« 落語「高砂や」「夢の酒」「もう半分」「お見立て」「鰻の幇間」 | トップページ | 歌舞伎「連獅子」「吉野山」 »

赤鬼

赤鬼 2020年7月

野田秀樹が1996年初演の代表的戯曲を自ら演出、1700人以上の応募者からオーディションで選んだという育成プロジェクト「東京演劇道場」のメンバーらによる上演だ。スタイリッシュな演出、そして若い俳優陣の懸命さゆえだろう、2014年に観た中屋敷法仁演出版と比べても、人間存在の悲しさ、残酷さが際立った印象。東京芸術劇場シアターイースト、整理番号方式の1席おきの自由席で5000円。休憩なし90分。

小さい正方形の舞台スペースを客席が囲む仕立て。通路の方までビニールシートで覆った「ディスタンス」の現実が、時節柄とはいえ「異物」がテーマとなる本作と共鳴して、開演前から心がザワザワ。わずかな道具、スターのいないキャストだからこそ、「理解しようとしないことの罪」が鋭く刺さる。四半世紀をへた戯曲の普遍性、言葉の力を痛感。

妹がいったん九死に一生を得たのに、なぜ自ら死を選んだのかを、兄が回想していく物語。人物はシンプルな白い衣装、鬼だけが赤い飾りを付け、道具は揺れる丸テーブルなど(美術・衣装はなんと日比野克彦)。アンサンブルの組体操のような動きだけで、激しい嵐や波から共同体の裁判までを、自在に表現する。洞窟の壁画など、狭い空間に広がるイマジネーション。これぞ演劇、さすが野田さんです。

メーンキャスト4人は上演日によって4組あり、この日はAチーム。これが良かった。ミズカネは史劇などでお馴染み、声に力がある河内大和。嘘ばかりつきながら、共同体の息苦しさとは無縁の「海の向こう」を夢見つづける姿で、切なさと愛嬌を表現。兄とんびの木山廉彬は、無垢という難しい役どころを、時に笑わせながら飄々とテンポよく。鬼の森田真和はセリフが言葉にならない難役だけど、声が高くて、おばさんのような小鬼のような独特の存在感。関西をホームグラウンドに、木ノ下歌舞伎などに出ている役者さんなんですねえ。英語っぽいセリフ(I have a dreamなど)は演出によって違うようです。妹あの女は透明感がある夏子。

芸術監督として劇場再開の矢面に立つ、野田さんの気迫もひしひしと。終わってロビーには野田さんのほか、木ノ下裕一さんらしき姿も。

111415500_10223118168764076_364350090559

« 落語「高砂や」「夢の酒」「もう半分」「お見立て」「鰻の幇間」 | トップページ | 歌舞伎「連獅子」「吉野山」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 落語「高砂や」「夢の酒」「もう半分」「お見立て」「鰻の幇間」 | トップページ | 歌舞伎「連獅子」「吉野山」 »