« 歌舞伎「雷神不動北山櫻」「女伊達」 | トップページ | 文楽「本朝廿四孝」「義経千本桜」 »

談春「お札はがし」「らくだ」

立川談春独演会2018  2018年5月

昨年は郭噺の会だった、三社祭前の浅草公会堂。今年は意外にシュール気味のネタ2席だ。上手寄りやや前の方で4320円。
前座なしで師匠が登場し、「気が早いけど夏の着物です」「毎年やっている人がいますが、違った感じになると思う」と前置きして、牡丹燈籠から「お札はがし」。毎年やっている、とは、言わずと知れた8月の志の輔らくごのことですね。
この日はお馴染み「カランコロン」から、幽霊より怖い伴蔵・お峰夫妻の悪事のくだり。前半は笑いたっぷりで、大詰めでぞくっとさせる。
中入り後は「らくだ」。なんだか「怖い」つながりだけど、なぜこのチョイスか、という説明はなし。立場逆転で、紙くず屋が半次をやり込めちゃうところまで、約1時間の大ネタです。兄貴分の、強面のくせに妙に人がいい造形が、いい。この演目は、個人的にどうしても鶴瓶のイメージが強いんだけど、さすがにキャラの個性、特に酒を呑んでからの変貌ぶりがくっきりしていて吹き出す。充実でした。

« 歌舞伎「雷神不動北山櫻」「女伊達」 | トップページ | 文楽「本朝廿四孝」「義経千本桜」 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3458/66738571

この記事へのトラックバック一覧です: 談春「お札はがし」「らくだ」:

« 歌舞伎「雷神不動北山櫻」「女伊達」 | トップページ | 文楽「本朝廿四孝」「義経千本桜」 »