文楽

文楽「壺坂観音霊験記」

文楽令和2年 第四部 文楽入門  2020年9月

2月以来、本当に久々の文楽公演。初日の後半と、鑑賞するはずだった2日目がスタッフの発熱ということで急遽休演になるハプニングがあったものの、別の日に振り替えてもらって無事、第四部の文楽入門に足を運んだ。ブランクを乗り越え、伝統の継承を祈る気持ち。
国立劇場小劇場は市松模様の客席はもちろん、太夫が語る床の近くの席はすべて販売対象外。ソーシャルディスタンスの目印が足袋のイラストで可愛い。床本もついた簡単なパンフを無料配布していた。前のほう、上手寄りの席で4500円。1時間。

冒頭に亘太夫の淀みない解説があり、「壺坂観音霊験記」。西国三十三所六番札所の壷阪寺(奈良県高取町)が舞台で、初演は明治12年。初めて見るけど、登場するのはほぼ夫婦だけとシンプルながら、文楽には珍しくハッピーエンドでスカッとする。沢市の地唄、本堂でのご詠歌と、音楽が変化に富んでいて飽きさせないし、幕切れに人形が全身で弾けさす喜びに、舞台再開の思いも重なって爽快だ。
床は前「沢市内」が聴きやすい靖太夫、錦糸がきびきび。後「山の段」は宗助の豊かな三味線にのせて、錣大夫が情感をこめる。ツレは燕二郎。
座頭沢市(玉助)は病気の引け目から、毎日明け方に家を抜け出す妻お里(清十郎)の浮気を疑う。実は夫の眼が治るよう、観音様に通っていたと明かされるものの、それほど祈願しても治らないなら、と沢市の落胆は深まる。屈折していじけた心情が、なんだか現代的だなあ。「三つ違いの兄様と…」の有名なお里の嘆きで、幼馴染とそのまま結婚したお里のごくごく限定された日常、だからこその素朴な思いを切々と表現。三味線や針仕事の、細かい人形の動きも絶妙だ。
セットが変わって夜の山道。お里に励まされて寺を訪れた沢市は、ひとりこもって祈願する、とお里を帰す。ところが祈願どころか、自分がいないほうがお里のため、と谷に身を投げちゃう。胸騒ぎに、慌てて引き返してきたお里も、残された杖、沢市の亡骸を見つけて後を追う。すると雲間から光が差し、岩陰から眩しいキンキラ観音さま(勘介)が登場、感心な二人の寿命を伸ばす、と宣言するびっくりの展開。夜明けの鐘とともに、夫婦は息を吹き返し、なんと眼も治って喜び合う。

大ヒットして、浪曲にもなった演目なんですねえ。別の部では呂勢太夫が療養から1年ぶりに復帰。休演した咲太夫も後半、出演したそうで、まずは一安心です。黒衣ちゃんマスクがお茶目で、思わず購入。
20200914-002 20200914-010 20200914-009 20200914-015 20200914-008


文楽「新版歌祭文」「傾城反魂香」「傾城恋飛脚」「鳴響安宅新関」

第210回文楽公演  2020年2月

2020年初の文楽東京公演はお馴染みの演目が並んだ。まず第2部を鑑賞。歌舞伎とは違った、独特の愛嬌と音楽性を楽しむ。竹本津駒太夫改め六代目錣太夫の襲名披露ということで、開演前のロビーでご本人から、プログラムにサインを頂きました。80年ぶりの名跡復活なんですねえ。国立劇場小劇場で6400円。
近松半二「新版歌祭文」野崎村の段は、端場「あいたし小助」から。床が充実で、前は朗々と聞きやすい織太夫・清治、切は渋く緻密な咲太夫・燕三。人形は前半はコミカルなドタバタで、おみつ(蓑二郎)は祝言の支度でウキウキしたかと思うと、現れたお染(清五郎)に激しく嫉妬、一方の久松(玉助)はお染が気になって養父・久作(勘壽がどっしり)にメチャクチャな灸をすえちゃう。そんな子供っぽいおみつが後半で一転、髪をおろす決断が健気だ。悲劇なのに、段切れはツレの燕二郎が入って華やかな演奏となる。この作劇が鮮やかだなあ。

休憩後は襲名披露狂言の「傾城反魂香」土佐将監閑居の段。珍しく床での口上で、呂太夫さんがまさかの「おいど」エピソードで笑わせる。新・錣さんが生真面目な雰囲気だけに可笑しい。舞台は奥で、主役の錣太夫・宗助登場し、ツレで勘太郎ちゃんが加わる。名を求める実直な又平(勘十郎)のお話は、錣さんに重なる、というチョイスかな。2012年にキング住太夫さんで聴いているだけに、ちょっと物足りない気がしたものの、終盤になって又平が突如、早口言葉をしゃべっちゃうテンポの良さ、明るさがいい。妻のおとくは清十郎、土佐将監に玉也、奥方に文昇とベテランが並び、修理之介は玉勢。

1週おいて第3部も、前のほう中央のいい席で、6400円。「傾城恋飛脚」新口村の段は、奥を手堅く呂太夫、清介で。文楽だけでも4回目の鑑賞だけど、席が良かったせいか、格子越しの邂逅が運命を感じさせる秀逸なセットで、梅川(勘彌)のかいがいしさ、父孫右衛門(玉也)の悲哀が際立つ。ラストは能をベースにした「平沙の善知鳥血の涙、長き親子の別れには」の絶唱、激しい撥、凍てつく雪、そして孫右衛門は羽織を頭からかぶっちゃう。ドラマだなあ。忠兵衛は玉佳。

休憩後はお楽しみ「鳴響安宅新関」勧進帳の段。思えば文楽では2014年、キング住太夫引退興行のときに観て以来。今回は玉助さん初役の富樫に大注目。終盤、松羽目が持ち上がって、広々した海辺の松となってからの、「富樫の晴れやかさ」が印象的だ。大詰めで義経が笠をとって挨拶して、初めて富樫は義経と確信するけど見逃す、というのが正解だけど、場面転換ですでに「義経であっても」という気持ちが感じられる気がする。
もちろん、晴れやかさはそこに至るまでの、厳しいせめぎ合いがあってこそ。弁慶は極めつけ玉男がハードワーク。左の大活躍・玉佳、足の玉路も出遣いなので、動きの激しさが如実にわかる。床は太夫7人三味線7挺であふれんばかり。弁慶の藤太夫が大熱演、富樫の織太夫が朗々と歌い上げ、藤蔵、清志郎らが受けて立つ大合奏。充実してました。

劇場の前庭は梅が盛り。いい香りでした。

20200211-013 20200211-019 20200211-009

文楽「一谷嫩軍記」

第209回文楽公演  2019年12月

12月恒例、中堅を応援する公演に足を運ぶ。並木宗輔の遺作「一谷嫩軍記」で、いよいよ玉助さんが大役・直実とあって感慨深い。太夫は引き続き、奮起を期待。国立劇場小劇場、中央の前の方で6400円。休憩を挟んで4時間半。
「熊谷陣屋」は歌舞伎で数回、文楽でも2回観たことがあるけど、今回は「陣門の段」からの上演で、経緯がよくわかる。冒頭の直実が手傷を負った一子・小次郎(一輔)を救出するところで、敦盛と入れ替わるんですねえ。敦盛のフィアンセ玉織姫が、横恋慕した平山の手にかかっちゃう「須磨浦の段」をへて、「組内の段」。謡ガカリに始まる厳かさのなかに、直実が敦盛、実は身代わりの我が子を討つという、悲壮なシーンだ。小さい人形が遠方の人物を表すといった仕掛けも面白い。
「熊谷桜の段」で制札のフリがあり、いよいよクライマックス「熊谷陣屋の段」へ。二人の母、石屋、実は因縁ある平家の武将が登場し、ジェットコースターのように事態が展開していく。変転するそれぞれの運命が、まさに無常。玉助さん大活躍です。織太夫・燕三、靖太夫・錦糸のリレーで、さすがに安定し、人形も相模に勘彌、藤の局に蓑二郎、義経に玉佳となかなか見ごたえがあった。
伝承の敦盛塚や制札、青葉の笛が、須磨に現存しているというのも興味深いです。いつか見たいもんですね。ロビーでは勘十郎さんらが、台風19号被害への義援金を募ってました。

20191214-008 20191214-011

文楽「心中天網島」「嬢景清八嶋日記」「艷容女舞衣」

第208回文楽公演  2019年9月

豊竹咲太夫の人間国宝認定が話題の文楽公演。第一部、第二部とも蒸し暑さの残る半蔵門、国立劇場小劇場で7300円。勘十郎、玉男ら充実の人形陣が引っ張り、千歳太夫、藤太夫、呂勢太夫、織太夫が初役も含めて奮闘する。
まずは初日の第一部、咲太夫が著書も出している得意の「心中天網島」を、下手寄り後ろの方で。
言わずと知れた近松晩年の名作だ。2013年に観たときも感じたけど、夫の愛人を思って、なんとか心中を止めようとする妻の悲劇が、不条理でクールなほど。そして勘十郎さんの遣う人形がとにかく情けなくて、もう仁左衛門にしか見えないという、なかなか稀有な体験をしました!
導入の北新地河庄の段は軽快な「口三味線」のあと、奥を呂勢太夫・清治で華やかに。「魂抜けてとぼとぼうかうか」現れた治兵衛(勘十郎)が、小春(和生)に愛想尽かしされたと誤解してからの、怒りやら後悔やら未練やら、心理描写が複雑できめ細やか。ヤケッパチで弱くて浅はか、だからこそ切ないんだなあ。一方、治兵衛を生かそうとする小春の真意を悟って、すべてを飲み込む兄・孫右衛門(玉男)がでかい。
休憩を挟んで、天満紙屋内の段は後半が渋く呂太夫・團七。女房おさん(勘彌)が、小春の身請け情報で立腹するものの、自害の覚悟を察して一転、治兵衛に対抗身請けを迫っちゃう。「箪笥をひらりととび八丈」の着物尽くしに、切迫感と悲哀がある。続く大和屋の段でいよいよ咲太夫・燕三。声は細くなっちゃったけど情感たっぷりだ。案じる兄と倅を、物陰から見送る治兵衛。どうして引き返せないのか。
そんな悲劇でも、ラストは音楽的になるのが文楽の凄いところ。道行名残の橋づくしは、5丁5枚の床と大掛かりなセットで締めました。

翌2日目の第二部は、前の方中央のいい席で。
初めて観る「嬢景清八嶋日記(むすめかげきよやしまにっき)」が悲劇性たっぷりで、聴き応え、見応え十分だ。「景清もの」なのに勇猛ではなく、頼朝暗殺に失敗して両目を失い、零落してからの後日談で、一見「俊寛」風。けれど侘しさや焦燥よりも、時代に翻弄される運命の非情が迫ってくる。
冒頭の花菱屋の段は軽妙。駿河国手越宿、今の静岡市にある賑やかな遊女屋が舞台で、立端場というのだそうです。計算高く、コミカルな女房(文昇)が魅力的だ。機嫌を損ねてふて寝しちゃったりして、癖の強さはまるでレ・ミゼラブルのテナルディエ夫人。でも結局は、信心深い主人(玉輝)とともに、身売りしてきた景清の娘・糸滝(蓑紫郎)にほだされ、二歳で生き別れた父・景清の元へと送り出す。織太夫・清介がテンポよく。
眼目の日向嶋の段は宮崎県の海辺に飛び、さいはてのイメージか。千歳太夫・富助がいつも通りの熱演だ。女性・子供の発声はもう一歩だけど。謡曲を意識して、舞台前方の手摺は珍しい青竹。義太夫屈指の大曲とのことで、重厚な謡ガカリや狂言ガカリがまじる。
ひっそり重盛を弔う景清(玉男)は、平家の英雄のプライドと、いまや物乞いという寂寥が交錯して、なんとも複雑。糸滝(可愛い簑助)になかなか会おうとしないもどかしさ、娘と知ってからの激しい慟哭、身売りまでさせちゃった現実を突きつけられてからの価値観の崩壊と、振れ幅が大きい。主君清盛は非道、敵だった頼朝に仁義があるというこの世の矛盾。この役にしか使わないという赤い目のかしら「景清」に迫力がある。ラストは解き放たれたように、鎌倉の隠し目付の勧めで上洛の船に乗り、位牌を海に流しちゃう。救いと無情。

休憩のあと、 最後は再び心中もので、お馴染み「艶容女舞衣」。酒屋の段は前で藤太夫・清友、奥は津駒太夫・藤蔵。茜屋を舞台に、愛人・三勝(手堅く一輔)が幼子を託し、出奔した夫の半七を思い続ける妻お園(清十郎)、お園を拒絶する舅半兵衛(玉志)が痛切だ。
大詰めは道行霜夜の千日。東京では1975年以来で、珍しい上演だ。焼場、獄門台と実に陰惨なシチュエーションで、半七(玉助が色っぽく)と三勝が死を選ぶ。水掛不動で知られる法善寺(千日念仏から千日寺とも)あたりなんですね。盛りだくさんでした~


20190907-005_20190915091101 20190907-002

文楽「妹背山婦女庭訓」

第二〇七回文楽公演 2019年5月

令和最初の文楽東京公演は、王代物で通し狂言「妹背山婦女庭訓」。2016年に大阪で通しを観たけど、今回はさらに、98年ぶりの復活となる「大序」も加わった。1部が休憩2回で4時間半、2部が同じく休憩2回で5時間半弱と、演者はもちろん観客も体力勝負の、まさに大曲です。今回は特に、山の段で豊かな音楽性を味わった印象。それぞれ7300円。
まず1部は中ほどの席で。大序・大内の段は呂勢太夫・藤蔵による復曲だ。蘇我蝦夷、大判事、定高、鎌足ら主要人物が紹介される。太夫・三味線が黒御簾でリレーし、人形は若手中心に黒衣で。
続く、実に凛々しい久我之助(初役で玉助)と、雛鳥(蓑紫郎)の馴れ初めは下世話で明るいけれど、後の悲劇を知る観客の目には運命的に映る。盲目の天智帝(勘彌)が漁師芝六(玉也)のあばら家に身を寄せるミスマッチの可笑しさを挟んで、二段目へ。前半の聴きどころ・芝六忠義の段は、咲太夫・燕三が哀愁を込めて。国家大事の鎌足(勘十郎)の深謀遠慮に、振り回されちゃう芝六親子が気の毒過ぎ。2部の導入となる三段目太宰館の段は、文司の入鹿。

日を改めて、2部を鑑賞。下手に特設された床のすぐ前という、貴重な席で、いきなり全段のクライマックス・妹山背山の段。太夫の世代交代が頼もしい。特に妹山は呂勢太夫、織太夫の競演で艶やか。三味線は清介、清治、雛流しの琴は清公。対する背山では豊竹藤太夫が、抑制が効いていい味わいだ。竹本文字久太夫からの突然の改名にはびっくりしたけど、何か肩の力が抜けて、いい感じではないでしょうか。リーダーの千歳太夫も好きなんだけど、ちょっと力みが目立ったかな。三味線は藤蔵、富助が重厚に。人形は久我之助の玉助が、よく我慢しました! 大判事・玉男、定高・和生、雛鳥は簑紫郎から後半は簑助と、まさに盤石。
四段目は可愛そうなお三輪をつかう、勘十郎のオンステージだ。娘らしい一途さと、爆発する感情の激しさに目を奪われる。橘姫は一輔、残酷な求馬・実は淡海は清十郎、豪傑の鱶七・実は金輪五郎は玉志。眼目の金殿の段は、幸い病気休演から復活した呂太夫・團七が渋く〆ました。
運命に翻弄される、ちっぽけな人間たち。ロビーには文楽ファンのエコノミストの姿も。いやー、お疲れでした!

20190518-002

 

文楽「鶊山姫捨松」「壇浦兜軍記」

第206回文楽公演 第3部  2019年2月

2019年の文楽はじめは、充実の第3部へ。85歳の人間国宝・吉田簑助、65歳の桐竹勘十郎師弟が圧巻だ。イジメられる女の物語ながら、結末は痛快で気分がいい。満員の国立劇場小劇場の、中央あたりで6000円。休憩を挟み2時間半。
まず珍しい「鶊山姫捨松(ひばりやまひめすてのまつ)」中将姫雪責の段。並木宗輔の1740年初演作。奈良・当麻寺(たいまでら)の「当麻曼荼羅」を蓮糸で織り、20代で女性として初めて成仏を遂げたという「中将姫伝説」に基づく。折檻シーンがあんまりなんだけど、祈る女・姫の聖女ぶりが際立って見ごたえがある。
時は奈良時代。善玉・天皇サイドの右大臣・豊成とその娘・中将姫、女房桐の谷と、悪玉で長屋王子を担ぐ大弐広嗣と姫の継母・岩根御前、女房浮舟が対立している。冒頭は派手な舞踊風で、靖太夫・錦糸が明朗に。桐の谷(一輔)と浮舟(紋臣)が姫の手紙を巡って喧嘩となり、なんと紅白の梅の枝で打ち合い、長い巻物を広げるのが面白い。
セットが転換すると雪景色の庭。現実世界の寒波襲来とあいまって、寒さがひしひしと。もっとも床は、奥の千歳太夫・富助が熱い。
岩根(箕二郎、カシラは口が開く八汐)たちは仏像盗難の詮議と称し、赤姫姿が可憐な中将姫(簑助)をひったててくる。説経節をバックに、簑助さんが達者に遣っていて拍手。奴2人が割竹で、妙にリズミカルに姫を打ちすえる。残酷なんだけど、姫は襦袢に素足ながら品位を保ち、ひたすら読経を願う。御簾内から胡弓の音が重なり、奴も思わず涙。暖を取りつつ眺めていた岩根は業を煮やして自ら折檻し、姫が息絶えたと見るや、さっさと立ち去っちゃう。しかしこれは姫の演技。桐の谷と浮舟も岩根を騙すため、対立を演じていたのでした! 2人が姫を担ぎ出そうとすると、豊成(玉也)が声をかけ、立場上姫を助けられなかった苦衷を明かす。派手な節による父娘の別れで、幕切れとなりました。
休憩後には「壇浦兜軍記」阿古屋琴責めの段で畳み掛ける。昨年末に極めつけ玉三郎の歌舞伎版を観たけれど、文楽のほうが音楽性が高く、迫力にも勝る印象を受けた。床は渋い津駒太夫、朗々の織太夫ら5人、三味線は清介、ツレに清志郎、3曲で寛太郎が加わる。寛太郎は特に胡弓「相の山節」が思い切りよく、グルーヴがあって高水準です。
人形陣は主遣い全員が裃姿だ。まず障子が開いて重忠(玉助)登場。梯子段などでじっと曲に耳を澄ます我慢の難役だけど、知的でスケールが大きい。赤面の岩永は文司。やがて、お待ちかね阿古屋が連れ出される。思えば2012年の初役でも観た勘十郎が、華やかな肩衣を付け、次代を担う左の一輔、足の勘次郎も出遣いで。琴の爪を付ける仕草の繊細さ、打掛を広げる華やかさ。強い女性だなあ。水奴に勘介、玉路ら。全員決まって、大拍手で幕となりました~
ロビー売店では残念ながら、NPO法人人形浄瑠璃文楽座が活動停止とのことで、「外題づくし」など入った福袋を購入しました。

20190210_001

20190211_003

文楽「鎌倉三代記」「伊達娘恋緋鹿子」

第二〇五回文楽公演  2018年12月

華やかな襲名が続いた一方、大師匠の訃報も重なった2018年の文楽。鑑賞納めは恒例、中堅が主体の年末公演で、和生を後見役としつつ継承の未来を思う。前の方、中央のいい席で6000円。休憩1回で3時間半。
前半は三度目の大曲「鎌倉三代記」。導入の局使者の段と米洗いの段は、質素で下世話な絹川村で、祇園守の下がった傘で帰ってくるキラキラ時姫(勘彌が安定)と、迎えに来た大仰な奥女中たちの場違い感を楽しむ。希太夫、靖太夫とも明朗で聴きやすい。切場となって、三浦之助母別れの段で颯爽と三浦之助(玉助)登場。一段とスケールが大きいなあ。文字久太夫、藤蔵に情感がこもって、いい。高綱物語の段は織太夫、清介。母(和生)の犠牲など聞かせどころが多く、力いっぱいだけど、やや浅いか。抜け穴の井戸から現れた藤三郎、実は高綱(玉志)が謀を明かし、さらに物見と奮闘でした。
休憩後は「伊達娘恋緋鹿子」から珍しい八百屋内の段、そしてお馴染み火の見櫓の段。8年ぶり2度目の鑑賞だ。縁の下にもぐったりする吉三郎は玉勢。一途で大胆、櫓の見せ場があるお七は、一輔が躍動。親友・お杉の簑紫郎がまさに頼りになる感じ。
終演後は玉助さん忘年会で、三浦之助を間近に。格好いいです!

20181216_002

20181216_013

文楽「良弁杉由来」「増補忠臣蔵」「夏祭浪花鑑」

第二〇四回文楽公演  2018年9月

4月の住太夫に続いて、開幕直前に三味線の人間国宝・鶴澤寛治が亡くなるという悲報があった9月東京公演。芸をつなぐ覚悟を噛み締めつつ。国立劇場小劇場で7000円。
第1部は渋めだが見ごたえのある演目が並んだ。いずれも明治期の作だそうです。前の方中央のいい席で、休憩3回を挟み4時間強。まず「南都二月堂良弁杉由来」は、大仏建立により初代東大寺別当となった良弁の伝説で、シンプルな親子の情が力強い。2010年に亡き文雀の渚の方で観た演目。玉助(当時は幸助)が、花見シーンの吹玉屋役でドヤ顔をしたのが懐かしい!
導入の志賀の里の段は睦太夫ら、ツレの琴・八雲は友之助、錦吾。茶摘み遊びの折、大鷲が光丸をさらう。上品な母・渚の方は手堅く和生。30年後となる桜の宮物狂いの段では津駒太夫らを勢いある藤蔵、寛太郎らの三味線が盛り上げる。変わり果てた渚の方が我に返り、故郷を目指す船で良弁僧正の噂を聞き、奈良へ向かう。
休憩に席でお寿司をつまみ、東大寺の段。靖太夫はとても聴きやすく、錦糸が安定。東大寺門前にたどり着いた渚の方が、通りかかったユーモラスな伴僧のアドバイスで、杉に書付を貼ることにする。
続いてダイナミックな舞台転換があり、堂々としたお堂と杉の大木が登場。クライマックスの二月堂の段は次代を支える千歳太夫、富助。トレードマークの熱演は抑えめで、なかなかいい風情だ。御簾内のメリヤス隊をバックに、供回りの奴が槍のアクロバットで拍手を浴び、大勢にかしづかれてお待ちかね、僧正(玉男)がやってくる。かしら「上人」はこの役専用だそうで、目や眉を動かす「からくり」が一切無く、所作も極端に少ない。難役だなあ。超俗というより、幼子にかえるような可愛さがにじみ、母子の再会、「そんならあなたが」「そもじが」で、涙を誘ってました。
休憩のあとは、銘々伝である「増補忠臣蔵」から本蔵下屋敷の段。こちらは2014年5月、まさに寛治の三味線で聴いた演目だ。通俗的といわれるらしいけど、わかりやすくテンポがある。今回は前が呂太夫・團七、切が咲太夫・燕三に琴の燕二郎と贅沢なりレーだ。
人形は中堅がしっかりと。若狭之助(玉助)が近習・伴左衛門(端敵役を手堅く玉佳)の悪巧みを暴きつつ、「へつらい武士」の悪評を招いた加古川本蔵(玉志)の苦渋の選択を許し、運命の山科へと送り出す。派手な見栄はなく、我慢の演技だけど、人物が大きくて玉助に似合う。別れに妹・三千歳姫(一輔)が琴「柴小舟」を奏で、虚無僧に身をやつした本蔵が尺八を重ねる。哀しいシーンを音楽で彩るのも文楽らしい演出ですね。
1週間後に第2部の「夏祭浪花鑑」を鑑賞。人気の夏狂言の古典とあって2012年に玉男(当時玉女)の団七で観たほか、歌舞伎では亡き勘三郎・芝翫(当時橋之助)・勘九郎(当時勘太郎)らのほか海老蔵・獅童ら、海老蔵・玉三郎らと3回観ている。今回は現在上演される場面をすべて並べたそうで、休憩3回でたっぷり4時間半。団七の勘十郎が、珍しいラストの立ち回りまで、庶民の任侠に狂気をはらんで大奮闘だ。全体がよく見える後方下手寄りの席で。
まず住吉鳥居前の段は、口が明朗な咲寿太夫・友之助、奥が睦太夫・勝平。油照りのイチ日、着替えてさっそうと再登場する団七の男ぶり、徳兵衛(文司)との達引と、止めに入る団七女房・お梶(清十郎)のきっぷの良さ、袖を取り交わす友情と、名シーンが続く。
前段に比べ、短い休憩を挟んだ内本町道具屋の段のシナリオは笑劇仕立てで、やや平板か。奥は三輪太夫・宗助。手代に身をやつした磯之丞(勘彌)の、浄瑠璃によくある2枚目像ながら、あまりのダメ男ぶりにイライラする。お嬢さまのお中(文昇)とねんごろになった挙げ句、番頭伝八、仲買弥市、義父の義平次(玉男)に騙され、弥市を手に掛けちゃう。続く道行妹背の走書が珍しい。織太夫、團吾らで。磯之丞・お中は伝八に追われ、首くくりを教わるふりをして殺害。人形ならではの表現だ。
食事休憩の後、いよいよ釣船三婦内の段。口は朗々と小住太夫・寛太郎、奥は呂勢太夫・安定の清治。恩ある磯之丞を逃がそうと、自ら顔を傷つける徳兵衛女房のお辰。蓑助が足はおぼつかないものの、さすがの色気で存在感を示す。さらに兄貴分の三婦(玉也)が自戒の数珠を切って喧嘩に至り、爆発の連続。団七・徳兵衛コンビが祭の晴れ姿、チェックの帷子で登場するのも格好いいなあ。
続く長町裏の段はお馴染み、だんじり囃子とメリヤスが暗い感情をかきたてる。織太夫、三輪太夫に清志郎。暗闇での団七と義平次の激しい立ち回り、義平次のガブ、団七の不動明王の彫り物と、視覚表現も鮮やかだ。華やかさから底なしの虚無へ。やはり名シーンです。
休憩後、東京では11年ぶりという田島町団七内の段を、文字久太夫・清介で実直に。悪人とはいえ舅殺しの罪を負い、真意を隠す団七と、胸を痛めるお梶、離縁を仕向けてなんとか逃がそうとする三婦、徳兵衛の思いが交錯する。もどかしい心理劇だ。ラストは一転、白昼の屋根の上の立ち回りで、派手に幕となりました。
ロビーでは北海道地震の義援金募集も。

20180909_001

20180909_004

20180909_006

20180909_010

文楽「本朝廿四孝」「義経千本桜」

第203回文楽公演 第一部  2018年5月

4月の大阪に続いて、五代目吉田玉助襲名披露公演、東京での初日に駆けつけた。4月と同じ演目だけど、口上での仕草や、「本朝廿四孝」の豪快なクライマックスがよりパワーアップ! 名人・竹本住太夫死去の報もあいまって、新世代への期待が満ちる熱気ある舞台でした。国立劇場小劇場、中央前の方のいい席で7000円。休憩を3回で4時間半。
人形陣ばかりで固めた口上から、芝居っけ十分。そして「本朝廿四孝」は先月観たばかりなので、複雑なストーリーも大丈夫。新・玉助の横蔵が豪快だ。鳥が騒いでただならない雰囲気、さらに降り積もった雪を蹴散らす立ち回りと、よくできた演出なんだなあ。清治さんの三味線が相変わらず切れ味鋭く、呂勢太夫も明朗。
ロビーにずらり並んだ花や、知人が多い客席も一段と華やか。道行を舞台後方で語った咲太夫さんの衰えや、文字久太夫さんの大怪我休演は気になったけれど、それを吹き飛ばすウキウキでした。

20180512_029

20180512_017

20180512_023

20180512_025

20180512_016

文楽「本朝廿四孝」口上「義経千本桜」

第一五〇回文楽公演 第一部  2018年4月

吉田幸助改め五代目吉田玉助襲名披露の初日に、大阪へ駆けつけた。劇場外にお祝いの幟、ロビーにはご祝儀が並び、玉助ご夫妻がお出迎え。緊張と華やかさで胸いっぱいだ。国立文楽劇場、中央前のほうのいい席で、6000円。休憩3回を挟み4時間半。

近松半二ほかの時代物「本朝廿四孝」三段目で、まず桔梗原の段。奥は文字久太夫・團七が重々しく。舞台中央の領地境を挟んで、武田家執権・高坂(玉輝)、妻唐織(蓑二郎)と長尾家執権・越名(文司)、妻入江(一輔)が名軍師・山本勘助の札をつけた捨て子を取り合う。慈悲蔵(贅沢に玉男)が親孝行ゆえに、一子・峰松を捨てた、という導入部だ。
ランチ休憩の後、緊張の口上で、蓑助さん以下、吉田門下がずらり。蓑二郎さんの司会で、玉男、和生、勘十郎が温かく挨拶。後列は玉翔、玉佳、玉輝、玉也、玉志、玉勢、玉誉。戦前、戦後に活躍した三代目は座頭格の大物だったんですねえ。

短い休憩の後、景勝下駄の段を織太夫・寛治で重厚に。舞台は亡き山本勘助の老妻と、息子2人が暮らす信濃の山里だ。雪中に筍を探す(呉・孟宗の故事より)慈悲蔵の健気さ、身勝手な兄・横蔵に子の次郎吉を押し付けられた慈悲蔵女房・お種(和生)の悲哀、女ながら勘助を名乗り、慈悲蔵に無理ばかり言う老母(勘十郎)。長尾景勝(玉也)が老母の下駄を拾って登場し(秦・黄石公の故事より)、兄・横蔵を召し抱えると告げる。

続いてお待ちかね、襲名披露狂言の勘助住家の段! 前は渋く呂太夫・清介。お種の苦悩と、唐織が連れてきた峰松のはかない最期。
後は怒涛の呂勢太夫で、清治の三味線が冴え渡る。慈悲蔵は竹やぶで、鳩を目印に箱を掘り当て、横蔵(迫力の新・玉助)と争う。
時代物のお約束・石摺襖の座敷に転じ、老母(後から蓑助がしずしずと)から、よく似た景勝の身代わりに自害を、と迫られた横蔵は、なんと自ら右目を傷つけて容貌を変えちゃう。実は慈悲蔵は長尾家の家臣・直江、そして自分は武田家に仕えており、将軍の遺児を次郎吉として育てていたと明かす。竹やぶの箱からは源氏正統の証・白旗が見つかり、横蔵が赤地金襴にぶっ返ると、老母は一転あっぱれと誉める。横蔵が勘助の名を継ぎ、一方の慈悲蔵が軍法「六韜三略(りくとうさんりゃく)」一巻を受け取って、敵味方に分かれて戦場での再会を期す。
途中、玉男さんが引っ込むところで何やら不手際があったり、玉助さんが引き抜きに手間取ったりと、ハプニング続出。それでも玉助さんを中心に、人形陣の大物がずらりと並ぶ舞台は圧巻でした!

息詰まる時代物の後、休憩後は華やかに、「義経千本桜」から道行初音旅。舞台正面の上段に咲太夫、織太夫ら、手前に燕三、宗助らがずらりと9丁9枚が並ぶ珍しいしつらえだ。桜満開の吉野山を背景に、静御前(清十郎)と忠信(勘十郎)が連れ舞う。お馴染み勘十郎さんが嬉々として、狐や早替りで楽しませる。清十郎さんは右手が辛そうで、ちょっと扇が落ちてハラハラしたけど、決めるところは決めてました。

20180407_013

20180407_015

20180407_024

20180407_031

20180407_039

より以前の記事一覧