落語

2021喝采づくし

マスク着用、かけ声禁止は続くものの、関係者の熱意でステージがかなり復活した2021年。素晴らしい作品に出会えました。

個人的な白眉は、思い切って長野まで遠征しちゃったOfficial髭男dismのコンサート。期待通りの王道ロックバンドらしさに、蜷川さん風に言えば「売れている」者独特の勢いが加わって、ピュアな高揚感を満喫! 私はやっぱり配信よりライブだなあ、と実感。対照的に、名曲を誠実に、余裕たっぷりに聴かせる桑田佳祐コンサートも気持ちよかった。

並んで特筆すべきは、野田秀樹「フェイクスピア」かな。仮想体験の浅薄を撃つパワー溢れるメッセージが、高橋一生の抜群の説得力、そして演劇ならではの意表を突く身体表現を伴って、ストレートに胸に迫った。演劇ではほかにも、ケラさんの不条理劇「砂の女」が、まさに観ていて息が詰まっちゃう希有な体験だったし、栗山民也「母と暮らせば」は富田靖子演じる母に、問答無用で泣いた~ 岩松了さん「いのち知らず」、上村聡史「斬られの仙太」、渡辺謙の「ピサロ」…も記憶に残る。

古典に目を転じると吉右衛門、小三治の訃報という喪失感は大きい。けれど、だからこそ、今観るべき名演がたくさん。なかでも仁左衛門・玉三郎は語り継がれる話題作「桜姫」2カ月通しの衰えを見せない色気もさることながら、「土手のお六・鬼門の喜兵衛」をたっぷり演じた直後の一転、他愛ない「神田祭」の呼吸に目を見張った。
落語は喬太郎の、トスカに先立つ圓朝作「錦の舞衣」、さん喬渾身の長講「塩原多助一代記」で、ともに語りの高みを堪能。まさかの権太楼・さん喬リレー「文七元結」がご馳走でしたね~
文楽界はめでたくも勘十郎がついに人間国宝に! 与兵衛が格好よかった「引窓」は、私としては勘十郎さん仲良しの吉右衛門ゆかりのイメージがある演目で、今となっては二重に感慨深い。玉助さんが松王丸、師直でスケールの大きさを見せつけ、ますます楽しみ。

オペラ、ミュージカルは依然として来日が少ないので、物足りなさが否めない。それでも新国立劇場のオペラ「カルメン」「マイスタージンガー」は日本人キャストも高水準、演出にも工夫があって充実してた。ミュージカル「パレード」の舞台を埋め尽くす紙吹雪も鮮烈でしたね。
2022年、引き続きいい舞台を楽しんで、心豊かに過ごしたいです!

 

三三・兼好「子ほめ」「湯屋番」「三方一両損」「館林」「富久」

特撰落語会第二部 三三・兼好二人会  2021年12月

安定感抜群のふたりが古典を2席ずつ。個性の違う、それぞれの巧さにひたる贅沢な時間でした。10月の小三治さん急逝は悲しいけれど、中堅が盛り上げてくことでしょう。初めての古めかしい東京教育会館一ツ橋ホール、下手寄り中ほどで3800円。何だかよく笑う観客だったな。10分の仲入りをはさみ2時間半。エイフル企画主催。

開口一番は三遊亭ごはんつぶで「子ほめ」。圓丈門下、天どんの弟子。25歳とは思えない落ち着きで、声も通ってた。
そして柳家三三がいつものひょこひょこ歩きで登場。兼好はまじめな会津人らしくない、などと相変わらず人を食ったマクラから「湯屋番」。流れるような運びが心地良い。「古典でサービスって言わないほうが」とか、番台のおバカなひとり芝居を熱心に見物しちゃう客とかが剽軽で、さすがの高水準。
続いて三遊亭兼好が勢いよくあがり、がらっと賑やかに。今の会津人は戊辰政争で亡くならなかった人の子孫、今年は眞子さまも日大理事長も救えなかった、一生懸命やったのは大谷の応援くらい、落語家は大谷と違ってすぐ見下しちゃうから駄目、白鳥ファンとか、などと笑わせて「三方一両損」。ポンポンと江戸っ子らしいテンポ、無茶で愛らしい左官金太郎のキャラが最高。大工熊五郎をいちいち町名から呼ぶとか。訴えをきいた大岡越前がぼそっと「こいつら面白い」とつぶやくのもいいなあ。

仲入後は兼好さんで久々の「館林」。調子に乗っちゃう素人剣術で笑わせといて、シュールな幕切れにまた呆然。相変わらず一筋縄じゃない。
最後は三三で、季節感たっぷりの「富久」。火事と富くじという禍福に翻弄される、弱い庶民を理屈抜きに生き生きと。もしかすると理不尽なコロナもこんなことかも、と思えてくる。登場人物のキャラを際立たせつつ、「三方一両損」の一節とか、聞こえてきた夕焼けチャイムまで取り入れちゃう余裕っぷりがさすが。

Img_8765 Img_8767

 

鶴瓶「山名屋浦里」「お色直し」

笑福亭鶴瓶落語会  2021年11月

鶴瓶さんの独演会。いつもの漫談「鶴瓶噺」を皮切りに、じっくり2席で充実。老若男女、ファンが集まった感じのサンシャイン劇場、中ほど下手端で6000円。キューちゃんのお土産付きです。休憩を挟んで2時間。主催はニッポン放送。

鶴瓶噺はナイナイの矢部浩之から「5歳の息子が落語にはまって」とチケットを頼まれたけど、これが自分ではなく喬太郎ファンで…という爆笑エピソード等々、相変わらずの愛らしさ。そして1席目はちょうど中村屋が赤坂で、歌舞伎版を上演中の「山名屋浦里」。安定です。
仲入後は初めて聴く「お色直し」。元花魁と若い衆の夫婦が、金に困って安女郎屋を開く。亭主は「直す」=延長を促す一方で、女房がもてると気が気でなく… 志ん朝さんも得意だったという郭噺だけど、色っぽいというより亭主の駄目ぶりが味わい深かった。三味線や太鼓で賑やかに〆となりました。

Img_7964 Img_7968

 

コレド落語会「金明竹」「真田小僧」「代書屋」「母恋いくらげ」「文七元結」

第28回COREDO落語会 2021年11月

永遠のライバル、柳家権太楼と柳家さん喬によるなんと名作「文七元結」のリレー! 山本益博主催ならではの贅沢企画を堪能する。日本橋三井ホール、前のほう下手寄りで5500円。仲入を挟んで3時間。

益博さんの挨拶、開口一番・安定の春風亭いっ休(一之輔のお弟子さん)「金明竹」のあと、さん喬があがってテンポ良く「真田小僧」。続く「代書屋」の権太楼が相変わらず愛らしい。前半のラストは柳家喬太郎で、お馴染み「母恋いくらげ」の動物形態模写に爆笑。この噺が今日ばかりはちょっと前振りに感じられるのが、贅沢過ぎ。

仲入りのあと両師匠と益博さんが椅子に座り、微妙な駆け引きを感じさせつつ、公開じゃんけんで順番を決めちゃって、いよいよ「文七元結」へ。前半は権太楼がトントンと運び、山場の吾妻橋のところでバトンタッチ。さん喬が文七になりきって呆然と登場、一気に噺に引き込んでしっとり締めくくる。いやー、貴重な高座でした。
来年の干支、寅の絵柄の、権太楼さんサイン入り手ぬぐいをゲット。凄かった!

Img_7808

さん喬「塩原多助一代記」

さん喬十八番集成特別企画~塩原多助一代記 全編通し公演~  2021年9月

三遊亭圓朝作の立志伝、前半「ふたりの角右衛門」から後半「青の別れ」「炭屋塩原」を珍しい通しで。73歳の師匠が中入りを挟み、終演予定をなんと1時間近く押しちゃう3時間と、渾身の長講。これはひょっとすると、ちょっと事件だったかも。年配客中心にまあまあの入りの銀座ブロッサム、後ろの方で4500円。

開口一番は二ツ目の柳家さん光。「どうも避けられる、名前がサンミツだから」「権太楼の弟子、間違えてキャスティングされたかも」と振って、短く「新聞記事」。
続いてさん喬さんが登場、マクラ無しで語り始める。前半は正直、登場人物が多くて複雑なうえ、テンポがイマイチで入り込めない。でも後半、多助が江戸に出てきてからは笑いと泣きがノってきて、ラストの朝焼けが冴え冴えとスケール大きく、達成感がありました~
さん喬さんは本所生まれの江戸っ子、洒脱でなめらかな印象があるけど、今回はなにしろ全編上州訛り。今夏の高座を病気療養で休演したそうで、どうやら最近はすっかり復活したとはいえ、挑戦だったのでは。

この演目は明治11(1878)年初演、井上馨邸で明治天皇に自ら口演もしたという圓朝の代表作。明治25(1892)年には5代目菊五郎主演で歌舞伎座にかかり、のちに修身の教科書にも採用されたとか。いろんな要素がてんこ盛りで、少なくとも3回ぐらいに分けるべきかも。
特に上州・沼田を舞台にした前半は怪談調で、じっくり聞きたいところ。発端では四角四面な多助の実父・角右衛門が勘平風に、そうとは知らず元家来の右内を撃ち殺す。助けられた豪農・角右衛門がカネを用立て、幼い多助を引き取る。
多助は幸せに成長して養父をよく助けるが、右内の元妻おかめと、悪党一味にさらわれていた娘おえいが家に入り込むと、運命が暗転し、因縁めく。女2人は田舎暮らしや、真面目な多助に不満を持ち、いい仲になった侍親子と唐突にも多助殺害を計画。その多助の危機を、可愛がっていた馬の青が救う。幽霊より怖い人間の業が、圓朝らしいなあと思ってたら、びっくりのスプラッタシーンが展開! 多助は江戸へと逃げ出す。

後半は安定の人情噺に。一文無しの多助が身投げしかけるところを、通りかかった炭屋善右衛門が文七元結風に助けて、雇い入れる。伏線として、多助が道普請にやたら関心を持つシーンが可笑しい。
やっと再会した実父から、養父の家を捨てたと拒絶される大泣きシーンを乗り越え、多助は勤勉と超絶倹約、嫌みのない人柄で独立するまでに成功。私財を投じて道普請をして尊敬され、大店の娘お花に見初められちゃう。ついに実父も誤解を解いて、再び子供みたいに大泣き。大詰め婚礼の日には、かつて悪党から救った取引先が十三艘の船いっぱいに、祝いの炭俵千両を届ける。カタルシスだなあ。
多助は実在の人物で、木炭の粉を再利用した炭団の発明で知られるんですね~ いやー、ずっしりの高座でした。

Img_7091 Img_7094

落語「黄金の大黒」「代書や」「締め込み」「ふだんの袴」「船徳」「素人鰻」「七段目」

市馬落語集 お盆特別公演 2021年8月

国立劇場のなんと大劇場で、豪華メンバーの落語会。ちょっと見づらい中央あたりで5500円。短い休憩と中入りを挟んで、たっぷり4時間堪能しました。オフィスエムズ。

第一部は「三宅坂 令和噺競(れいわのはなしくらべ)~九代目春風亭柳枝襲名祝~」と銘打ち、まず市馬一門の二ツ目・柳亭市童で、長屋の面々が楽しい「黄金の大黒」。桃月庵白酒が空気を変え、「代書や」。権太楼さんで聞いたことがある噺。履歴書を書いてもらいに来る男のトンチンカンさが、飄々とした味わいにぴったりで可笑しい。ちらほら噺家ネタも挟まり、続いて登場の柳亭市馬が、白酒は意外と毒をはくなどと語りつつ、「締め込み」。いつもながら正攻法で気持ちいいです。
10分の中入りがあり、春風亭一之輔が、柳枝とはいとこ関係(師匠の春風亭正朝と自分の師匠の一朝が、柳朝門下の兄弟弟子)と、正朝さんの思い出などを語り、安定の「ふだんの袴」。いつもながら、いたずらっ子みたいな表情が愛らしい。エールを受けて春風亭柳枝が、夏らしい「船徳」を行儀良く。3月に正太郎から真打ち昇進だったんですね。

20分休憩のあと、第二部は「久方振(ひさかたぶり)長講二人会」として、まず柳家三三。長講ってことだけど、押しててもう持ち時間が10分ぐらい…と笑わせつつ、「素人鰻」をテンポ良く。初めて聴いた噺。明治になって武士が鰻屋を開業、頼りの「神田川の金」は腕は良いが酒癖が悪く、ついに店に現れず、主人自ら鰻をさばく羽目に… 指で表すにょろにょろ鰻がリアル!
お楽しみとして三味線の太田その、柳沢きょうによる端唄「上げ汐」を風流に。そしてトリは市馬さんが再び登場。お囃子連中は奥ゆかしいので御簾内でと解説し、大劇場にぴったりの「七段目」!名調子に下座、ツケも入り、ジャラジャラジャラと舞台が目に浮かびます。古典はいいなあ。面白かったです!

Img_7032 Img_7035

正蔵「権兵衛狸」「おせつ徳三郎」

噺小屋in池袋 葉月の独り看板 昼の部 2021年8月

断続的な雨のなか、楽しみな「正蔵ダークサイド」へ。じっくりと、いい感じの枯れ具合だ。オリパラ警戒中の東京芸術劇場シアターウエスト、前の方真ん中のいい席で、お得な3700円。中入りを挟み1時間半。

開口一番は林家はな平で、来年真打ち昇進とのめでたい報告があり、福岡市出身、名所は太宰府くらいだけど食べ物は美味しい、珍しい九州弁の噺を、と前置きして「権兵衛狸」。髪結の権兵衛が悪戯狸をつかまえ、こらしめに頭の毛を剃ると、懲りずに現れて「ひげもあたって」。適度なお国言葉と民話みたいなほのぼの感がいい。村人の酒盛り、水車小屋の思い出、「ごーんべ」という呼び声、祥月命日だから殺生はやめておく… おおらかだなあ。けっこういろんな師匠が手がけているようです。
続いて正蔵さんが、白い着物で登場。弟子の昇進を喜んでから、「おせつ徳三郎」前編の「花見小僧」。初めて聴いたけど、幕末の初代春風亭柳枝作で、圓生、志ん生、小さん、志ん朝、円楽もかけている大作なんですねえ。前編の口演は珍しいそうです。
日本橋の大店のお嬢様おせつが無茶な理由で縁談を断るので、旦那が番頭に相談すると、なんと手代の徳三郎といい仲とのこと。丁稚の定吉を呼んで、ばあやの手引きでなれ初めになったらしい、向島の花見の様子を問いただす。ここまではお馴染みの滑稽噺ですね。勘の悪い旦那と、手練れの番頭の噛み合わなさ、定吉の、子供なんだけどご褒美欲しさにしゃべっちゃう狡い感じとか、お手のもの。

中入りで着物を着替え、眼目の後編「刀屋」へ。暇を出された徳三郎、ばあやから「悪いようにはしない」と言われていたのに、おせつがどこぞの若旦那と祝言をあげると知る。カアッとなっちゃう表情の変化が見事!
ただ、今回のダークサイドはここまで、人情噺に。徳三郎が夫婦ともたたき斬ってやると、日本橋村松町の刀剣商に飛び込むと、尋常で無いと察した主人が、うまく相手をしながら事情を聞きだし、そんなことより成り上がって見返せ、と諭す。ふりかかった面倒を、なんとかおさめてやろうとする、お年寄りの懐の深さ。まあ夕飯でも一緒に、ばあさん、鮭を焼いて、というあたり、味わいあるなあ。
結局、おせつが祝言を逃げ出し、ふたりで法華(日蓮宗)の「なんみょうほうれん…」を唱えて橋から飛び込むものの、場所が木場だけに「お材木」で助かるというオチ。いい噺です。今回がネタおろしでした、との挨拶で幕。また聴きたいなあ。
Img_7012 Img_7018

講談「山中鹿之助 」「河内山宗俊」「復讐奇談安積沼 」

春陽党大会2021・夏  2021年7月

ちょっと久々の神田春陽さん。知人にも久々遭遇の神保町らくごカフェ、予約で2300円。

前座は神田伊織で「山中鹿之助」から「清水寺の見染」を勉強。後の山陰の麒麟児が修行中の若き日、京で公家のお姫様と出会う。端正、はきはき。
続いて神田春陽が登場すると、がらっと雰囲気が変わる。ワクチン話で笑わせてから、歌舞伎でもお馴染み天保六歌撰を解説して「河内山宗俊」の「丸利の強請」。悠々とした口調から、悪を悪とも思わない大者感が伝わってくる。

仲入り後はゲストの三遊亭天どん。3代目三遊亭圓丈の門下。初めて拝見したけど、ふにゃふにゃして不思議な雰囲気だ。張り扇、釈台をぎこちなく使い「今日は講談を聞けたから満足」「真景累ヶ淵とかやるけど、名前忘れちゃうんだよね」(六代目三遊亭圓生の孫弟子!)と脱力のマクラから、夏らしく?経営不振のお化け屋敷の新作。リニューアル担当がお化け役を相手に、「昭和の会社あるある」を繰り出して笑わせる。
最後は再び春陽さん。昨秋に神田明神のイベントで、児玉竜一早大教授の「デジタル妖怪引幕」解説とともに読んだエピソードを語り、コハダだけに回転寿司話で笑わせてから、本日の眼目「復讐奇談安積沼(あさかのぬま)」の「木幡小平次」。これは怖かった! 北斎「百物語」にも登場する幽霊役者の小平次が、旦那の二代目団十郎をしくじって旅回りに出ているところ、女房の密通相手の悪党兄弟に郡山・安積沼へ突き落とされて落命。「本物」の幽霊となって江戸に舞い戻る。山東京伝の原作を「桜姫」の大南北が歌舞伎化、映画や小説にもなってるんですねえ。殺しシーンの陰惨さもさることながら、いとも軽く殺すことにしちゃう悪党たちの刹那感が凄まじい。ゾクゾクしました~

喬太郎・三三「初音の鼓」「青菜」「茄子娘」「路地裏の伝説」

特撰落語会 2021年6月

立て続けに柳家喬太郎。柳家三三と2席ずつの、贅沢な恒例落語会。昨年7月の振替公演だ。杉並公会堂、前の方下手寄りのいい席で3800円。中入りを挟んで2時間弱。
開口一番は桃月庵あられで「まんじゅうこわい」。2017年入門の前座さんと思えない落ち着きぶり。この落語会シリーズを聴いたことがあると語り、喬太郎さんに「で、白酒に入門したんだ」といじられてましたね。
というわけで喬太郎登場で、お馴染みレジェンド小さんが残した留守番電話、「かみさんはモノマネしないけど」とかチャーミングなマクラたっぷりのあと、「初音の鼓」。先日の「舞衣」から一転、こはるで聴いたことがある軽めの噺だけど、この軽妙さがまたいい。道具屋が骨董趣味の殿様に、もちろん偽の鼓を売りつけようと、狐の鳴き真似。重臣まで抱き込んでコンコン言うのが、可笑しい。実はお人好しと見えた殿様にからかわれていた、という落ち。
続いて三三で「青菜」。喬太郎さんで聴いたことがある、夏らしい職人噺。ご隠居のゆったりした感じがいいなあ。

中入り後は初めて聴く「茄子娘」。戸塚の貧乏寺にある夜、若い女が現れて茄子の精と名乗り、「大きくなったら菜にする」を「妻にする」と思っていたと。いきなりの雷雨が夏らしい。妙な夢と思った住職は修行の旅に出てしまい、数年後に戻ると荒れ果てた寺に小さな娘が… ちょっと不思議なファンタジー。
そしてトリは喬太郎が、快調に「路地裏の伝説」。安心して聴けるなあ。法事で実家に帰ったおっさんが、旧友と少年時代の思い出で盛り上がる。このあと本格的に居酒屋にいく、その前に軽く、という感じがなんともリアル。話題は愉快な昭和あるあるから、ちょっとゾクッとする都市伝説へ。でも亡父の日記からトラウマの元「かぜひくなおじさん」の正体がわかって、ちょっとほっこり。楽しかったです!

Img_6058 Img_6061

落語「孝行糖」「千早振る」「船徳」「錦の舞衣・下」

第26回COREDO落語会  2021年6月

恒例の落語会に久々に。相変わらずの豪華メンバーで大満足です。日本橋三井ホールの上手寄り、やや後ろで5500円。

プロデューサー山本益博さんの「当日券もありますから」という挨拶があり、二ツ目の林家たま平「孝行糖」から。与太郎が孝行の報奨金を元手に飴の行商を始め、小石川の水戸屋敷の前で邪険にされて、町内の人に助けられる。元気なはずで、正蔵さんの長男ですね。大人になったなあ。
春風亭一之輔でぐっと粋になる。「千早振る」はお馴染みギャグ満載。「いいんだよ、柳家じゃないんだから」が最高です。
続いてベテラン瀧川鯉昇で「船徳」。夏の風情と滑稽さが絶妙のバランス。

中入りで職場の先輩と久々遭遇した後、後半は柳家喬太郎で「錦の舞衣・下」をたっぷり。三遊亭圓朝が1889(明22)年、福地桜痴からきいたサルドゥーの戯曲を江戸に置き換えて口演したという珍しい一席。戯曲発表から2年足らず、なんとあの名作オペラに先行すること10年あまり。素晴らしい眼力と行動力だなあ。
喬太郎さんは2005年あたりからやってるようです。笑いはほとんどないんだけど、持ち前の語りの力が圧巻だ。
オペラ版はトスカの個性、才能があって我が儘、一途で信心深いプリマドンナぶりが可愛い。しかし圓朝版は別物です。絵師・狩野毬信(まりのぶ)と踊りの名人・坂東須賀(すが)が互いの才能に惚れて一緒になり、芸道優先で別居しているという設定だ。びっくりの復讐シーンまで、現代女性かと見まがう芯の強さ、芸術家としての強靱なプライドがいい。
発端は毬信が大塩平八郎の乱の残党をかくまったこと。下はこのあたりからで、夫を捕えた吟味与力・金谷東太郎(かなやとうたろう)が須賀を船宿に呼び出し、常盤御前を引き合いにだして迫っちゃう。須賀は正宗の脇差しで武士の真心を信じるが、毬信はあえなく獄死、正宗も偽物だったと判明。一世一代の巴御前を踊った後、根岸の料理屋で夫の仇をとり、なんと首を谷中南泉寺の墓前に供えて自害する… 壮絶でした!

20210612-011 20210612-055 20210612-056

より以前の記事一覧