« 一中節「姫が瀧四季の山めぐり」「道行三度笠」 | トップページ | エウゲニ・オネーギン »

落語「新聞記事」「えーっとここは」「ガマの油」「壺算」「粗忽の釘」

よってたかって新春らくご’24 21世紀スペシャル寄席ONE DAY夜の部  2024年1月

雪は避けられ、先輩ご夫婦をお誘いして、年始恒例の落語会。落語好きが集まった感じの有楽町よみうりホール、2F最前列で4300円。遠かったけど見通しはよく、充実のメンバーで楽しめた。中入りを挟んで約2時間半。

前座は瀧川はち水鯉(はちみり)で「新聞記事」。天ぷら屋の竹さんが襲われた記事をトンチンカンに吹聴して、「犯人はあげられた」。鯉朝さん門下(カツベンの頼光さんも!)で、丸顔ではきはき。
続いて柳家喬太郎は、銀座に有名チェーン店があるのは違和感あるな~と振ってから、案の定の新作で「えーっとここは」。上司と部下が商談帰りにカフェに入り、「前はここ、何だったけ」に始まり、オムライスはトロッか論争などの世代間ギャップで存分に笑わせてから、謎の店主がどんどんサービスしてくれて、店の裏に出たらなんと…と妄想炸裂。昨年のネタおろしからオチが変わっているそうで、相変らず自由でいいな。
続いて春風亭一之輔。正月は寄席があって忙しすぎ、前に出る林家ペーの歌が凄くて、と愚痴っぽいマクラから「ガマの油」。お約束の言い立てで拍手をもらって御礼、この口上を覚えなら他の噺5作は覚えられる、しかも口上の間は笑いが無くてハイリスクローリターン、と笑いをとり、暴走気味に酔っ払って失敗しちゃって… 上手です。

中入りを挟んで三遊亭兼好が朗らかに。お正月に高級ホテルの落語会で出演したら、宿泊客の家族連れが贅沢で、この「よってたかって」ではたいてい中継ぎ、前半ふたりが好き勝手やった後、トリにつなげる役目だなあ、と苦笑しつつ「壺算」。欺される側の、気どって電卓たたきながらアレ?て感じが可愛くて好き。
トリは柳家三三で軽妙な「粗忽の釘」 。飄々と笑わせながら、前3人のネタを自在に拾い、まさかの壺算落ち。いまや貫禄さえ漂います。見事!
皆さん高水準で、超売れっ子で、たいしたものです。

Img_7183 Img_7187

 

« 一中節「姫が瀧四季の山めぐり」「道行三度笠」 | トップページ | エウゲニ・オネーギン »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 一中節「姫が瀧四季の山めぐり」「道行三度笠」 | トップページ | エウゲニ・オネーギン »