« ダムウェイター | トップページ | 桑田佳祐 LIVE TOUR 2021「BIG MOUTH, NO GUTS!!」 »

鶴瓶「山名屋浦里」「お色直し」

笑福亭鶴瓶落語会  2021年11月

鶴瓶さんの独演会。いつもの漫談「鶴瓶噺」を皮切りに、じっくり2席で充実。老若男女、ファンが集まった感じのサンシャイン劇場、中ほど下手端で6000円。キューちゃんのお土産付きです。休憩を挟んで2時間。主催はニッポン放送。

鶴瓶噺はナイナイの矢部浩之から「5歳の息子が落語にはまって」とチケットを頼まれたけど、これが自分ではなく喬太郎ファンで…という爆笑エピソード等々、相変わらずの愛らしさ。そして1席目はちょうど中村屋が赤坂で、歌舞伎版を上演中の「山名屋浦里」。安定です。
仲入後は初めて聴く「お色直し」。元花魁と若い衆の夫婦が、金に困って安女郎屋を開く。亭主は「直す」=延長を促す一方で、女房がもてると気が気でなく… 志ん朝さんも得意だったという郭噺だけど、色っぽいというより亭主の駄目ぶりが味わい深かった。三味線や太鼓で賑やかに〆となりました。

Img_7964 Img_7968

 

« ダムウェイター | トップページ | 桑田佳祐 LIVE TOUR 2021「BIG MOUTH, NO GUTS!!」 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ダムウェイター | トップページ | 桑田佳祐 LIVE TOUR 2021「BIG MOUTH, NO GUTS!!」 »