家花ん謝がいい。花緑さんの弟子の二つ目です。柳家東三楼のあと、柳家三三がけっこう自由な毒舌ぶりで、律儀な独演会の印象とはずいぶん違う。柳家喬太郎が得意のウルトラネタでいい弾けっぷり。柳亭市馬、鈴々舎馬風と豪華リレーだ。
中入りを挟んで新真打口上。林家ひろ木を祝い、喬太郎の司会で小朝、馬風、師匠の木久扇が挨拶し、市馬さんが相撲甚句を朗々と。続いて小朝、木久扇、柳家さん喬、トリはひろ木。真打というには、おぼつかない感じは否めないけど、津軽三味線も披露して一生懸命です。

急がないけど、するする進んでいくテンポ、力の抜けた感じ、そしてテレビではお目にかからない多彩な色物が楽しい。この日は松旭斉美登・美智のキャンデーを撒く奇術、林家ぺーの漫談、カンジャママイムのマイム、楽一の紙切り(セクシーポーズとか)、すず風にゃん子・金魚の漫才、翁家社中の太神楽などでした。あ~、堪能した。

20170409_001

談春「大工調べ」「明烏」

春風亭昇太プロデュース「下北沢演芸祭2017」 立川談春独演会 2017年2月

人気者・春風亭昇太プロデュースによる意欲的な落語シリーズ。ロビーには昇太が大河ドラマで演じる「今川義元より」といった、謎の花が並ぶ本多劇場。中ほどの見やすい席で3500円。中入りを挟み約2時間。

前座は1月と同じ弟子ちはるが、ハキハキと小噺。談春さんが登場し、「弟子が出てくると可哀そうって雰囲気になるの、やめて」と笑わせてから、昇太の人物評を「怒らせるとまずいのが志の輔、めったに怒らないけど怒らせてはいけないのが昇太」と解説して、怒りが印象的な「大工調べ」へ。大家のところへ乗り込むまでの「上」だ。以前、談春や三三で聴いたことがある。棟梁の迫力ある啖呵のスピード感と、すっとぼけているようで実は世の中がみえている与太郎との対比。鮮やかだなあ。
続いて普段着の昇太が登場し、談春とトーク。若かりし頃の出会い、「今はいいけど、先行きはねえ」と批評され続けたこと、談志が新作をつけてもらったけど実演できなかったこと、昇太が談志を怒らせたエピソードなど。最初は立ってたけど、途中から2人とも高座に腰かけちゃって、「これだけで、あと落語しなくてもいいなあ」と談春。小柄な昇太さんの明るさ、腹が据わっている感じがいいなあ。入門35周年、機微の感受性も豊かだし、爆笑させつつ、時に深いやり取りでした。

中入りを挟んで談春2席目は、昇太兄さんに教えたけど、高座にかけなかった、後から聞いたら「台詞が多すぎ」だったとのこと、というマクラから「明烏」。談四楼で聴いたことがある廓噺だ。冒頭、若旦那を心配する母親からして、実に可笑しい。甘納豆を食べるところでは、所作の心得をブツブツと。そして初めての吉原で、いっぱしになっちゃう若旦那の色気がさすがだ。面白かったです!

1486469679643

落語「黄金の大黒」「小政の生い立ち」「鼻ほしい」「二番煎じ」

よってたかって新春らくご’17 21世紀スペシャル寄席ONEDAY  2017年1月

恒例の落語会の夜の部。どなたも余裕があって、さすが水準が高い。年配客が多いよみうりホール、中央あたりで4100円。中入りを挟み2時間。

少し遅れて、前座(市馬の弟子・柳亭市若「転失気」)途中で滑り込む。本編はまず円楽一門の三遊亭兼好。嫌われてもサムズアップのトランプは凄い、自分だったら無理、といったチャーミングな時事ネタから「黄金の大黒」。長屋の連中が大家に招かれ、店賃の催促かと警戒していると、息子が黄金の大黒を掘りあてた祝いだというので、妙な羽織で慣れない口上を述べる。宴会部分はさらっと進んで、床の間の大黒が弁天を呼びに行く、というオチ。朗らかでテンポが良く、聞いていて心地いい。
続いて、待ってました柳家喬太郎。仕事の移動ではウエストポーチを使う、クラッチバッグを失くしたことがあるので(大金のギャラが入っていた)、東京駅のコンコースで(そういえばいつからコンコースになったのか、通路でいいのに、ロビーでいいのにホワイエだし)、絵に描いたようなチンピラ(巧い!)が荷物を改められていて、自分もポーチを見とがめられた…などと、相変わらず絶妙な、主演映画の告知付きマクラから、「次郎長外伝~小政の生い立ち」。生意気な小僧の政吉が、ニヒルな次郎長とファンキー石松に出会って小遣いをもらい、親の死後に訪ねていく、という正統派・講談ネタだ。人物がくっきりとして、魅力がある。「俺たちは『商売往来』に載ってねぇ稼業だ」「噺家?」とか「石松のつぶってる目が逆」とか、笑いもたっぷり。

中入り後は飄々と春風亭百栄。噺の出だしで「ぞろぞろだな!」などと演目をメモって、裏切られる落語ファンを描き、爆笑をとってから「鼻ほしい」。鼻を失い、変な発音の浪人が、馬子と川柳のやりとりで揉めて…という、なかなかエグイ滑稽噺。
トリは一転、爽やかに柳亭市馬。百栄のマクラを取り入れ、「これで芝浜にはいかないよ」と笑わせてから「二番煎じ」。夜回りに集まった旦那衆が、番小屋で酒と猪鍋を楽しんでいて同心に見つかり、煎じ薬と言い訳すると、同心もぐいぐい呑んで、「ひと回りしてくるから二番を煎じておけ」。寒い冬の夜の風情、火の用心の掛け声が粋な節回しになっちゃうところが、師匠らしくて、客席も手拍子。いつもながら、おおらか。

「成金」を応援するのもいいけど、手練れは安心してひたれるなあ。あとからチラシを読んだら、喬太郎さんは主演映画を舞台化もするらしいし、ますます意欲的です。今日は充実してました~

20170128_001

よみらくご「寄合酒」「やぶのなか」「礒の鮑」「短命」「七段目」「宗悦殺し」

第9回よみらくご新春スペシャル~権太楼、成金に吠える~  2017年1月

気になっていた落語芸術協会二ツ目による人気ユニット「成金」に、主流派・落語協会のベテラン柳家権太楼がコメントする、盛りだくさんの会。若手の勢いが文句なしに楽しい。熱心なおじさんファンの掛け声が目立つ、よみうり大手町ホール、上手寄りやや後ろの方で3900円。中入りを挟み3時間弱。

開演に少し遅れて、若手5人が並んだトーク中に滑り込む。互いにプレッシャーをかけあったところで、トップバッターは82年生まれの春風亭昇也。自身は妻帯者で、師匠昇太を結婚させるミッションとかをハキハキ語り、「寄合酒」。町内の呑み会で、それぞれ肴を調達しようとするが、カネが無い。乾物屋を荒らし、空き地でとんだ拾い物。さらに贅沢な出汁を捨て、お燗番が肝心の酒を飲んじゃう。人物が多いせいか、やや説明調だけど、嫌味がなくて手堅い。
続いて81年生まれの瀧川鯉八。落語理論には3つあって、談志「業の肯定」、枝雀「緊張と緩和」、そして昇也(人は毎回違うらしい)「会話の妙」、この3つ目に逆らいます、と振って新作「やぶのなか」。新婚夫婦と妻の弟、その恋人の日常シーンの嚙み合わなさを、それぞれへのインタビュー形式で。
鯉昇さん門下とは思えないシュールな語り口で、個性は突出しているけど、私にはねちっこ過ぎるかなあ。
そして88年生まれ柳亭小痴楽。細身で髪がフワフワのイケメンだ。意外にイヤらしくスナック体験を語って、「礒の鮑」。隠居に作法を教わり、吉原に出掛けた与太郎がトンチンカンを繰り広げるオウム噺。若いのに崩れた色気がある。5代目痴楽の長男で恵まれながら、破門されたり二ツ目昇進直前に父を亡くしたりと逸話が多い人だそうで、やんちゃキャラに期待。
ここで権太楼が登場し、余裕の「短命」。ご隠居から「夫の命を縮めるいい女」の話を聞いた男が、家に帰って女房から茶碗を差し出され… 
ずいぶん前に志らくで聴いて、あまり印象に残らなかった噺だけど、この人にかかると間合い、適度な色っぽさが巧い。

中入り後は76年生まれ、おにぎり顔の桂宮治。家族持ちで30過ぎに入門したとかで、「師匠の後はやりにくい」「イケメンはイケメンなのに面白い、と言われるけど」と繰り返し、自信満々の前半組に比べて遠慮気味だ。「国立演芸場の隣」国立劇場での観劇の話題からお馴染み「七段目」。盛り上がるところで下座が入り、「初めてなんです~」と戸惑っちゃう。素直な明るさは、本日いちばん噺家らしいのでは。楽しみ。
トリは昨秋に聴いてびっくりした、お待ちかね講談・神田松之丞。眼鏡をはずし、83年生まれとは思えないふてぶてしさで「扇の的くらいで、と思ってたんだけど」とつぶやき、円朝の創作の経緯から、なんと「宗悦殺し」。喬太郎さんや講談・春陽さんで聴いたことがある。凄惨なシーンに引き込む力が凄い。ちょっと運びが重すぎるかなあ。

いったん下げた緞帳を開いて全員が並び、権太楼さんの講評。昇也には「昇太譲りの軽さがいい。下ネタをもっと軽く」、鯉八には「わかりません」と一言、小痴楽には「ネタはいくつ?」「7、80」「今のうちに200は覚えて、絞っていけ」と厳しく、宮治には「歌舞伎そんなに好きじゃないでしょ」とばっさり(実は「道灌」のつもりが、権太楼さんにけしかけられてチャレンジしたらしい)、「いや、だから芝居に走らないところがいい、そのままの勢いで」、そして松之丞には「評判通り巧いねえ、演芸界を背負ってく人」。師匠の温かさに触れ、手締めで幕となりました。

Rakugo


談春「初音の鼓」「長短」「居残り佐平次」

立川談春 新春独演会「居残り佐平次」 2017年1月

昨年に続いて落語はじめは談春さん。会場が変わっていて、以前サーカスを観たことがある品川プリンスホテルのクラブeXだ。半円形のスペースに、椅子を300ほど並べ、開場時にランダムに席を割り振る形式。入り口には二宮くん、ビートたけしら豪華な花が並ぶ。上手寄り前のほうで4320円。中入りを挟みたっぷり3時間。

前座はまず昨春入門したという、ちはるが小咄。初々しい。続いてお馴染み、こはるが、はきはきと「初音の鼓」。気のいい殿様に偽物を持ち込んだ道具屋が、家来と組んで一芝居うつものの、殿様に逆襲されちゃう。「スポポン、スココン」が軽妙だ。
そして飄々と談春登場。最近の2つ目ブームへの感慨、パルコ建て替えで志の輔らくごが無いので1月の落語会となった、この会場にはプロレス観戦の思い出がある、稲葉浩志のコンサートに行ったけど1曲も知らなかった等々、長いマクラを語っていると、前方で具合の悪いお年寄が… 落ち着いてスタッフを呼んで、続行。立川流の年始会で珍しく家元夫人が挨拶したこと、家元晩年の思い出話などをしみじみ語り、落語やりますよ、リクエストある?七段目?とチラ見せしつつ、リクエストになかった「長短」をさらっと。

中入り後は、具合の悪くなったお客さんの無事を報告して、眼目の品川ゆかり「居残り佐平次」。2013年、2015年にも聴いて素晴らしかった噺だ。
小悪党の佐平次はもちろん、花魁のつれなさをぶつぶつ言う客も、祝儀を気にする若い衆連中も、決断力がある主人も、誰もがエゴの塊なのに、なぜか憎めない。佐平次は徹底して調子のいい人たらしだけに、大詰めの居直りに凄みが増して痛快だ。
1時間の熱演後、サゲの工夫を解説してくれました。どうやら今年は失われつつある文化、廓噺に力を入れるらしい。楽しみです!

20170115_012

20170115_015

20170115_022

三人会「ちりとてちん」「母恋いくらげ」「粗忽の釘」

鯉昇 喬太郎 桃太郎三人会  2016年12月

昨年夏以来の、ベテラン昔昔亭桃太郎を中心にした三人会。テンポが良くてトークもあって、相変わらずの人気です。日本橋公会堂(日本橋劇場)の中央、前の方で3600円。18:45開演で仲入りをはさみ約2時間。

前座は桃太郎さんの弟子で全太郎が「寿限無」。まず桃太郎が、いつも通り飄々と「ちりとてちん」。余白が多くていいなあ。演者の個性で聴かせちゃう。
続いて柳家喬太郎が登場、「師匠がまさかの古典だったので、いま迷走している」と、長めのマクラ。自分の髪形がトランプに似てる、とか、池袋の百貨店の擬人化などでたっぷり笑わせてから「母恋いくらげ」。浜に打ち上げられた子くらげが、遠足バスに遭遇するが、母を守ろうと奮闘する、という古典っぽい新作。初めて聴いたけど、動き満載の海中生物の語りや、バスに乗っているやけにニヒルな小4男子が怪演だ。
最後は瀧川鯉昇で「粗忽の釘」をさらっと。上方の「宿替え」で、長屋に引っ越してきた男が、壁に八寸の瓦釘を打ち込んでしまい…。のんびりした風情と、人の良さそうな感じがいい味。桃太郎さんと同じ、春風亭柳昇門下なんですね。

仲入りで普段着姿になった桃太郎さんが、売店にきて気さくにおしゃべり。その後はトークショーで、かつて円生がファンの規模に対し噺家が多すぎる、と入門をストップした、当時東京の落語ファンは5000人だったらしい、今はどうか?、大阪は?という話題から、いつもの「古典を極める人は早死にする」といった桃太郎節。天才たちへのオマージュも。この3人は真打昇進がちょうど10年違いなんですねえ。楽しかったです!

1481112835380

鶴瓶「死神」「青木先生」「山名屋浦里」

JRA笑福亭鶴瓶落語会  2016年10月

冷え込んできた雨の一夜、鶴瓶さん独演会へ。広い会場に立ち見も出る盛況で、客層は幅広く、特に今回は男性の笑いが目立つ。花いっぱいの赤坂ACTシアター、割と前の方の中央で5000円。中入りを挟みたっぷり2時間半。

まずラフな服装で登場し、幕前でいつものトーク「鶴瓶噺」。トホホエピソードをポンポン繰り出す。2PM東京ドームライブのおばちゃんファンの会話、結婚記念日の手紙で奥さんの名前を書き間違える、自分の名前のいろんな間違い、ロケに訪れた住民5人の島で飲み友達と会う、サウナで落語を稽古したときの反応、小朝の勧めで「死神」を始めた22007年ごろの小さい落語会、エイプリルフールで中村屋一家にいっぱい食わされ、骸骨の着ぐるみで家に押しかけたこと、その中村屋が自作落語を歌舞伎化し、生真面目な役者陣の前で演じたこと…。

いったんひっこんで八月納涼歌舞伎のドキュメント映像が流れ、羽織姿の師匠が登場。見台を使って「死神」。かけるときは全生庵に作者・円朝を参るという。鶴瓶バージョンは死神が老人ではなく、かいがいしい女性。主人公が自殺に追い込まれた原因は新築祝いでのしくじりで、「牛ほめ」をミックスしている。
死神を追い払う呪文(シンプル)を習って稼ぐものの、遊んじゃうくだりは古典のままだけど、布団を回す工夫で救う相手は逃げた女房。死神に尽きかけた寿命の蝋燭を見せられ、別の蝋燭に火を移すが、実は死神が片思いの幼馴染とわかる。言い寄ろうとして、うっかり火を吹き消しちゃう瞬間でオチでした。
喬太郎さんのドーンと倒れる幕切れや、談春さんの「回りオチ」では、それぞれに死の瀬戸際でさえ愚かな人間を描いてシュールだったけど、鶴瓶さんは昔の恋の人情に持ち込んでいて、この人らしい。

お囃子の「前前前世」を挟んで、着替えて再登場。番組のカメラマン、そして公演先で、偶然ご家族に会ったマクラから名作「青木先生」。聴くのは2010年以来だ。先生の強烈な造形、悪戯な高校生の鶴瓶さんが変わらず魅力的。ラストの泣きは抑えめだったかな。

20分の中入り後、幕があがると屋根と行燈のセットがすっかり歌舞伎の廓の雰囲気だ。鮮やかな柄の羽織姿で、話題の「山名屋浦里」。タモリが番組で調べたエピソードを楽屋で鶴瓶に語り、くまざわあかねが落語に仕立てて2015年初演。さっそく中村屋兄弟がこの夏、歌舞伎座で「廓噺山名屋浦里」として上演したストーリーだ。
江戸留守居役・酒井宗十郎は田舎者かつ堅物で仲間に疎まれ、寄合に馴染みの花魁を連れてこいと無茶を言われてついにキレ、承知したと見得をきってしまう。頼まれた山名屋主人は取り合わないが、吉原一の清里本人があっさり承諾、寄合に絢爛豪華な花魁道中で現れてくれる。後日、宗十郎が持参した金子を受け取らず、「幼いころから籠の鳥、世の中のことを話しにきてほしい」と切々と語る。
「紺屋高尾」のような泣かせる正統人情噺ではなく、廓噺には珍しい男女の友情談になっており、現代的な印象だ。なんといっても清里の造形が艶やかながら気概があって、非常に自我が強い。なよなよしない師匠の語り口があっている。
歌舞伎座楽日、カーテンコールの舞台に半ズボンであがった感動を語りつつ、「歌舞伎に負けられない」とさらなる進化を期して終演となりました。

秋らくご「子ほめ」「芝居の喧嘩」「笠碁」「普段の袴」「三枚起請」

よってたかって秋らくご’16 Night&Day 21世紀スペシャル寄席ONEDAY  2016年10月

いつもの落語会夜の部。予想外の講談もあって、とても充実してました! よみうりホール後ろの方で4100円。中入りを挟み2時間。

市馬の弟子・市若の元気な「子ほめ」のあと、神田松之丞が登場。昼の落語会は落語協会のベテラン揃いでやりにくかった、落語バージョンは本物じゃない、昼に練習しておいた、などと挑発して「芝居の喧嘩」。幡随院長兵衛と水野十郎左衛門の子分同士が、芝居小屋で激突する、平成中村座で観たシーンを汗だくで熱演。野次馬が繰り返し、パン!と扇を開くなど、ギャグも満載だ。初めて聴いたけど、神田松鯉門下でまだ30そこそこの2ツ目なんですねえ。この勢いは楽しみです。
座布団を替えて春風亭一之輔が登場。相変わらずの粋で、気張らない感じが松之丞と好対象で面白い。意外に初めて聴く「笠碁」。暇な旦那同士、下手な碁で待ったをするかどうかで口喧嘩になり、でもやっぱりお互いしか相手はいない。ただそれだけの話が、一之輔さんにかかると可愛らしくて、人情が染みて泣かせる。この日一番の出来。

中入り後は先に会長・柳亭市馬。上野・御成街道の道具屋で一服したお侍が、鶴の掛け軸を褒め、主人が文晁でしょうと受ける。煙管の火玉が袴に落ちても慌てず騒がず。見ていた職人が真似をして…と、お馴染みの馬鹿馬鹿しい展開だ。歌はなかったけど、一段とゆったりした語り口がいい。
トリは安定の柳家三三。髪が少し伸び、いっときの飄々とした枯れ具合から、またちょっと印象が変わって、そこはかとなく色気が漂う。この人は見るたび雰囲気が変わるなあ。噺は以前正蔵さんで聴いた「三枚起請」。鶴の絵などこの日のネタを織り交ぜながら、相変わらず人物の区別がくっきり。花魁を含めた登場人物全員が、なんとも浅はかで可愛げがある。
いやー、贅沢な会でした。

20161008_017

より以前の記事一覧