« 友達 | トップページ | さん喬「塩原多助一代記」 »

Official髭男dism全国アリーナツアー

Official髭男dism全国アリーナツアー『Official髭男dism one - man tour 2021 – 2022 -Editorial-』  2021年10月

人気バンドを体感したくて、晴天の長野、多目的スポーツアリーナ「ビッグハット」まで足を運ぶ。その甲斐がある、完成度の高い2時間強だった。
ヒット曲満載のセトリと、それを生かす大規模かつ格好良い演出。16都市ものアリーナツアーを実現できて、本当に良かったね~と心から拍手! 3階の下手端で9020円。

オーディエンスは総じて若いけど、アリーナぎっしりの割に大人しめかな。
藤原くんが終始、突き抜けるハイトーンボイスと全力アクションで、ステージを引っ張る。その健気さを、バンドとサポートメンバーが堅実に支えて、ライブ力を発揮。みどりの雨避け等、8月発売アルバムの佳曲をアコースティックに聞かせてからの、お約束 Stand by you、ブラザーズ、Fire Ground の盛り上がり、そして本編ラスト、創作の苦しみを吐露した Lost In My Room が染みます。
セットがまた凄いスケールで、照明と大画面が上下左右に動いちゃう。照明はスポットとか床置きミラーボールとか、曲の内容を豊かに表現するし、大画面は映像が映ってないときは格子状に透けてびっくり。まさに羽ばたくような Laughter、転調転調の Cry Baby が特に劇的。プロジェクションマッピングとは別の技術と作り込みで、これだけ表現できるんだなあ。

藤原くんのちょっと訛ったMCは真面目で、自ら「選挙演説みたいって言われるけど」と不満げなのが、また可愛い。前回、長野でのライブは3年前、まだライブハウスで、お土産に七味をもらったとか。出世したね~ ︎これからも、すくすく育っておくれ。


以下セットリストです。

1,HELLO
2,宿命
3,パラボラ
4,Shower
5,みどりの雨避け
6,Bedroom Talk
7,Laughter
8,フィラメント
9,Stand By You
10,ペンディング・マシーン
11,ブラザーズ
12,ノーダウト
13,FIRE GROUND
14,Cry Baby
15、Editorial
16、アポトーシス
17,Lost In My Room


アンコール:

18,Pretender
19, 異端なスター
20,I LOVE…

Img_6915_20211007215701 Img_6963 Img_6975 Img_7056

« 友達 | トップページ | さん喬「塩原多助一代記」 »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 友達 | トップページ | さん喬「塩原多助一代記」 »