« 隣の芝生も。 | トップページ | 文楽「本朝廿四孝」口上「義経千本桜」 »

江戸は燃えているか

江戸は燃えているか  2018年3月

作・演出三谷幸喜。江戸無血開城を題材に、休憩を挟んだ3時間強をドタバタに徹し、初登場の新橋演舞場でシチュエーションコメディを、という作家の覚悟がみなぎる。中央前の方のいい席で1万3000円。製作松竹、企画製作パルコ。

時は慶応4(1868年)年3月。歴史的会談に先立って地ならしのため、新政府軍の西郷吉之助(藤本隆宏、使用人デクと2役)本人が密かに、幕府の軍事取扱・勝海舟(中村獅童)の屋敷に乗り込んでくる。勝の娘ゆめ(松岡茉優)と義弟の村上俊五郎(田中圭)は、なんとしても無益な抗戦を避け、江戸を壊滅から救いたい。甘えん坊で臆病なくせに喧嘩っ早い勝に任せてはおけないと、一計を案じ、庭師・平次(松岡昌宏)を身代わりにたてちゃう。
どだい無茶でありえない設定。お約束の苦しい辻褄合わせや、会ってはならない2人が会いそうで会わないハラハラ、見当違いで突発的な恋が交錯し、後半は西郷の偽物まで登場して徹頭徹尾笑わせる。

昨年の肺腺がんから復活した獅童がハイテンションで暴れまくり、終盤ではアドリブ連発で俳優陣まで吹かせちゃう。対する松岡、田中に色気があって、いい。元浪士組という設定の田中は、大詰めでちょっとチャンバラも(殺陣指導は新感線の前田悟)。
勝を補佐する山岡鉄太郎(鉄舟先生!)の飯尾和樹(ドラマ「アンナチュラル」でも活躍)、西郷の家来・中村半次郎(桐野利秋)の吉田ボイスが、なかなかとぼけた喜劇役者ぶり。勝の妻・八木亜希子はなんと初舞台で、ゲラなところがチャーミング。女中頭の高田聖子が、要所の押さえ役を一手に引き受けて、さすがの貫禄です。

理屈はないけど、三谷さんの「大河ドラマ愛」が感じられ、冒頭で松岡が語る江戸の風景への愛着に、詩情が漂う。勝の妹・順の妃海風(ひなみ・ふう、元宝塚娘役)がリードする劇中歌で、江戸は世界に冠たる百万都市だったけど、当時の住民はそんなことは知らない、という歌詞が印象的だ。歴史的事件に遭遇していても、当事者はどれほど歴史的かは知らず、ただ眼の前の窮地を切り抜けようともがく。滑稽で、愛おしい。時代考証は山村竜也。

20180325_006

20180325_008

« 隣の芝生も。 | トップページ | 文楽「本朝廿四孝」口上「義経千本桜」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3458/66538612

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸は燃えているか:

« 隣の芝生も。 | トップページ | 文楽「本朝廿四孝」口上「義経千本桜」 »