ミュージカル

パレード

パレード  2021年1月

2019年「プラトーノフ」以来、ちょっと久々の森新太郎演出。ミュージカルだし、チラシに「冤罪」とあって、ハッピーエンドだろうと油断して足を運んだら、どうしてどうして、ずしんと重い、硬質の良作でした~ 
ポピュリズムと分断の恐怖。なぜ人は、自らの鬱屈を誰かのせいにし、攻撃せずにいられないのか。空席がもったいない東京芸術劇場プレイハウス、前の方やや上手寄りで1万5000円。休憩を挟んで約3時間。スタッフのコロナ感染による休演を乗り越えて、今みるべき舞台でした。ホリプロ主催。

1913年に南部アトランタで実際に起きた「レオ・フランク事件」を1998年、アルフレッド・ウーリー(「ドライビング・ミス・デイジー」)脚本、エジソン・ロバート・ブラウン作詞作曲、大御所ハロルド・プリンス演出でミュージカル化。日本では2017年以来の再演だ。翻訳は常田景子。
南軍戦没者追悼記念日の翌日、鉛筆工場で13歳の白人少女メアリーが、変わり果てた姿で見つかり、北部出身のユダヤ人工場長レオ(石丸幹二)が逮捕される。検事ヒュー・ドーシー(石川禅)が黒人従業員ジム・コンリー(坂元健児)、ニュート・リー(安崎求、老兵と2役)らの証言をでっち上げ、新聞社主の活動家トム・ワトソン(今井清隆)や記者グレイグ(武田真治)の扇動もあって、死刑判決に。無実を信じる妻ルシール(堀内敬子)の懸命の訴えで、スレイトン知事(岡本健一)が減刑を英断するが…

背景のタラの丘のような巨木のシルエットが、抑圧された南部の精神性、「奇妙な果実」の暗部を想起させる。さらに記念日のパレードに降り注ぐ、大量のカラフルな紙吹雪が、情報に踊らされた匿名の大衆の、熱狂と自己礼賛を強烈に印象づけて圧巻だ。まさに舞台ならではの力技。紙吹雪はずっと舞台上に降り積もっていて、雑然とした工場地下にも、明るい草地にも見えちゃう。回り舞台でパレードが暴徒に転じるのも効果的。シンプル、スタイリッシュな美術は二村周作。

あまりに乱暴な展開に思えるけど、決して昔話でないところが心底怖い。フェイクニュースや深刻な社会の分断は100年前と少しも変わらず、なによりラスト近く、減刑に怒った市民が武装して知事邸に押し寄せるシーンは、まさに議事堂襲撃の悲劇と瓜二つ。舞台いっぱいに振られる巨大な南軍旗に、息が詰まっちゃった。でも今回の選挙で、最後の最後でトリプルブルーを実現したのもまたジョージアなんだよね。

楽曲は、延々続く裁判シーンなど、ワーグナーばりにうねって胸に迫る。残酷なパレードの熱狂シーンが逆に明るい曲調だったり、陰影も濃い。バンドが舞台前方のオケピで演奏、音楽監督・指揮・ピアノは前嶋康明。
役者陣では一筋縄でいかない主人公を、石丸が達者に造形。決して英雄ではなく、イライラするほど実直。自分も差別感情をもっていて、南部に馴染めない。一方、二人の女性が示す明るさが救いだ。平凡な妻ルシールは悲劇のなかで劣等感を克服、明るく強靭に夫を支え、そして故郷南部で生きていく。セレブな知事の妻サリー(宝塚出身ですらりとした秋園美緒)は大詰めで、正義をなすよう夫の背中をドンと押す。歌唱では低音の今井、メアリーの母の未来優希(宝塚出身)が迫力だった。ほかに福井貴一、宮川浩、若手の内藤大希ら。

帰りにロビーで森さんをお見かけしました。いい仕事ぶりです! アフタートークは来場者限定の配信でした。
20210123-010

 

She Loves Me

WOWOW「おうちブロードウェイ」 She Loves Me 2021年1月

番外編で「松竹ブロードウェイシネマ」シリーズで上映された「シー・ラヴズ・ミー」を録画で鑑賞。メグ・ライアン&トム・ハンクス「ユー・ガット・メール」など3回も映画化されたとあって、王道ラブコメぶりが文句なく楽しい。オールドファッションな舞台セットも素敵。

1937年のハンガリー人Miklos Laszioによる戯曲をミュージカル化し、1963年にブロードウェイ初演。映像は2016年リヴァイヴァル公演のものだ。脚本ジョー・マスタロフ、作曲ジェリー・ボック、作詞シェルドン・ハーニック、演出スコット・エリス。

ブタペストの香水点で働くジョージ(ザカリー・リーヴァイ)とアマリア(ローラ・ベナンティ)はふとした切っ掛けで犬猿の仲に。しかし実は匿名の文通相手で、知的なやり取りをして惹かれ合っていた。カフェでの待ち合わせ、アイスを持参してのお見舞いと、両思いなのになかなか告白できないシーンが、じれったくも可愛い。

ベナンティがVanilla Ice Creamなどで、超絶技巧のソプラノを存分に披露。映画でも活躍しているというリーヴァイは、笑いから切なさまで表現が豊かだ。おバカな同僚のジェーン・クラコウスキーはA Trip To Libraryなどダンスもキレキレ。テレビドラマでも実績があるんですね。ほかに浮気者の同僚にギャヴィン・クリール、老店主にバイロン・ジェニングス。

2020喝采づくし

2020年はコロナ禍でエンタメが激減したけれど、振り返ると例年の半分くらいは鑑賞できていて、関係者の努力に感謝。

なんといっても今となっては夢のようだった、1月のQUEEN+ADAM LAMBERT THE RHAPSODY TOUR! お馴染みのキャッチーな楽曲、演出もキンキラで文句なしに樂しかった~

世界が一転したコロナ後は、伝統芸能の災厄を鎮めるという要素が、胸に響いた。特に歌舞伎の、再開後初だった8月猿之助「吉野山」や、年末の玉三郎&菊之助「日本振袖始 」のケレン。ベテランの健在もことのほか嬉しく、仁左衛門「石切梶原」の茶目っ気、吉右衛門「俊寛」の虚無を堪能した。ベテランといえば11月の狂言「法師ケ母」で、90歳近い万作さんの鍛錬に脱帽。「茸」も面白かったし。
文楽は2月の勧進帳で玉助さん初役の富樫、9月にはハッピーエンドの「壺坂観音霊験記」が楽しかったな。
落語は三三の説得力ある「柳田格之進」、正蔵さんのダークサイド「藁人形」、志の輔の爆笑「茶の湯」など。

演劇では、再開間もない7月の「殺意 ストリップショウ」の鈴木杏が、人間の滑稽さをえぐり出す一人芝居をピュアに演じきって圧巻だった。10月には鵜山仁演出のシェイクスピア史劇最終作「リチャード二世」で、岡本健一が描く人間の愚かさに引き込まれた。
対照的に、三谷幸喜「23階の笑い」は笑いと哀愁に徹して、喜劇人の心意気がひしひし。ケラリーノ・サンドロヴィッチ&緒川たまき「ベイジルタウンの女神」も、変わらないお洒落なケラ節が染みた。
大好きな岩松了さんの2人朗読劇「そして春になった」、安定の前川知大「迷子の時間」なども秀作。なんだか劇作家・長田育恵に縁があり、「ゲルニカ」「幸福論~隅田川」が印象的だった。

一方、海外からの歌手・オケが壊滅したオペラは、すっかりお預けに。滑り込みで2月の来日ミュージカル「CHESS」は、大人っぽくて良かった。 
番外編として、コロナ禍ならではの配信へのチャレンジもいろいろと。4月の一之輔10日連続生配信では、「団子屋政談」「笠碁」など、巧さと同時に、持ち前の愛らしさや寄席を維持したい思いが伝わっていた。5月のStayHomeWeek最終日には、三谷幸喜の名作「12人の優しい日本人」の読み合わせで、会議の戯曲を会議ツールで見せるという、この時期ならではのセンスが光ってた。
2021年の復活を祈って…

CHESS

CHESS THE MUSICAL  2020年2月

「ライオン・キング」などのティム・ライス原案・作詞による、シニカルな大人のミュージカルを楽しむ。ご存知ABBAのベニー・アンダーソン、ビョルン・ウルヴァースのキャッチーな曲を、「エビータ」のチェがよかったラミン・カリムルーら、日英の実力派が存分に聴かせる。国家と個人の相克を歌う名曲「ANTHEM」に思わず涙。東京国際フォーラムのホールC、2階下手で、舞台に近い最前列のいい席で1万3500円。

今回は1986年ロンドン初演版の台本による上演。1970年代、米ソ冷戦に翻弄されるチェスプレーヤーたちの愛と挫折を描く。米国の世界チャンピオン、フレディ(長身でお茶目なルーク・ウォルシュ)はナーバスになり、メディアとトラブって自滅。タイトルを手にしたソ連のアナトリー(堂々のカリムルー)は、フレディのセコンドで恋人だったフローレンス(「レ・ミゼラブル」の知的美人サマンサ・バークス)の愛も得て、西側へ亡命する。1年後の世界選手権では、ソ連が威信をかけ、あの手この手でアナトリーとフローレンスを揺さぶり、結局2人は別の道を選ぶ。
母国の策略に苦悩するアナトリー、裏切られてもアナトリーを理解しようとする妻エリアンナ(ブラジルとのハーフ、スヴェトラーナ)、幼いころ母に愛されず、屈折してしまった天才フレディ、ハンガリー動乱で父と国を捨てた過去を持つフローレンス。それぞれの心理が複雑に絡み合う。矛盾だらけの「nobady is nobady'side」は辛い。モデルのひとりは波乱の人生を送った米国人チャンピオン、ボビー・フィッシャーとのこと。

演出・振付が「グリース」などのニック・ウィンストンで、実にお洒落だ。特に試合の緊迫感を表す、見事なアンサンブルの動き! コサックダンスのアレンジも。オケの前に階段、左右にバルコニーを置いたシンプルなセットで、盤面のマスや白黒のイメージをちりばめ、冒頭では冷戦状況をTIME表紙などの映像で端的に。アナトリーとフローレンスが恋に落ちるシーンの星空が、夢のように美しいからこそ、終盤の別れが寒々しい。
舞台回しのアービターは、国立音大出身の佐藤隆紀で得な役。陰険なKGBモロコフ、東京芸大出身の増原英也は低音がよく響いて目立ってました。音楽監督はサザンの編曲やドラマ音楽で活躍する島健(奥さんは島田歌穂)。作品自体、1988年ブロードウェイでは改変版で失敗、コンサート版が誕生するなど、曲折があるんですね。上質な舞台でした~
20200201-014 20200201-003 20200201-009

 

ウエスト・サイド・ストーリー

ブロードウェイ・ミュージカル ウエスト・サイド・ストーリー  2019年10月

新感線が楽しかった360°シアターで、今度はミュージカルの古典。派手さはないけれど、相変わらずダイナミックな場面転換と、ラストのトニーの疾走が格好良かった。IHIステージアラウンド東京の上手寄り、前の方のいい席で1万5000円。休憩を挟んで2時間半。

演出のデイヴィッド・セイントは、オリジナル脚本のアーサー・ローレンツの薫陶を受けたとか。言わずとしれたレナード・バーンスタインの名曲、ジェローム・ロビンスの振付をかなり尊重している感じ。「Tonight」で恋人たちが立つバルコニーが前方にせり出し、背景映像で夜空に舞い上がるように見せるのが面白い。後半の幻想的な「Somewhere」では、シンプルながら規格外の間口の広さが効果的。
映像で冒頭、若者が起こす事件の記事を畳み掛けたり、1950年代NYの景観を展開したり。担当した59プロダクションズは、お洒落な「パリのアメリカ人」のチームなんですね。生オケの指揮はベテラン、マイケル・ダフ。

俳優陣も手堅かった。トニーのトレヴァー・ジェームス・バーガーはテキサス州立大、可憐なマリアのソニア・バルサラはニューヨーク大、迫力あるアニータのエイドリアナ・ネグロンはモンテクレア州立大と、みな芸術学部卒とのこと。エンタメ人材の育成力を感じる。
カーテンコールは撮影OK。帰りにはドクのドラッグストアのセットも、撮影させてくれました~ 劇場のすぐそばには屋台村があり、休日らしい雰囲気。

20191020-011 20191020-015 20191020-020 20191020-041 20191020-051 20191020-055 20191020-063

オン・ザ・タウン

佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2019 ミュージカル オン・ザ・タウン   2019年7月

「王様と私」に続き、古典ミュージカルの王道ぶりを楽しむ。レナード・バーンスタイン生誕100年の締めくくりとして、1944年初演の初舞台作品を、弟子である佐藤裕のタクトで。24時間タイムリミット付きのドタバタラブコメディだ。都市観光と、つかの間の恋。スピーディーなメロディが、あっけらかんと楽しい。
兵庫県と県立芸術文化センター制作で、オケは同文化センター管弦楽団。佐渡ファンが多そうな東京文化会館大ホール、中ほどの席で1万5000円。休憩を挟んで2時間半。
ストーリーは1949年にジーン・ケリー、フランク・シナトラで、映画「踊る大紐育」になったもの。水兵3人が1日だけの休暇を、憧れのNYで過ごすことになる。ケイビー(バリトンのチャールズ・ライス)が地下鉄のポスターの女性アイヴィ(バレエ出身のケイティ・ディーコン)に一目惚れし、アイヴィ探しの途中で、仲間のチップ(バリトンのアレックス・オッターバーン)は肉食系タクシードライバー・ヒルディ(メゾのジェシカ・ウォーカー)、同じく仲間のオジー(テノールのダン・シェルヴィ)は人類学者クレア(北アイルランド出身のソプラノ、イーファ・ミスケリー)と出会う。声楽教師(低音コントラルトのヒラリー・サマーズ)、クシャミ連発のルームメート(ソプラノのアンナ・デニス)、振り回される気の毒な婚約者(バスのスティーブン・リチャードソン)らが入り乱れて大騒ぎだ。
キャストはロンドンオーディションだそうで、オペラ歌手がメーンながら、コミカルな演技、軽快な動きも高水準。英国ロイヤル・オペラなどのアントニー・マクドナルドの演出は、キッチュな書き割り風。観光案内さながら自然史博物館、カーネギーホール、タイムズスクエア、そしてナイトクラブやコニーアイランドのキャバレーへと巡っていく。
ラテンやトルコ風を含む振付は、英国ロイヤルオペラのプリンシパルダンサーだったアシュリー・ペイジ。なんと初演は「王様と私」のジェローム・ロビンズなんですねえ。ミュージカルの歴史を感じます。ひょうごプロデュースオペラ合唱団は、関西の声楽家を特別編成。

20190728-004 20190728-007 20190728-018 20190728-022

王様と私

リンカーン・センターシアタープロダクション ミュージカル「王様と私」  2019年7月

ケリー・オハラと渡辺謙の主演で、トニー賞最優秀リバイバル作品賞を獲得したブロードウェイミュージカルが来日。メトロポリタン・オペラでお馴染みバートレット・シャーの理知的な演出で、大国のはざまにいる国家の苦悩が際立つ。
リチャード・ロジャース作曲、オスカー・ハマースタインⅡ作詞・脚本の1951年初演とあって、戯曲の古風さは否めない。しかしアジア人は全員、アジア系俳優が演じているし(リプリゼンテーションと呼ぶそうです)、1860年代に列強と対峙したタイ王の孤独がくっきりして、現代的な味つけだ。Shall we dance?がこんなに切ない曲だったとは。単なる社交ダンスを教える歌とばかり思っていて、御免なさい。2018年ロンドン公演のカンパニー。年配客が目立つ東急シアターオーブ、上手寄り前の方で1万9000円。休憩を挟んで3時間。
まずタイシルクを思わせる金ピカの幕が美しい。動く柱やカーテンをうまく使い、テンポよく場面転換していく。美術はマイケル・ヤーガン。タイ舞踊風のバレエなど、初演のジェローム・ロビンスをベースにした振付はクリストファー・ガッテリ。
原作は実話をベースにしており、新人だったユル・ブリンナー主演の1956年映画版が有名。先進国イギリスから招かれた教師アンナ(オハラ)が、封建的なシャム王(渡辺)と激しく対立するストーリーだ。王は粗野で子供っぽい一方、重責を一身に負って煩悶する複雑な人物。渡辺が健闘し、可愛げや色気を漂わす。なにしろ東のフランス領カンボジア、ベトナム、西の英領ビルマ(ミヤンマー)の緩衝地帯として、植民地化を回避しつつ、コメの輸出を推進して国の礎を作った人物だものなあ。
そして、いっぱいいっぱいの渡辺を受け止める、オハラの豊かな情感が素晴らしい。まさにシルクのような歌声。アンナの尽力でなんとかイギリス特使を歓待したあと、束の間の解放感にひたり、若い恋のときめきを思う2人のダンスシーンに、じんとする。
遅れたアジアが西洋的価値観によって解放される、という安易な結論だけでもない。皇太子はともかく、王はアンナの主張を受け入れないまま息を引き取る。それでも違いを超えて互いに尊敬しあい、気持ちは通い合うのだ。
第一王妃チャン夫人はこちらもトニー賞、貫禄たっぷりのルーシー・アン・マイルズ。ビルマからの「貢ぎ物」タプティムは可憐なキャム・クナリー、クララホム首相はなんと大沢たかお。
20190714-030

 

 

サムシング・ロッテン!

サムシング・ロッテン!     2018年12月

2018年のエンタメはミュージカルで締め括り。お馴染みヒット作の名曲を散りばめた、2015年ブロードウェイ初演のコメディーを、日本人キャストで。福田雄一の演出・上演台本は帝劇ミュージカル、宝塚、「消臭力」まで詰め込んでドタバタに徹し、楽しかった。
女性ファンが圧倒的な東京国際フォーラム・ホールC、2階上手バルコニーの、舞台に近い席で1万2500円。休憩を挟みたっぷり3時間。
 
舞台は16世紀末のロンドン。売れない劇団主宰ニック(中川晃教)に頼まれて、予言者(橋本さとし)がヒットメーカー・シェイクスピア(西川貴教)の来たる最高傑作は「オムレット」、また当てるにはまだ見ぬミュージカルを、と教えたことから、なんと卵料理がテーマの珍妙な作品作りが始まる。
ラストは一同が新大陸に追放になり、ユダヤ人のバックアップでミュージカルを作っていく、という見事なオチ。というわけでシェイクスピア劇のパロディよりも、日本版は橋本が予知する現代の「ミュージカルあるある」やら自虐ネタ、そしてこれでもかと繰り出す名シーンの数々で引っ張る仕掛けだ。客席の反応も上々、「物販」のペンライトも使用。盛り上がるけど、ちょっと浅いかな~
 
やり過ぎ感のある演出に対し、「ジャージー・ボーイズ」が達者だった中川が、哀愁もあるコメディ役者ぶりで舞台を牽引。橋本は「メタルマクベス」のハプニングトークで、またニックの妻役で「ファン・ホーム」が良かった瀬奈じゅんは、「ベルばら」ネタや、まさかのドリフ的扮装で、あっけらかんと笑いに徹してた。ニックのピュアな弟、平方元基は長身で爽やか。
書き割り風のセットの後方に、バンドが控えるスタイル。原作はウェイン、ケイリーのカークパトリック兄弟。こういう洒落のめしとオマージュが成立するには、ミュージックシアター・インターナショナルという版権管理会社の存在が大きいのかな。

20181229b

20181229a


ジャージー・ボーイズ

「ジャージー・ボーイズ」横浜公演  2018年11月

2015年に来日公演が楽しかったジュークボックス・ミュージカル。2016年の日本版がミュージカルとして初めて、読売演劇大賞最優秀作品賞を獲得するなど話題だったので、再演に期待したところ、なんとシアタークリエ公演が台風で中止に。追加公演の振替でやっと観ることができ、感慨がありました~
本編は中川晃教らキャストがなかなかのクオリティ。モニターを積み上げ、舞台上のカメラマンがクローズアップを映したり、鉄筋・長い階段のシンプルなセットを回してスピーディーに場面を転換したり、見せ方にも工夫がある。大評判をとった演出は、蜷川幸雄さんの助手だった藤田俊太郎。老若男女幅広い神奈川県民ホール大ホール、中央の振替席で1万1500円。休憩をはさみ3時間弱。製作東宝。
なんといっても全編のキーとなるフランキー・ヴァリの中川が、人気だけあって名曲のファルセットを堂々と披露し、舞台を牽引。小柄なやんちゃ感もいい。その他キャストは新結成というTEAM BLUEで、フランキーと対立するろくでなしトミーの伊礼彼方が、色気を存分に発揮し、ストーリー性を担う。ボブの矢崎広は線が細いけど、知的かつキュートな造形で憎めないし、ニックのspiもハーフの容姿と長身に、人のいい感じがはまってた。
ほかにオネエのプロデューサーに太田基裕、マフィアのボスに貫禄の阿部裕、フランキーの妻に綿引さやから。たぶん本作には会場が大きすぎるんだろうけど、阿部はさすがに存在感があったな。
ヒット曲の数々は、日本語歌詞にしていて親しみやすい。翻訳は「コペンハーゲン」などの小田島恒志、訳詞は高橋亜子、美術は「近松心中物語」などのお馴染み松井るみ。
あらかじめロビーにお知らせがあって、カーテンコールのメドレーでは聴衆もペンライト(200円)で舞台に参加し、大盛り上がり! 振替なのでタオルも頂きました。あー、楽しかった!

20181110_009

20181110_020

20181110_013

20181110_021

エビータ

ミュージカル「エビータ」  2018年7月
作曲アンドリュー・ロイド=ウェーバー、作詞ティム・ライス、96年にはマドンナ主演で映画化もされた著名作。初の来日公演の、千秋楽に滑り込んだ。演出はハロルド・プリンスによる1978年の初演バージョン。ミュージカルファンが集まった感じの東急シアターオーブ、前のほう中央のいい席で1万3500円。休憩を挟んで2時間半。
愛人の娘エヴァ(エマ・キングストン)が男を利用してモデル、女優へと成り上がり、美貌と弁舌を武器に大衆の人気を獲得。1946年、パートナーのフアン・ペロン(ロバート・フィンレイソン)をついに大統領に押し上げるが、33歳の若さで病に倒れる。なんともドラマチックな人生を、「アルゼンチンよ泣かないで」「ブエノスアイレス」など名曲で描く。
ゲバラをモデルにした無精髭、戦闘服の男チェ(ラミン・カリムルー)が、終始冷めた態度で狂言回しを務める仕掛けが巧い。現実のゲバラはエヴァと接点はなかったものの、ペロン政権で軍医になるのをよしとせず、南米を放浪したという。
初演当時はフォークランド紛争の数年前。ロンドンからみたアルゼンチンのイメージは、軍政の腐敗や弾圧、経済運営の失敗など、問題だらけだったろう。そのせいか戯曲は、エヴァの虚栄心や権力の私物化も赤裸々に描く。だからこそ、プライド高く、力を振り絞って夢を追い、社会を鼓舞する姿が感動的だ。自分の価値観で「遅れている」からといって、他者を見下すことは誰にもできない。
ロックをベースとしたナンバーの中に、タンゴが挟まるのが効果的。「レ・ミゼラブル」などのカリムルーに色気があり、骨太で、耳に残るいかにもミュージカルらしい歌声で舞台を牽引する。イラン生まれなんですねえ。エマは母親がアルゼンチン人とか。クールな美貌で、ハイトーンがとても力強い。タイトロールとしての求心力は今ひとつだったかな。
カーテンコールでカリムルーがベレー帽を客席に投げ入れ、大盛り上がりでした~

20180729_004

20180729_013