オペラ

エウゲニ・オネーギン

エウゲニ・オネーギン 2024年2月

プーシキン原作、チャイコフスキー作曲「オネーギン」で、流麗な音の世界に酔う。リアル鑑賞は2016年、ゲルギエフ指揮のマリインスキー以来。そして今回は、溌剌とした指揮者ヴァレンティン・ウリューピン、タイトロールのユーリ・ユルチュク(バリトン)らがなんとウクライナ出身、ヒロイン・タチヤーナのエカテリーナ・シウリーナ(ソプラノ)ら主要キャストはロシア出身! 盤石の日本人キャスト、東京交響楽団とで作り上げた画期的な舞台で、感慨深い。いまここにある平和。満員の新国立劇場オペラハウス、中段上手寄りのいい席で31000円(解説会、プログラム込み)。休憩1回で3時間強。

若く長身のウリューピンの指揮が、繊細かつ活気があって、弦楽器が甘く切なく、ここぞというところでクラリネットやホルンが際立つ。お馴染みの舞踏会は、タチアーナ家は軍楽隊のワルツ、ポロネーズで素朴に、ペテルブルクで大使を迎えた公爵家ではポロネーズ、エコセーズで都会的。
歌手はそれぞれにアリアを存分に聴かせる。まず目立ったのはライバル・レンスキーのヴィクトル・アンティペンコ(テノール)。声量がピカイチで、2幕オネーギンとの決闘前の「どこへ行ってしまったのだろう」が伸びやか。もう1人のライバル、グレーミン公爵のアレクサンドル・ツィムバリュク(バス)も美声で、3幕でちょこっと出てきて「恋に年齢は関係ない」をたっぷりと。得な役だなあ。対するユルチュクはちょっと押され気味だったけど、個人的にはそこがキャラに合っていて、長身イケメンでもあり、3幕「間違いなく僕は恋をしている」など、説得力があった。
女声陣はなんといってもシウリーナがリリカルで、お馴染み1幕の長大な「手紙の場」や、がらりと貴婦人になった幕切れオネーギンとの二重唱「幸せはすぐそばにあったのに」を表情豊かに歌いきり、妹オリガ役アンナ・ゴリチョーワ(メゾ)の深い声と、いい対照だ。母ラーリナの郷家暁子(メゾ)ら日本人も大活躍。

ドミトリー・ベルトマンの演出は古典的な装置だけど凝っていて、2019年オープニングの初演映像と比べても面白かった。ご一緒したオペラ仲間が「ふぞろいの林檎たちだね」とおっしゃっていた通り、すれ違う男女4人の愚かさ、皮肉屋オネーギンが最も未熟という青春の皮肉が、くっきり伝わる。ロシアと言えばジャムとばかり冒頭、タチヤーナ家に所狭しと自家製ジャムの壺が並び、舞踏会シーンで激昂したレンスキーをなだめようと、オリガが空しくジャムを差し出しちゃったり、決闘シーンで自棄になったオネーギンが、ろくにレンスキーを見もせずに発砲したり。
新国立劇場合唱団が相変わらずのクオリティなうえ、振付も達者にこなす。舞踏会の客全員でオネーギンを一瞥するところとか、ダンサー顔負けの表現力だ。

鑑賞前に加藤浩子さんの解説を伺い、終演後は立会人ザレツキー役のヴィタリ・ユシュマノフさん、郷家さん、さらにご主人で格好良いバスバリトンの河野鉄平さんをお迎えして懇親会も。充実していました!

Img_7666 Img_7671

デッドマン・ウォーキング

METライブビューイング2023-24 デッドマン・ウォーキング 2023年12月

METライブビューイング新シーズンの幕開けは、なんと1995年ティム・ロビンス監督の映画で知られるノンフィクションだ。ジェイク・ヘギーによる2000年のオペラ化作品をMET初演で。2月の「めぐりあう時間たち」がよかったので足を運んだら期待以上、感動の名作でした。
粗野な死刑囚としっかり者の修道女に芽生える深い愛情を、映画音楽のような美しく分厚い響き、時にブルース調の切ないアリアで描く。米国を代表するメゾ、ジョイス・ディドナートが素晴らしく、幕切れのつぶやくような賛美歌「主はわたしたちを集めて」が染みた~ 音楽監督ヤニック・ネゼ=セガン指揮。10月21日の上演で、休憩を挟んで3時間半。椅子が新しくなった東劇で3700円。

舞台は1980年代の南部。シスター・ヘレンは文通するルイジアナ州立刑務所(アンゴラ)の死刑囚ジョセフ(ロサンゼルス出身のバスバリトン、ライアン・マキニー)と面会し、恩赦嘆願から刑執行まで支えていく。
イヴォ・ヴァン・ホーヴェの演出は、前奏曲中の映像で犯行を見せるもの。明示しないもののジョセフの犯行を前提に、自らの罪への恐怖、認め悔いることで得られる心の平穏に焦点を絞っていて、効果的だ。シスターが思わず車を飛ばしちゃって、背後のスクリーンにパトカーの映像が写り、シームレスに警官が現れるシーンが面白く、笑いを誘う。ローレンス・オリヴィエ賞やトニー賞を得たオランダ出身の才人とか。
ベッドやデスクなど装置はシンプル。全体に抽象的で、「真実があなたを自由にする」というテーマと主演ふたりの愛をくっきりと。深夜、教会で苦悩するヘレン、刑務所で腕立てするジョセフが交互に歌うシーンの映像も巧い。大詰め執行のシーンだけがやけに具体的で、ショッキングだったけど。なにせ関係者に公開されてるんだもの。ここは端的に、死刑制度への疑問を提示したのかな。

ディドナートがてきぱきしたおばちゃんから、弱々しさまで表現して、とにかく圧巻。簡素なグレーのワンピースに、すっぴんみたいだし! 対するマッチョなマキニーも大健闘。映画版のショーン・ペンが色っぽく、そりゃスーザン・サランドン惚れるよね、となっちゃうのと比べ、むしろ無骨でとっつきにくい印象なのが説得的だった。
初演でシスターを演じたというベテランメゾ、スーザン・グラハムがジョセフの母で登場して、存在感を発揮。貧しく愚かだけど、切実だ。ライブビューイングでずっと華やかな案内役だったのが信じられません。仲間のシスター・ローズ役、黒人ソプラノのラトニア・ムーアに愛嬌があり、被害者の父オーウェンのロッド・ギルフリー(バリトン)も、揺れる心理を表現していい声。

今季のライブビューイングは本作に続き、「マルコムX」、メキシコオペラと現代物3連発で、新しいファンを開拓する姿勢がくっきり。ゲルブ総裁、すっかりオネエで大人気ネゼ=セガンも、インタビューで今日的テーマを取り上げる意義を強調していた。ひるがえって歌舞伎はアニメ原作やCGのケレン全盛で、それも悪くないけれど、こんな深く大人っぽい表現にも挑戦してほしいものです。
お楽しみ特典映像で、NY州シンシン刑務所での特別公演のドキュメンタリーが流れたのにはびっくり。米国恐るべし。案内役はリアノン・ギデンズ。知らなかったけどフォーク・カントリー歌手で、今年、イスラム系奴隷の生涯を描いたオペラ「オマール」を共作してピュリッツァー賞を得た才媛なんですねえ。

Dsc_1083 Dsc_1093

ノルマ

ボローニャ歌劇場「ノルマ」  2023年11月

実に2011年以来で聴く、ボローニャ歌劇場の来日公演で、気になっていたびわ湖ホール行きが実現。ホワイエから一望できる琵琶湖が素晴らしく、開幕前から気分が盛り上がる。作品はリアルでは初めての、ベッリーニの代表作「ノルマ」。東京公演の評判通り、ベテラン、フォブリツィオ・マリア・カルミナーティのドラマティックな指揮と、主役3人の高水準の歌唱で大満足。大ホールの通路に面した、やや下手寄りで2万9000円。休憩を挟んで3時間。

古代ガリアを舞台に、ドルイド人たちを指導する巫女ノルマ(イタリアのソプラノ、フランチェスカ・ドット)、支配者ローマの総督ポッリオーネ(メキシコのベテランテノール、ラモン・ヴァルガス)、ノルマに仕えるアダルジーザ(気鋭のメゾ脇園彩)の命がけの三角関係。ドットが許されない愛の苦悩と嫉妬、民族の誇りなど、振り幅が大きく音の高低もあるタイトロールを堂々と。木管が高貴な「清らかな女神」から、大詰め告白シーンの長音まで隙なし。
そして、はからずも恋のライバルとなりつつ、ノルマを慕う脇園が、一歩もひかない歌唱に、長身と日本人離れした演技力で実に頼もしい。NYメトのライブビューイングではディドナートが歌った役だものなあ。特に2幕の、声質の違う女性同士の友情の重唱が、聴き応えたっぷり。そんな二人を振り回しちゃうヴァルガスも、ベルカントらしくて安定。

歌手出身のステファニア・ボンファデッリの演出は、ノルマが戦闘服姿という読み替え版。布による転換など、セットが極めてシンプルなのは、予算制約を感じさせるとはいえ、演劇としては悪くない。ただ冒頭から、祈りの森のはずが枯れ木が並び、ゲリラを思わせる殺戮シーンもあって、ショッキング。連日、ウクライナに加えガザ情勢のニュースに触れているだけに辛すぎて、ちょっとオペラに没入できなかったのは否めない。
思えば、もともと設定がオーストリア支配下の北イタリアに重なり、2幕の合唱「戦いだ、戦いだ」はリソルジメント(統一運動)の時代、実はヴェルディ「行け我が思いよ、黄金の翼に乗って」より愛唱されたとか。うーん。

大好きな加藤浩子さんが企画する鑑賞会で、事前に解説を伺い、また終演後の懇親会には、なんとカルミナーティさん、ヴァルガスさん、脇園さんがサプライズゲストで登場。特に脇園さんはプログラムで「世界でいちばん勉強した自信がある」と語っていた通り、しっかり者で、しかも大変気さくで、魅力的なかたでした~ 世界に誇るメゾ、間違いなし。楽しかったです!

Img_5027 Img_5041 Img_5053 Img_5069

 

 

「修道女アンジェリカ」「子どもと魔法」

修道女アンジェリカ/子どもと魔法  2023年10月

新国立劇場オペラの2023/24シーズン幕開けは、プッチーニとラヴェルのダブルビル。「母と子」のテーマは通じる2作だけれど、作風はまるで違う。開幕にしては知名度が低く地味な演目かな、と思ったけど、変化に富んでいて楽しめた。沼尻竜典指揮の東京フィルハーモニー交響楽団が端正で、演出はお馴染み、お洒落な粟國淳。よく入った1Fセンターの、とても良い席で2万6730円。休憩を挟んで2時間半。

「修道女アンジェリカ」はモノトーンの静謐なセットで、鐘の音が印象的。閉鎖的で単調な修道院暮らしのなか、アンジェリカ(イタリアのソプラノ、キアーラ・イゾットン)のところへ、初めての来客がある。叔母の公爵夫人(フランス在住のメゾ、齊藤純子)が、妹の結婚が決まったので遺産を放棄せよ、と言いに来たのだ。7年前に未婚で出産し、家名を汚したことを責められても、アンジェリカは大人しくしているが、その息子は2年前に死んだと告げられて、ついに絶叫。ひとりになると絶望して毒をあおっちゃう。土壇場で自殺は大罪だと気がつき、合唱のなか、聖母マリアに慈悲を乞いながら息絶える。
マリアと息子が現れる奇跡をあえて明示せず、いまわのきわにアンジェリカがみる幻影とする悲しさ。公爵夫人が冷酷なようでいて、立ち去りがたさを見せるなど、それぞれの女性の葛藤を繊細に描く。プッチーニの晩年、「ジャンニ・スキッキ」などと並んで1918年にメトロポリタン歌劇場で初演された三部作のひとつで、宗教を題材にしつつ母の悲痛がリアルに迫ってくる。
大柄のイゾットンが出色。アリア「母もなしに」など圧倒的な声量でドラマチックに舞台を牽引し、大きい拍手を浴びてました。昨年、メトロポリタン歌劇場デビューも果たしたそうです。

「子どもと魔法」は一転、カラフルでキッチュなファンタジー。お母さん(齊藤純子)に小言を言われたやんちゃな男の子(フランスの若手ソプラノ、クロエ・ブリオ)が、周囲のものに当たり散らし、不思議が起きて反撃されちゃう。椅子や柱時計、お茶期器、暖炉の火、本の中のお姫様、算数、猫たち…。でも子どもが庭に出て、けがをしたリスを手当てする優しさをみせると、動物たちが家に連れ帰ってくれ、子どもが「ママ!」と呼んで幕となる。
曲は繰り返しのリズム感に加えて、モダンなラグタイム風、シャンソン風、さらにはオペラのパロディーと賑やかだ。東洋の茶器の歌詞では「ハラキリ、セッシュー」も飛び出しちゃう。1925年初演で評判をとったけど、その後のパリ公演では賛否両論だったとか。
映像を駆使した演出で、小柄なブリオが終始躍動し、チャーミング。河野鉄平(バスバリトン)や青地英幸(テノール)、三浦理恵(ソプラノ)らが、面白いかぶり物で次々登場し、齊藤はシルエットと声だけだけど、こちらでも存在感がありました。

客席には高校生らしい団体も。ホワイエには飯守泰次郎、ステファン・グールド追悼のパネルが。ワーグナーではずいぶん楽しませて頂きました…

Img_4254 Img_4260

 

トスカ

2023年日本公演 ローマ歌劇場 プッチーニ「トスカ」  2023年9月

4年ぶりローマ歌劇場の引っ越し公演で、ご当地を舞台とし、ご当地で初演された定番「トスカ」。ドラマティックなプッチーニの名作を、音楽監督ミケーレ・マリオッティの明晰な指揮で。現代の世界最高峰とも言われるスター、ソニア・ヨンチョヴァとヴィットリオ・グリゴーロが歌いまくって、大満足。劇場らしいイタリアオペラというべきか。東京文化会館大ホール、上手端、前の方で贅沢に5万2000円。休憩2回を挟み3時間弱を長く感じない。

演出・美術は生誕100年で15年ぶりの復活という、ゼッフィレリのもので、スケール大きい正統派。巨大な聖母像があるバロック調の聖アンドレア・デッラ・ヴァッレ教会、天井から肖像画が下がる重厚な警視総監室、そして剣を鞘に収めようとする大天使聖ミカエル像が見上げるばかりの聖アンジェロ城と、すべてが格好良い。古風な衣装、そして人数たっぷりの「デ・デウム」!
主役2人がまた文句なしで、オペラでは日本デビューとなったブルガリアのヨンチェヴァが、子供っぽい我が儘ぶり、プリマの華とプライド、ピュアな信仰心まで、複雑なタイトロールを美しく造形。お待ちかね「歌に生き、愛に生き」は、歌い出しからぐっとひきつける。難しいスカルピア殺しでの、こんなところにナイフが、といった心の揺れも迫真だ。
対するマリオ・カヴァラドッシのテノール、グリゴーロは、ちとやり過ぎとも言われつつ、冒頭の「妙なる調和」から終盤の「星は光ぬ」まで、生粋のローマっ子らしく、輝かしい声で熱く押しまくる。スカルピア男爵、ロシア出身のバリトン、ロマン・ブルデンコは威厳がある一方で、この役にしてはちょっと上品だったかな。なにせもしかしたらオペラ史上最大の嫌らしい役だものね。

カーテンコールではグリゴーロが客席から花束をもらったり、前評判通りのはじけまくり~ 幕間に経営者、国際政治学者やエコノミストの知人と、たくさんお話できて、楽しかったです!

Img_4089 Img_4084 Img_4085

リゴレット

リゴレット 2023年6月

いわずとしれたヴェルディの傑作を、充実のキャスト、スタイリッシュな演出で。新国立劇場オペラハウス、前の方のいい席で、事前解説会・パンフレットを含め2万8000円。休憩1回を挟み2時間半。

タイトロールのロベツオ・フロンターリ(バリトン)がベテランらしく、2幕「悪魔め、鬼め」などで複雑な恨み、後悔を知的に歌い、娘ジルダのハスミック・トロシャン(アルメニアのソプラノ)が1幕「慕わしいお名前」などがなかなか可憐で、技巧もたっぷり。なんといっても今回は、最低男マントヴァ公爵のイヴァン・アヨン・リヴァス(ペルーのテノール)が、小柄だけど若々しくて愛嬌があり、伸びやかな声で、これからを期待させた。スパラフチーレのお馴染み妻屋秀和さん(バス)が安定し、3幕の多彩な重唱も楽しめた。マッダレーナは清水華澄。
指揮マウリツィオ・ベニーニは躍動感があって、後半の盛り上がりも十分。ただ、歌手とのバランスが今ひとつだったかな。東京フィルハーモニー交響楽団。

今回は新国10年ぶりの新制作で、スペインのエミリオ・サージ演出版。全体に伝統的ながら、一部の衣装はモダン。中央の四角く傾斜のあるステージで、華やかな饗宴を繰り広げる。上手に奥から細い廊下を重ねて、その上を貴族たちが闊歩し、一段低い周囲に群衆、といった高低差が面白い。照明が暗すぎるという声もあったけど、改めて権力者への批判や虐げられた者の悲憤をオペラに取り入れたドラマ性が際だった。スパラフチーレと妹を恋人関係に設定して、大人っぽさも。

終演後に懇親会があり、サプライズゲストをまじえて、とっても贅沢な一日。めちゃ楽しかったです!

Img_0624 Img_0633

 

タンホイザー

タンホイザー  2023年2月

ワーグナーが楽劇に踏み出した1845年初演の人気作を、お馴染みヘルデンテノールのステファン・グールドが、昨夏のバイロイトでも歌ったというタイトロールで聴かせる。指揮はブエノスアイレス出身の若手アレホ・ペレス、オケは東京交響楽団。新国立劇場オペラパレスの前のほう、プログラムや解説会とセットで2万8000円。休憩2回を挟んで4時間強。

1幕、禁断のヴェーヌスベルクはオケがちょっとまったりした感じだったけど、ヴェーヌスのエグレ・シドラウスカイテ(リトアニアのメゾ)が甘美。2幕は舞台がテューリンゲンに転じて、エリーザベトのサビーナ・ツヴィラク(スロヴェニアのソプラノ)による殿堂のアリアから、テンションがアップし、合唱「大行進曲」でスペクタクルになだれ込む。
3幕が圧巻で、エリーザベトの祈りに始まり、ヴォルフラムのデイヴィッド・スタウト(イギリスのバリトン)がハープを従え、夕星の歌を朗々と。そしてお待ちかね、タンホイザーの複雑長大なローマ語り。あれよあれよと奇蹟のフィナーレとなりました~

伝説上のタンホイザーは、型破りな作曲家自身を投影しているのに対し、真面目なヴォルフラムのほうは実在した有名なミンネゼンガー(騎士歌人)なんですねえ。ベーヌスがビーナス、すなわちキリスト教以前の存在なのに対し、テューリンゲンのヴァルトブルク城が実在の世界遺産で、ルターの宗教改革ゆかりだとか、背景を習うとより面白い。

歌手は「リング」などで聴いてきたグールドはじめ、粒ぞろい。なかでも余裕たっぷりのスタウトが印象的だった。もうけ役の牧童で新国立劇場合唱団メンバーのソプラノ、前川依子が拍手を浴びてました。プロダクションは2007年初演のハンス・ペーター・レーマンの演出で、4度目の上演、私が観るのは3回目。透明な柱が美しくて好きな演出だけど、そろそろ新演出も、という感じかな。

Img_8024

METライブビューイング「めぐりあう時間たち」

METライブビューイング2022-23 めぐりあう時間たち  2023年2月

マイケル・カニンガムの小説で1999年ピュリッツァー賞、映画版で2002年にアカデミー主演女優賞を獲得した原作を、ケヴィン・プッツがオペラ化。しかもルネ・フレミング(ソプラノ)、ケリー・オハラ(ソプラノ)、ジョイス・ディドナート(メゾ)の三大歌姫が競演とあってワクワク。
「ダロウェイ夫人」をモチーフに80年の時をへて、3人の女性それぞれの転機となった一日が重なる。視覚的な同時進行の妙と、響きあう音楽が物語を雄弁に表現し、ラストの三重唱に思わず涙。音楽監督ヤニック・ネゼ=セガンが指揮、グレッグ・ピアスが台本を書き、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー「となりのトトロ」をヒットさせたフェリム・マクダーモットが演出と、なにからなにまで刺激的だ。2022年12月10日の上演。新宿ピカデリーで3700円。休憩1回を挟み3時間20分。

登場するのは、1923年イギリスに生きる不安定な作家ヴァージニア・ウルフ(ディドナート、映画版はニコール・キッドマン)、1949年ロサンゼルスで「ダロウェイ夫人」を読む平凡な主婦ローラ・ブラウン(オハラ、映画版はジュリアン・ムーア)、そして1999年ニューヨークでエイズの元恋人を世話するジャーナリスト、クラリッサ・ヴォーン(はまり役のフレミング、映画版はなんとメリル・ストリープ)。それぞれに行き詰まりを感じ、許されない恋心と死の誘惑を思い、それでも生きていくことを歌い上げる。

音楽は場所と時代に合わせて、時にジャズ調だったり多彩。歌手が期待通り聴かせる。特に大詰めのオハラの真に迫る表情は、さすがミュージカル女優。ほかにクラリッサのパートナーにきびきびしたキャスリーン・キム(韓国系米国人のソプラノ)、元恋人に艶っぽい声のカイル・ケテルセン(米国のバスバリトン)。

花束いっぱいの生花店やキッチンが色鮮やか。ディドナートの周りの手紙を書く女性たち、そしてマンハッタンの雑踏などのアンサンブルの見せ方も美しい。
案内役の女優クリスティーン・バランスキーがゲルブ総裁らにインタビュー。

2022喝采づくし

いろいろあった2022年。エンタメを振り返ると、やっぱり特筆すべきはコンサートで、ドームを巨大ディスコに変えたブルーノ・マーズ、そして年末のピアノ一台の矢野顕子。全く違うジャンルだけど、どちらもライブのグルーブを存分に味わいました。

そしてようやく実現した、團十郎襲名の「助六」。いろいろ批判はあっても、この人ならではの祝祭感が嬉しかった。ほかに歌舞伎では「碇知盛」の菊之助、梅枝が頼もしく感じられ、初代国立劇場さよなら公演がスタートした文楽「奥州安達原」は玉男、勘十郎、玉助らが揃って充実してた。

オペラは新国立劇場で意欲作が多く、なかでもバロック初体験のグルック「オルフェオとエウリディーチェ」の、音楽、演出両方の端正さが忘れがたい。ともに読み替え演出のドビュッシー「ペレアスとメリザンド」、ヘンデル「ジュリオ・チェーザレ」も洒落ていた。問題作「ボリス・ゴドゥノフ」は衝撃すぎたけど… クラシックの来日ではエリーナ・ガランチャの「カルメン」が格好良かった。

演劇は野田秀樹「パンドラの鐘」、トム・ストッパード「レオポルトシュタット」が、それぞれ今の国際情勢に通じるメッセージ性で突出していた。井上ひさし「紙屋町さくらホテル」やケラ「世界は笑う」の「表現すること」への情熱や、ともに2人芝居だった温かい「ハイゼンブルク」と不条理をねじ伏せる「建築家とアッシリア皇帝」、そして相変わらずひりつく会話劇の岩松了「クランク・イン!」などが心に残った。

語り芸のほうでは期せずして、喬太郎と三三で「品川心中」を聴き比べ。どちらも高水準。一之輔の脱力も引き続きいい。講談の春陽「津山の鬼吹雪」も聴きごたえがあった。

これからも、のんびりエンタメを楽しめる日々でありますよう。

ボリス・ゴドゥノフ

新国立劇場開場25周年記念公演 ボリス・ゴドゥノフ  2022年11月

プーシキンの原作をもとに、ムソルグスキーが17世紀ロシアの王位簒奪を描いたオペラ。ポーランド国立歌劇場との共同制作なんだけど、4月のワルシャワ世界初演は情勢にかんがみ中止、東京公演もタイトロールはじめロシアの歌手4人が軒並み来日を中止した、いわく満載の上演だ。クラシック界の反ロシア機運をふまえ、事前のトークイベントでは亀山郁夫名古屋外国語大学長が「勇気ある試み」と評していた。
そういう事情よりなにより、足を運んでみると、映画も手がけるポーランドのマリウシュ・トレリンスキの演出がなんとも陰惨で、現実と重なって拍手をためらうほどの衝撃。なにしろ冒頭から防護服の軍隊を登場させ、暴虐ぶりを容赦なく描いていく。人はかくも残酷だというリアル。勇気ある大野和士芸術監督の指揮、東京都交響楽団。新国立劇場オペラパレスのかなり前の方、中央のいい席で2万4750円。休憩2回を挟み3時間半。

ゴドゥノフ(ギド・イェンティンスが抑えめに、ドイツのバス)は16世紀末「動乱時代(スムータ)」の皇帝で、幼い皇子をなきものにして摂政から成り上がった。その忌まわしい過去に心を蝕まれ、娘クセニア(お馴染み九嶋香奈枝、ソプラノ)らのいたわりも届かない。対立する高僧ピーメン(ゴデルジ・ジャネリーゼが堂々と、ジョージアのバス)の策謀で、隣国ポーランドに王統を僭称する修道士グリゴリー(工藤和真が憎たらしく健闘、テノール)が現れ、大衆をあおってついにゴドゥノフを葬る。

救いのない憎悪の連鎖が重い。障害をもつ息子フョードル(舞台裏でメゾの小泉詠子)と聖愚者(同じくテノールの清水徹太郎)が、弱くピュアな存在としてゴドゥノフと対峙する。ともに舞台上は、ポーランドの女優ユスティナ・ヴァシレフスカが黙役で熱演。民族音楽や東方教会の聖歌の要素、分厚い合唱など聴きどころも多いそうだけど、正直、あまり気が回らなかったな。美術は四角い箱やカメラも使用。
ホワイエでオペラ好きの知人夫妻と遭遇。ショックを分かち合いました~

Img_6211

 

 

より以前の記事一覧