« At Hopme Gala | トップページ | Maggio Musicale Fiorentino At-Home Concert »

一之輔 YouTube落語生配信

春風亭一之輔の10日連続落語生配信    2020年4月

鈴本演芸場の4月下席(21〜30日)夜の部でトリをとるはずだった一之輔師匠が、17日に公式YouTubeチャンネルを開設。鈴本に合わせ10夜連続で20時10分から、高座の生配信に踏み切った。当初はちょっとやりにくそうだったけど、毎晩期待通りの爆笑で、スーパーチャット(投げ銭)も大賑わい。いいチャレンジでした~
会場はお馴染み、神保町らくごカフェでこじんまりした雰囲気だったが、千秋楽はなんと鈴本からお囃子も加わって。ファンを引き止めたいという熱意+初心者も意識して、マクラは地元・野田や師匠とのお酒の思い出、可愛い息子さんとか、時事ネタのマスクの屋台とか、たっぷり。ネタも真っ向古典から独創まで、ちょっと崩れた口調に色気があって、実力発揮してたなあ。
初日から「団子屋政談」でぶっちぎる。初めて聞いたんだけど、「初天神」のあと大岡越前が出てきて親子の情愛ものになっちゃうアクロバティックな展開を堪能。殿村部長(談春さん)を噂したり、第三夜にはなんと「芝浜」の粗筋をしゃべっちゃってから、バカバカしい「百川」へ。
直前の時間帯に三三さんが生配信で、情緒たっぷり2席披露してたり、一之輔さんが柳家の大事な、といいながら「千早ふる」でのびのび暴走したら、なんとその翌日に小三治さんが偶然なのか「千早ふる」をかけて(前座か!)、その日の「青菜」はきっちりした印象になったり、配信ならではのライブ感も。10席のなかでは、やっぱり雨の日の「笠碁」が可愛らしかく、思わずさん喬さんの録画(渋い)で聴き比べちゃいました。最終日はマスク屋台が出ているご当地上野の、いつもなら花見なのになあ、という感慨から市馬、一之輔で聴いたことがある「花見の仇討ち」で、賑やかに〆。
「団子屋政談」「粗忽の釘」「百川」「千早ふる」「青菜」「らくだ」「笠碁」「鰻の幇間」「お見立て」「花見の仇討」

20200430-014

« At Hopme Gala | トップページ | Maggio Musicale Fiorentino At-Home Concert »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« At Hopme Gala | トップページ | Maggio Musicale Fiorentino At-Home Concert »