落語

落語「新聞記事」「えーっとここは」「ガマの油」「壺算」「粗忽の釘」

よってたかって新春らくご’24 21世紀スペシャル寄席ONE DAY夜の部  2024年1月

雪は避けられ、先輩ご夫婦をお誘いして、年始恒例の落語会。落語好きが集まった感じの有楽町よみうりホール、2F最前列で4300円。遠かったけど見通しはよく、充実のメンバーで楽しめた。中入りを挟んで約2時間半。

前座は瀧川はち水鯉(はちみり)で「新聞記事」。天ぷら屋の竹さんが襲われた記事をトンチンカンに吹聴して、「犯人はあげられた」。鯉朝さん門下(カツベンの頼光さんも!)で、丸顔ではきはき。
続いて柳家喬太郎は、銀座に有名チェーン店があるのは違和感あるな~と振ってから、案の定の新作で「えーっとここは」。上司と部下が商談帰りにカフェに入り、「前はここ、何だったけ」に始まり、オムライスはトロッか論争などの世代間ギャップで存分に笑わせてから、謎の店主がどんどんサービスしてくれて、店の裏に出たらなんと…と妄想炸裂。昨年のネタおろしからオチが変わっているそうで、相変らず自由でいいな。
続いて春風亭一之輔。正月は寄席があって忙しすぎ、前に出る林家ペーの歌が凄くて、と愚痴っぽいマクラから「ガマの油」。お約束の言い立てで拍手をもらって御礼、この口上を覚えなら他の噺5作は覚えられる、しかも口上の間は笑いが無くてハイリスクローリターン、と笑いをとり、暴走気味に酔っ払って失敗しちゃって… 上手です。

中入りを挟んで三遊亭兼好が朗らかに。お正月に高級ホテルの落語会で出演したら、宿泊客の家族連れが贅沢で、この「よってたかって」ではたいてい中継ぎ、前半ふたりが好き勝手やった後、トリにつなげる役目だなあ、と苦笑しつつ「壺算」。欺される側の、気どって電卓たたきながらアレ?て感じが可愛くて好き。
トリは柳家三三で軽妙な「粗忽の釘」 。飄々と笑わせながら、前3人のネタを自在に拾い、まさかの壺算落ち。いまや貫禄さえ漂います。見事!
皆さん高水準で、超売れっ子で、たいしたものです。

Img_7183 Img_7187

 

志の輔「送別会」「モモリン」「しじみ売り」

志の輔らくご in PARCO2024 2024年1月

正月恒例・立川志の輔1ヵ月公演。今年は古稀の節目、しかも北陸・富山出身とあって、例年と比べても思いがこもる。PARCO劇場の後ろの方で7500円。休憩を挟み3時間。

開演前、公演滑り出しなのに「千秋楽です」のアナウンスがあり、登場した師匠が「お客さんにとってはそうだと思って」と解説。まずは能登の被災地へ皆の拍手でエールを送る。
年齢を意識してか、新作「送別会」から。ネタおろしなのかな。定年の日に同期ふたりが、初任給で呑んだ思い出の蕎麦屋へ。シュールな造形ではなく、誰しもうなずく昭和あるある、いかにも神田あたりの蕎麦屋あるあるが軽妙だ。すとんとサゲて、映像は「これ、まだ持っていますか?」。
続いて2014年のパルコ初演でも聴いた「モモリン」。大事な全国中継の日に、人気ゆるキャラ衣装が脱げなくなっちゃった市長。威張った人格とほんわか外見のギャップ、追い詰められ感が生む笑いは、何度聴いても鉄板だ。「ギリギリ当選の」と畳みかけるギャグが冴える。終わって、毎年独演会をしている縁だというくまモンが登場、先ほどの映像で「まだ持っていますよ」という観客に、ハイタッチのサービス。仕草が絶妙に可愛い。

中入り後は舞台を暗くして、古典「しじみ売り」をじっくりと。初めてかと思ったら2010年、正蔵さんで短いバージョンを聴いたことがあった。義賊・鼠小僧次郎吉が手下と呑んでいると、少年が蜆を売りに来る。不憫に思って全部買って川へ放させ、さらにカネを与えようとするが、少年は受け取らない。訳を聞くと、売れっ子芸者だった姉が駆け落ちした旅先で、見知らぬ親分に難儀を救われたはいいが、そのとき貰ったのが御金蔵破りの小判だと見破られて…
凍てつく朝、辛いあかぎれの手、しっかり者の少年の健気さ、粋な親分と人情のぬくもり。師匠は志ん生版と違って、手下の身代わりでなく親分自ら重い決断をさせる。世の非情に憤る一方で、自分の罪にも向き合う。きれいな涙だけで終わらせない深い演出に、ぐっと引き込まれた。江戸情緒の下座が入るものの、ひな祭りとか合唱団とかの派手な演出はなし。語りのパワーで、どこか原点回帰を思わせる高座でした。美術は堀尾幸男。
いつもの三本で締め。千社札シールのお土産付きでした~
Img_7046_20240120092501 Img_7045 Img_7048 Img_7051 Img_7056_20240120092501 Img_7059

 

落語「小言幸兵衛」「加賀の千代」「品川心中」

こはる改メ立川小春志真打昇進披露興行 2023年10月 

立川談春の弟子で、5月に立川流40年目にして初の女性真打となった小春志(こしゅんじ)。市馬やらさだまさしやら連日大物ゲストに招き、かつ師匠も聴いていないような大ネタに挑むという、チャレンジングな十公演の折り返しだ。この日のゲスト、春風亭一之輔が「陰のプロデューサー」だとお披露目で紹介。応援されているなあ、頑張ってほしいなあ、と思うことしきり。開演まで席でひとり単行本を広げるような、落語好きが集まった感じの有楽町朝日ホール、中段上手端で5000円。中入りを挟んで2時間強。

まず談春が、初日の口上でいきなり本人が「お招きいただき」と言い間違ってあきれた、今日の午前中に志の輔が終わったので後は適当に、などと憎まれ口をたたきつつ「小言幸兵衛」。3年ほど前に喬太郎のオンラインで聴いた笑える噺だけど、この日に談春で聴くと、いつまでも弟子にダメ出しせずにいられない自分を告白するようで、ちょっと切ない。
続いて一之輔が、洗濯を手伝って奥さんにダメ出しされる自虐ネタを振りつつ、「加賀の千代」。これも3年ほど前、一之輔のオンラインで聴いた噺だ。八五郎が可愛くて仕方ない隠居の造形が、なんともチャーミング。ダメな奴ほど可愛いんじゃないのと、ひねくれた談春をからかうような感じが、懐が深くて心地よい。客席が暗いのが談春らしい、志の輔だと真っ暗、というと、少し明るくなって、袖から談春が「これくらいでいい?」。じゃれてますな。

中入りを挟み、3人並んでご披露となり、小春志が寄せの一之輔を出待ちして、披露興行について相談したエピソード等々。談春が相変らず小言を言いつのって面倒臭く、一之輔が困るさまがリアルに可笑しい。最後に一之輔が小春志の肩をポンとたたいて、「一緒に頑張りましょ」。
というわけで締めくくりは、当の本人が「品川心中」。喬太郎や三三で聴いたことがある郭噺だ。元気ではきはきの、こはるイメージからすると難しい! 女郎と客が命がけで駆け引きする色気と凄み、どっちもどっちの愚かしさ、波音が聞こえてきそうな江戸情緒等々、正直、すべてはこれからかな、と感じたけれど、思えば一年も充電してたり、ガッツは十分だ。おめでとー。

ロビーにはのぼり旗や花が並び、前の方の席にはタカラジェンヌのようなグループもいて、華やかでした。

Img_4826 Img_4833 Img_4836 Img_4831 Img_4840

 

 

落語「手紙無筆」「夏の医者」「野ざらし」「夫婦に乾杯」「五目講釈」

特撰落語会 柳家喬太郎・柳家三三 二人会 2023年7月

安定感抜群、人気の二人会。夏恒例の杉並公会堂、中央前の方の良い席で3800円とお得。珍しく11:30にスタート、三部制のせいかトントンと進み、中入りを挟んで2時間。

前座は金原亭駒平が爽やかに「手紙無筆」。きっちりしている。元小劇場の俳優で、2018年に金原亭世之介に入門。世之介の師匠は金原亭馬生で、志ん生の息子さんなんですねえ。
続いて三三さん登場。鬢が白くなって貫禄がついた感じ。いつもどおり前の話をいじりながら、ゆったりと「夏の医者」。農夫が倒れ、息子が急いで山向こうの医者を迎えに行く。「チシャ(レタス)」あたりだろうと山を越える途中、うわばみに飲まれ、下剤をまいて脱出。薬箱を忘れて取りに戻るが… ちょっとお下劣な空想談はお手の物だ。
続いて1年前同様、正座が難しいと見台を置いて喬太郎。膝の負担を軽くするためか、痩せた感じでパワーはいまいちな気がしたけど、鈴本とかいろんな企画の落語会とか、変わらずスケジュールぎっしりの様子。今日も高円寺で出演してきた、朝から落語なんてやるもんじゃない、と笑わせつつ、サイサイ節も軽快に「野ざらし」。師匠さん喬さん、兼好さんで聴いたことがある噺。巧い。

仲入後、再び喬太郎。さっきマクラで、落ち「新町の幇間、ああ馬の骨か」の「太鼓は馬の皮で」を仕込み忘れた、皆さん、貴重な経験ですよ、と告白。爆笑を誘ってから「夫婦に乾杯」。2013年以来の噺だ。古臭い設定だけど、仲の良い夫婦が可愛らしく、会話が擬音になっちゃうのはやっぱり面白い。
最後は三三で、「五目講釈」。こっちは2012年以来ですね。お馴染み居候の若旦那の脳天気な造形と、いろんな有名演目がごちゃごちゃになり、擬音までまざっちゃうリズミカルな言い立てが、余裕たっぷりで爽快。充実。

Img_1084

談春「粗忽長屋」「棒鱈」「お若伊之助」

談春浅草の会 2023年5月

意外にも1年ぶりの談春さん。気温上昇のなか大賑わいの浅草寺を抜けて、浅草公会堂。前から2列目の超良い席で4000円。休憩を挟み2時間ほど。

今回は「真打昇進予行演習」と銘打ち、冒頭にご挨拶があってびっくり。幕が開くと、神妙に立川こはると並んで座っていて、大拍手が巻き起こる。談春がちょっとジェラシーを見せたり、「小春志(こしゅんじ)っていいにくい」と悪態をついたりが、いかにもで楽しい。いやー、本当にめでたい。
で、こはるがまず、師匠がさらっと「柳家」の矜持を、と注文した「粗忽長屋」。シュールな噺にも、相変わらず勢いと愛嬌があって楽しみだなあ。続いて談春さんが、だいぶ前に2回ほど聴いている「棒鱈」。野暮天=田舎侍と喧嘩っ早い江戸っ子との対比が、さすがに見事。

仲入後は談春で、初めて聴く「お若伊之助」をたっぷりと。円朝晩年の、笑いあり優しさありの因果談だ。日本橋・生薬屋の娘お若は評判の美人で、一世を風靡している一中節を稽古したがり、浅草の鳶頭の紹介で、もとは武士である師匠・伊之助に来てもらう。これがいい男で深い仲になってしまい、母親は別れさせて、お若を根岸にある叔父さんの道場に隔離する。そこへ性懲りなく伊之助が通ってくるときき、怒り心頭の鳶頭が両国にある伊之助の住まいへ駆け込んでドタバタに。結局、頭と道場主の先生が見張っていて、短筒で撃つと、それは伊之助ではなく狸だった。お若が産み落とした双子の狸とともに、根岸・西蔵院の御行(おぎょう)の松の根元に葬ったとさ。
最近よく聴いている一中節が出てきて、師匠がイケメンという設定に往事の流行ぶりを再認識。上品な浄瑠璃で、ここから豊後節、さらに常磐津、清元、新内などが派生するんですもんねえ。この噺にはもっと続きがあるそうです…

ロビーではこはるちゃん自ら、秋の襲名公演のチケットを売ってました。がんばれー

Img_9662 Img_9687 Img_9698 Img_9703 Img_9706

志の輔「まさか」「狂言長屋」「百年目」

PARCO劇場開場50周年記念シリーズ 志の輔らくご in PARCO 2023  2023年1月

立川志の輔が正月吉例で、毎回趣向を凝らす独演会。今年は狂言とのコラボで、この人独特の実直さとあいまって、また楽しい。聴衆も期待感いっぱいのPARCO劇場、前のほう下手寄りで7500円。休憩を挟んでたっぷり3時間。

出だしのマクラで、談志さんを思わせる軽妙な小噺。電話がかかってきて子どもが出て、「お父さんいる?」「いらない」。「かぐや姫の結末ってどうだったかな」「解散したんじゃない?」。笑うポイントは人それぞれ、という振りから「まさか」。そろばん塾の先生の息子が結婚するときき、お祝いに訪れた男が「まさか」を連発して珍事に。
同じ「まさか」でも意味はいい悪い、いろいろ。ニヤリとしたところで、いったん引っ込み、映像が流れる。なんとパルコの近くに「間坂(まさか)」という坂があって、その名の小さい石碑が立っているのです。こういうマメ知識がまた志の輔らしい。

続く「狂言長屋」は、長屋の面々が自殺しかけた狂言師を助ける。きけばお抱えの座を得るため、殿様に「無常」のテーマで新作をみせるのだけど、苦心した作をまず家老に披露したら、こともあろうにライバルに売ってしまい、絶望したとのこと。皆が無常についてワイワイくだらない話をするうち、セットががらりと変わって松羽目に。なんと大蔵流のホープ、茂山逸平と囃子方が登場し、志の輔もしずしずと加わって狂言を上演! 長屋の面々のおかげで見事にしおうせました、とさ。
本物登場というスペシャルな祝祭感、サービス精神がさすが。2009年パルコ初演作。改めてきっちりお稽古したんだろうな~ 映画化もされた「歓喜の歌」を2008年に聴いたときの、合唱団とのコラボが嬉しかったのを思い出します。

仲入をはさんで大ネタ「百年目」。志の輔では2013年以来。旦那の説教の、現代ビジネスマンに通じる説得力が際立つのは変わらない。三本締めで幕となりました。

ロビーにはめでたい菰樽など。グッズ販売はかつてより控えめだけど、素敵なデザインの手ぬぐいとメガネケースを購入しました~

Img_7789 Img_7785 Img_7780 Img_7791 Img_7796

2022喝采づくし

いろいろあった2022年。エンタメを振り返ると、やっぱり特筆すべきはコンサートで、ドームを巨大ディスコに変えたブルーノ・マーズ、そして年末のピアノ一台の矢野顕子。全く違うジャンルだけど、どちらもライブのグルーブを存分に味わいました。

そしてようやく実現した、團十郎襲名の「助六」。いろいろ批判はあっても、この人ならではの祝祭感が嬉しかった。ほかに歌舞伎では「碇知盛」の菊之助、梅枝が頼もしく感じられ、初代国立劇場さよなら公演がスタートした文楽「奥州安達原」は玉男、勘十郎、玉助らが揃って充実してた。

オペラは新国立劇場で意欲作が多く、なかでもバロック初体験のグルック「オルフェオとエウリディーチェ」の、音楽、演出両方の端正さが忘れがたい。ともに読み替え演出のドビュッシー「ペレアスとメリザンド」、ヘンデル「ジュリオ・チェーザレ」も洒落ていた。問題作「ボリス・ゴドゥノフ」は衝撃すぎたけど… クラシックの来日ではエリーナ・ガランチャの「カルメン」が格好良かった。

演劇は野田秀樹「パンドラの鐘」、トム・ストッパード「レオポルトシュタット」が、それぞれ今の国際情勢に通じるメッセージ性で突出していた。井上ひさし「紙屋町さくらホテル」やケラ「世界は笑う」の「表現すること」への情熱や、ともに2人芝居だった温かい「ハイゼンブルク」と不条理をねじ伏せる「建築家とアッシリア皇帝」、そして相変わらずひりつく会話劇の岩松了「クランク・イン!」などが心に残った。

語り芸のほうでは期せずして、喬太郎と三三で「品川心中」を聴き比べ。どちらも高水準。一之輔の脱力も引き続きいい。講談の春陽「津山の鬼吹雪」も聴きごたえがあった。

これからも、のんびりエンタメを楽しめる日々でありますよう。

落語「転失気」「浜野矩随」「二階ぞめき」「三枚起請」「初天神」「鰻屋」「稲葉さんの大冒険」「普段の袴」「星野屋」

特撰落語会  2022年8月

 夏恒例・杉並公会堂で豪華メンバーの落語会。1日3公演のうち2部、3部を続けて聴いて、ちょい疲れた。よく入った大ホール、それぞれ中ほど前寄りで2部4500円、2人会の3部は3800円。各2時間。

15時開演の2部はまず市馬門下、二つ目の柳亭市寿で「転失気」を手堅く。春風亭小朝は時事の肩すかしでくすぐり、三平ネタを振ってから「浜野矩随(のりゆき)」。彫金の名人の息子が、死を覚悟して開眼する感動物語。数年前に聴いた講談バージョンは本来の、お母さんが亡くなっちゃう悲劇だったけど、この日は助かるハッピーエンド版でした。程よく肩の力が抜けた感じ。
仲入後は柳家花緑さん。ベテランに挟まれて、といいつつ安定感抜群「二階ぞめき」。この可愛さが好き。トリは桂文珍で、思えばコロナ初期の50周年独演会以来と感慨深い。前が二人とも親子にからむ話でと振りつつ、全く方向違い、郭噺の「三枚起請」をさらさらと。相変わらずのオフビート感、人を食った感じがいい味だ。

食事のあと19時開演の3部は、開口一番が桃月庵あられ。白酒の弟子の前座で、柳家ツートップの会に2年続けて呼ばれて有り難い、たぶん家が近いからと笑わせ、元気に「初天神」。そして柳家三三の1席目は「鰻屋」。にょろにょろ親指を演じながら「こんな大きいホールで何やってんだか」と愚痴っちゃって、初天神の凧揚げいじりもあって愉快。続いてびっくりの見台をすえて柳家喬太郎。膝が痛くて、あぐらだからだそうです。噺家さんは辛いよね~ 噺は初めて聴く「稲葉さんの大冒険」。堅物の稲葉さんが駅前でうっかり色っぽいティッシュを受け取ってしまい、よせばいいのに公園に埋めようとする。そこへ犬を散歩する老人が通りかかり、思い込み激しく大暴走。釣りの餌だの、植木の土だのを押しつけ、果ては松の木を…。凧揚げと鰻をいじり、「見台置いて穴掘っても見えないよね」「大丈夫、2席目は古典やるから」、枝雀さんオマージュまで飛び出して、とても膝が痛いとは思えない大熱演に爆笑! 三遊亭円丈が1969年に師匠のさん喬さんに書いた噺なんですね。古びないな。
仲入後は喬太郎2席目。擬人化した西武鉄道が東武鉄道を見下す得意の前振りで、どうなることかと思ってたら、予告通り強引に古典にもちこんで「普段の袴」。楽々といいテンポ。大トリは再び三三が上手に受け止めて、「星野屋」。高座では初めて聴いたかな。水茶屋のお花が馴染みの星野屋の旦那と心中しかけるものの、そんな気はさらさら無く、旦那が吾妻橋から飛び込むと、しれっと帰ってきちゃう。そこへ2人を引き合わせた重吉が、旦那が化けて出たと飛び込んでくる。お花が尼になると髪を切ったら、旦那が戻ってきて、お花の了見を試す芝居だったと明かす。お花はおあいにく様、それは「かもじ」だと悪態をつき、おっかさんまで出てきて… 戯曲「スルース」ばりの二転三転の欺しあい、三枚起請同様どっちもどっちの浅ましさが古典らしい。嫌な噺も軽やかなのが、さすがです。お花は実在の人物で、歌舞伎「加賀鳶」に登場するとか。いやー、充実してました~

Img_2238 Img_2244 Img_2251 Img_2263

落語「磯の鮑」「野ざらし」「猫忠」「一人酒盛」

第七十三回大手町落語~ザ・柳家!2022夏~ 2022年6月

柳家&実力者が豪華リレーの落語会。手練れ四人四様の古典をたっぷりと。年配客中心にいっぱいの日経ホール、前のほうで4400円。仲入を挟みたっぷり3時間。

前座は入船亭扇辰の弟子の辰ぢろで、長屋の嫁がやたら大仰な言葉遣いをする「たらちめ」。続いて二ツ目の柳家小もんで「弥次郎」。柳家小里んの弟子、小さんの孫弟子ですね。弥次郎がご隠居にホラばかりの武勇伝を語るんだけど、まだまだかな。
ここで柳家三三登場。本日のメーンのなかでは若手だもんなあ。寝ててもいいんですよ、でもイビキは困ります、ほかのお客さんが起きちゃうので、などと笑わせて「磯の鮑」。2019年に聴いた、与太郎が「師匠」に吉原行きを習う噺をサラサラと。滑稽で色っぽくて、いい。続いて柳家さん喬が、2019年に兼好さんで聴いた「野ざらし」。いい女の骨に会いたくて釣りに出かけた八五郎の、「サイサイ節」をうなったり、水たまりにはまったりの無茶ぶりが楽しい。「酔わずに歌えるか、市馬じゃないんだから」もノリノリです。

仲入後はその柳亭市馬。マクラもそこそこに2012年から久々、狐忠信のパロディ「猫忠」。おおらかな運びが心地良い。清元の師匠のところにいる男が、三味線にされた猫の子の正体を現して、から、岡田まい社中のお囃子が入っての名調子に拍手! トリは大好きな柳家権太楼。市馬が理事になって寄席の楽屋が禁煙になったと憤る。4月に不整脈で入院した75才、元気で何よりです。こちらも2019年に聴いた「一人酒盛」。振り回される留さんは気の毒なんだけど、どんどん酔払っちゃう身勝手な熊さんの、何ともいえない愛らしさが、さすがです。あ~、楽しかった。

Fvce6sdacaiee_pImg_1279

談春「山号寺号」「桑名船」「札所の霊験」

談春五夜・立川談春独演会 第四夜 2022年5月

意外に昨年お正月以来、久々の談春さん。珍しい演目の日を選んだら、ずしんと重かった。語りの力を前面に出していて、少し講談を意識してるのかな。浅草公会堂1F最後列で。仲入を挟み2時間。

いきなり師匠が登場し、「お楽しみとチラシに書いちゃった。落語と、最近聞いた銀座でもてる飲み方、どっちが聞きたい?」と振って、会場の拍手は銀座のほうだったけど、「山号寺号」へ。若旦那が浅草へ行くと聞き、馴染みの幇間が金龍山浅草寺と返してから、「おかみさん拭きそうじ」等々、アドリブをまじえ軽妙な言葉遊びがたっぷり。
そのまますっと、談志に勧められたという圓朝作「札所の霊験・上」へ。下級武士の水司(みずし)又市が紅葉狩りの帰り、根津遊郭で売れっ子・小増を見初める。郭の風習から、さっき言ってた銀座の飲み方を披露しつつ、噺はどんどん暗いほうへ。田舎者は嫌いと身も蓋もなくすげなくされ、金包みを叩きつけられた又市が、とうとう小増の真夫(まぶ)で上役のせがれを斬っちゃう。会場の空気が凍りついたところで、仲入。

後半は立川こはるが走って登場し、元気よく「桑名船」で空気を変える。フカが寄ってきて船が止まり、乗りあわせた講釈師が、代表して犠牲になる、最期に一席と、赤穂義士銘々伝、天保水滸伝、伽蘿先代萩等々。テンポよくまくしたてて拍手拍手。初代一龍斎貞山のエピソードを取り入れた噺で、談志が得意とし、六代目神田伯山も講談に移しているとか。ふうむ。
そして談春さんが登場し、いきなり「札所の霊験・下」。小増=お梅は商人七兵衛に身請けされるが、2度の火事に遭い高岡に。なにくれ世話になる僧侶・叡善(えいぜん)が激しい雨の降る日、実は又市だ、真夫を手にかけたと打ち明けてお梅を口説くシーンの、のどかな訛りの怖いこと。やがて七兵衛が乗り込んできて、薪割りからまたも高岡の殺人へ。凄まじすぎ。
又市の逃避行と、実際にあった「猿小橋の仇討ち」に至る長い物語の発端で、三遊亭円生が得意だったとか。善人が一人として登場せず、人間のむき出しの残酷さは「牡丹灯籠」とかを上回るかも。明日のいい席を売るよと、あえて軽く話して、三本締めで幕となりました。

Img_0033_20220507213201 Img_0037_20220507213201

より以前の記事一覧