« 関数ドミノ | トップページ | 奇人たちの晩餐会 »

落語「磯の鮑」「野ざらし」「猫忠」「一人酒盛」

第七十三回大手町落語~ザ・柳家!2022夏~ 2022年6月

柳家&実力者が豪華リレーの落語会。手練れ四人四様の古典をたっぷりと。年配客中心にいっぱいの日経ホール、前のほうで4400円。仲入を挟みたっぷり3時間。

前座は入船亭扇辰の弟子の辰ぢろで、長屋の嫁がやたら大仰な言葉遣いをする「たらちめ」。続いて二ツ目の柳家小もんで「弥次郎」。柳家小里んの弟子、小さんの孫弟子ですね。弥次郎がご隠居にホラばかりの武勇伝を語るんだけど、まだまだかな。
ここで柳家三三登場。本日のメーンのなかでは若手だもんなあ。寝ててもいいんですよ、でもイビキは困ります、ほかのお客さんが起きちゃうので、などと笑わせて「磯の鮑」。2019年に聴いた、与太郎が「師匠」に吉原行きを習う噺をサラサラと。滑稽で色っぽくて、いい。続いて柳家さん喬が、2019年に兼好さんで聴いた「野ざらし」。いい女の骨に会いたくて釣りに出かけた八五郎の、「サイサイ節」をうなったり、水たまりにはまったりの無茶ぶりが楽しい。「酔わずに歌えるか、市馬じゃないんだから」もノリノリです。

仲入後はその柳亭市馬。マクラもそこそこに2012年から久々、狐忠信のパロディ「猫忠」。おおらかな運びが心地良い。清元の師匠のところにいる男が、三味線にされた猫の子の正体を現して、から、岡田まい社中のお囃子が入っての名調子に拍手! トリは大好きな柳家権太楼。市馬が理事になって寄席の楽屋が禁煙になったと憤る。4月に不整脈で入院した75才、元気で何よりです。こちらも2019年に聴いた「一人酒盛」。振り回される留さんは気の毒なんだけど、どんどん酔払っちゃう身勝手な熊さんの、何ともいえない愛らしさが、さすがです。あ~、楽しかった。

Fvce6sdacaiee_pImg_1279

« 関数ドミノ | トップページ | 奇人たちの晩餐会 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 関数ドミノ | トップページ | 奇人たちの晩餐会 »