落語

小三治「死神」

秘密の小三治  2017年11月

人間国宝・柳家小三治の会。男性が多いファン1000人で一杯の新宿文化センター大ホール、中ほどの席で5000円。

遅れて到着したら、オープニングで師匠がトーク中。8月に頸椎手術を受けた経験を、辛い辛いと語りつつ、話しっぷりはしっかりしている。77歳にはみえません。コートに大きめのハットという宮沢賢治のような洒落た服装は、三三によるプログラムのイラストに合わせたらしい。椅子に座ってメモを取り出しつつ、出身高校のこととか、季節感のあるフランク永井「公園の手品師」(うまい!)とか、延々と。予定された弟子の2席はパス!
続いて「覆面座談会」。弟子たちが小三治さん似顔絵のお面をつけて、事前に客席から集めた質問に、本人に代わって答えるという企画だ。夫人は怖いとか、緩い雰囲気は悪くないけど、皆さん真面目過ぎる。たまらず師匠が登場して、一人ずつ紹介するなどフォローしてました。

中入り後は柳家一琴の「紙切り」。最初は漢字の「犬」で笑わせつつ、リクエストの「藤娘」は富士山に娘、など、そうとう上手でした。
トリで小三治さんが着替えて登場。オープニングでたっぷり語ったから、マクラはほぼ無しで、手術話につながる「死神」をたっぷりと。ギャグ満載で凄みもある喬太郎のほか、談春、鶴瓶のアレンジバージョンも聴いた演目だけど、師匠は淡々として可愛げがある。さらっとした、くしゃみのサゲで人の愚かさがくっきりする。名人。

20171129_210522420

「白井権八」「強飯の女郎買い」

立川談志七回忌特別公演 談志まつり2017  2017年11月

立川流など主催の3公演のラストに足を運んだ。よみうりホール後方下手寄りで4500円。
遅れて談春さんの「白井権八」途中からだったけど、語りの巧さが冴える。歌舞伎、講談を元に談志がまとめた演目だそうです。川崎の茶店で雲助にからまれた権八が、すらりと刀を抜く。その殺気と、六郷の渡で船を出した手腕に目を付けた長兵衛が追いかけてきて、お馴染み鈴ヶ森で対面となるところまで。権八の危ない切れっぷり、特に焚火を背にして立つシーンが鮮やかだ。
中入り後、口上のようにずらり並んで一門挨拶。志遊、談春、談之助、雲水、小談志、代表の土橋亭里う馬(どきょうてい・りゅうば)が、談志の写真をバックにそれぞれ思い出を語る。
続いて談之助が、入門から議員秘書等々たっぷり披露して、誉められたネタという「懐かしのスーパー・ヒーロー」。古いなあ…
ゲストはテツandトモ「コミカルソング」。青ジャージでギターを持つトモの、談志の物まねが意外に巧い。赤ジャージのテツは安倍首相になり、談志の身もふたもないコメントやら、師匠作詞の歌やら、客席を走り回り、めくりを顎に載せる曲芸まで、大サービス。明るくて、いい感じでした。
トリは初入門の直系弟子という里う馬で、子別れの上「強飯の女郎買い」。2011年に談志さんで、その後談春さんでも聴いたかな。年配のせいかちょっと雰囲気が重い。
なかなか盛り沢山でした。

20171121_003

談春「棒鱈」「三軒長屋」

立川談春独演会  2017年9月

全国ツアー中の人気噺家さん、なぜか急な開催で、わずか10日ほど前の売り出しだったけど、さすがの満席です。2つ目披露をしたという思い入れある有楽町朝日ホール。後方の中央あたりで4320円。「9時には出なくちゃならない」とあって、中入りを挟み2時間。

前座無しで談春が登場。マクラはいつものように屈折しながらも、どこか吹っ切れたような風情だ。最近テレビ番組で志らくが志の輔、談春を斬りまくったことに触れ、仲がいいとか悪いとか、責任とかについて、ひとしきりブツブツ。始まってるよ、と笑わせながら、まず「棒鱈」。さん喬さんでも聴いた噺だ。田舎侍の不思議ソングが滑稽で、江戸っ子といい対照となって、気持ちよく笑える。
続いて「三軒長屋」の上。鳶頭の家での、喧嘩の手打のはずがまた喧嘩になっちゃう騒動をたっぷりと。剣術道場とに挟まれた家に住む妾が、あまりの騒がしさに音を上げ、旦那の質屋が、家質(かじち、抵当)になっているからいずれ両隣を追い出す、となだめるところまで。

中入り後に下。道場主と鳶頭が質屋を相手に一芝居うつ。面倒をカネでしのぐ質屋の、世知にたけた対応を筆頭に、登場人物それぞれが相手によって口調、態度をがらりと変える。その呼吸がなんとも巧い。痛快なオチまで、テンポも上々だ。
2012年暮れに、同じホールで聴いた演目。談春さんとしてはさらっとした部類だけど、獅子舞のエピソードとか、笑いもたっぷり。面白かったです。

20170920_204052359

落語「松竹梅」「わら人形」「自由ヶ丘由来」「粗忽の使者」

月例三三独演  2017年7月

女性客も多いイイノホール、上手後方で3400円。いきなり柳家三三が登場し、ヒアリの駄洒落、引退した将棋名人の話題で一二三と読まれる、などと名前にちなんで笑わせてから「松竹梅」。名前がめでたいことから婚礼に招かれた松竹梅トリオが、余興で忌み言葉をやらかしちゃう。さらっと滑稽でいい味。
いったん引っ込んでから「わら人形」。初めて聴くけど、夏らしく怪談めいて、ちょっと暗さが漂う三三に合ってるかも。糠問屋の娘・おくまが落ちぶれて、小塚ッ原の女郎になっている。元は湯島あたりの鳶だった願人坊主・西念に甘い言葉をかけ、なけなしの20両をだましとっちゃう。やくざ者の甥・陣吉が牢を出て西念を迎えに行くと、鍋でわら人形がグツグツ。なぜ釘を打たないかと問われて、「糠に釘」という落ち。零落した同士の騙しは陰鬱だけど、陣吉の優しさが救いになっている。

中入り後は柳家やなぎで、喬太郎ばりの電車擬人化のやりとりから、1年前に講談の会でも聴いた新作「自由ヶ丘由来」。頓狂な家族、大真面目で抵抗する娘が可笑しい。
トリは再び三三で、談春や市馬さんで聴いた「粗忽の使者」だ。妙に堅物のお使者と、調子のいい大工、造形の対比がお見事。楽しかったです。

1500553022172


文楽×落語「堀川」「蔵丁稚」

古似士の会~生喬!幸助!落語と文楽一本勝負!  2017年7月

本名が同じ「コニシマサユキ」という縁で、笑福亭生喬、吉田幸助によるコラボ企画が実現。分野は違えど正統古典同士、大阪ならではの柔軟な顔合わせが素晴らしく、手作り感満載の楽しい会だ。憧れの上方落語の定席・天満天神繁盛亭で、両分野のファンが集まって200席強がいっぱい。中入りをはさんで2時間半。

三番叟を取り入れた出囃子が鳴って、まずは対談「二人のコニシ」。生喬さんは2013年に亡くなった6代目笑福亭松喬のお弟子さん。幸助さんの結婚披露で司会を務め、びっくりの宝塚オスカル姿のまま、通路で待機していたとか、今回「主役」を務める中西らつ子画を元にした定吉カシラのツメ人形が、想定外の贅沢な衣装になったこととか、楽しいおしゃべり。
続いてお弟子さんの笑福亭生寿が、らつ子作の文楽紙芝居「新版歌祭文~野崎村の段」を披露。女形もいける高音、めりはりのある語り口が聴きやすい。
続いて生喬が、酒宴の失敗談などから「堀川」。長屋に住む2人の道楽息子、酒極道と喧嘩極道の無茶苦茶ぶり、それでも温かく面倒をみ続ける母の苦労を語る。初めて聴いたけど、難しい噺を、大工一家の朝の風景とか、テンポのいい語りと雑駁さで聴かせちゃう。レベル高いなあ。
ラストはダメ息子を起こしにくる猿回しが、浄瑠璃「近頃河原の達引」堀川猿廻しの段をパロディでたっぷりと。素養がなければできません。

中入り後に生寿が「とざいとーざい」を務め、いよいよ「蔵丁稚」。生喬が下手寄りに釈台を置き、歌舞伎好きの丁稚が蔵に入れられ、調子に乗って四段目を演じるところで照明が落ち、上手寄りに幸助登場。定吉は通常のツメとそう変わらないサイズだというけど、大きく見える。一人遣いのツメの限界に挑戦!とのことで、表情たっぷり。2人で合わせたのは2回だけとは、とても思えない完成度だ。我に返って明るくなるラストのみ、生寿が左に入って、おしゃもじを持つオチでした~ 見事。

繁盛亭はコンパクトな空間に、上方落語の歴史パネルやら春団治の人力車やら、さらに客席天井には名入り提灯がぎっしり並ぶ。サービス精神満載で、楽しかった。

Dsc_0012

Dsc_0024

Dsc_0027

Dsc_0028

落語「猫の皿」「抜けガヴァドン」「甲府い」「天災」

落語教育委員会 初夏スペシャル  2017年6月

三遊亭歌武蔵、柳家喬太郎に、残念ながら1年前に亡くなった柳家喜多八に代わって三遊亭兼好が加わったユニットの3人会。肩に力が入らない、上質の取り合わせでした~ 女性も含め、幅広い落語ファンが集まった有楽町よみうりホール、中ほどで3800円。中入りを挟んで約2時間。

幕開けは3人で、携帯電源オフを啓蒙する「コント~刑事新任編~」。いきなり歌武蔵さんが往年のボスに扮していて、笑っちゃう。何故か和服姿の新任デカ、兼好さん、グダグダの喬太郎さんはいつもの感じ。
開口一番は春風亭柳若。瀧川鯉昇門下の2つ目さんだ。落語芸術協会所属で、三遊亭円楽加入の話題などに触れつつ、「猫の皿」。川越を舞台に、旅の古美術商が茶店で猫用の皿に意外なお宝を発見、安く買い付けようと企むものの、主人のほうが1枚上手だったという、なかなか凝った噺。テンポが今ひとつかな。
柳家喬太郎が登場すると、格段に高座が流れ出す。末廣亭昼席のトリなんだけど夜席が大物で…という禁断のボヤキ、東横インの仰天エピソードなど旅を話題にしたマクラから「抜けガヴァドン」。導入は古典「抜け雀」だけど、絵師がなんと土管に三角を描き、それが抜け出して…という改作。楽しそうなウルトラネタ、相変わらず緩急自在で面白い!

仲入り後は末廣亭昼席のトリなんだけど夜席が大物で…という禁断のボヤキ、東横インの仰天エピソードなど旅を話題にしたマクラから「抜けガヴァドン」。導入は古典「抜け雀」だけど、絵師がなんと土管に三角を描き、それが抜け出して…という改作。楽しそうなウルトラネタ、相変わらず緩急自在で面白い!

中入り後は歌武蔵。力士からの転身という人で、まず「ただいまの協議について、ご説明いたします」。4月に亡くなった三遊亭圓歌師匠の形見分けの話で、しみじみしつつ、「甲府い」。江戸に出てきて早々、持ち金をすられ、思わず店先でオカラを盗み食いした男。豆腐屋に奉公し、「ゴマ入りがんもどき」の行商から真面目に勤めて、婿入りするまでになるという人情噺。幕切れの10年ぶり里帰りの朝、豆腐売りの掛け声が爽やかだ。
トリは兼好で、冒頭コントでの戸惑い、将棋で快進撃する藤井四段などの話題から古典「天災」。喧嘩早い八五郎と、なんとか諭そうとする心学の先生が珍妙な問答を繰り広げる。ついに「にわか雨に降られても天とは喧嘩できない」との喩えに得心し、早速真似して、友達に言って聞かせるが…と、後半はお馴染みの展開だ。心学とは庶民のための実践的な道徳学とか。知らなかったなあ。この人独特の個性か、さらさら軽くて、八五郎の素っ頓狂さが可愛らしかった~

20170624_002

20170624_005

落語「のめる」「元犬」「たちきり」「花筏」「寝床」

第43回大手町落語会~ザ・柳家!Ⅶ~  2017年6月

安定感抜群の贅沢な落語会だ。けっこう幅広い落語好きが集まった日経ホール、下手寄り最前列で4000円。中入りを挟み約3時間。

開口一番は入船亭小辰。扇辰の弟子の二つ目だ。「私なんぞは料金の外」「広くは柳家ということで(むしろ源流ですよね)」と笑わせて「のめる」。友達同士が互いの悪い口癖「つまらねえ」「一杯のめる」を封印、口にしたら罰金と約束し、沢庵とか将棋とか、他愛無い手で何とか言わせようとする。軽妙で巧い。

本編はまず柳家三三。いつものように「長いマクラ」や林家兄弟をからかってから「元犬」。1年前にやはり三三さんで聴いた滑稽噺。徹底した馬鹿馬鹿しさがいい味だ。
続いてベテラン柳家権太楼。今度新聞にインタビュー連載が載る、今日はネタを準備してきたけど、前に同じ会で出したネタ(へっつい幽霊)はできないし、季節感もあるし(花見の仇討)、と明かしてから、たっぷりと「たちきり」。鶴瓶、正蔵らで聴いた切ない恋。控えめな三味線が入る大詰め、ごくシンプルに、恋人の死を知った若旦那の悲嘆、後悔が染みて、満場が静まり返る。素晴らしい。

中入りでは10月の会の特別前売りに行列も。固定ファンがついてるなあ。後半はまず柳亭市馬。相撲の呼び出しを朗々と披露してから、「これで拍手もらうのもどうかなあ、ろ最近思ってますが」と言いつつ、前に喬太郎で聴いた「花筏」。さらっと運ぶけど、相変わらずのおおらかさ。粋ですねえ。相撲観戦を経験して、情景が目に浮かぶようになり、一段と楽しい。
トリは権太楼さんのライバル、柳家さん喬。「権太楼師匠があんなに押すとは…」と笑わせてから、洒脱に「寝床」。こちらも喬太郎、そして文珍で聴いたことがある。笑わせつつ、ちょっと聴かせる義太夫が上手。粋ですねえ。

20170610_004

20170610_021

談春「一目あがり」「五人廻し」「動物園」「文違い」

立川談春「廓噺の会」   2017・5

夏の夕暮れの雰囲気がいい感じの浅草。1月の「居残り佐平次」、2月「明烏」に続いて、立川談春が遊郭をテーマにする会へ。3日連続の2日目だ。浅草公会堂、中央あたりで4320円。中入りを挟み約2時間半。
開口一番は立川こはるが、「こう見えて女性ですよ」といつものフリから、はきはきと「一目あがり」。
談春が登場して、弟子ちはるを普通の会社に奉公に出した、と驚きのコメントから「五人廻し」。関東の遊郭で、一人の遊女が複数の客を相手する「廻し」制度の解説、そして若い者が花魁に待ちぼうけを食わされた客に、さんざん苛められる。癖のある客たちの造形が見事だ。

中入り後は客演で、大阪出身の立川雲水。元は英語圏のジョークだそうで、怠け者が職を世話され、移動動物園に行ってみると、なんと虎になりすます仕事。園長の「蒲生」をギャグにするパターン。ちょっとねっちり。
トリは談春さんで、2015年話題だったドラマや近く公開の映画の話題などから「文違い」。昨年三三さんで聴いた演目だ。新宿を舞台に、客と遊女が次々に騙し合いを繰り広げる。どうしようもない男女同士の、それでも必死な感じが巧いなあ。
2席とも、廓ならではの、むき出しの欲と色気がよかったです!

20170523_001

新宿末広亭四月上席

新宿末広亭 四月上席  2017年4月

ホール落語を聴いてきて、ついに初めて寄席に足を運んだ。雨交じりの新宿三丁目、けっこう若者が目立つ新宿末広亭・上席(かみせき)で3000円。オール自由席のなか、下手寄りの桟敷をチョイス。マイク無しで聴ける距離が新鮮だ。昼の部13時半ぐらいから観始めて、お寿司などをつまみつつ、入れ替え無しで夜の部21時までたっぷりと。

昼の部は代演が多かったが、寄席ならではのベテランを味わう。金原亭馬之助は相撲の階級などの漫談+お座敷芸風の百面相。金原亭伯楽は旬の「長屋の花見」。卵焼きのつもりの沢庵とかが馬鹿馬鹿しい。桂文楽「看板のピン」で中入りとなり、後半は柳家一九「湯屋番」、柳家小団治が五輪メダルのマクラから「ぜんざい公社」、トリで柳家小満ん「盃の殿様」。国元と吉原の間で盃をやり取りする。この中では桃月庵白酒「つる」が安定感抜群でした。

夜の部は開口一番の柳家花ん謝がいい。花緑さんの弟子の二つ目です。柳家東三楼のあと、柳家三三がけっこう自由な毒舌ぶりで、律儀な独演会の印象とはずいぶん違う。柳家喬太郎が得意のウルトラネタでいい弾けっぷり。柳亭市馬、鈴々舎馬風と豪華リレーだ。
中入りを挟んで新真打口上。林家ひろ木を祝い、喬太郎の司会で小朝、馬風、師匠の木久扇が挨拶し、市馬さんが相撲甚句を朗々と。続いて小朝、木久扇、柳家さん喬、トリはひろ木。真打というには、おぼつかない感じは否めないけど、津軽三味線も披露して一生懸命です。

急がないけど、するする進んでいくテンポ、力の抜けた感じ、そしてテレビではお目にかからない多彩な色物が楽しい。この日は松旭斉美登・美智のキャンデーを撒く奇術、林家ぺーの漫談、カンジャママイムのマイム、楽一の紙切り(セクシーポーズとか)、すず風にゃん子・金魚の漫才、翁家社中の太神楽などでした。あ~、堪能した。

20170409_001

談春「大工調べ」「明烏」

春風亭昇太プロデュース「下北沢演芸祭2017」 立川談春独演会 2017年2月

人気者・春風亭昇太プロデュースによる意欲的な落語シリーズ。ロビーには昇太が大河ドラマで演じる「今川義元より」といった、謎の花が並ぶ本多劇場。中ほどの見やすい席で3500円。中入りを挟み約2時間。

前座は1月と同じ弟子ちはるが、ハキハキと小噺。談春さんが登場し、「弟子が出てくると可哀そうって雰囲気になるの、やめて」と笑わせてから、昇太の人物評を「怒らせるとまずいのが志の輔、めったに怒らないけど怒らせてはいけないのが昇太」と解説して、怒りが印象的な「大工調べ」へ。大家のところへ乗り込むまでの「上」だ。以前、談春や三三で聴いたことがある。棟梁の迫力ある啖呵のスピード感と、すっとぼけているようで実は世の中がみえている与太郎との対比。鮮やかだなあ。
続いて普段着の昇太が登場し、談春とトーク。若かりし頃の出会い、「今はいいけど、先行きはねえ」と批評され続けたこと、談志が新作をつけてもらったけど実演できなかったこと、昇太が談志を怒らせたエピソードなど。最初は立ってたけど、途中から2人とも高座に腰かけちゃって、「これだけで、あと落語しなくてもいいなあ」と談春。小柄な昇太さんの明るさ、腹が据わっている感じがいいなあ。入門35周年、機微の感受性も豊かだし、爆笑させつつ、時に深いやり取りでした。

中入りを挟んで談春2席目は、昇太兄さんに教えたけど、高座にかけなかった、後から聞いたら「台詞が多すぎ」だったとのこと、というマクラから「明烏」。談四楼で聴いたことがある廓噺だ。冒頭、若旦那を心配する母親からして、実に可笑しい。甘納豆を食べるところでは、所作の心得をブツブツと。そして初めての吉原で、いっぱしになっちゃう若旦那の色気がさすがだ。面白かったです!

1486469679643

より以前の記事一覧