« 美しく青く | トップページ | オン・ザ・タウン »

二度目の夏

M&Oplaysプロデュース 二度目の夏  2,019年7月

岩松了作・演出。別荘の庭のワンセットで、新婚2年めの夏を過ごす若社長夫妻と周囲の人々、それぞれの叶わない思いが交錯する。抑えきれない嫉妬、暗い情熱、コミュニケーションしているのに歪んでいく関係。すっかり駅が様変わりした下北沢、本多劇場の中ほどで7000円。休憩無しの2時間強。
いつもながら物語は繊細な会話劇だ。家業を継いでいる慎一郎(東出昌大)は出張の間、別荘に残る妻いずみ(水上京香)の話し相手を、後輩の学生・北島(仲野太賀)に任せる。ベテラン使用人の道子(片桐はいり)はいずみと北島の親密ぶりに気をもみ、秘書・上野(「セールスマンの死」がよかった菅原永二)と家政婦・早紀子(イキウメでお馴染み清水葉月)の秘めた仲も、徐々に怪しくなっていく…
新たに名字「仲野」を名乗る太賀が、期待通り出色だ。慎一郎への憧れと不安定さ、状況からの逃避。受け止める東出は、独特の体温の低い感じと苛立ちが、役に合っている。亡くなった父母の関係に深く傷ついていて、最も親しい人を試してしまうのが哀しい。そして片桐さん。複雑な状況を相対化する役回りで、実に巧い。長いこと大事にしてきたものが、指からこぼれ落ちちゃう焦りを体現する。
お洒落で上品な要素は、岩松さんならでは。太賀が庭先でギターをつまびくシーンや、庭を巡る小川。緊張感が高まるなかで、水に飛び込んじゃう菅原、電機屋の男で自ら登場する岩松さんが、タイミングよく笑いを差し挟む。水上の可憐さ、清水のいたたまれなさもいいバランス。美術は田中敏恵。
戯曲も読みたいな~ 客席には栗原類くんの姿も。

20190727-013 20190727-009

« 美しく青く | トップページ | オン・ザ・タウン »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 美しく青く | トップページ | オン・ザ・タウン »