落語

落語「寄合酒」「そば清」「元犬」「磯の鮑」「仏壇叩き」

特撰落語会 柳家喬太郎・柳家三三二人会  2019年7月

雨の七夕に、安定してハイレベルの二人会。グループ客も目立つ地元・杉並公会堂、中ほどの席で3700円。仲入りを挟んで約2時間。
前座は三遊亭楽べえで「寄合酒」。円楽のお弟子さんですね。空き地の拾い物がお味噌で、角の乾物屋がとんだ目に遭うオチまで。大勢出てくる噺をそつなく。
本編は喬太郎からで「そば清」。蕎麦屋の客が、居合わせた食いっぷりのいい男と何枚食べられるか賭けをして、負け続ける。それもそのはず男は通称そば清という名の知れた大食い。大勝負に備えて信州に出かけ、大蛇が消化に使った草を手に入れるが、実はそれは人間を溶かすものだった… 落語ならではの蕎麦を食べるシーンの臨場感、そして蕎麦が羽織を着ているという、なんともシュールなオチが鮮やか。
続いて三三で、お馴染みの「元犬」。何回か聴いてるけど、オマワリの繰り返しなどバカバカしさが増している感じ。
仲入り後も三三で「磯の鮑」。与太郎が仲間にかつがれ、ご隠居に「儲かる女郎買い」を習いに行く。「せめてモテるように」と教わったことを、吉原で実行。色っぽさとスピード感がさすが。
そしてトリは喬太郎で、マクラ無しで「指物師名人長二」の発端「仏壇叩き」。初めて聴くけど喬太郎さんは、けっこうかけてるんですね。明治20年に圓朝が新聞に連載した噺で、モーパッサン「親殺し」をベースにしたサスペンスタッチの名人伝とか。蔵前の札差が気難しいので知られる長二に仏壇を発注。手間賃百両と言われてごねるが、才槌で叩いてもびくともしない出来栄えに感服する。普通の人間のこずるい面を嫌味なく。「笑いがないので」と言いながら、達者な口調にすっかり引き込まれました。物語はこのあと湯河原に舞台を移して、親との再会などが展開されるようです。充実。

20190707-00820190707-014

落語「万病円」「お化け長屋」「館林」「洒落小町」

第二十五回渋谷道玄坂寄席 三遊亭兼好・三遊亭萬橘ニ人会 2019年6月

広瀬和生プロデュース、圓楽党同士の2人会で、年1回ペースで開催しているそうだ。評判の萬橘をお初で。確かに独特のおかしみが秀逸です。常連グループが多そうなマウントレーニアホール、こぢんまりした渋谷プレジャープレジャーの真ん中へんで、ワンドリンク付き3900円。映画館ぽい椅子だし、開幕前にビールとポップコーンですでに楽しい。
開口一番は三遊亭まん坊(萬橘のお弟子)で「手紙無筆」。続いて萬橘で「万病円」。人をくったクセのあるキャラが噺にぴったりだなあ。屁理屈ばかり言う浪人が、湯屋で下帯を洗うわ、餅屋や古着屋にからむわ、やりたい放題。紙屋で万病に効くという薬をみつけ、「本当に万あるか」と難癖をつけると主人も負けずに「百日咳に四十肩に…」とやり込めちゃって、滑稽かつ痛快だ。ひとつ間違うと浪人の横柄さが鼻につきそうだけど、ただのテンポの良いダジャレ合戦で聴かせ、浪人が言い負かされて心底悔しがるのもお茶目。
続いてお馴染み兼好が登場。いつもの朗らかハキハキ口調で「萬橘は不機嫌なほど面白い」とかからかいつつ「お化け長屋」。空き家を物置にしたい長屋の面々が一計を案じ、怪談をでっちあげて借り手を追い返す。長屋の古狸こと杢兵衛の、立板に水の講談口調が巧い。ところが次に来た男は乱暴者で全く怖がらず、お化け上等とばかり、いちいち「ああ、それな」とまぜっ返す。杢兵衛が「お前面白いな」と強がるのがチャーミング。長屋総出の、さながらホーンテッドハウス騒ぎが賑やかだ。
仲入り後も兼好で「館林」。町人が剣術を習った幕末のこと。先生から上州・館林で賊を召し捕った武勇伝を聞き、早速町内で真似して失敗する。ラストがあっけないせいか、あまり演る人がいないらしい。シュールです。
トリは再び萬橘で「洒落小町」。バカバカしくて爆笑。お松がご隠居に亭主の浮気を盛大に愚痴り、「在原業平は井筒姫の歌に感じ入って、浮気をやめた」と諭される。それで亭主に優しくするんだけど、これがトンデモ。色気ゼロのお松さんのガチャガチャぶりが規格外で、ついには亭主をダジャレ攻めにしちゃう。ハイレベルでした~

20190624_183522609 20190624_211216286

落語「初天神」「火焔太鼓」「甲府い」

よみらくご第16回公演  2019年5月

充実の顔合わせの落語会で、テーマは家族。誠に残念ながら体調不良で前半までを鑑賞した。よみうり大手町ホールの中ほどで4300円。
開口一番は春風亭昇々、初めて聴く昇太のお弟子さんだ。落語芸術協会二ツ目ユニット「成金」メンバーで、予想を裏切らずアクが強い。松戸のチンピラ口調で、悪ガキ風の「初天神」を、エグい団子のくだりまで。ほのぼの親子じゃないんだけど、崩れた父親に可愛げがあって魅力的だ。
続いてお目当ての古今亭菊之丞。2003年に異例の一人真打ち昇進でお練り決行とか、現代人とは思えない若旦那風とか女形風とか、大評判で、聴いてみたかった噺家だ。しかも演目は「火焔太鼓」。古今亭圓菊の弟子、古今亭志ん生の孫弟子とあって、一門のお家芸に期待が高まる。昨年の権太楼さんが印象的だった演目だけど、今回は夫婦のやり取りが少し軽めで、風情があってよかった。大河ドラマ「いだてん」の落語指導もしてるんですねえ。また聴きたいです。
そしていぶし銀・入船亭扇辰がバンドの宣伝なぞをしてから「甲府い」。豆腐屋の親父の男気、故郷に恩返しの爽やかさ。好きな噺をたっぷりと。
体調回復してまた楽しむぞー。

正蔵「双蝶々」

噺小屋in池袋 皐月の独り看板 第二夜 林家正蔵「双蝶々」通し 正蔵ダークサイド  2019年5月

3月に談春で聴いた、身も蓋もない悪人噺を、正蔵で。子供の健気さなどに定評があるけど、ワルもいける、と思ってた。前座なし、マクラもほぼ振らずに、定吉殺しまでの「小雀長吉」。中入りを挟んで「雪の子別れ」で2時間弱。落語好きのグループが目立つ東京芸術劇場シアターウエスト、上手寄り前の方で3600円。
父子の再会の情よりも、南北並みの不条理に力点がある感じ。番頭、小僧もワル、長吉も奥州で一家を構える親分というより、ケチな強盗の造形だ。大詰めは黙阿弥ばりの七五調になだれ込み、芝居っけたっぷりで盛り上がる。歌舞伎好きの正蔵らしく、暗い噺なんだけど、楽しめる。これが芝居噺というものか。
三味線、鳴り物に三番弟子・林家はな平の附打が加わる。プログラムには殺陣指導・市川新蔵の名も。成田屋仕込みとは、さすが凝り性だし、贅沢だなあ。

 

 

東京大神宮寄席「め組の喧嘩」「妾馬」「亀甲縞治兵衛」

東京大神宮十七日寄席百回記念  2019年5月

飯田橋にある「東京のお伊勢さま」、東京大神宮で創建日ゆかりの毎月十七日に開催してきた寄席が、令和初回にちょうど百回を迎えたということで、足を運んだ。浪曲、音曲まで常連出演者が勢揃いだそうで、充実。この寄席の熱心なファンが集まった感じで、賑やかで雰囲気が良い。境内にあるマツヤサロン4F宴会場、自由席で予約2500円。中入りを挟んで2時間強。

元「東京かわら版」編集長の大友浩さんの挨拶の後、いきなり大好きな神田春陽の講談から。昼に芝大神宮に寄ったということで、昨秋に聴いた「め組の喧嘩」。勧進相撲の発端から歌舞伎の忠臣蔵見物へ、人情を挟まず喧嘩一直線だ。改めて、今月の歌舞伎版と比べ、江戸っ子の直情とテンポが心地いい。芝居小屋の花道にぬっと大男が現れ、腹切り途中の勘平が必死で楽屋へ逃げるあたり、目に浮かぶよう。いつものように釈台を自分で片付けてましたね。
続いて音曲は桂小すみ。小文治のお弟子さんだそうです。国費でウィーンにミュージカル留学し、音楽の先生をした後、国立劇場の寄席囃子研修などを受けたという変わり種。粋な三味線、ちょっと馴れ馴れしいしゃべりが飄々として面白い。自宅での練習を散歩中の犬が見ているとか。塩ビ管の尺八でアメイジンググレーズも。
前半最後は三代目・桂やまとの落語で「妾馬」。代々荒川住まいだとかで、明るくて勢いがある。兄や母の情でほろっとさせるけど、ベタベタしない。本寸法の古典というべきか。
中入りに演台をしつらえ、後半は浪曲から。瑞姫(たまき)、曲師は紅坂為右エ門で「亀甲縞治兵衛」。藤堂藩の杉立治兵衛が財政難を救おうと、名産の綿を使った亀甲縞の反物を売り込む。堂島の商人は厳しくて思うような値がつかず、人気の2代目團十郎に頼み込む。團十郎は意気に感じて、反物を舞台衣装の浴衣にしたうえ、芸妓衆まで動員して宣伝してくれて、大成功。團十郎家の基礎を築いた「不動の申し子」「千両役者」を取り上げた華やかさに加え、広告宣伝のセンスを感じさせる現代的なお話です。
トリは漫才で、宮田陽・昇(よう・しょう)。中国地図など記憶力を見せつけつつ、すれ違うやり取りをポンポンと。講談、古典落語とかっちりしたストーリーを聴いた後とあって、漫才という芸の自在さが面白かった。
最後は全員登場して、春陽さんのリードで三本締め。お土産は本日分も含め、百回分の根多帳コピーという貴重なものでした~
せっかくなので帰りに大神宮にお参り。大正天皇の結婚式で神前結婚式を始め、今では婚活のパワースポット。毎月17日はキャンドルナイトということで、参道が優しく照らされてました。

20190517-001 20190517-007 20190517-010 20190517-014

 

 

落語「野ざらし」「縁切り榎」

落語教育委員会 三遊亭歌武蔵・柳家喬太郎・三遊亭兼好 三人会  2019年5月

ほぼ2年ぶりの「教育委員会」で、個性を味わう。なかのZERO小ホール、割と舞台に近い下手端で3600円。中入りを挟み約2時間。
恒例の冒頭「コント会見編」は、新元号発表中に兼好さんの携帯が鳴り、「三平独演会?行けません」「円楽新聞です」。小物ぶりがさすが。肝心の新元号パネルは「冷やし中華始めました」で、喬太郎さんが注文にきてオチ。
当方の体調がいまいちで、前座の金原亭馬太郎「三人無筆」、歌武蔵「莨の火」は集中できず残念。中入りで体調復活し、兼好さんを楽しむ。勢いある喋りで、いきなり会場から笑いがもれちゃうのが、さすが。明るく、がちゃがちゃしていて剽軽なんだけど、底抜けに可笑しいわけではない。どこか知的で、庶民のしたたかさが滲む。あとで喬太郎さんが「目が笑ってない」と評してましたね。本当に独特な噺家さんだなあ。
相撲観戦の不思議などでたっぷり盛り上げ、釣りを見ている人の小咄から「野ざらし」。八五郎は隣の浪人を美人が訪ねてきた経緯を聴き、真似をして美人のしゃれこうべを弔おうと、向島(隅田川)に出かける。身勝手な噺なんだけど、好きでもない釣り場での無茶苦茶ぶり、サイサイ節がテンポがよく軽快(途中、席で言い合っているお客さんがいて気が散ったけど)。見つけたしゃれこうべが美人ではなく、男が訪ねてきちゃう、というサゲで、これは上方の元ネタに近いんですかね。
そしてトリは喬太郎。小さんの命日で墓参に行った、かつては墓所に「ここから二つ目」と掲示してあった、という実話から、渋滞でタクシーの運転手さんが4回結婚した波乱の人生を存分に語り、「続きは次回」と言われて驚いたこと、運転手さんの携帯が鳴って、その会話のモテぶりが気になった…といったマクラから「縁切り榎」。圓朝作の得意な噺らしい。元旗本の呑気な次男坊が、深い仲の芸者、武家の娘2人のどちらかと別れようとして別れられず、煩悶の挙げ句、縁切り榎を訪れてみると、当の2人と鉢合わせ。いわく2人とも「あなたと縁を切りたくて」。
こちらも身も蓋もないストーリーなんだけど、だらしない次男坊、情の深い芸者、毅然とした武家のお嬢と、キャラのデフォルメがなんとも絶妙。途中出ていっちゃったお客さんをいじったりしつつ、ぐいぐい引き込むところが喬太郎ならでは。縁切り榎は実際に板橋にあって、和宮降嫁の折はわざわざ菰で覆った、という逸話があるそうです… ロビーでは落語好き知人とも遭遇。面白かった!

20190516-006

 

 

長講三人の会「一人酒盛」「たちきり」

三色三様 長講三人の会  2019年4月

お馴染み安定感抜群、外見もなんとなく似ている3師匠の落語会。前半「桃太郎の世界」は残念ながら間に合わず、仲入のタイミングで会場に到着して、後半「長講競演」2席、約1 時間半を聴く。国立演芸場の中央あたりで3500円。

まず柳家権太楼が、前半の昔昔亭桃太郎のフラを誉めつつ、上方噺「一人酒盛」。熊が到来ものの珍しい原酒を一緒に呑もうと、仕事に行くはずだった留を誘う。しかし自分ばかり呑んでいて、お人好しの留は言われるまま燗をつけたり、つまみを作ったり。ついに怒って帰ってしまう。様子を聞かれた熊が「あいつは酒癖がわるいんだ」。
熊が酔っ払っていく過程の巧さ、酒好きのしょうもなさがさすが。留が気の毒過ぎて、あんまりな噺だなあ。
続いて柳家さん喬が、「らくだ」のつもりだったのに…とひとしきり悩んだ末、小さんのお座敷遊びのマクラから「たちきり」。こういう難しいネタをいきなりできるのは凄い。若旦那の後悔が切々と胸に迫って、身も世もない気分でした…

 

20190409_183511329 20190409_183633478 20190409_213102060

談春「双蝶々」「大工調べ」

立川談春独演会2019  2019年3月
名人・談春さんの「双蝶々」を堪能する。子供の悪人という暗い設定ながら、まさに人間の業が横溢する濃密なステージだ。ファン集結の紀伊国屋サザンシアターTAKASHIMAYA、上手後ろの方で4320円。休憩を挟みたっぷり2時間半。
前座ナシで師匠が登場。「殿村だと思われてる」「この噺を選んだのは気の迷い」とつぶやきつつ、マクラもそこそこにネタ出しの「双蝶々」を通しで。浄瑠璃とは人物名が重なるだけで、内容は別物だ。
棒手振り長兵衛の息子・長吉は幼いのに悪賢く、賽銭は盗むわ、酷い嘘で後妻のお光をはめるわ。今のうちに、と出された奉公先の黒米問屋でも、表向き上手く立ち回り、裏では盗みを働く。これに気づいた番頭のワルぶりが、実に陰惨で効果的だ。花魁を身請けしたさに「店のカネ百両を盗んでこい」と、長吉を脅し、立ち聞きした小僧も長吉に掛守をせびる始末。そこで長吉が一瞬のためらいもなく、いきなり小僧を締め上げちゃってびっくり。キュッという手拭いの音に、思わず鳥肌、しかも念を入れて2度まで… 500人からの聴衆が、かつてないほど静まり返る。
番頭も手にかけた長吉が、その夜のうちに奥州へ蓄電して三年後、後半は人情へとなだれ込む。息子の悪事のせいで落ちぶれ、寝たきりとなった父。袖乞いまでして献身的に世話する女房が、舞い戻った長吉と出くわし、長屋へ引っ張っていく。奥州でいっぱしの親分となった長吉が五十両を差し出し、涙する父子。教訓も救いもない。ただただ、人が負う罪深さと哀しさが際立つ。長屋を出、吾妻橋にかかったところで照明が落ち、芝居噺仕立てに。ちらちら舞う雪と三味の音のなか、あえなく長吉は御用に。黙阿弥なみのドラマ…  三遊亭円朝作だけど元ネタがあったとも。
「居残り」レベルに完成度の高い高座の後、休憩を挟んで一転、肩の力が抜けた感じでリクエストタイム。「お若伊之助」「黄金餅」「大工調べ」の三席から客席の拍手が一番多かった演目をやると宣言し、「黄金餅」はここが聴きたいんでしょ、と火葬場への道順の言いたてをサービス。そして定番の「大工調べ」の「上」へ。談春さんで聴くのは3回目かな。やっぱり与太郎がチャーミングで絶品だ。棟梁と大家の意地の張り合いに巻き込まれつつ、2人を愛おしくみているおおらかさ。
スカッと笑わせ、「鼻っ柱」に関する独特のコメントがあって、手締めとなりました。あー、面白かった。
20190321-016

平成最後の武道館落語公演「紺屋高尾」「八五郎出世せず」

らくごカフェ10周年記念 平成最後の武道館落語公演   2019年2月

個人的には講談でお馴染み、神保町の小さなスペース「らくごカフェ」が、なんと改装を控えた武道館で記念公演を打つという、大胆不敵なイベントに足を運んでみた。アリーナ中央あたりで9720円。
16時開演にはさすがに間に合わず。カフェのレギュラーメンバーとOBの様々な芸、そして一之輔さんの落語は見逃したけど、第2部「さだまさしコンサート」の途中で滑り込む。結婚式で歌ったときのピアノ伴奏といった、有名な爆笑トークと、ギター1本で聴かせる「償い」「関白失脚」の説得力はさすが。会場もさだファンが多かった感じ。

休憩後にお待ちかね、落語と歌の豪華リレーへ。しかも1時間押しといいながら、らくごカフェ主宰・青木伸広さんの指定という大ネタ2席です。贅沢過ぎ…
まず立川談春が登場し、楽しい武道館コールなどの後、「紺屋高尾」を無駄なく流れるように。続いて、さだが登場して「いのちの理由」。出会いの妙を歌っていて、いいチョイスだ。
大トリは立川志の輔! 午後のリハーサルから延々と、と笑わせ、武道館コールの後、定番「八五郎出世せず」。いやー、巧い。八五郎に焦点を絞り、職人のプライド、はちゃめちゃだけど気持ちいい江戸っ子キャラ、そして井戸端命の母親への深い愛情…と、わかっていても泣いちゃいます。さだのアンサーソングは「親父の一番長い日」。ハマってました。
ラストは全員舞台にあがって、お辞儀をしてさらっと。面白かったです。

20190225_002

20190301_001

志の輔らくご

志の輔らくごGINZA MODE  2019年1月

20190114_002


今年もやってまいりました。お正月恒例志の輔らくご、2度めの観世能楽堂です。今回は正面中段あたり6000円。中入りをはさんで約2時間。
以下ネタバレを含みます。

続きを読む "志の輔らくご" »

より以前の記事一覧