« 住所まちがい | トップページ | あんなに優しかったゴーレム »

義経千本桜

通し狂言 義経千本桜  2022年10月

初代国立劇場さよなら公演、歌舞伎の幕開けは菊之助が立役として、名優の条件とされる三役にチャレンジする通し狂言「義経千本桜」。2020年3月に中止になった企画のリベンジ、ニンでは狐かと思ったけど、若いうちかも、とAプロ「碇知盛」に足を運んだ。菊之助さん、やっぱり声がよくて二枚目で、主役感満載。スケールアップした感じの梅枝、彦三郎と2029年再オープン後を支えるだろう40代、30代も躍動して、見応えがあった~ 大劇場の前の方で1万2000円。休憩1回を挟み3時間半。

開幕で客電を落とし、菊之助さんが短く物語を解説する映像が流れて親切だ。義経は大河ドラマ前半で活躍してたし、期待が高まる。
舞台は二段目、梅満開の伏見稲荷鳥居前の場から。「火焔隈」の源九郎狐(菊之助)が静御前(大人っぽくなった感じの米吉)を守って生き生きと立ち回り、お楽しみ「狐六方」で引っ込む。声の通る彦三郎の弁慶にやんちゃ感があり、錦之助の義経はお人形のよう。

休憩を挟んで渡海屋の場。船宿の主人夫婦という世話っぽい「やつし」があるから、後半の悲劇が際立つ。菊之助がいなせな渡海屋銀平から知盛に転じたときの、全身キラキラ銀箔をあしらった白装束に拍手。幽霊にみせてるのだから悲壮なんだけど、いよいよという覚悟があって、むしろ清々しい。
続いて怒濤の大物浦の場。梅枝の女房お柳も十二単に衣装替えして、乳人・典侍の局に。梅枝はなんだか丸くなった感じで、貫禄がでてきて良い。衝撃的な自害のシーンが妙に色っぽく、敵に帝を託してというより、仮そめにも夫だった知盛への思いが強く感じられて、ぐっときちゃった。娘お安=安徳帝の丑の助くん、事態を急展させる大事なセリフ「仇に思うな」が立派で、楽しみ。輿に乗って権威を示す演出。
大詰めの入水シーンでは、知盛が背負う碇が本当に重そうで、観ているほうも力が入る。権力に奢った一族の業を背負うと同時に、リアル40代の若さをふまえて観るからか。ラスト幕外で、弁慶が吹く法螺貝の哀愁。  

思えば2009年歌舞伎座さよなら公演で、亡くなった吉右衛門に玉三郎という重厚コンビで堪能した演目だ。それを娘婿が受け継いていくという古典らしい現場に立ち会って、感慨深かった。行儀良すぎとの声もあるけれど、これからこれから。そしてロビーでは複数の知人にばったり。観劇の日常が戻ってきたと、こちらも感慨…

Img_3328 Img_3326

 

« 住所まちがい | トップページ | あんなに優しかったゴーレム »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 住所まちがい | トップページ | あんなに優しかったゴーレム »