« 「松竹梅湯島掛額」「教草吉原雀」 | トップページ | カラカラ天気と五人の紳士 »

「於染久松色読売」「神田祭」「四季」

四月大歌舞伎 夜の部 2024年4月

花道外側のいい席で、当代随一、半世紀をへても衰えないニザタマの熟練の色気を堪能する。よく入った歌舞伎座、絶好の花道すぐ外の席で1万8000円。休憩を挟んで3時間。

演目2本は21年2月に観た組み合わせの再演で、まず「於染久松色読販(おそめひさまつうきなのよみうり)」から「土手のお六・鬼門の喜兵衛」。南北ならではの陰惨な設定、悪党の所業だけど、華のある愛嬌に衰えはなく、素晴らしい。
導入の柳島妙見の場の舞台は北斎も信仰したという深川の法性寺、通称妙見堂。手代がフグを食べに行くチャリ場だ。舞台が回って暗~い小梅莨屋の段で、ご両人登場。伝法な玉三郎の「悪婆」お六、仁左衛門の喜兵衛にけだるい凄みがある。髪結の亀吉は成駒屋次男の中村福之助が手堅く。
続く瓦町油屋の場は浅草の質屋の店先。2人は行き倒れをネタに主人の太郎七(坂東家の長男、彦三郎)を脅すけど、居合わせた山家屋清兵衛(端正な錦之助)にやり込められちゃう。籠をかついで花道をすごすご引き上げる幕切れの、照れ隠しのおかしみで沸かせる。

休憩後の舞踊「神田祭」は一転して華やか。いなせな鳶頭の仁左衛門、艶やかな芸者の玉三郎がいちゃいちゃするだけなんだけど、若々しく粋な風情に客席がぐっと浮き立つ。投げ節から木遣りへ、下手に陣取る清元連中が若返った感じ。筆頭の清美太夫は1980年生まれ、声に張りがあっていい。観ておいてよかった!

短い休憩を挟み、舞踊「四季」で締め。歌人で大正三美人と言われた九條武子のオムニバスだ。ぱあっと明るい「春 紙雛」は豪華に菊之助、愛之助コンビに萬太郎、種之助らが加わり、人形ぶりをまじえて可愛く。「夏 魂まつり」は大文字焼と竹本を背景に、茶屋の亭主の芝翫、舞妓の児太郎、橋之助、歌之助らが京都の夏をみせる。玉三郎の直後だと児太郎はまだまだかなあ。「秋 砧」は照明を落とし、孝太郎が帰らぬ夫への情念をじっくりと。ラストはぱっと派手なアクションになって「冬 木枯」。松緑と坂東亀蔵がコミカルなみみずくに扮し、木の葉が人に変じた廣松、福之助、鷹之資、男寅、莟玉、玉太郎が躍動、彦三郎の長男の亀三郎と音羽屋の眞秀があどけなく。松緑の長男、左近が中央でお人形のようで、目を引いた。

Img_0842

« 「松竹梅湯島掛額」「教草吉原雀」 | トップページ | カラカラ天気と五人の紳士 »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「松竹梅湯島掛額」「教草吉原雀」 | トップページ | カラカラ天気と五人の紳士 »