コンサート

クイーン+アダム・ランバート

QUEEN+ADAM LAMBERT THE RHAPSODY TOUR  2024年2月

ブライアン・メイの心臓手術やパンデミックを乗り越え、ツアー最終公演の日本ドーム・ツアーに参戦。次々畳みかけるキャッチーなナンバー、わき上がる大合唱。バンドも聴衆も、東京ドームいっぱいのスケールで「ご機嫌」が満ちるって凄いこと。頑張ってゲットしたアリーナの下手、割と前のC5ブロック3列で、歌い踊りました~ 2万5000円、たっぷり2時間強。

ブライアン76歳、ロジャー74歳(1981年モントリオールでのティンパニソロ映像との競演も!)とは思えない演奏に、2020年と比べて格段に自信に満ちた、アダムの突き抜けるボーカルがステージを牽引する。個人的には今回、A Kind of Magicがご機嫌だった。
加えてお馴染みのキラキラ宮殿セットにとどまらず、文明批評も込められた演出と選曲が、止らない進化を感じさせる。導入とラストのロボット「フランク」の巨大映像とRadio Ga Gaは、AI時代の人間性喪失を思わせ、中盤の宇宙空間に浮かぶギターソロ「さくらさくら」「新世界より(遠き山に日は落ちて)」から、ライブでは1986年以来というIs This the World We Created…?では、ひび割れた地球で温暖化の危機を明示。問題意識がクリアだからこそ、その克服を信じるような、ラストのWe Are the Championsが力強く響く。
もちろんBicycle Raceのド派手バイクからI Was Born To Love Youの高揚感や、12弦アコースティックギターの音色に、お約束のフレディの映像が切ないLove of My Lifeから、アダムも歌うTEO TORIATTE、ブライアンの漢字「和」「一期一会」Tシャツと、日本愛も忘れません。ファンが掲げるメンバーの似顔絵を、アダムが紹介しちゃう一幕も。
クイーンファンの友人との反省会も大盛り上がりでした~ 以下セットリストです。

1. Machines (Or 'Back to Humans') / Radio Ga Ga
2. Hammer to Fall
3. Fat Bottomed Girls
4. Another One Bites the Dust
5. I'm in Love With My Car
6. Bicycle Race
7. I was Born to Love You
8. I Want It All
9. Love of My Life
10. TEO TORIATTE (Let Us Cling Together)
11. Drum Solo
12. Under Pressure
13. Tie Your Mother Down
14. Crazy Little Thing Called Love
15. You Take My Breath Away~Who Wants to Live Forever
16. Guitar Solo
17. Is This the World We Created…?
18. A Kind of Magic
19. Don't Stop Me Now
20. Somebody to Love
21. The Show Must Go On
22. Bohemian Rhapsody
アンコール:
23.Ay-Oh
24. We Will Rock You
25. Machines (Or 'Back to Humans') / Radio Ga Ga
26. We Are the Champions

Img_8936_20240303083901 Img_8971 Img_8986 Img_9015_20240303084001 Img_9026 Img_9034_20240303084101  Img_9084_20240303084201Img_9115Img_9122Img_9209
 

Qesheth NoteS クリスマスゴスペルライブ

Qesheth NoteS クリスマスゴスペルライブ 2023年12月

Gospel講師陣が参加するユニット、ケシェスノーツのクリスマスライブ。代官山「晴れたら空に豆まいて」での開催を配信で。メンバーはアサ(Vo)/今角夏織(Vo)/ナガオカ智(Vo)/真夏(Vo.Gt)/マユカ(Vo)/永田雄大(Vo)/長谷川繁(Vo)&中原裕章(Key)。格好良かった~ 休憩を挟んで2時間。3000円+投げ銭500円。以下セットリストです。

1.Fire(オリジナル:CeCeWinans)
2.I Worship The King (原曲:Tronto Mass Choir)
3.すてきなホリディ(Original:竹内まりや/Arranged By 永田雄大)
4.メリークリスマストゥユー(Music And Words By 長谷川繁)
5.This Too Shall Pass(原曲:ヨランダ・アダムス/編曲:夏織)
6.Think(原曲:アレサ・フランクリン)
7.トータルプレイズ(夏織編曲)
8.The Christmas Song(原曲:Nat “King” Cole)(編曲:永田雄大&長谷川繁)
9. クリスマスメドレー(編曲:永田雄大)
10.ありがとうの言葉をあなたに(Music And Words By 長谷川繁)
11.キングダム(オリジナル:Marverick City Music & Kirk Franklin)
12.The Presence Of The Lord Is Here(原曲:バイロン・ケイジ)
アンコール
Enc1. もっと豊かに(原曲:Ricky Dillard & The New Generation Chorale)
Enc2.Mi Dan Kas Vin(Music And Words By 長谷川繁)

 

 

DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2023

史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2023  2023年9月

コロナを乗り越え、4年に一度の大規模ライブが帰ってきた。全国5大ドームをめぐるツアーの締めくくり。永遠の天才少女・吉田美和と歌って元気になる。よく入った東京ドームの、席は当日わかる仕組みで2F1塁側の中段。1万1000円。メリーゴーラウンド風の巨大セット、名曲の数々とド派手な演出、格好良いダンスと、高水準の非日常感で、たっぷり3時間強を飽きさせない。

中央に塔を囲む円形のステージ、四方に花道が伸びたセット。期待通りのっけから、吉田美和が20メートルはありそうなセットのてっぺんで歌い、客席上空を縦横無尽に3Dフライングして圧倒する。どうやらフライングありきでセットを設計したらしい。ほー! 続くステージからの火焔放射では2Fまで熱が感じられるほど。世界遺産かと思うスケール感がたまらない。
「DOSCO prime」アレンジが混じって、ノリノリ度が高め。ドラムの”ビースト”クリス・コールマンはゴスペルがルーツで、プリンスのサポート経験もあるとか。大物だなあ。
王道「LOVE LOVE LOVE」からの「ヒの字」は、リクエストでなぜか上位に食い込んだ渋い1曲。巨大アヒルのコースターと人文字のダンスが可愛かった。「雪のクリスマス」ではシャボン玉が舞い、照明の雪が降りしきって幻想的。ドリー・ザ・ブート・キャンプから「未来予想図」メドレー、「決戦は金曜日」で盛り上がって、本編最後にはお約束の花火! アンコールはついに「救命病棟24時」の主題歌5曲連打で、涙涙でした~
衣装は久保嘉男、丸山敬太、ミハラヤスヒロの競作とのことで、モコモコしてて可愛かったな。

開演前のグッズ売り場で1時間ほど並ぶ。Tシャツがすべて売り切れだったのが残念だけど、アナログアルバムサイズのプログラムやタオル、お約束のライトを購入。1時間半前に開場して、ゆったりビールで盛り上がれるのも楽しい。
スタッフは300人超とか。一大事業です。そんな美和ちゃんも58歳… どうか焦らずに、伸び伸びと続けてほしい!

以下セットリストです。
1,A theme of the WONDERLAND
2,次のせーの!で- ON THE GREEN HILL-
3,よろこびのうた
4,大阪LOVER
5,あなたと同じ空の下
6,うれしい!たのしい!大好き! -DOSCO prime Version-
7,G
8,YES AND NO
9,羽を持つ恋人
10,LOVE LOVE LOVE
11,ヒの字
12,やさしいキスをして -DOSCO prime Version-
13,LAT43°N ~forty-three degrees north latitude~
14,雪のクリスマス・WINTER SONG -DANCING SNOWFLAKES VERSION-
15,晴れたらいいね
16,未来予想図
17,未来予想図II
18,ア・イ・シ・テ・ルのサイン ~わたしたちの未来予想図~
19,Don’t You Say…
20,SWEET REVENGE
21,IT’S SO DELICIOUS
22,スピリラ
23,決戦は金曜日 -DOSCO prime Version-
24,あの夏の花火
アンコール:
25,朝がまた来る
26,いつのまに
27,何度でも
28,その先へ
29,さぁ鐘を鳴らせ

Img_3424 Img_3415 Img_3440

 

あやなすひびき

あやなすひびき~いとしい時~ 2023年7月

ちょっと久々の、中尾幸世さんの朗読の会。変わらず柔らかい声が素敵。今回はクロマティックハーモニカでイギリス在住の小林史真さん、ピアノで渡部優美さんとのコラボレーションだ。教会みたいな雰囲気の、東長崎から徒歩数分の尾上邸音楽堂が満席です。2500円。短い休憩を挟んでたっぷり2時間近く。

まずハーモニカとピアノで、夏らしい「浜辺の歌」、弾む感じが楽しい「肥後手まり歌によるカプリッチョ(狂想曲)」。ここからスペイン系の雰囲気になり、馴染みの薄いヒナステラ作曲「アルゼンチン舞曲」から「年老いた羊飼いの踊り」。不協和音が多くて、リズムが強い。
いったんゆったりと中尾さんの朗読となり、スペインのノーベル賞詩人ホアン・ラモン・ヒメネスがロバとの交流を描いた「プラテーロと私」から「スズメ」。鳥つながりで、渡部さんが愛鳥を悼んで作曲したという「My little bird」。前半ラストはアイルランド出身でハーモニカ曲も多いという、ジェイムズ・ムーディーの「トレド~スペイン幻想曲」。情熱的なスペイン舞曲風のラプソディに始まり、カデンツァを挟んで、スケールの大きいボレロで盛り上がる。ハーモニカってパワフルなんだなあ。

短い休憩のあと、後半はアイルランドのオスカー・ワイルドによる「幸福の王子」の朗読。小林さんの作曲で、場面に合わせて多彩な楽器で、多彩な音を繰り広げるのが面白い。ういういしい音大生の森照覚さん、そしてなんと今井康博さんがパーカッションで参加。小林さん、今井さんは翻訳も手がけたとか。児童文学だけど、自己犠牲の王子より、旅立たないスズメの思いが切ないなあ。爽やかな午後でした。

Img_1171 Img_1173 

 

松任谷由実「The Journey」

50th Anniversary 松任谷由実コンサートツアー The Journey  2023年6月

1年ぶりのユーミンは、デビュー50周年のドームツアー! 9回目の抽選まで粘った甲斐あって、まさに50年分のアイデアを惜しみなく詰め込んだ超豪華ショーでしたぁ。一編のファンタジーを読むような物語性と、心躍るお洒落さ。これでもかと繰り出すギミックとシルクドゥソレイユ品質のアクロバットによる高揚感。さらに美しい照明やプロジェクションマッピングで広大なアリーナを包み込む。
もちろん楽曲、そしてユーミンの存在感は唯一無二。なんとスペシャルでダブルアンコールも! ちょっと年配の夫婦連れが目立つ東京有明アリーナ、直前の分配でわかった席は3F中段でかなり遠かったけど、大満足の9900円。2時間強。

なんといってもアリーナ中央、斜めにどーんと巨大海賊船を置いた360°セットが度肝を抜く。1席ずつにソニーの無線制御ペンライト「フリフラ」を配布。いや~、これだけ大規模で、年末まで全国54公演というだけで驚愕です。
セットリストは渋い曲も含めて、人生という長い航海を描いた感じ。ユーミンはまずブルーの海賊ジャケットで登場。キッチュな衣装はアナスイ!「リフレインが叫んでる」あたりの惜しみない火焔照射?で、3Fまで熱くななっちゃう。
中盤は色っぽいレースのドレスにチェンジ。円形ステージをぐるりと紗幕で囲み、揺れるカーテンや木々を投影した「TYPHOON」、名曲「青いエアメイル」がしっとりと美しく、「Delphine」あたりでは照明や凝ったフリフラでアリーナ全体を埋め尽くし、海の中にいるよう。
そして銀の海賊ジャケットに着替えた「LOVE WARS」からは怒濤の展開で、本編終了。ラスト、様々な困難がある時代、おそらく見送ることも多くなってきたユーミンが、絆とか愛とかではなく「人の知性を信じたい」と語るメッセージが強烈でした~
アンコールはヒッピー風のデニムスタイルで。歌もラップも楽器もこなすメンバー達は、昨年「深海の街」ツアーとほぼ共通。ユーミンをぐるりと囲んでのメンバー紹介も爽やかだった。

ツアーパンフレットとTシャツそれぞれ3500円を購入。帰って分厚いパンフを読んだら、デビュー以来のツアーを巡る正隆さん、歴代マネジャーの貴重証言がぎっしり。伊集院静との運命的な出会い、人脈が「Ka」にまでつながっていく「シャングリラ」…。ここまでやってきたから、揺るがないんだなあ。つくづく凄いことです。

以下セットリストです。
1.心のまま
2.WANDERERS
3.リフレインが叫んでる
4.ただわけもなく
5.満月のフォーチュン
6.TYPHOON
7.青いエアメイル購入
8.紅雀購入
9.あの日にかえりたい
10.さまよいの果て波は寄せる
11.セイレーン
12.Blue Planet
13.Delphine
14.LOVE WARS
15.Now Is On
16.星空の誘惑
17.埠頭を渡る風
18.真夏の夜の夢
19.航海日誌
アンコール #1:
20.守ってあげたい
21.やさしさに包まれたなら
22.心のまま(キーボード)~春よ、来い
アンコール #2:
23.瞳を閉じて

Img_0763 Img_0805 Img_0811_20230618195901

エレファントカシマシ

エレファントカシマシ 35th ANNIVERSARY TOUR 2023 YES. I. DO  2023年3月

1986年に中高の友人で結成し、88年デビュー。その記念日当日、なんと初のアリーナツアーに参戦できた。ときに不機嫌に叩きつける、ストレートなバンドらしさを満喫する。
初体験の有明アリーナはほぼ満席。ひとり客も家族連れも楽しみ方は自由、という雰囲気だ。中央通路に面した上手端で9900円。たっぷり3時間弱。

グッズ販売控えめ、「今日が35周年って3日前ぐらいに知って…忘れてて」などとMCは少なめ、演出も桜乱舞くらい。ギターをとり替えつつ、アカペラやアコースティックをまじえてどんどん歌い、どんどん演奏する。3部構成で短い休憩が挟まっていて、どんなに会場が大きくても、空気はライブハウスだ。
宮本浩次といえば、やたら髪をくしゃくしゃしてた人、最近はこのうえなく上手に昭和アイドルをカバーする人。でも芯は変わらず、熱いビートで文学的歌詞を響かせるロッカーであり、キーボードの蔦谷好位置らを含めて盤石のバンドなんだ~と納得!
特に「できたとき、すごい嬉しくて」からの「彼女は買い物の帰り道」とか、伸びやかなボーカルが最高の「ズレてる方がいい」、そして「35年やってきてよかったぜー」発言が染みました~
以下セットリストです。

1部:
1、Sky is blue
2、ドビッシャー男
3、悲しみの果て
4、デーデ
5、星の砂
6、珍奇男
7、昔の侍
8、奴隷天国
2部:
9、新しい季節へキミと
10、旅
11、彼女は買い物の帰り道
12、リッスントゥザミュージック
13、風に吹かれて アコースティックバージョン
14、翳りゆく部屋
15、ハナウタ~遠い昔からの物語~
16、今宵の月のように
17、RAINBOW
18、朝
19、悪魔メフィスト
3部:
20、風と共に
21、桜の花、舞い上がる道を
22、笑顔の未来へ
23、so many people
24、ズレてる方がいい
25、俺たちの明日
26、yes. I. do
27、ファイティングマン
アンコール:
28、待つ男 

Img_9024 Img_9033 Img_9052 Img_9056

2022喝采づくし

いろいろあった2022年。エンタメを振り返ると、やっぱり特筆すべきはコンサートで、ドームを巨大ディスコに変えたブルーノ・マーズ、そして年末のピアノ一台の矢野顕子。全く違うジャンルだけど、どちらもライブのグルーブを存分に味わいました。

そしてようやく実現した、團十郎襲名の「助六」。いろいろ批判はあっても、この人ならではの祝祭感が嬉しかった。ほかに歌舞伎では「碇知盛」の菊之助、梅枝が頼もしく感じられ、初代国立劇場さよなら公演がスタートした文楽「奥州安達原」は玉男、勘十郎、玉助らが揃って充実してた。

オペラは新国立劇場で意欲作が多く、なかでもバロック初体験のグルック「オルフェオとエウリディーチェ」の、音楽、演出両方の端正さが忘れがたい。ともに読み替え演出のドビュッシー「ペレアスとメリザンド」、ヘンデル「ジュリオ・チェーザレ」も洒落ていた。問題作「ボリス・ゴドゥノフ」は衝撃すぎたけど… クラシックの来日ではエリーナ・ガランチャの「カルメン」が格好良かった。

演劇は野田秀樹「パンドラの鐘」、トム・ストッパード「レオポルトシュタット」が、それぞれ今の国際情勢に通じるメッセージ性で突出していた。井上ひさし「紙屋町さくらホテル」やケラ「世界は笑う」の「表現すること」への情熱や、ともに2人芝居だった温かい「ハイゼンブルク」と不条理をねじ伏せる「建築家とアッシリア皇帝」、そして相変わらずひりつく会話劇の岩松了「クランク・イン!」などが心に残った。

語り芸のほうでは期せずして、喬太郎と三三で「品川心中」を聴き比べ。どちらも高水準。一之輔の脱力も引き続きいい。講談の春陽「津山の鬼吹雪」も聴きごたえがあった。

これからも、のんびりエンタメを楽しめる日々でありますよう。

矢野顕子リサイタル

大手町座第33回 矢野顕子リサイタル2022~ピアノ弾き語り~  2022年12月

年の瀬に素晴らしい舞台に遭遇。ピアノ(スタンウェイ)もボーカルも、これぞライブというグルーブにやられました! プロの皆さん含め、矢野ファンが集まった感じの日経ホール上手寄り、まさかの最前列で8000円。休憩無しの1時間半強。

軽快な「春咲小紅」にはじまり、高橋幸宏50周年ライブに映像出演したという「仕事を終えたぼくたちは」のほのかな哀愁、「ふりむけばカエル」の愛嬌、野口聡一作詞「透き通る世界」のスケール、期待通り「音楽はおくりもの」、圧巻の迫力「津軽海峡・冬景色」… 
セットリストは即興だそうで、楽譜をパラパラしながら進み、演出は照明が控えめに変化するだけなんだけど、そこは天才、本編ラストの「ひとつだけ」では胸がいっぱいに。MCもけっこうたっぷりで、グッズの売り込みでバレエのポーズを披露したり、特注の「腰痛をなくす」コクヨingLIFEを勧めたり(客席がいい反応)、いやー、可愛らしいなあ。
アンコールのノリノリ「ラーメンたべたい」に、ニコニコして席を立ちました。幸せ。

Img_7110_20230213221901

以下セットリストです。

1,春咲小紅
2,あなたとわたし
3,塀の上で
4,仕事を終えたぼくたちは
5,ふりむけばカエル
6,にぎりめしとえりまき
7,透き通る世界
8,ドラゴンはのぼる
9,ばらの花
10,音楽はおくりもの
11,津軽海峡・冬景色
12,中央線
13,ひとつだけ
アンコール:
14,ラーメンたべたい

ブルーノ・マーズ来日公演

BRUNO MARS Japan Tour 2022  2022年10月

東京ドーム5万人が巨大ディスコになった、幸せなワンナイト・パーティー。グラミー15冠のファンクスターが4年ぶりにリアル来日、告知がわずか1ヵ月前で、一番高いアリーナ前方は12万円(ラウンジアクセス・グッズ付)!、ボックスとかグループ席も即日完売と話題尽くし。2階3塁側のS席、1万4800円で堪能した~ 休憩無しのきっちり2時間。主催はH.I.P。

とにかくブルーノが抜群のビート、色気と愛嬌を備えたエンタテーナーぶりで押しまくり、踊れるバンドがどんどん盛り上げて、のっけのMoonshineからフルスピード。MCも「東京ドームの夢がかなった」とサービスを振りまき、もちろんヒット満載、歌も演奏も巧い。演出はシンプルな照明やLEDビジョンくらいで、意味とかなんとか考えさせないのが素晴らしい。ギターソロを挟みVersace On The Floor、名曲Marry Youで聴かせて(「Too Much?」「No!」)、ドラムソロからRunaway Babyでまた沸騰。
中盤はなんとピアノ一台の弾き語りとなり、Sukiyakiやお楽しみ嵐のWhenever You Call、Silk SonicのLeave the Door Openなどを、ちょっとづつ贅沢に畳みかける。聴衆がきっちり大合唱でブルーノもご機嫌。なんという求心力。そしてピアノソロからGrenade以降は怒濤です。お約束Uptown Funkで、スカーッと打ち上げました!

手荷物は30㎝×30㎝×15㎝まで、蓋付きペットボトルは禁止、スマホ撮影はOKというのはもうお馴染みですね。売店も出ていて開演前にビールで一杯。やっつけ気味のグッズ、特に面白Tシャツがいい記念。

以下セットリストです(たぶん)。

1,Moonshine
2,24K Magic
3,Finesse
4,Treasure
5,Perm
6,Billionaire
7,Chunky
8,That's What I Like
9, Waku Up In the Sky
10,Please Me
11,Versace On The Floor
12,Kimi wo Totemo Aishiteru
13,Marry You
14,Runaway Baby
15,Fuck You
16,Young, Wild & Free
17,SUKIYAKI
18, Whenever You Call
19, Talking to the Moon
20, Nothin' on You
21, Leave the Door Open
22, When I Was Your Man
23, Grenade
24, Locked Out of Heaven
25, Just The Way You Are
アンコール:
26, Uptown Funk
 
Img_3996 Img_4023 Img_4034 Img_4064 Img_4092

 

LA LA LAND Live in Concert : A Celebration of Hollywood

LA LA LAND Live in Concert : A Celebration of Hollywood ハリウッド版ラ・ラ・ランド ザ・ステージ 2022年8月

大スクリーンで映画全編を観ながら、オーケストラとジャズバンドによるサウンドトラックの生演奏を聴くというイベント。冒頭、高速道路の「Another Day of Sun」から、高揚感が素晴らしい。東京国際フォーラム・ホールAの中ほどで1万2500円。休憩を挟んで2時間半。

作曲家ジャスティン・ハーウィッツと、演奏を担当したピアノのランディ・カーバーが来日。合唱やダンス、花火の演出も。
映画は文句なく名作で、存分に楽しめた。一方で、歌手がいないのとマイクを使うためか、コンサートとして物足りないのは否めない。アンコールの「City of Stars」のジャズバンド演奏が盛り上がりました~

Img_2392

 

より以前の記事一覧