« 文楽「妹背山婦女庭訓」 | トップページ | 運命の力 »

正蔵「双蝶々」

噺小屋in池袋 皐月の独り看板 第二夜 林家正蔵「双蝶々」通し 正蔵ダークサイド  2019年5月

3月に談春で聴いた、身も蓋もない悪人噺を、正蔵で。子供の健気さなどに定評があるけど、ワルもいける、と思ってた。前座なし、マクラもほぼ振らずに、定吉殺しまでの「小雀長吉」。中入りを挟んで「雪の子別れ」で2時間弱。落語好きのグループが目立つ東京芸術劇場シアターウエスト、上手寄り前の方で3600円。
父子の再会の情よりも、南北並みの不条理に力点がある感じ。番頭、小僧もワル、長吉も奥州で一家を構える親分というより、ケチな強盗の造形だ。大詰めは黙阿弥ばりの七五調になだれ込み、芝居っけたっぷりで盛り上がる。歌舞伎好きの正蔵らしく、暗い噺なんだけど、楽しめる。これが芝居噺というものか。
三味線、鳴り物に三番弟子・林家はな平の附打が加わる。プログラムには殺陣指導・市川新蔵の名も。成田屋仕込みとは、さすが凝り性だし、贅沢だなあ。

 

 

« 文楽「妹背山婦女庭訓」 | トップページ | 運命の力 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 文楽「妹背山婦女庭訓」 | トップページ | 運命の力 »