« 英国ロイヤル・オペラ・ハウス 椿姫 | トップページ | 志ん朝「愛宕山」「文七元結」 »

クレシダ

クレシダ  2020年5月

平幹二朗最後の出演作となった舞台「クレシダ」を、番外編の録画で鑑賞。英国のニコラス・ライトが2000年に発表した戯曲を、芦沢みどり翻訳、森新太郎のシャープな演出で。2016年9月にシアタートラムで上演、シーエイティプロデュース。
1630年代ごろ、声変わり前の少年が女役だった時代のロンドン・グローブ座。劇場に居場所を見つけようともがく孤児スティーブン(浅利陽介)に、かつて名優だったけど、いまやその面影はないシャンク(平)が演技をつける。新旧のぶつかり合い、時代の移り変わりの残酷さと、その先に宿る舞台職人同士の敬意が染みます。

圧巻は上演時に評判だった2幕、「トロイラストとクレシダ」の熱血指導シーン。そこに至るまでのバックステージ模様がうまい。シャンクは金にだらしなく行きあたりばったり、スティーブンはなんとも不器用でちぐはぐで、ろくにセリフをしゃべれない。モテモテの花形女役ハニー(橋本淳)がからんで、1幕は下世話などたばたが繰り広げられる。
しかしスティーブンを急遽クレシダに仕立てるはめになり、スイッチが入ったシャンクは、シェイクスピア悲劇のセリフ回しを堂々ときかせる。平の落差と存在感。その大時代さに、浅利もなかなかどうして、負けてないのが偉い。必死に食らいつき、自分の道を見つけていく。

散りばめられるシェイクスピアのセリフも楽しく、高橋洋、花王おさむが安定の達者さでワキをかためる。シャンクの死の床を表す、幻想的な雲のセットが効果的だ。美術は堀尾幸男。

« 英国ロイヤル・オペラ・ハウス 椿姫 | トップページ | 志ん朝「愛宕山」「文七元結」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 英国ロイヤル・オペラ・ハウス 椿姫 | トップページ | 志ん朝「愛宕山」「文七元結」 »