« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020喝采づくし

2020年はコロナ禍でエンタメが激減したけれど、振り返ると例年の半分くらいは鑑賞できていて、関係者の努力に感謝。

なんといっても今となっては夢のようだった、1月のQUEEN+ADAM LAMBERT THE RHAPSODY TOUR! お馴染みのキャッチーな楽曲、演出もキンキラで文句なしに樂しかった~

世界が一転したコロナ後は、伝統芸能の災厄を鎮めるという要素が、胸に響いた。特に歌舞伎の、再開後初だった8月猿之助「吉野山」や、年末の玉三郎&菊之助「日本振袖始 」のケレン。ベテランの健在もことのほか嬉しく、仁左衛門「石切梶原」の茶目っ気、吉右衛門「俊寛」の虚無を堪能した。ベテランといえば11月の狂言「法師ケ母」で、90歳近い万作さんの鍛錬に脱帽。「茸」も面白かったし。
文楽は2月の勧進帳で玉助さん初役の富樫、9月にはハッピーエンドの「壺坂観音霊験記」が楽しかったな。
落語は三三の説得力ある「柳田格之進」、正蔵さんのダークサイド「藁人形」、志の輔の爆笑「茶の湯」など。

演劇では、再開間もない7月の「殺意 ストリップショウ」の鈴木杏が、人間の滑稽さをえぐり出す一人芝居をピュアに演じきって圧巻だった。10月には鵜山仁演出のシェイクスピア史劇最終作「リチャード二世」で、岡本健一が描く人間の愚かさに引き込まれた。
対照的に、三谷幸喜「23階の笑い」は笑いと哀愁に徹して、喜劇人の心意気がひしひし。ケラリーノ・サンドロヴィッチ&緒川たまき「ベイジルタウンの女神」も、変わらないお洒落なケラ節が染みた。
大好きな岩松了さんの2人朗読劇「そして春になった」、安定の前川知大「迷子の時間」なども秀作。なんだか劇作家・長田育恵に縁があり、「ゲルニカ」「幸福論~隅田川」が印象的だった。

一方、海外からの歌手・オケが壊滅したオペラは、すっかりお預けに。滑り込みで2月の来日ミュージカル「CHESS」は、大人っぽくて良かった。 
番外編として、コロナ禍ならではの配信へのチャレンジもいろいろと。4月の一之輔10日連続生配信では、「団子屋政談」「笠碁」など、巧さと同時に、持ち前の愛らしさや寄席を維持したい思いが伝わっていた。5月のStayHomeWeek最終日には、三谷幸喜の名作「12人の優しい日本人」の読み合わせで、会議の戯曲を会議ツールで見せるという、この時期ならではのセンスが光ってた。
2021年の復活を祈って…

オレステスとビュラデス

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース オレステスとビュラデス 2020年12月

瀬戸山美咲作、1982年生まれの杉原邦生が演出する新作を渡邊寿岳撮影の配信で。若者2人の「ロードムービー」で、怒りの連鎖を鎮めた先に開ける、一筋の希望をスタイリッシュに描く。2時間強。2500円。
骨組みや機材の箱による殺伐とした装置、ラップ調のコロスがポップで乾いた舞台を構築。杉原邦生、いま一番攻めてるかも。美術は松井るみ。映像がアップも空撮も自在で、舞台鑑賞とは異なる作品になっている。

物語はお馴染みオレステス(鈴木仁)が母殺しの後、復讐神の呪いを克服しようと親友ピュラディス(「大地」で頑張ってた濱田龍臣がチャーミング)と、遠くタウリカ(クリミア)を目指すという、新たな創作だ。初舞台の鈴木が前半は頼りなく、終盤に入って意志の力を見せてなかなか健闘。
ギリシャへの抜き難い恨みを抱えるトロイの女など、複数のキーパースンを演じる趣里が鮮烈だ。30歳にして、大女優の風格です。同じく複数役の大鶴義丹も、さすがの安定感。

てにあまる

Sky presents てにあまる  2020年12月

波乱の2020年、エンタメ締めくくりは地味めの観劇となった。家族の閉塞と闇を描いた松井周の新作を、柄本明が演出。藤原竜也がほぼ出づっぱりで、病んでいく主人公を笑いをまじえつつも鮮烈に。この人でなきゃ、痛々しくて見ていられないかも、と思わせる。
事前の連絡先登録はあるものの、割と通常形式の東京芸術劇場プレイハウス、下手寄り前の方で9800円。休憩なしの1時間40分。企画制作はホリプロ。

アプリ開発で成功した起業家・勇気(藤原)がわざわざ絶縁していた貧しい父(曲者全開の柄本)を迎えに行き、同居を始める。住まいは豪華マンションなんだけど、その実、経営は行き詰まっている。怒りをコントロールできずに酒と安定剤漬けで、忠実な部下(「カリギュラ」がなかなかよかった高杉真宙)にも、妻(初舞台の佐久間由衣が清潔)にも見放され始めた。出口を求め、少年時代に父の暴力と兄の死で負った心の傷、そしてホームで死んだ母への贖罪の思いを乗り越えようともがくものの、事態はどんどん悪化し…

果たして兄の死の真相は、妻と部下は不貞を働いているのか… 妄想がAIアプリの見当違いの反応と混濁し、勇気を追い詰めていくさまが、現代人の不安を見せつけて巧い。AI、実は粗暴な父より怖いかも。部下と妻が、ありえない床下の階段から出入りする演出も印象的だ。美術は土岐研一。
20201226-009

「日本振袖始 大蛇退治」

十二月大歌舞伎 第四部 2020年12月

再開後は映像主体の演目だった玉三郎が通常出演と聞き、「日本振袖始 大蛇退治」に駆けつける。玉三郎、菊之助が役者らしさを発揮、舞踊のフォーメーションも見事で、休憩なしの1時間弱があっという間だ。やはり入りの良い歌舞伎座1F上手はし、前の方で8000円。

近松の時代物浄瑠璃を1971年、6世歌右衛門が舞踊として復活させ、1998年に玉三郎が新たな構成に仕立てたそうです。以来上演は数えるほどで、私も初見で堪能。
岩長姫、実は八岐大蛇が棲まう出雲の森。謡いがかりの義太夫で美女・稲田姫(梅枝)が登場、生贄にされる運命を嘆く。恋人・素戔嗚尊(凛々しい菊之助)は羽々斬(はばぎり)の名剣をもたせる。すっぽんから真っ赤な衣装で岩長姫(玉三郎)がせり上がり、大拍手。謡曲「猩猩」を踏まえた浄瑠璃にのって八つの瓶を呑み干し、月の光のした存分に踊り、稲田姫を呑んで姿を消す。今回は妖気よりも、扇の表現など色気が勝っていて、楽しそうな感じが印象的。

格好いい大薩摩を挟んで、後半は神力無双の素戔と大蛇との立ち回りだ。玉さまは角に毒々しい隈取、金と黒の鱗模様の衣装に変身。八頭八尾の怪物とあって、7人もの分身役が揃いの出で立ちで、固まってエビ反ったり、長く伸びてのたうったり、一糸乱れぬ舞踊を繰り広げる。いやー、「鬼滅」もびっくりの大迫力だ。おどろおどろして美しくて、どこか虚無的。ついに稲田姫が名剣で大蛇の腹を裂き、十握(とつか)の宝剣も携えて戻り、玉さまが岩の、そのまた上の段に登って幕となりました。
孝太郎のコロナ感染で一時、玉さまの休演があったけど、無事復帰。邪気を払う芸の力。面白かった!
 
20201223-005 20201223-008

23階の笑い

シス・カンパニー公演 23階の笑い  2020年12月

ニール・サイモンの93年初演作を、三谷幸喜の上演台本・演出で。うたかたの笑いに誇りをかける者たちの、可笑しくも切ない群像。全開の三谷節が心地いい、良質のコメディだ。翻訳は徐賀世子。市松配置ではなく、なんと席間にこげ茶の不織布パーティションを立てた世田谷パブリックシアター、中央あたりで1万2000円。テンポがよく、休憩なしの2時間も長く感じない。

時はマッカーシズム吹き荒れる1953年。マンハッタンの高層ビルの1室で、大物コメディアン、マックス・プリンスを囲み、放送作家たちが冠バラエティ番組のコントを練っている。テレビ局上層部から予算削減や放送時間短縮を突きつけられて…
ネタ作りは毒舌、喧嘩なんでもあり、隙きあらば笑いを盛っていく真剣勝負だ。そして本番はマックスの即興センス次第。現場への愛着が温かいだけに、政治的軋轢、なにより大衆の飽きという現実が残酷で、コロナによる配信台頭とも重なる。

どこかしらはみ出した作家7人+秘書が生き生きして、アテ書きのよう。マックスの小手伸也が、体を張った笑いで突出し、常に体調不良の梶原善が、マックスとの絆でしみじみさせる。若手も紅一点の松岡茉優が期待通り凛とし、狂言回しの若手・瀬戸康史も明朗。ほかに白シーツの気取り屋・吉原光夫、ひときわ弁が立ち、ハリウッドに転身する鈴木浩介、ロシア移民のシュールな山崎一、調子っぱずれの秘書・青木さやか、浅野和之が冷静に全体を引き締める。これが三谷のショーマンシップなんだろうなあ。
ラスト、街灯の明かりに9人が並ぶシーンが美しい。窓のビル影や雪も洒落ている美術は堀尾幸男、雄弁な照明は服部基。

20201220-010

三人の国宝「葛城」「祈り」

三人の国宝~祈り~ 2020年12月

創作能を中心にした、ちょっと不思議なイベントに行ってみた。国立能楽堂の脇正面で1万円。休憩2回で1時間40分。

まず長唄鳴物の藤舎名生(とうしゃ・めいしょう)が横笛(篠笛)を独奏。嵯峨野の風景「竹林の詩」、義経と天狗の激しい剣の修業から静かな風に至る「蔵馬」。80近いけど背筋が伸びてます。
休憩後に一調一管「葛城」。観世流・梅若実玄祥の謡、大蔵流・大倉源次郎の小鼓に、若手から藤田流・竹市学の能管が加わる。この季節に合わせ、雪の葛城山に女神が舞う能「葛城」を題材にした、藤田六郎兵衛による作調曲とのこと。さすがに音が力強い。
続いて西尾智子プロデューサーの司会による国宝三人のトーク。70歳超えた実さんは、声も内容もしっかり。一方、京都住まいの名生さんが山歩き話などして、終始マイペースなのが微笑ましい。

休憩を挟んで眼目の創作能「祈り」。国宝三人に、無名塾出身のテノール・佐賀龍彦がバロック初期にあたるカッチーニ「アヴェ・マリア」を歌う。実さんが2002年、ニューヨークで同時テロ追悼薪能として舞ったそうで、作り物で登場して、邪気を払うような動き。でもここ数年、重病を経験したせいか、足がお辛そうでした…

20201220-050 20201220-053

文楽「桂川連理柵」

令和2年12月文楽公演 第二部  2020年12月

締めくくり中堅主体の本公演は、年の差心中の世話物。鶴澤清馗のコロナ感染、豊竹咲寿太夫も濃厚接触認定による中止を乗り越えての上演となった。国立劇場小劇場の前の方中央で4500円。休憩なしの1時間半。

まず六角堂の段を、小住太夫が咲寿の分もこなし、亘太夫のほか、清馗に替わり鶴澤清志郎が登板。しっかり者のお絹(一輔)が丁稚長吉(清五郎)を言いくるめる。
続く帯屋の段は織太夫、燕三の安定のチャリ場から、藤太夫、清友にリレー。継母おとせ(玉佳)と義弟・儀兵衛(蓑紫郎)のノリノリの長右衛門(文司)いじめ、お絹の痛快な逆襲、長吉の可笑しみ、そして老父・繁斎(玉助)の切々とした苦言を存分に。父と妻の善意に触れても、幼いお半(蓑二郎)ののっぴきならない決意を知って、長右衛門は悲しい宿命をたどる…

嶋大夫さん、勘十郎さんや玉男さんで2度観ているけど、やっぱり変化に富んで面白かったです。激動の1年、お疲れでした!

20201213-003

そして春になった

m&Oplaysプロデュース  そして春になった   2020年12月

大好きな岩松了さんの作・演出の朗読劇。といってもかなり動きがあるし、桜や湖面の照明も綺麗で、二人劇の感じだ。因縁と歪んだ共犯関係。怖い女への奇妙な憧憬というべきか。岩松さんらしい余韻があって、短編小説の味わい。演劇好きが集まった感じの本多劇場、前のほう中央のいい席で5500円。休憩なしの1時間。

映画監督の妻(松雪泰子)と愛人(ソニン)が、モノローグで葛藤の日々を回想する。別の日程では片桐はいりと瀧内公美バージョンも。持っている台本wp落として、入れ替わるあたりが緻密。監督が現実の女の影を、映画撮影の話だと誤魔化した、そんな虚実の混濁が面白い。
松雪は嫉妬する役だけど、スリムな赤紫のドレス姿、持ち前の凛とした気品で、舞台を支配。対するソニンも、クライマックスで白いドレスに転じて懸命さを表現。単なる女同士のバトルにならず、全体がお洒落なのがさすが。照明は沢田祐二、美術は中根聡子。

20201212-016

 

「短命」「茶の湯」「蜘蛛駕籠」「井戸の茶碗」

傅志会 第十二回  2020年12月

立川流4人が順序を替えつつ演じ、志の輔&談春が揃う予約困難な落語会に足を運んだ。イイノホールで5500円。

まず生志(しょうし)があがって、コロナ対策のやや愚痴っぽいマクラから「短命」を勢いよく。「何やったって後は兄さんたちがなんとかしてくれる」と楽しそう。続いて志の輔が、コロナ話から爆笑の「茶の湯」をたっぷりと。半可通の無茶苦茶、泡だらけの「茶」に耐える顔芸もすごくて、身をよじる。さすが。
仲入りを挟んで談春が、志の輔は来週4日間も大阪だから「今日が見納めかも」などといじり倒して、「蜘蛛駕籠」。テンポが良く痛快だ。酔客も見事で、崩れた感じが談春らしい。トリは雲水となり、志の輔が長引いたせいか?マクラなしでお馴染み「井戸の茶碗」を丁寧に45分。正しい武士に振り回されちゃう屑屋の実直な感じが、ニンでしたね。満喫~

20201207-001 20201207-007

文楽「二人禿」「芦屋道満大内鑑」

文楽鑑賞教室  2020年12月

鑑賞教室は景事と時代物をバランス良く。国立劇場小劇場、前の方中央で4100円。休憩無しの1時間40分。
この日はAプロで、まず靖太夫、團吾らで賑やかに「二人禿」。京島原の遊郭で、振袖姿の禿二人(足付き)が恋文の使いの愚痴やら、羽つき、鞠つきやらで過ごす。玉翔、蓑太郎は可愛らしさが今ひとつかな。

亘太夫、頼もしい寛太郎の解説を挟み、「芦屋道満大内鑑」から葛の葉子別れの段。安倍晴明の母・葛の葉が実は白狐という異類婚姻譚。ファンタジーだなあ。三人遣いの始まりの演目でもあるそうです。豊竹咲寿太夫のコロナ濃厚接触者認定により、中は竹本小住太夫、野澤勝平コンビが登板、奥で9月に療養から復活した呂勢太夫と富助。まだ本調子ではないかも。
物語は阿倍野にある保名(玉也)の家で、妻・葛の葉(勘十郎)が機織りするところへ、本物の葛の葉姫(紋秀)と老父母(玉志、紋臣)が訪ねてくる。瓜二つの姫の交錯が面白い。葛の葉は可愛い安倍童子(玉路)をおいて去ることを決意。勘十郎さんが得意の狐への变化で、躍動する。襖いっぱいに書かれた「恋しくばたづね来て見よ」の歌が切ない。面白かった~
ロビーには清治さん文化功労者認定のお知らせが。めでたい。

20201206-003 20201206-005

 

 

鶴瓶「かんしゃく」「らくだ」

笑福亭釣瓶落語会  2020年12月

冷たい雨まじりの週末に、2年ぶりの鶴瓶さん。いつものサービス精神と、「コロナのことばっかり考えていられるか!」という本音が嬉しい。幅広い客層が集まった市松模様の赤坂ACTシアター、やや前寄り上手で6000円。席に協賛のカップ麺とお漬物が置かれてた! 中入を挟んでたっぷり2時間半。プログラムの文章は神田伯山。

まず「ハリウッドランチマーケット」のHのトレーナーで登場して、フリートーク。「あの人(首相)はっきりしない、近所の中華で入ってくるなりカレー!て注文したお客さんがいた、あのはっきりした人にやってほしい」などと始めて、志村さんの思い出と遺影とか、お馴染みマネジャー宇木さんの土砂降りエピソードとか、友達がマイジンググレイスを熱唱する留守電とか、ポンポンと畳み掛けてトホホな日常を笑いに変えちゃう。談志が師匠・6代目笑福亭松鶴の「らくだ」を絶賛した文章も披露。

今年なんとか実現した落語会を、定員に対して何席入れたかを含めて振り返るビデオ(11月末の北海道公演は中止になってた)に続いて、1席目は「かんしゃく」。益田太郎冠者(益田孝の次男)作の古典をベースに、小朝の勧めで松鶴を描いた「私落語」だ。とにかく恐くて内弟子を叱りまくり、しかも何を言ってるか意味不明。緑のマジックを「これが信号機の青や!」などと無茶苦茶だけど、「お客さんの気」を教わった、逃げ出しそうにな弟子を諌めたかつての兄弟子に電話で「お前のアドバルーン(アドバイス)やろ、余計なことすな!…ありがとな」。定番「青木先生」ほど泣かせないけど、温かい噺です。志ん朝からもらった錦松梅とか、漬物にスダチをかけるとか、さりげなく洒脱な人物像もいい。

中入後はお待ちかね松鶴十八番の大ネタ「らくだ」。ダメ人間ばかりでアナーキーで、つくづく乱暴な関西弁がぴったりだなあ。2016年に聴いて仰天したときと比べると、兄貴分の凄みはさほどでなく、紙屑屋が酒が入って豹変するあたりに力が入っていた印象。いったん下げてから、らくだが家に帰ってきちゃう鶴瓶バージョンでした。
幕をあげ、お弟子さんと三味線が並んで、かんかんのうで賑やかに〆でした。
20201205-001 20201205-002

 

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »