ミュージカル

オン・ザ・タウン

佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2019 ミュージカル オン・ザ・タウン   2019年7月

「王様と私」に続き、ミュージカルの古典を楽しむ。レナード・バーンスタイン生誕100年の締めくくりとして、1944年初演の初舞台作品を、弟子である佐藤裕のタクトで。24時間タイムリミット付きのドタバタラブコメディだ。都市観光と、つかの間の恋。スピーディーなメロディが、あっけらかんと楽しい。
兵庫県と県立芸術文化センター制作で、オケは同文化センター管弦楽団。佐渡ファンが多そうな東京文化会館大ホール、中ほどの席で1万5000円。休憩を挟んで2時間半。
ストーリーは1949年にジーン・ケリー、フランク・シナトラで、映画「踊る大紐育」になったもの。水兵3人が1日だけの休暇を、憧れのNYで過ごすことになる。ケイビー(バリトンのチャールズ・ライス)が地下鉄のポスターの女性アイヴィ(バレエ出身のケイティ・ディーコン)に一目惚れし、アイヴィ探しの途中で、チップ(バリトンのアレックス・オッターバーン)は肉食系タクシー運転手ヒルディ(メゾのジェシカ・ウォーカー)、オジー(テノールのダン・シェルヴィ)は人類学者クレア(北アイルランド出身のソプラノ、イーファ・ミスケリー)と出会う。声楽教師(低音コントラルトのヒラリー・サマーズ)、クシャミ連発のルームメート(ソプラノのアンナ・デニス)、振り回される気の毒な婚約者(バスのスティーブン・リチャードソン)らが入り乱れて大騒ぎに。
英国ロイヤル・オペラなどのアントニー・マクドナルドの演出は、キッチュな書き割り風。自然史博物館、カーネギーホール、タイムズスクエア、そして大人っぽいナイトクラブやコニーアイランドを巡っていく。ラテンやトルコ風を含む振付は、英国ロイヤルオペラのプリンシパルダンサーだったアシュリー・ペイジ。初演は「王様と私」のジェローム・ロビンズなんですねえ。
キャストはロンドンオーディションだそうで、オペラ歌手がメーンながら、動きも軽快だ。ひょうごプロデュースオペラ合唱団は、関西の声楽家を特別編成。

20190728-004 20190728-007 20190728-018 20190728-022

王様と私

リンカーン・センターシアタープロダクション ミュージカル「王様と私」  2019年7月

ケリー・オハラと渡辺謙の主演で、トニー賞最優秀リバイバル作品賞を獲得したブロードウェイミュージカルが来日。演出はメトロポリタン・オペラでお馴染みバートレット・シャーだ。
リチャード・ロジャース作曲、オスカー・ハマースタインⅡ作詞・脚本の1951年初演作とあって、古風さは否めない。しかしアジア人は全員、アジア系俳優が演じているし(リプリゼンテーションと呼ぶそうです)、1860年代に列強と対峙したタイ王の孤独が際立っていて、現代的な味もある。Shall we dance?がこんなに切ない曲だったとは。単なる社交ダンスを教える歌とばかり思っていて、御免なさい。2018年ロンドン公演のカンパニー。年配客が目立つ東急シアターオーブ、上手寄り前の方で1万9000円。休憩を挟んで3時間。
開幕から、タイシルクを思わせる金ピカの幕が美しい。動く柱やカーテンをうまく使い、テンポよく場面転換してく。美術はマイケル・ヤーガン。タイ舞踊風のバレエなど、初演のジェローム・ロビンスをベースにした振付はクリストファー・ガッテリ。
原作は実話をベースにしており、新人だったユル・ブリンナー出演の1956年映画版が有名。イギリスから招かれた教師アンナ(オハラ)が、封建的なシャム王(渡辺)と激しく対立する。王は粗野で子供っぽい一方、重責を一身に負って思い悩む複雑な造形。渡辺が健闘し、可愛げや色気を漂わす。なにしろ東のフランス領カンボジア、ベトナム、西の英領ビルマ(ミヤンマー)の緩衝地帯として、植民地化を回避し、コメの輸出を推進して国の礎を作った人物だものなあ。
いっぱいいっぱいの渡辺を受け止める、オハラの豊かな情感が素晴らしい。アンナの尽力でなんとかイギリス特使を歓待したあと、束の間の解放感にひたり、恋のときめきを思うダンスシーンに、じんとする。
安易に遅れたアジアが解放される、というわけでもない。皇太子はともかく、王はアンナの主張を受け入れないまま息を引き取る。それでも互いに尊敬し、気持ちは通い合うのだ。
第一王妃チャン夫人は迫力あるルーシー・アン・マイルズ、ビルマからの「貢ぎ物」タプティムは可憐なキャム・クナリー、クララホム首相は大沢たかお。
20190714-030

 

 

サムシング・ロッテン!

サムシング・ロッテン!     2018年12月

2018年のエンタメはミュージカルで締め括り。お馴染みヒット作の名曲を散りばめた、2015年ブロードウェイ初演のコメディーを、日本人キャストで。福田雄一の演出・上演台本は帝劇ミュージカル、宝塚、「消臭力」まで詰め込んでドタバタに徹し、楽しかった。
女性ファンが圧倒的な東京国際フォーラム・ホールC、2階上手バルコニーの、舞台に近い席で1万2500円。休憩を挟みたっぷり3時間。
 
舞台は16世紀末のロンドン。売れない劇団主宰ニック(中川晃教)に頼まれて、予言者(橋本さとし)がヒットメーカー・シェイクスピア(西川貴教)の来たる最高傑作は「オムレット」、また当てるにはまだ見ぬミュージカルを、と教えたことから、なんと卵料理がテーマの珍妙な作品作りが始まる。
ラストは一同が新大陸に追放になり、ユダヤ人のバックアップでミュージカルを作っていく、という見事なオチ。というわけでシェイクスピア劇のパロディよりも、日本版は橋本が予知する現代の「ミュージカルあるある」やら自虐ネタ、そしてこれでもかと繰り出す名シーンの数々で引っ張る仕掛けだ。客席の反応も上々、「物販」のペンライトも使用。盛り上がるけど、ちょっと浅いかな~
 
やり過ぎ感のある演出に対し、「ジャージー・ボーイズ」が達者だった中川が、哀愁もあるコメディ役者ぶりで舞台を牽引。橋本は「メタルマクベス」のハプニングトークで、またニックの妻役で「ファン・ホーム」が良かった瀬奈じゅんは、「ベルばら」ネタや、まさかのドリフ的扮装で、あっけらかんと笑いに徹してた。ニックのピュアな弟、平方元基は長身で爽やか。
書き割り風のセットの後方に、バンドが控えるスタイル。原作はウェイン、ケイリーのカークパトリック兄弟。こういう洒落のめしとオマージュが成立するには、ミュージックシアター・インターナショナルという版権管理会社の存在が大きいのかな。

20181229b

20181229a


ジャージー・ボーイズ

「ジャージー・ボーイズ」横浜公演  2018年11月

2015年に来日公演が楽しかったジュークボックス・ミュージカル。2016年の日本版がミュージカルとして初めて、読売演劇大賞最優秀作品賞を獲得するなど話題だったので、再演に期待したところ、なんとシアタークリエ公演が台風で中止に。追加公演の振替でやっと観ることができ、感慨がありました~
本編は中川晃教らキャストがなかなかのクオリティ。モニターを積み上げ、舞台上のカメラマンがクローズアップを映したり、鉄筋・長い階段のシンプルなセットを回してスピーディーに場面を転換したり、見せ方にも工夫がある。大評判をとった演出は、蜷川幸雄さんの助手だった藤田俊太郎。老若男女幅広い神奈川県民ホール大ホール、中央の振替席で1万1500円。休憩をはさみ3時間弱。製作東宝。
なんといっても全編のキーとなるフランキー・ヴァリの中川が、人気だけあって名曲のファルセットを堂々と披露し、舞台を牽引。小柄なやんちゃ感もいい。その他キャストは新結成というTEAM BLUEで、フランキーと対立するろくでなしトミーの伊礼彼方が、色気を存分に発揮し、ストーリー性を担う。ボブの矢崎広は線が細いけど、知的かつキュートな造形で憎めないし、ニックのspiもハーフの容姿と長身に、人のいい感じがはまってた。
ほかにオネエのプロデューサーに太田基裕、マフィアのボスに貫禄の阿部裕、フランキーの妻に綿引さやから。たぶん本作には会場が大きすぎるんだろうけど、阿部はさすがに存在感があったな。
ヒット曲の数々は、日本語歌詞にしていて親しみやすい。翻訳は「コペンハーゲン」などの小田島恒志、訳詞は高橋亜子、美術は「近松心中物語」などのお馴染み松井るみ。
あらかじめロビーにお知らせがあって、カーテンコールのメドレーでは聴衆もペンライト(200円)で舞台に参加し、大盛り上がり! 振替なのでタオルも頂きました。あー、楽しかった!

20181110_009

20181110_020

20181110_013

20181110_021

エビータ

ミュージカル「エビータ」  2018年7月
作曲アンドリュー・ロイド=ウェーバー、作詞ティム・ライス、96年にはマドンナ主演で映画化もされた著名作。初の来日公演の、千秋楽に滑り込んだ。演出はハロルド・プリンスによる1978年の初演バージョン。ミュージカルファンが集まった感じの東急シアターオーブ、前のほう中央のいい席で1万3500円。休憩を挟んで2時間半。
愛人の娘エヴァ(エマ・キングストン)が男を利用してモデル、女優へと成り上がり、美貌と弁舌を武器に大衆の人気を獲得。1946年、パートナーのフアン・ペロン(ロバート・フィンレイソン)をついに大統領に押し上げるが、33歳の若さで病に倒れる。なんともドラマチックな人生を、「アルゼンチンよ泣かないで」「ブエノスアイレス」など名曲で描く。
ゲバラをモデルにした無精髭、戦闘服の男チェ(ラミン・カリムルー)が、終始冷めた態度で狂言回しを務める仕掛けが巧い。現実のゲバラはエヴァと接点はなかったものの、ペロン政権で軍医になるのをよしとせず、南米を放浪したという。
初演当時はフォークランド紛争の数年前。ロンドンからみたアルゼンチンのイメージは、軍政の腐敗や弾圧、経済運営の失敗など、問題だらけだったろう。そのせいか戯曲は、エヴァの虚栄心や権力の私物化も赤裸々に描く。だからこそ、プライド高く、力を振り絞って夢を追い、社会を鼓舞する姿が感動的だ。自分の価値観で「遅れている」からといって、他者を見下すことは誰にもできない。
ロックをベースとしたナンバーの中に、タンゴが挟まるのが効果的。「レ・ミゼラブル」などのカリムルーに色気があり、骨太で、耳に残るいかにもミュージカルらしい歌声で舞台を牽引する。イラン生まれなんですねえ。エマは母親がアルゼンチン人とか。クールな美貌で、ハイトーンがとても力強い。タイトロールとしての求心力は今ひとつだったかな。
カーテンコールでカリムルーがベレー帽を客席に投げ入れ、大盛り上がりでした~

20180729_004

20180729_013

FUN HOME

FUN HOME  ファン・ホーム  2018年2月

2015年トニー賞受賞のミュージカルを、翻訳モノで秀作が続く小川絵梨子の演出で。なんと初ミュージカルとか。自分を肯定できなかった父との日々、別れを回顧する。哀しい物語だけど、コミカルなシーンや、軽快な楽曲とのバランスが素晴らしく、家族愛が胸に染みる。日本人キャストも高水準だ。宝塚から四季まで、女性ファンが多数のシアタークリエ、中央で1万800円。2時間弱とコンパクト。

43歳の漫画家アリソン(瀬奈じゅん)が、故郷ペンシルバニアでの日々を描き始める。原作はアリソン・ベクダルの自伝コミックだ。
高校教師と家業の葬儀屋(ファン)を掛け持ちしていた父ブルース(吉原光夫)は、ゲイであることをひた隠しにした挙げ句、教え子と事件を起す。家を出て大学に通っていたアリソンが、両親にレズビアンだと告白した数カ月後、自ら命を絶つ。自分を受け入れて生きるアリソンは、自問し続ける。父はいったい何を思っていたのか?
アンティークや文学を愛した父は、アリソンの美意識に強い影響を与えた人。LGBTは特殊に思えるけど、不器用ながらとても親密な2人の間柄は、誰にでも覚えのある親子だ。電話や久しぶりのドライブでの会話、そしてラストの飛行機遊びのエピソードが切ない。世間の抑圧を抜け出す勇気さえあれば…

「ビューティー・クイーン・オブ・リナーン」が良かった吉原が、複雑な心理を繊細に表現。アリソンの少女時代を演じる笠井日向(ダブルキャスト)は、とても小6とは思えない歌いっぷりだ。大学時代の大原櫻子も、きびきびと伸びやか。瀬名は引き気味の演技で、客観的な視点を提示。アリソンの恋人に横田美紀、母に紺野まひる、ベビーシッターのロイなどで上口耕平。
脚本・歌詞リサ・クロン、音楽ジニーン・テソーリ。美術は二村周作。
外は東京マラソンで賑わってました~

20180225_032

天使にラブ・ソングを…(シスター・アクト)

東急シアターオーブ5周年記念公演ブロードウェイ・ミュージカル「天使にラブ・ソングを…(シアター・アクト)」  2017年11月

ノリノリの70年代ディスコサウンドと確かな歌で、休憩を挟み2時間半があっという間だ。ウーピー・ゴールドバーグの映画でお馴染みのストーリーを、アラン・メンケン(「美女と野獣」など)作曲でリメイクしたミュージカルの再来日公演。ジェリー・ザックス演出。女性グループや家族連れなど、幅広い年齢層で満席の東急シアターオーブ、上手寄り前の方で1万2000円。

設定はフィラデルフィア。ドナ・サマーに憧れるクラブ歌手デロリス(スタイル抜群でパワーのあるデネー・ヒル。なんとオペラ歌手でもある)は、ヤバイ場面を目撃し、愛人でギャングのカーティス(リズムがいいブランドン・ゴッドフリー)に追われる羽目に。同級生の警官エディ(早替りも見事なウィル・T・トラヴィス)の世話で、なんと修道院に身を隠す。世間知らずのシスターたちを率いて聖歌隊で評判をとり、なんと法王御前コンサートのチャンスを得るものの、ギャングに居場所がばれてしまって大騒ぎ。

前半の”Raise Your Voice””Take Me to Heaven”で、シスターたちがどんどん上達し、同時にやんちゃなデロリスとの距離が縮まっていくのが痛快だ。内気なシスター、メアリー・ロバート(ソフィー・キム)が勇気を出す”The Life I Never Led”が、ディズニーらしい。修道院長(演技派レベッカ・メイソン-ワイギャル)が”Haven't Got a Prayer”で葛藤を吐露し、デロリスが”Sister Act”で友情を歌いあげて、ついに互いを認め合うところでウルウル… ラストは高さ5メートルのマリア像がミラーボールバージョンになり、デロリスは毛皮とスパンコールドレスに。”Spread the Love Around”でスタンディングとなりました~

バンドは舞台裏で、客席左右のモニターに指揮者の映像を映す形式。広いホワイエからは、駅前再開発で建設中のビルがすぐ目の前に見えました。

20171112_101

20171112_016

20171112_021

羅生門

百鬼オペラ「羅生門」  2017年9月

2013年「100万回生きたねこ」が素晴らしかったイスラエルのインバル・ピント&アブシャロム・ポラックが、演出・振付・美術・衣装を手掛ける、コンテンポラリーダンス中心の舞台。柄本佑と満島ひかりの透明感が印象的だ。お洒落な女性らダンスファンが集まった感じの、Bunkamuraシアターコクーン、上手やや後方寄りで1万800円。休憩を挟み2時間半。

がらんとした空間に、江戸川萬時らダンサー8人と、シンプルなセットで幻想的なイメージを展開。冒頭からグレーの全身タイツのダンサーたちが、固まって泥のようにのたくったり、大詰めでは落命した女の後ろに、リフレインのように列になってうずくまる造形が目を引く。床のそこここに空いた大小の穴から、めまぐるしく俳優、ダンサーが出入りするのも面白い。ごく静かなフライングも多用。石、髪、ランプ、ろくろ首の母など妖怪の要素は、着ぐるみ風でどこか童話的だ。

若手の吉沢亮のほか、田口浩正、小松和重、銀粉蝶という俳優陣は、達者に歌や複雑なフォーメーションをこなす。長田育恵の脚本は、芥川龍之介の「藪の中」「羅生門」の設定をベースに、業を背負う下人の脳内世界として、「鼻」「蜘蛛の糸」のエピソード等を構成。「ねこ」に比べるとストーリー性は薄く、やや散漫な印象は否めないかな。

作曲・音楽監督は蜷川幸雄「海辺のカフカ」などの阿部海太郎。藤田貴大とも組んできた青葉市子ら、ミュージシャン6人も舞台を出入りして、アコーディオン、マンドリン、歌などでシーンの重要なパーツになる。ノコギリ、ウォッシュボードなど面白い楽器も駆使。

20170924_001

キンキーブーツ

ブロードウェイ・ミュージカル「キンキーブーツ」<来日版>  2016年10月

全編シンディ・ローパー書き下ろしのキャッチ―な楽曲がご機嫌な、2013年トニー賞6部門受賞作の来日公演。ドラァグクイーンって何故か、出てくるだけでテンション上がるし、半端な色気が切ないなあ。スピーディーな脚本は「トーチソング・トリロジー」のハーヴェイ・ファイアスタイン、華やかな振付・演出は「ヘアスプレー」などのジェリー・ミッチェル。シアターオーブのやや下手寄り、すごく前の方のいい席で1万3000円。休憩を挟み約2時間半。

偏見を越え、あるがままの自分と他者を肯定すること、そして父との和解を描く、シンプルで前向きなお話。
チャーリー(アダム・カプラン)は恋人ニコラ(カリッサ・ホグランド)とロンドンで暮らすはずが、父の急死で田舎町ノーサンプトンのダサい靴工場を継ぐ羽目に。チャーリーを思う社員ローレン(ティファニー・エンゲン)にはっぱをかけられ、偶然出会ったド派手ドラァグクイーン、ローラ(J.ハリソン・ジー)の助言で、セクシーかつ頑丈な女装ブーツ作りに乗り出す。ローラは職人ドン(アーロン・ウォルポール)と衝突するが、ボクシング対決で勝ちを譲る。またいったんチャーリーと決裂するものの、結局はショー仲間や職人たちとミラノのショーに駆けつける。

いかにもドラァグクイーンの長身Jが、堂々としつつも、「Land of Lola」「Hold Me in Your Heart」などハスキーな声で、内面の弱さ、屈折を表現し、観客をひきつける。赤スパンコールや青のミニ、白のヒラヒラドレスの存在感と、もっさりした男装姿のギャップも面白い。かつて東京ディズニーシーに出演していたとか。
さらに6人組「エンジェルス」が加わると、独特のゆるめのダンスでショーパブの雰囲気。生真面目カプランは手堅い演技だ。
女性陣は自虐的なエンゲンが、軽妙なコメディエンヌぶりでシンディ・ローパーの世界にぴったり。敵役のホグランドは歌唱が伸びやか。

2階建の可動式セットを人力で回し、紗幕や舞台袖の階段も使って素早くシーンを転換。ベルトコンベアに乗って踊りまくる「Everybody Say Yeah」、さらに大詰めランウェイ上の「Raise You Up/Just Be」が盛り上がる。カーテンコールはスタンディングとなり、Jとカプランがグランバットマンを披露してくれました~

客層は幅広く、意外な財界人の姿も。ロビーにはなりきり撮影スポット、7~9月日本人キャスト版の衣装がありました。

20161022_001

20161022_049

20161022_040

An American in Paris 

An American in Paris  2015年12月

寒空のTKTS(チケッツ)で、なんと1時間並んでRushをゲットした、トニー賞の振付賞受賞作へ。ミュージカル映画の古典「巴里のアメリカ人」(1951年)の舞台化で、期待通りダンスがめちゃめちゃ美しい! 舞台装置も秀逸で、とってもお洒落でした~ タイムズスクエアに面した名門Palace Theater(パレススアター)の2F端で64.5$。見切り席だったけど十分エンジョイしました。

演出振付でブロードウェーにデビューしたChristopher Wheeldon(クリストファー・ウィールドン) はロイヤル・バレエの常任振付家だというから、とんでもなく贅沢だ。大詰めの、流麗な長尺バレエシーンが最大の見どころだけど、お馴染みGeorge Gershwin(ジョージ・ガーシュイン)の名曲にのせて、タップもモダンも、ちょっとフォッシー風もと、バリエーション豊か。

さらに驚くのは主演の2人。主役ジェリーのRobert Fairchild(ロバート・フェアチャイルド)はニューヨークシティバレエのプリンシパル。ヒロイン、リセのLeanne Cope(リアン・コープ)はロイヤル・バレエのファースト・アーティストというから、こちらもバリバリのバレエダンサーなわけです。重力を感じさせない踊りが素晴らしいのはもちろんのこと、歌も巧い。凄い才能。特にリセの抜群のメヂカラが、舞台を牽引します。

お話は大戦直後のパリを舞台にした、王道青春ストーリー。アメリカからやって来た画家の卵と、可憐なバレリーナの卵が恋に落ち、一度は夢をかなえるためにあきらめようとするけれど…と、ラ・ボエーム風です。
セットがまた素晴らしい。立体的に川岸を見せるなど、比較的シンプルながら絵画的な工夫が満載。プロジェクションマッピングの使い方が実に洗練されていて、流れるようにセットを転換していくのも洒落ていた。

今回NYで観たもう1本のミュージカル「レミゼ」が、歌中心だったので、いいバランス。この作品は是非、オリジナルキャストで来日してほしいな~ 外見が普通のビルなのに、内装はオペラハウスのような劇場の雰囲気も楽しかった。

1122 1125 1134 1154 1172