« U2 THE JOSHUA TREE TOUR 2019 | トップページ | 文楽「一谷嫩軍記」 »

Q

NODAMAP第23回公演「Q A Night At The Kabuki Inspired by A Night At The Opera」  2019年12月

映画で「ボヘミアン・ラプソディ」現象が起こる前に、クイーンメンバーからオファーを受け、名盤「オペラ座の夜」にちなんで野田秀樹が作・演出。いつにも増して2重3重のイメージの飛躍に目が回るけど、意外にストレートなメッセージが心に響く秀作だ。
シベリア抑留の悲劇から、人間性の否定に対する強い怒りが、そして30年後に届く手紙から、切ない鎮魂の思いが、時空を超えて立ち上る。終わらない争い、世界の分断のなんと罪深いことか。60代の野田さん、衰えてません。東京芸術劇場プレイハウス、後ろ寄り上手で1万2000円。休憩を挟んでたっぷり3時間だけど、長く感じない。

全編に楽曲が流れるものの、クイーンというよりも、「見立て」などカブキの印象が強い。お馴染み「ロミオとジュリエット」を、源平の争いに置き換え、1幕では生き残った、それからの瑯壬生(ろうみお、上川隆也)と、それからの愁里愛(じゅりえ、松たか子)が、映画「ゴースト」よろしく若い瑯壬生(志尊淳)と愁里愛(広瀬すず)を見守り、なんとか悲劇を食い止めようとする。ポップな舞台(いつもの堀尾幸男・美術、ひびのこづえ・衣装)に、寺子屋や熊谷陣屋、俊寛を思わせるシーンが散りばめられる。
届かない手紙の紙飛行機が、爆撃機に転じ、物語が深まるのは2幕。若き日の恋人の望み通りに「名」を捨て、無名戦士となった瑯壬生は、尼寺に行って(ハムレット!)従軍看護師となった愁里愛と束の間再会するものの、国家に翻弄されていく。存在をなかったことにしてしまう残酷さ、深い喪失感と絶望、それでも思い続けるということ。終幕に至ってクイーンの叙情が染みる。ドラマの合間には2019年を象徴する「ハカ」など、遊びもぎっちり。

松が凛として出色だ。マイムの仕草一つひとつが、高水準で美しい。頼朝の橋本さとしのかつらが落ちちゃうアクシデントで、咄嗟にポーンとかつらを蹴飛ばす瞬発力! さすが舞台女優、進化してるなあ。
対する上川は、コメディーセンスと生真面目さの切り替えで、舞台の核となる包容力を発揮。殺陣の切れ味が、発見でした。注目の初舞台、広瀬は声がよく伸びて、存在がキラキラして楽しみだ。志尊も健闘。金満・清盛と、おどおどした兵士の2役を演じた竹中直人が手練れ。ほかに源の乳母で野田秀樹、平の母などで羽野晶紀、平の家臣で小松和重、巴御前などで伊勢佳世ら。

分厚いパンフレットも豪華で、なんと吉永小百合との往復書簡も収録。チケットは購入時に来場者の氏名を登録したうえ、「指定の公的な文書」で本人確認する厳重さだった。野田さん、本気です。人気チケットでは、こういう煩雑さがデフォルトになっていくのかしらん。
劇場前の西口公園がきれいになって、屋外ステージもできてました~

20191208-002 20191208-006 20191208-034

« U2 THE JOSHUA TREE TOUR 2019 | トップページ | 文楽「一谷嫩軍記」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« U2 THE JOSHUA TREE TOUR 2019 | トップページ | 文楽「一谷嫩軍記」 »