« ムサシ | トップページ | Official髭男dism全国アリーナツアー »

友達

シス・カンパニー公演 友達   2021年9月

安部公房の1967年青年座主演作を、1993年生まれ加藤拓也の演出・上演台本で。ケラさんの「砂の女」以上に不条理感が強くて、頭がグラグラしちゃった。老若男女幅広い観客が集まった、新国立劇場小劇場のなんと最前列、やや下手寄りで1万円。休憩なしの1時間半。

平凡な青年(鈴木浩介)が一人暮らしする部屋に、ある日突然9人家族が上がり込む。青年は怒り、追い出そうとするが、警官も恋人も取り合わない。あげく「民主的多数決」で暮らしを蹂躙され、追い詰められていく。

床にドアがあって人が出入りする、時空の歪みがまず、心をざわつかせる(美術はお馴染み伊藤雅子)。延々続く、かみ合わない会話。でも、謎の9人家族が振りかざすのは、「友達の助け合い」という耳障りの良い言葉なのだ。ネットとコロナが人と人の関わりを揺るがす今、描かれる「世間」の暴力がなんともリアルで重い。特にラストがエイリアンばりに衝撃。安部公房、怖いよー。

安部公房スタジオ出身の祖母・浅野和之はじめ、キャストはよくぞ集めたと思うくらい、曲者揃いで贅沢。9人家族は父がトンデモをやらせたらピカイチの山崎一、母がキムラ緑子、息子たちが暗い林遣都、やんちゃな岩男海史、大窪人衛、娘たちが「ごめんね青春!」の富山えり子、有村架純、可愛い伊原六花。
さらに婚約者に西尾まり、管理人に飄々とした鷲尾真知子、髭の弁護士に文学座の内藤裕志。部屋の外「世間」の人々は、わかりやすくロープをひきずっている。
暗転のノイズミュージックは谷川正憲と萩谷まきお。

Img_7551

 

« ムサシ | トップページ | Official髭男dism全国アリーナツアー »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ムサシ | トップページ | Official髭男dism全国アリーナツアー »