« フィデリオ | トップページ

市ケ尾の坂

M&Oplays プロデュース 市ケ尾の坂―伝説の虹の三兄弟―  2018年6月

大好きな岩松了作・演出。1992年(東京乾電池を離れたころでしょうか)初演作、26年ぶりの再演だ。横浜市青葉区に暮らす兄弟の、子供みたいにじゃれ合い、互いを大事に思う日常。なんだか可愛らしい家族劇で、くだらなくも、じんとする。本多劇場の中央いい席で6500円。休憩なしの2時間強。
郵便局員の長男・司(大森南朋)、三男・学(森優作)、サラリーマンの次男・隼人(三浦貴大)は、近所の画家・朝倉(岩松)の後妻で、レコード(!)の貸し借りなんかをするカオル(麻生久美子)のことが、気になってしょうがない。そんな折、朝倉家の家政婦・安藤(池津祥子)から先妻と子供の事情を聞いて…
岩松節の名セリフがふんだんだ。「自信がないから、相手との間に何かを育てるんだ」。人と人の関係は、常に揺れ動く。いつまでも捨てられない子供時代の松葉杖や、花火の夜の高揚が印象深い。
麻生がいつにも増して、気取ってないのに上品な個性で目を引きつける。舞台は3作目という三浦の醸し出す色気が、嬉しい発見だ。「三人姉妹はホントにモスクワに行きたがっているのか?」の森も、丸顔にマッシュルームカットが似合い、駄々っ子ぽさがでていて健闘。
メーンの大森は終始ハイテンションで動き回り、たっぷり笑わせて、長男らしく舞台を牽引。初演は竹中直人が演じたんですねえ。大人計画の池津のコメディエンヌぶりが巧く、岩松さんは派手な風体でインパクト大き過ぎ。
畳敷きにバーカウンターがある、不思議な木造家屋のワンセット(美術は長田佳代子)。昭和な懐かしさだ。岩松さんには珍しく、階段が隠れてるなあ、と思ったら、どっこい障子が開いて、ラストに効果的に使われました。

20180603_004

« フィデリオ | トップページ

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3458/66791122

この記事へのトラックバック一覧です: 市ケ尾の坂:

« フィデリオ | トップページ