浄瑠璃

一中節「辰巳の四季」「お夏笠物狂」「小町少将道行」「唐崎心中」「小春髪結之段」

初世都一中没後300年記念 一中節演奏会 2024年2月

江戸三味線音楽の源流(古曲)、一中節のホール演奏会に初参加。初世一中は琴の八橋検校や竹本義太夫、近松、芭蕉、尾形光琳と同時代に生きた教養人だそうで、いろんな文化とのつながりが興味深い。都一中、了中以外の出演は女性で、演技はなくお辞儀も軽く、粛々と進むのがちょっと不思議。お弟子さんたちが集まった感じの紀尾井小ホール、自由席で5000円。休憩を挟んで2時間。

まず了中さんの明朗な解説があり、原点の「辰巳の四季」から。浄瑠璃は渋く一中。「春霞たなびきにけり久方の」と、いにしえの紀貫之の和歌に始まり、京の辰巳(南東)にある宇治の景観、「吸いつけ煙草、雲をふき」など住民の暮らしぶりを語る。終盤、一上がりになって「おさまる国こそ久しけれ」と結ぶ。スケールが大きいなあ。
いったん幕が降りて「お夏笠物狂」。浄瑠璃は一みき、一翠。箱入り娘お夏と手代清十郎の許されない恋ですね。文楽では1962年に「五十年忌歌念仏」笠物狂の段(舞踊)のみ復活されたそうで、2012年に聴いたことがある。義太夫と違って一中節では、古典文学全集にある近松の原文のまま、初世の曲を今も演奏しているそうです。「むかひ通るハ清十郎じゃないかいの 笠がよく似た菅の小笠が」「小舟つくりておなつをのせて 花の清十郎に櫓をおさしょへ」。誤って同僚を殺め、逃亡した清十郎を追って、町をさまようお夏。愚かさが哀れです。
一転、雅びになって「小町少将道行」。いい声の了中の浄瑠璃を、一中の三味線が支える。絶世の美女・小野小町に恋した深草少将が、百夜(ももよ)通いの九十九日目に力尽きで亡くなっちゃうという、世阿弥が能「卒塔婆小町」で描いた物語。「千載集」で和歌を確立した藤原俊成の幽玄体にも通じる、音の消えたあとの空白を楽しんでほしいと。高度過ぎ~

休憩の後、一中さん登場。装束は京都明福寺に残る初世の絵姿に似せてみた、浄瑠璃と三味線の丁々発止は、俵屋宗達の金銀泥の鶴の上に、本阿弥光悦が和歌を「散らし書き」した重文「鶴下絵三十六歌仙和歌巻」のようなもの、YOASOBIは母音が聴きやすく古典に通じる…と相変わらず縦横無尽です。そして「小いな半兵衛唐崎心中」。浄瑠璃は静岡在住で保存会員(重文の構成員ですね)の一桜で、70代と思えない重厚さがさすが。三味線は一中がリードし、邦楽一家で清元・長唄の名取でもある一志朗と。昨秋に旅行した琵琶湖畔の近江八景を織り込んでいて、流麗。漱石「三四郎」にも登場する曲なんですねえ。
ラストは「小春髪結之段」。浄瑠璃は一すみ(イサム・ノグチやクラシックの細川俊夫と交流があり、チェロのヨーヨー・マと共演したこともある琴奏者、川村京子さん)、三味線はもちろん一中。名作「心中天の網島」の一場面で、近松が初世のために書き下ろしたのでは、とのこと。文楽では3回観ていて、「時雨の炬燵」で身をひく妻おさんが印象的な演目だけど、このシーンは遊女・小春が主人公。毎日髪を結っているお綱が、無言のうちに紙屋治兵衛と心中する決意を察して、それとなく諭す。「かならずあんじてくだんすな」と、色っぽくも緊張感が漂う。

知人がデザインしているプログラムの、詞章の文字が素敵。「シンポジオン」シリーズで会うかたがた、金融界大物ご夫妻の姿も。

Dsc_1156

一中節「姫が瀧四季の山めぐり」「道行三度笠」

第九回都了中の会  2024年1月

 一中節都派家元、都了中の会に初参加。伸びやかな浄瑠璃、都一中の優雅な中棹三味線、そして楽しい解説を堪能する。加賀料理の赤坂浅田で、座敷に一部座椅子、椅子を置いての80人ほど参加の演奏会。終演後の会食を含め2万円。
能の山姥ものをベースにした「姫が瀧四季の山めぐり」は、没後300年という初世都一中の詞章、先代一中(11世)の作曲。都で山姥を題材に舞っていた遊女が、善光寺詣の山中で日が暮れ、女に宿を貸してもらうと、それが本物の山姥で… 山の四季と、めぐりめぐっていく生死の表現が美しい。
休憩の後は「道行三度笠」。ご存じ近松門左衛門「冥途の飛脚」から、死罪を覚悟した梅川・忠兵衛が新口村へと落ちていくくだりで、初世の弟子の都半中、のちの宮古路豊後掾(みやこじ・ぶんごのじょう)の作曲。郭の相合炬燵といったたとえの色っぽさと、藤井寺、富田林から竹内峠へ、追い詰められた嘆きが交錯する。三度笠って渡世人のイメージだけど、江戸・京都・大阪を月3で回る三度飛脚がかぶっていたんですねえ。

一中節は江戸浄瑠璃の源流で、京の僧侶だった初世が還俗して、座敷芸として始めたもの。歌舞伎舞台に進出して人気を博し、稽古事となって江戸で大流行した。落語にも登場します。弟子の宮古路豊後掾が独立して豊後節を興し、宮古路文字太夫が常磐津節を、さらに一派の宮古路加賀太夫が新内節を、清元延寿太夫が清元節を興したというから、まさに音曲のルーツ。豊後掾はあまりに扇情的な芸風で吉宗に弾圧されたとか、髻を高く結う「文金風」を流行らせたファッションリーダーだったとか、逸話も豊富だ。
お父上の一中さんの博覧強記には驚くけど、了中さんもなかなかどうして。「私はアメリカ合衆国大統領の資質を完璧に備えている。第1に抜群の記憶力、第2に、えーと何だっけ」とレーガンお得意のつかみネタから、一中節と演目を解説。言霊がもたらす幸せをうたった柿本人麻呂「しきしまの大和の国は 言霊の 幸(さき)わう国ぞ ま幸(さき)くありこそ」を引用したり、大倉喜八郎から贈られた見台を紹介したり。飛鳥から江戸、明治まで、なにせ邦楽の世界は深いです!

演奏会で歌舞伎・文楽友達とおしゃべりし、地下の掘りごたつ式の座敷に移って、希望者15人ほどの食事会も。充実してました~

Img_7120_20240120073701 Img_7128_20240120073701 Img_7133_20240120073701 Img_7124

 

一中節「松羽衣」「姫が瀧四季の山めぐり」

一中節「松羽衣」「姫が瀧四季の山めぐり」の会  2016年11月

縁あって重要無形文化財、一中節を聴きに。当代12世一中さんと尾上墨雪さんによる会だ。すがすがしい国立能楽堂能舞台の上手寄り正面、前のほうで5000円。休憩をはさんで1時間強。

まず謡曲にちなみ、5世作曲による「松羽衣」。女性陣の一桜、一光、一菊が並んで浄瑠璃、三味線は一中さん、楽中、勝中。三保の松原の天女は可憐にお嬢さんの尾上紫、漁師伯龍が墨雪さん。
休憩後は11世復曲の「姫が瀧四季の山めぐり―山姥―」。墨雪さんが四季折々自然とたわむれ、徐々に年老いていく女を舞う。息子さんの了中さんが浄瑠璃。一中節は三味線と浄瑠璃、両方手掛けるとか。扇面は朝倉摂。シンプルな舞台に、一本確かな筋が通っていて、伝統芸能のベースの一つを観る思いです。

一中節は中棹で優雅。京都発祥、江戸で大流行し、常磐津など三味線音楽の源流となったそうだ。当代は歌舞伎座の常磐津立三味線(主席奏者)も経験。また墨雪さんは6代目菊五郎が創立した日本舞踊・尾上流の先代家元とあって、客席には大物の女優さん、綺麗どころや経済人の姿も。出口ではお二人がお客さんをお見送り。華やかですねえ。

1479722291246