« サムシング・ロッテン! | トップページ | 歌舞伎「姫路城音菊礎石」 »

2018年喝采づくし

2018年のエンタメをまとめておきます。今年も忙しかったな~
まずは高麗屋3代襲名イヤーだった歌舞伎から。思いがけず11月南座新開場の顔見世への遠征が実現し、まさかの最前列で心のこもった幸四郎&染五郎の「連獅子」に感動した。折しも紅葉狩の賑わいも最高潮で、華やか尽くしで大満足。
南座以外でも、歌舞伎はベテランの名優2人が精力的で、至芸を堪能した。4月「立場の太平次」での一世一代と銘打った仁左衛門の悪の華ぶり、また9月「河内山」での吉右衛門の緩急自在の黙阿弥節は圧巻。玉三郎による「阿古屋」伝承や、福助の5年ぶり復帰という話題もありましたね。
若手ではコクーン歌舞伎「切られの与三」で、立役に挑戦した七之助の繊細な個性が光った。木ノ下裕一の補綴起用も正解。同じく女方で、壱太郎の成長が楽しみ!
古典つながりで文楽は、住太夫、寛治と大師匠の悲報が続き、寂しい一方、五代目玉助襲名が盛り上がった。披露狂言の「本朝廿四孝」横蔵、そして暮れの「鎌倉三代記」三浦之助と、着実にスケールアップしている感じで嬉しい。床は三味線陣が踏ん張り、試練の太夫陣も文字久、千歳が頼もしくなってきた。

洋に目を転じてクラシックは、METライブビューイング「トスカ」にシビれた若きテノール、グリゴーロの来日コンサートに参戦。イタリア男らしいサービス精神、問答無用のナルシストぶりで、文句なく楽しかった。2019年予定の「トスカ」コンビ、ヨンチェヴァとの生オペラに期待が高まります。来てくれ~
新国立劇場のオペラは、バイロイト音楽祭総監督のカタリーナ・ワーグナーが演出した「フィデリオ」が、高水準ながら、皮肉などんでん返しで衝撃だった。
振り返ると計4作と、思いのほかミュージカルを観た年でもありました。なかでも小川絵梨子演出の「ファン・ホーム」が、自分を肯定できないことの哀しさと家族愛を描いていて、 胸に染みた。吉原光夫ら日本人キャストも充実してた。

演劇は例年たくさん観すぎて絞れないんだけど、分断・対立の時代にあってメッセージが鮮烈だったのは、まず庶民の戦争責任を問うた「夢の裂け目」(栗山民也演出、段田安則)。まさか今さら井上ひさしにやられるとは。権威を疑う水木しげるへのオマージュ「ゲゲゲの先生へ」(前川知大作・演出、佐々木蔵之介)、社会の歪みを突きつけるセンスが光った「BOAT」(藤田貴大作・演出)、マクドナーのブラックな笑い「ハングマン」(長塚圭史演出、田中哲司)もパワーがあった。
一方で、足元の幸せをじっくり見つめる秀作も、心に残ったなあ。英国の巨匠ヘアの「スカイライト」(小川絵梨子演出、蒼井優)、アーサー・ミラーの名作「セールスマンの死」(長塚圭史演出、風間杜夫)が秀逸でしたね。特にミラー。まさかこんな地味なお話にやられるとは…
ほかに再演「市ケ尾の坂」(岩松了作・演出)で、普遍的な兄弟愛にしみじみ。特筆すべきは、初体験した木ノ下歌舞伎「勧進帳」。幕切れの開放感が新鮮だった。おかげでまた、ウォッチするクリエイターが増えちゃいましたよ。やれやれ。
女優では年末ギリギリ、「スカイライト」でイメージががらっと変わった蒼井優が筆頭かな。複数の舞台を観た中嶋朋子も、説得力で突出してた。男優陣では、やはり複数の舞台で曲者ぶりを発揮した田中哲司、脇ながら「岸リトラル」から「メタルマクベス」まで、飛び道具なのに雰囲気もある岡本健一。若手では、大東駿介や坂口涼太郎も目立ってたかな。

最後に忘れちゃならない落語。ずいぶん足を運んだけど、喬太郎「任侠流山動物園」が、無茶な設定に講談の技巧が合わさって、意表を突く異次元の可笑しさだった。ほかに爆笑の権太楼「火焔太鼓」、さん喬「百川」、知的な花緑「あたま山」、季節感あふれる市馬「佃祭」、泣かせる文蔵「子別れ」など、いずれも名人芸を堪能。年末は、ぐっと貫禄が出てきた感じの三三「文七元結」で、贅沢に〆ました~

さて、2019年。今のところ大きなイベントは発表されてないみたいだし、エンタメの本数をもう少し絞りたい!  けど、無理かなあ。

« サムシング・ロッテン! | トップページ | 歌舞伎「姫路城音菊礎石」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年喝采づくし:

« サムシング・ロッテン! | トップページ | 歌舞伎「姫路城音菊礎石」 »