« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »

落語「小言幸兵衛」「加賀の千代」「品川心中」

こはる改メ立川小春志真打昇進披露興行 2023年10月 

立川談春の弟子で、5月に立川流40年目にして初の女性真打となった小春志(こしゅんじ)。市馬やらさだまさしやら連日大物ゲストに招き、かつ師匠も聴いていないような大ネタに挑むという、チャレンジングな十公演の折り返しだ。この日のゲスト、春風亭一之輔が「陰のプロデューサー」だとお披露目で紹介。応援されているなあ、頑張ってほしいなあ、と思うことしきり。開演まで席でひとり単行本を広げるような、落語好きが集まった感じの有楽町朝日ホール、中段上手端で5000円。中入りを挟んで2時間強。

まず談春が、初日の口上でいきなり本人が「お招きいただき」と言い間違ってあきれた、今日の午前中に志の輔が終わったので後は適当に、などと憎まれ口をたたきつつ「小言幸兵衛」。3年ほど前に喬太郎のオンラインで聴いた笑える噺だけど、この日に談春で聴くと、いつまでも弟子にダメ出しせずにいられない自分を告白するようで、ちょっと切ない。
続いて一之輔が、洗濯を手伝って奥さんにダメ出しされる自虐ネタを振りつつ、「加賀の千代」。これも3年ほど前、一之輔のオンラインで聴いた噺だ。八五郎が可愛くて仕方ない隠居の造形が、なんともチャーミング。ダメな奴ほど可愛いんじゃないのと、ひねくれた談春をからかうような感じが、懐が深くて心地よい。客席が暗いのが談春らしい、志の輔だと真っ暗、というと、少し明るくなって、袖から談春が「これくらいでいい?」。じゃれてますな。

中入りを挟み、3人並んでご披露となり、小春志が寄せの一之輔を出待ちして、披露興行について相談したエピソード等々。談春が相変らず小言を言いつのって面倒臭く、一之輔が困るさまがリアルに可笑しい。最後に一之輔が小春志の肩をポンとたたいて、「一緒に頑張りましょ」。
というわけで締めくくりは、当の本人が「品川心中」。喬太郎や三三で聴いたことがある郭噺だ。元気ではきはきの、こはるイメージからすると難しい! 女郎と客が命がけで駆け引きする色気と凄み、どっちもどっちの愚かしさ、波音が聞こえてきそうな江戸情緒等々、正直、すべてはこれからかな、と感じたけれど、思えば一年も充電してたり、ガッツは十分だ。おめでとー。

ロビーにはのぼり旗や花が並び、前の方の席にはタカラジェンヌのようなグループもいて、華やかでした。

Img_4826 Img_4833 Img_4836 Img_4831 Img_4840

 

 

My Boy Jack

My Boy Jack   2023年10月

国民的作家として戦意発揚に邁進し、愛する息子を失ったラドヤード・キプリング。思いを吐露した詩「My Boy Jack」をテーマにした、デイヴィッド・へイグの1997年初演作を、上村聡史が抑制をきかせて演出。単純に割り切れない「大義」の構図、引き裂かれる個人の存在が、どうしようもなく今と重なってしまって息苦しい。いったいどうすればよかったのか、何を支えに生きていくのか。小田島則子訳。紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAの中段下手寄りで9800円。休憩を挟んで3時間。

冒頭のセットは、端正なキプリング家の居間。近づく第一次大戦が色濃く影を落とす。英領インドに生まれ、その体験をベースにした「ジャングルブック」等で誰もが知る父ラドヤード(眞島秀和)は、英国作家初のノーベル文学賞を得た押しもおされもしない名士だ。ドイツの脅威と戦争協力を世間に強く訴え、息子ジョン(前田旺志郎)を極度の近視にもかかわらず、コネを使ってアイルランド近衛連隊に押し込む。ジョンの入隊検査のあたりまでは、鼻眼鏡のエピソードなどでまだ軽妙だ。
そこから舞台は一転、将校ジョンが出征した西部戦線の悲惨へ。どろどろの塹壕戦、毒ガスによる殲滅の恐怖、心身ともに追い詰められていく名もなき末端の兵士たち。2018年に観た森新太郎演出「銀杯」を思い出さずにいられない。

終盤でキプリング邸に戻ると、ラドヤードと妻キャリー(倉科カナ)は完全に関係が破綻しているのに2年間、連隊の記録執筆に名を借りて、ともに行方不明のジャックの消息を尋ね続けている。ついに残酷な事実を突きつける、兵士ボウ(文学座の佐川和正)の証言シーンが圧巻だ。そして指の間からこぼれ落ちていく愛、国家と家族の悲劇。これは明日の私たちなのか… 寒々と空疎なラストで、背景いっぱいに書かれていた詩の、果てない「風と潮」がじわじわと胸に染みる。これは「熊谷陣屋」なのか。(美術は乗峯雅寛)。

いつもながら細身なんだけど、凜と芯の強い倉科に存在感がある。いい女優さんだなあ。戦争の傷ゆえに激しく錯乱する、上村チーム常連の佐川が印象深い。当時イギリス支配下だったアイルランドが、自治獲得を期待して入隊志願を奨励、一方で独立勢力はドイツにも接触していた。訛りで表現するアイルランドの純朴さ、理不尽な戦場で、それでも上官を助けられなかったことを悔いる壮絶な告白。重いです。
ヘイグはこの戯曲を2007年に映像化、ダニエル・ラドクリフがジョンを演じたとか。前田は昨年の「夜の女たち」から一転、父の抑圧から逃れたい葛藤や戦場での誠実さを表現して、はまっていた。終始暗い物語で、姉エルシーを演じて溌剌とした夏子がいいアクセント。

Img_4725

JNO東大寺奉納公演

東大寺開山良弁僧正1250年 御遠忌慶讃 東大寺奉納公演 2023年10月

奈良を拠点に、反田恭平が率いるJapan National Orchestora(株式会社!)が、自ら主催する公演。なんと東大寺大仏殿の前庭の野外特設会場で。雨天決行のところ、あいにくの土砂降りとなってしまい、2000人近い熱心な観客が、入口で記念品と共に配られたポンチョに身を包んで、滝行のように聴くというシチュエーション。野外用の貸し出し楽器を使ったとのこと。それでも雨音と同時に鐘の音が聞こえたりして、世界で活躍する若い音楽家たちのエネルギーと、雄大な古都の歴史を思う貴重な時間。2万円。

まずショパン「アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ作品22」の協奏曲バージョン。反田氏の祈りのようなピアノソロから、ホルンのファンファーレで、民族舞曲ポロネーズに至る展開がダイナミック。ロシア支配下のポーランドを思う曲だものなあ。オーボエの荒木奏美らが活躍。奉納ということで、大仏に向けてピアノを配置していた。
休憩を挟んで後半は、ブラームス「交響曲第1番ハ短調 作品68」。ブラームスが偉大なベートーヴェンを意識したか、完成に20年をかけたという最初の交響曲。ホルン、テューバ、ファゴットが多めの編成で、短調から長調に至る雄大な演奏。岡本誠司は果敢にコンマスソロ。

開演前には二月堂まで足を運び、文楽でお馴染み、初代別当の伝説で知られる良弁杉も観ました~

Img_4439 Img_4447 Img_4467 Img_4474 Img_4520 Img_4521 Img_4523

 

「修道女アンジェリカ」「子どもと魔法」

修道女アンジェリカ/子どもと魔法  2023年10月

新国立劇場オペラの2023/24シーズン幕開けは、プッチーニとラヴェルのダブルビル。「母と子」のテーマは通じる2作だけれど、作風はまるで違う。開幕にしては知名度が低く地味な演目かな、と思ったけど、変化に富んでいて楽しめた。沼尻竜典指揮の東京フィルハーモニー交響楽団が端正で、演出はお馴染み、お洒落な粟國淳。よく入った1Fセンターの、とても良い席で2万6730円。休憩を挟んで2時間半。

「修道女アンジェリカ」はモノトーンの静謐なセットで、鐘の音が印象的。閉鎖的で単調な修道院暮らしのなか、アンジェリカ(イタリアのソプラノ、キアーラ・イゾットン)のところへ、初めての来客がある。叔母の公爵夫人(フランス在住のメゾ、齊藤純子)が、妹の結婚が決まったので遺産を放棄せよ、と言いに来たのだ。7年前に未婚で出産し、家名を汚したことを責められても、アンジェリカは大人しくしているが、その息子は2年前に死んだと告げられて、ついに絶叫。ひとりになると絶望して毒をあおっちゃう。土壇場で自殺は大罪だと気がつき、合唱のなか、聖母マリアに慈悲を乞いながら息絶える。
マリアと息子が現れる奇跡をあえて明示せず、いまわのきわにアンジェリカがみる幻影とする悲しさ。公爵夫人が冷酷なようでいて、立ち去りがたさを見せるなど、それぞれの女性の葛藤を繊細に描く。プッチーニの晩年、「ジャンニ・スキッキ」などと並んで1918年にメトロポリタン歌劇場で初演された三部作のひとつで、宗教を題材にしつつ母の悲痛がリアルに迫ってくる。
大柄のイゾットンが出色。アリア「母もなしに」など圧倒的な声量でドラマチックに舞台を牽引し、大きい拍手を浴びてました。昨年、メトロポリタン歌劇場デビューも果たしたそうです。

「子どもと魔法」は一転、カラフルでキッチュなファンタジー。お母さん(齊藤純子)に小言を言われたやんちゃな男の子(フランスの若手ソプラノ、クロエ・ブリオ)が、周囲のものに当たり散らし、不思議が起きて反撃されちゃう。椅子や柱時計、お茶期器、暖炉の火、本の中のお姫様、算数、猫たち…。でも子どもが庭に出て、けがをしたリスを手当てする優しさをみせると、動物たちが家に連れ帰ってくれ、子どもが「ママ!」と呼んで幕となる。
曲は繰り返しのリズム感に加えて、モダンなラグタイム風、シャンソン風、さらにはオペラのパロディーと賑やかだ。東洋の茶器の歌詞では「ハラキリ、セッシュー」も飛び出しちゃう。1925年初演で評判をとったけど、その後のパリ公演では賛否両論だったとか。
映像を駆使した演出で、小柄なブリオが終始躍動し、チャーミング。河野鉄平(バスバリトン)や青地英幸(テノール)、三浦理恵(ソプラノ)らが、面白いかぶり物で次々登場し、齊藤はシルエットと声だけだけど、こちらでも存在感がありました。

客席には高校生らしい団体も。ホワイエには飯守泰次郎、ステファン・グールド追悼のパネルが。ワーグナーではずいぶん楽しませて頂きました…

Img_4254 Img_4260

 

「妹背山婦女庭訓」

10月歌舞伎公演 通し狂言「妹背山婦女庭訓」 第二部  2023年10月

初代国立劇場さよなら特別公演のラストは、エキセントリックなキャラばかり(プログラムの大島真寿美さんの解説より)の大定番「妹背山婦女庭訓」の後半。揃い踏みの大詰めに、これまでの感謝と新生国立劇場に向けた期待がこもって感慨深かった。それだけに御大・菊五郎さんの休演が残念だったけど。本館大劇場のやや後ろ上手寄りで1万4000円。休憩2回を挟み3時間半。

序幕は布留の社頭の場「道行恋苧環」で、日本画のような舞踊から後半、子供っぽい恋のバタバタが笑いを誘う。近松半二ものとして、軽快な竹本連中の安定ぶりが嬉しい。季節らしい紅葉のセットに、俳優陣は次代を背負うメンバーが揃う。橘姫の米吉が以前よりほっそりした感じで、優しくて、いい赤姫ぶり。モテモテ求女(実ハ藤原淡海)の梅枝はノーブルで謎めいているけど、やっぱり女方のほうが光るな。セットが明るくなって、元女を追いかけるお三輪の菊之助登場。この2人と並ぶと、ちょっと貫禄が多めか。

休憩でお弁当をつつき、いよいよお三輪の悲劇となる二幕目・三笠山御殿の場。入鹿の歌六は声に張りがあって、怪物というより生き生きした造形が面白い。鱶七(実ハ金輪五郎)の芝翫は金襴の武将姿に転じ、長袴を引き裂いてかついで引っ込んじゃったり、相変わらず芝居ならではの奇想が、おおらかでいい。謎の登場人物、豆腐買おむらの時蔵が余裕たっぷりだ。玄蕃に彦三郎、弥藤太は萬太郎。
短い休憩を挟んで大詰・三笠山奥殿の場。十握の宝剣が龍に変じるところがちょっとチープだけど、最後はまた紅葉いっぱいの入鹿誅伐の場となって、アクロバティックな立ち回りが痛快だ。菊之助による采女(うねめ)局の八咫鏡が威力を発揮し、代役・時蔵の鎌足が焼鎌をふるってあれよあれよ。上演は稀だけど、入鹿のラスボスぶり、物語がいきなり大状況に転じる「セカイ系」のストーリーは現代的です(再び大島真寿美)。大判事は権十郎。芝翫が劇場の未来への期待を語って、大団円となりました。

偶然にも隣に座ったお年寄が、国立劇場の設計・監修に当たったかた、御年93歳!で、「閉場前に観ておきたくてね」と。花道の位置、全自動の回り舞台・スッポンに抵抗した旧世代俳優とのバトルなど、楽しく思い出を聴かせて頂きました~
プログラムには役者たちが、国立劇場への思いを綴った色紙を寄せていて、どれも個性的で面白い。東蔵の「企画の若々しさ」とか、9月に亡くなった猿翁のどでかい「感謝」とか、右近のお茶目なびゃんびゃん麺(56画)や七之助の「バイバイ」とか、丑之助(菊之助の息子)の几帳面な安徳帝の絵、対照的に眞秀(寺島しのぶの息子)の不思議な赤い草木の絵とか。

思えば、個人的には2003年の志の輔さんから始まり、文楽鑑賞でずいぶん通った劇場です。軸は住太夫さん、簑助さんから最近は玉助さんになりました。歌舞伎ではなんといっても2012年、先代團十郎の熊谷が忘れられないし、2016年開場50年の3ヵ月連続忠臣蔵通しが見応えたっぷりだった。2019年に菊五郎さんの正月公演初日を体験して、格好良い吹き抜けのロビーで、めでたい鏡開きを見物したのは、文句なしに楽しかったなあ。この年は菊之助&梅枝の関扉も良かったし、2020年コロナ初期の大変な状況で、文珍さんを聴いたのも、今となっては懐かしい… ずいぶん先になりそうだけど、新開場を楽しみに。それまで厳しいだろうけど、伝統芸能を応援するぞ~

Img_4222 Img_4230 Img_4227

« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »