« 談春「お札はがし」「らくだ」 | トップページ | METライブビューイング「コジ・ファン・トゥッテ」 »

文楽「本朝廿四孝」「義経千本桜」

第203回文楽公演 第一部  2018年5月

4月の大阪に続いて、五代目吉田玉助襲名披露公演、東京での初日に駆けつけた。4月と同じ演目だけど、口上での仕草や、「本朝廿四孝」の豪快なクライマックスがよりパワーアップ! 名人・竹本住太夫死去の報もあいまって、新世代への期待が満ちる熱気ある舞台でした。国立劇場小劇場、中央前の方のいい席で7000円。休憩を3回で4時間半。
人形陣ばかりで固めた口上から、芝居っけ十分。そして「本朝廿四孝」は先月観たばかりなので、複雑なストーリーも大丈夫。新・玉助の横蔵が豪快だ。鳥が騒いでただならない雰囲気、さらに降り積もった雪を蹴散らす立ち回りと、よくできた演出なんだなあ。清治さんの三味線が相変わらず切れ味鋭く、呂勢太夫も明朗。
ロビーにずらり並んだ花や、知人が多い客席も一段と華やか。道行を舞台後方で語った咲太夫さんの衰えや、文字久太夫さんの大怪我休演は気になったけれど、それを吹き飛ばすウキウキでした。

20180512_029

20180512_017

20180512_023

20180512_025

20180512_016

« 談春「お札はがし」「らくだ」 | トップページ | METライブビューイング「コジ・ファン・トゥッテ」 »

文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3458/66738572

この記事へのトラックバック一覧です: 文楽「本朝廿四孝」「義経千本桜」:

« 談春「お札はがし」「らくだ」 | トップページ | METライブビューイング「コジ・ファン・トゥッテ」 »