文楽

曾根崎心中

3月文楽入門公演 BUNRAKU 1st session  2024年3月

放浪中の国立劇場が文楽海外公演を目指すプロジェクトの一環、という公演。名作「曾根崎心中」大詰めの天神森の段を、桐竹勘十郎監修のもと、大道具のかわりにアニメーションの背景美術で。手がけたのは「となりのトトロ」や「もののけ姫」の男鹿和雄だ。予想以上に上品で深みがあり、人形も美しく引き立ち、官能の世界に引き込まれた。外国人が目立つ有楽町よみうりホール、中央のみやすい席で4500円。休憩無しの1時間。

このプロジェクトはクラファンで400人超、900万円の成果をあげていて、冒頭、紹介ビデオのエンドロールでドナー一覧が流れる。英語のイヤホンガイドは無料だし、なかなか頑張っています。
前半は入門講座「BUNRAKU 101」で、文楽好きでしられるいとうせいこう、技芸員から頼れる吉田玉助が登場。映像をまじえ、人形を操る仕組みや演目を解説。明るいトークで盛り上げる。
後半はいよいよ上演。橋を渡っていく道行きから、暗い森へ。アニメの人魂はちょっと可愛く、ラスト、暗転して二人にスポットライトがあたる演出はドラマチックだ。演奏陣は藤太夫、靖太夫、清志郎、寛太郎ら。下手側に上下二段でちょっと狭そうかな。人形陣は頭巾姿で、文楽の今後を牽引するに違いない玉助、簑紫郎コンビ。お茶目なカーテンコールはお手の物ですね。

天神森だけの上演だと初見ではわかりにくいとか、照明の角度とか、いろいろ課題はありそう。でも、チャレンジは貴重なこと。思えば2025年は日本が誇る劇聖、近松門左衛門没後300年の節目とのことで、いろんな意味でエポックメイキングになってほしいな。

Dsc_1378 Dsc_1383

文楽「源平布引滝」

第226回文楽公演「源平布引滝」 2023年12月

国立劇場が閉場してしまい、12月の中堅中心の本公演はTHEATRE1010で。北千住駅前の丸井の上で、結構入っており、常連さんに加えて「文楽は初めて」の声も。新しい観客を呼び込めるなら、ジプシーも悪くない。狭いながら盆もあったし。国立劇場と比べ座席の傾斜がある感じで、人形の首の角度などは難しいかもしれないけど。演目はおりしも先日旅した琵琶湖畔が舞台の、木曽義仲誕生秘話だ。人形は玉助が盤石、床は織太夫が引っ張る。中央あたりのいい席で6500円。休憩を挟み2時間半弱。

舞台は竹生島遊覧の段から。平清盛が権勢を振るう時代、源氏の重宝・正八幡の白旗を握りしめて、無謀にも琵琶湖を泳ぎわたる娘小まん(清五郎)と、その腕を切り落として湖に旗を流す平実盛(玉志)の謎の行動。人形だから可能だけど、何度観ても壮絶だなあ。床は小住太夫、團吾。

休憩後に九郎助住家の段。亡き木曽義賢の妻・葵御前(紋臣、木曽義仲の母)を匿う堅田の九郎助(文司)宅へ、敵の実盛と瀬尾十郎(玉助)が詮議にやってくる。葵の子として小まんの腕を持ち出され、瀬尾が「これ産んだか!」。実盛はまさかの「手孕伝説」を持ち出して九郎助・葵を救う(かいな)。
実盛ひとりになると、今は敵だけど、かつて仕えた源氏に寄せる思いを切々と吐露(実盛物語)。倅・太郎吉(玉彦)の呼びかけで小まんが一瞬息を吹き返す奇跡、白旗が掲げられる舞台の変化をへて、実は小まんの父だった瀬尾のあっと驚くモドリ。あげく太郎吉が義仲にとりててもらえるように、自ら首をかききっちゃう。またしても、人形だから出来る凄惨シーンだ。幕切れは、太郎吉が実盛に挑もうと綿繰車にまたがるのが可愛く、一方で、実盛は謡曲を引用したウタイガカリで、白髪を染めて義仲勢に討たれる最期を暗示する。時の流れを感じさせるドラマです。

床は後半の切場を、織太夫・藤蔵、芳穂太夫・錦糸に分けて。丁寧な語りを力強い三味線が牽引して好演。前半の笑いのところ、希太夫さんは正直イマイチで、拍手がおきなかったのは残念。人形は玉助さんがスケール大きく圧倒。玉志が終始うつむき加減で、馬にまたがるのもちょっと手間取ったのが気になったかな。
2011年に観たときは、床が今は亡きキング住太夫の笑いで拍手が起こり、実盛が玉女時代の玉男さん、瀬尾が勘十郎さん! 簑紫郎さんが太郎吉だったんですねえ… これからの飛躍に期待。

終演後は慣れない街ながら、充実の反省会でした~

Img_5959 Img_5962_20231216082901 Img_5964

 

 

文楽「三番叟」「菅原伝授手習鑑」

第225回文楽公演 第一部 第二部 2023年9月

初代国立劇場での掉尾を飾る文楽公演は、極め付け「菅原伝授」。お馴染みの演目だけど、50年ぶりの珍しい段もあって、変化に富んでいる。

第一部は三段目、様式美溢れる車曳の段から。京・吉田神社前で、主君の政変に巻き込まれた三つ子が再会する。梅王丸の小住太夫らや宗助が牽引し、中盤でお待ちかね松王丸が登場。藤太夫が上手の舞台袖から「待てらう」と大音声で呼ばわって床にあがる演出、初めて観ました! もちろん人形は玉助が、偉丈夫ぶりを見せつける。記念の公演での大役、めでたい限りだ。牛車を破壊しちゃう時平の超人ぶりもまた楽しい。梅王丸は玉佳、桜丸は勘彌、時平は玉志。
短い休憩後、佐太村に移って茶筅酒の段、喧嘩の段、訴訟の段は芳穂太夫、錦糸らが安定し、桜丸切腹の段で千歳太夫、富助が奮闘。白太夫の勘十郎が鎮魂の鉦まで、さすがのきめ細かさ。桜丸妻の八重ちゃんが可愛い!一輔、グレードアップしてます。
休憩を挟んで四段目、珍しい天拝山の段。筑紫に流された人間国宝・玉男の丞相が、安楽寺に詣でる。牛や飛び梅の天神伝説を語ったり、「梅は飛び…」と詠んだり、すっかりうらぶれた雰囲気なんだけど、刺客の自白で時平の謀反がわかると形相一変。憤怒の形相は、陰陽師かと見まごう気迫だ。特殊かしら「丞相」だそうです。ここから人形ならではのド派手でスピーディーな演出。なんと梅の枝で刺客の首をはね、バチバチ火花を吐き、天拝山に駆け上がる。一天にわかにかき曇り、激しい毛振りの果てに雷神に変貌しちゃう。人から御霊(ごりょう)への飛躍というファンタジー。藤太夫、清友も熱演でした~

いったんロビーへ出て第二部。「寿式三番叟」は劇場57年の感謝と再開場への前途祈念で豪華に。例によって咲太夫の代役に織太夫が入り、呂太夫、錣太夫、千歳太夫、燕三、藤蔵ら7丁7枚がずらり。人形は勘十郎の翁が神々しく、三番叟は玉勢、簑紫郎が躍動。簑紫郎さん、色気が増した感じ。
20分の休憩後、「菅原伝授」の後半を一気に。4段目の北嵯峨の段はなんと1972年以来、51年ぶりの上演。何をやらせても子供っぽい八重ちゃんがこんなところで、丞相の御台所を守って命を落としていたとは衝撃。
舞台は京の外れに移って寺入りの段、寺子屋の段を、渋い呂太夫、清介から気合いの呂勢太夫、清治という安定のリレーで。百姓親子のそれぞれの情愛が滑稽ななかにも温かいから、後半の松王丸の悲劇が際立つんだなあ。よだれくりは勘介。
そしていよいよ玉助さんが、渾身の演技! 重苦しい駕籠での登場、緊迫マックスの首実検から、女房千代の覚悟をへて、クライマックス「笑いましたか、でかしおりました」の泣き笑い。なんと悲しいことか。白装束のいろは送りで幕。源蔵は玉也、女房戸浪は勘壽、千代は簑二郎。
大団円、大内転変の段も51年ぶりだそうで、あれよあれよの展開です。異常気象で不穏な都。時平が参内した菅秀才の一行をとらえようとすると、家来は雷にうたれてイチコロ。時平も蛇が変じた桜丸夫妻の亡霊に襲われちゃう。菅原家復興となり、めでたしめでたし。いやー、正義の怨念はづくづく怖いぞ。小住太夫と寛太郎が迫力たっぷり、ここから50年後への伝承を意識した復刻演奏で、素晴らしい。72年は技芸員制度ができた年だそうで、いろいろ苦しいけど文楽の未来を感じさせる、いい幕切れでした!

ロビーで文楽仲間に何人か遭遇し、脱力系の「文楽年鑑」を購入。

Img_3611 Img_3620 Img_3618 Img_3621 Img_3633Img_3668Img_3669

 

・ 

内子座文楽

内子座文楽第24回公演 2023年8月

30年前に観光で訪れて以来、ずっと観劇したかった愛媛県内子町の内子座へ。暑い暑い夏の盛りに二日間だけの公演だ。コロナ休止をへて久々の開催、しかも行ってみたら、改修で向こう4年ほど休館するとのことで、絶妙のタイミングだった。木蝋で栄えた往時の風情を残す重要文化財の芝居小屋(1916年建造、1985年復元だそうです)で、道々にのぼりが立ち、小屋前での葡萄販売など、町をあげての手作りイベント感が楽しい。桟敷風の1F花道席で8000円。午前の部で休憩を挟んで2時間。

開幕前に小屋の前で、勘十郎、玉男、和生と人間国宝揃い踏みの、めでたい鏡割りを見物。地元酒六酒造の「京ひな」を頂き、盛り上がる。竹下景子さんも。中に入るとコンパクトなサイズで、舞台が近い! まずは藤太夫さんがYoutubeの宣伝もまじえて、明るく演目を解説。幕開けは希太夫らで「二人三番叟」。玉翔、簑太郎さんはこれからかな。

休憩の後、この日のメーンは過去23回の上演演目から再演リクエストが多かった演目だそうで、「壺坂観音霊験記」の沢市内より山の段。盲目の三味線弾きとよくできた妻、そしてびっくり観音さま登場のスペクタクル、文楽には珍しいハッピーエンドが気持ちいいからかな。人形は女房お里に勘十郎、座頭沢市に玉助と盤石。床は藤太夫・宗助から呂太夫・清介。
人形を遣うのはさすがに窮屈そうだし、クライマックスの山登りでセットが倒れかかり、慌てて黒衣が支えるハプニングも。それもまた芝居小屋っぽくていい。
パンフはインタビューや床本も収めた立派なもの。お馴染みわかりやすいイラストは、らつ子さん! 近くの綺麗な集会所、内子自治センターでお弁当を頂きました~

Img_2534Img_2619Img_2583Img_2553_20231123074201Img_2589Img_2602Img_2610_20231123074501

 

文楽「夏祭浪花鑑」

第224回文楽公演 第3部 2023年5月

文楽初体験の知人たちを案内して、初代国立劇場さよなら公演シリーズへ。面白がってくれそうな第3部「夏祭浪花鑑」だ。小劇場の前の方いい席で8000円。休憩を挟んで3時間弱。

大阪南部の潮干狩りと参拝で賑わう住吉鳥居前の段から。侠客が達引を繰り広げて痛快。団七の勘十郎が文句なしの格好良さだ。対する一寸徳兵衛の玉助さん、大物になったなあ。三婦は玉也、お梶は簑二郎で安定。琴浦に紋秀。奥は三輪太夫・團七。
続く内本町道具屋の段は、大阪城の惣構(外堀)内で、武士、商人の人物像がくっきりする。咲寿太夫・寛太郎から、切は絞り出すような錣太夫・宗助。しょうもない磯之丞(清七)は清五郎、騙りをはたらく憎たらしい義平次に和生。

休憩を挟んでお楽しみ、高津神社の夏祭気分と侠気が横溢する釣船三婦内の段。切は呂太夫・清介、アトで亘太夫・友之助。徳兵衛女房お辰は勘彌が格好良く。三婦女房おつぎは勘壽。
いよいよ暗い長町裏の段となり、義平次に藤太夫、団七に織太夫と充実。三味線は清友。まとわりつくような蒸し暑さ、人形ならではのド迫力のアクション、緊迫のメリヤス。そして祭り囃子と若手太夫総出という「てうさ、ようさ」のかけ声、我を忘れる神輿! 

終演後は大勢で打ち上げへ。面白かったです~

Img_0014 Img_0001

文楽「国性爺合戦」

第233回文楽公演 第2部 2023年2月

近松名作集と題した2月の第2部は、2015年に観た時代物「国性爺合戦」。変化に富んだ舞台が楽しい。前庭の梅が綺麗な国立劇場小劇場、前のほう中央で7000円。休憩を挟んで3時間弱。

荒唐無稽な千里が竹虎狩りの段から。床まで出張っちゃう着ぐるみの虎は、前回同様、勘介さんが生き生きと。15分の休憩後、楼門の段の後はこれも前回と同じ呂勢太夫、清治コンビで盤石。錦祥女(簑二郎)が再会した老一官(文司)の姿を鏡に映す構図がスケール大きく、ツメ人形の兵士の細かい演技も面白い。
続く甘輝館の段は錣太夫、宗助が渋く。玉助さんの甘輝が登場、まさに威風堂々で、拍手が大きい。明再興の理想と錦祥女、一官妻(和生)の思いが交錯してなかなか複雑です。そして大詰め、紅流しより獅子が城の段はお馴染み織太夫、藤蔵で、セット転換も激しくダイナミック。和藤内(玉佳)が城に躍り込み、あれよあれよの女性陣の自己犠牲をへて、甘輝とともに韃靼王征伐に立ち上がる。

売店には岩手・遠野麦酒ZUMONAの国立劇場さよなら記念クラフトビールが。なんか春だなあ。

Img_8099_20230401225801 Img_8093 Img_8090 Img_8109 Img_8111

 

2022喝采づくし

いろいろあった2022年。エンタメを振り返ると、やっぱり特筆すべきはコンサートで、ドームを巨大ディスコに変えたブルーノ・マーズ、そして年末のピアノ一台の矢野顕子。全く違うジャンルだけど、どちらもライブのグルーブを存分に味わいました。

そしてようやく実現した、團十郎襲名の「助六」。いろいろ批判はあっても、この人ならではの祝祭感が嬉しかった。ほかに歌舞伎では「碇知盛」の菊之助、梅枝が頼もしく感じられ、初代国立劇場さよなら公演がスタートした文楽「奥州安達原」は玉男、勘十郎、玉助らが揃って充実してた。

オペラは新国立劇場で意欲作が多く、なかでもバロック初体験のグルック「オルフェオとエウリディーチェ」の、音楽、演出両方の端正さが忘れがたい。ともに読み替え演出のドビュッシー「ペレアスとメリザンド」、ヘンデル「ジュリオ・チェーザレ」も洒落ていた。問題作「ボリス・ゴドゥノフ」は衝撃すぎたけど… クラシックの来日ではエリーナ・ガランチャの「カルメン」が格好良かった。

演劇は野田秀樹「パンドラの鐘」、トム・ストッパード「レオポルトシュタット」が、それぞれ今の国際情勢に通じるメッセージ性で突出していた。井上ひさし「紙屋町さくらホテル」やケラ「世界は笑う」の「表現すること」への情熱や、ともに2人芝居だった温かい「ハイゼンブルク」と不条理をねじ伏せる「建築家とアッシリア皇帝」、そして相変わらずひりつく会話劇の岩松了「クランク・イン!」などが心に残った。

語り芸のほうでは期せずして、喬太郎と三三で「品川心中」を聴き比べ。どちらも高水準。一之輔の脱力も引き続きいい。講談の春陽「津山の鬼吹雪」も聴きごたえがあった。

これからも、のんびりエンタメを楽しめる日々でありますよう。

文楽「絵本太功記」

第五四回文楽鑑賞教室 2022年12月

年末の文楽は鑑賞教室「絵本太功記」のBプロをチョイス。2016年に観た演目ですね。春長(信長)を討った後の、母さつき(清十郎)、子息十次郎(玉翔)が犠牲になっていく悲劇。玉助がスケール大きい光秀で楽しませる。国立劇場小劇場、前のほうやや下手寄りのいい席で4500円。

解説は簑太郎。休憩のあと、夕顔棚の段は聴きやすい碩太夫・錦吾。久吉(秀吉、勘市)が旅僧姿で現れる。続いて尼崎の段の前、小住太夫・錦糸が迫力たっぷりに聴かせる。十次郎の嫁・初菊の玉誉がなかなか可憐。玉助登場の格好良い見得に拍手でした~

Img_6739 Img_6743

 

文楽「奥州安達原」

第221回文楽公演 第三部  2022年9月

2023年10月からの建て替えに向けて今月、「初代国立劇場さよなら公演」がスタート。その第三部は近松半二の変化に富んだ名作、かつ演者が揃って充実してた。拍手好きのお客さんもいたし。演目は文楽で2回、歌舞伎でも1回観ている「奥州安達原」。前九年の役で陸奥・安倍家を平定した八幡太郎・源義家と、独立国家を諦めない安倍貞任・宗任兄弟を描く大曲の、三・四段目です。小劇場の見やすい中央前寄りで7000円。休憩2回をはさみ3時間半。

端場(導入部)の朱雀堤の段は、太夫4人と清志郎、人形は黒衣姿です。京・七条河原で、盲目の物乞い袖萩と幼い娘・お君が父・平傔仗(けんじょう)と出くわす。よよと崩れる袖萩が、すでに哀れ。

休憩を挟んで敷妙使者の段からのセットは、立派な天皇の弟の御殿になる。床は貫禄が付いてきた竹本小住太夫と鶴澤清丈。安倍兄弟に弟宮と十握の剣を奪われた傳役(もりやく)の傔仗(文司)・浜夕(勘彌休演で簑二郎)老夫妻には切腹が迫っている。妹娘・敷妙(清五郎)、夫の智将・八幡太郎義家(玉佳)はその責任を問う、苦しい板挟みの立場だ。
続く矢の根の段が、緊迫感があってスピーディー。白旗に血で書き付ける和歌、矢の根の投げ合い、そして白梅の謎かけを、織太夫と藤蔵がメロディアスに。義家は曲者・南兵衛(野性的な玉助さんが格好良い)を宗任とにらんで詮議し、冷徹な勅使・桂中納言則氏(我慢の玉男)が加わる。
お待ちかね袖萩祭文の段は、呂勢太夫と、お年をめして一層的確な感じの清治。雪がちらつき、父の苦境を案じるも、勘当の身で拒絶される姉娘・袖萩(名人・勘十郎)、健気なお君ちゃん(勘次郎)が「この垣一重が鉄(くろがね)の」と、何度観ても泣かせます。「エエ親なればこそ子なればこそ」… かつての袖萩の過ちの相手が貞任だったと判明して、父娘はいよいよ追い詰められちゃう。
続く貞任物語の段で一転、派手な展開となり、おおいに盛り上がる。床は熱演の切場語り、錣太夫と宗助だ。義家がなぜか宗任を逃がし、秘密を呑み込んだ傔仗と父を討ちたくない袖萩が、同時に自害という悲劇に。そこへ陣鉦太鼓が響いていきなり軍記物となり、則氏がモコモコ王子の髪型の貞任に変じる見顕しで、会場がどよめく。宗任も小団七からねじり鉢巻きの大団七に転じて、右へ左へ豪壮な振付。「奥州に押したて押し立て!」 2人のパワーとスケールが映えます。ラストは義家とお約束、他日の決戦を誓う。

短い休憩の後、舞台は一転、明るい野外となり、珍しい道行千里の岩田帯を、錦糸ら5丁5枚で。義家の家臣・志賀崎生駒之助(いきり!の簑紫郎)と傾城恋絹(紋臣)が薬売りに身をやつし、弟宮探索のため奥州へ向かう。

文楽仲間の皆さんのほか、かつての上司とも久々に会えました。ロビーには日付が入る、足踏み式スタンプが登場。
Img_3025 Img_3034

 

 

文楽「義経千本桜」

文楽座命名一五〇年 第220回文楽公演 第一部  2022年5月

2月のまさかの直前休演を挟み、昨年末以来の文楽鑑賞。間違いのない忠信・勘十郎さんの狐を堪能する。ダイナミック、かつ繊細です。床の呂勢→織も充実。国立劇場小劇場、中央前の方の良い席で7000円。休憩2回を挟み3時間弱。

豊竹咲太夫文化功労者顕彰記念と銘打った公演だけど、主役の咲さんは病気休演。導入の「伏見稲荷の段」から義経の玉助さんが、我慢の演技で立派だ。静御前は簑二郎、大団七の弁慶は文哉。ドロドロの太鼓をバックに、勘十郎さんの白狐が登場、そして耳動き孔明の忠信へ早替りして文句なしの大拍手。
短い休憩を挟んで華やかに「道行初音旅」。お祝いらしく段幕から紅白だ。桜の装束の錣太夫、織太夫、宗助ら5丁5枚がずらりと並び、忠信は八島の戦物語から、「山越え」で静の投げた扇を見事にキャッチ!

休憩20分のあと、いよいよ「川連法眼館の段」。呂勢太夫・錦糸から、奥は代演で大熱演の織太夫・燕三のリレーで、聴き応えがある。本物の忠信は文司。忠信が狐言葉で親への思慕を語り、兄と対立してしまった義経が、その深い情に理解を示す。メリヤスをバックに、お待ちかね宙乗りで幕となりました~

切り場語りが3人誕生し、盛り上げていってほしいものです。

Img_0208 Img_0204 Img_0200 Img_0202

より以前の記事一覧