« オン・ザ・タウン | トップページ | アイランド »

マリア・カラス

「マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ」特別上映会 2019年8月

番外編で、伝説の歌姫のガラ・コンサート映像をスクリーンで。モノクロ、モノラルながら柔らかい歌声、なんといってもオーラが凄い。銀座ブロッサムで2500円、休憩なしの2時間。
1958年12月パリ・オペラ座デビューとなった、レジオン・ドヌール勲章受章者共済会のための慈善コンサートだ。「トスカ」第2幕を含み、現存するなかで最も完全な形で絶頂期の姿を伝えているという。指揮はオペラ座主席指揮者ジョルジュ・セバスティアン、オペラ座国立劇場管弦楽団・合唱団。
ナレーターがガルニエ宮の外の模様から、フランス大統領ルネ・コティの入場を伝え、幕開けはラ・マルセイエーズ演奏。三連符でお馴染みヴェルディ「運命の力」序曲の後、いよいよ中央後方の幕からカラスが登場する。ヴァン・クリーフ&アーベルのダイヤのネックレスが綺羅びやか。
前半は後ろに合唱を従えたアリア集で、いきなり十八番のベッリーニ「ノルマ」から「反乱を教唆する声だ」「清らかな女神よ」「儀式はこれで終わった」「ああ!初めの頃の誠実な愛が」。52年コヴェントガーデン、56年メトデビューで歌い、スカラ座の女王から世界のディーバに飛躍した極めつけの演目だという。ローブをかき寄せつつ、超絶技巧のコロラトゥーラを存分に。続いてヴェルディ「イル・トロヴァトーレ」から「行っていいわ…」「恋はバラ色の翼に乗って」「ミゼレーレ」。ロッシーニ「セビリアの理髪師」序曲を挟んで「今の歌声は」。
そして圧巻は後半、セットを組んで上演した「トスカ」第二幕だ。美人ですらりとした立ち姿に加え、憎しみなど強靭な表現力を味わえる。「歌に生き、愛に生き」の感動、そして幕切れのセリフ。スカルピア男爵のティト・ゴッビ(バリトン)、カヴァラドッシのアルベール・ランス(オーストラリアのテノール)と手を携えて、カーテンコールに登場した姿は、意外に控えめでした。
ちなみに1958年といえば、1月にカラスがローマ歌劇場降板というスキャンダルを起こした年。グロンキ大統領ら著名人が臨席しており、不調をおして出演したものの、客席から口笛(野次)を浴び、大臣らが45分も説得したのに結局、1幕で中止となった。さらに今回の映像のオペラ座コンサートは、世紀の恋・海運王オナシスと接近した場でもあったという。ドラマだなあ。
客席にはブリジット・バルドー、ジェラール・フィリップ、シャンソン歌手ジュリエット・グレコ、ジャン・コクトー、作家ルイーズ・ド・ヴィルモランらも訪れ、欧州各国のテレビ中継で100万人が観たそうだ。まさに伝説。

20190803-005

« オン・ザ・タウン | トップページ | アイランド »

クラシックコンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オン・ザ・タウン | トップページ | アイランド »