« 小三治「死神」 | トップページ | 文楽「日高川入相花王」「傾城恋飛脚」 »

ちょっと、まってください

ナイロン100℃ 44thSESSION 「ちょっと、まってください」  2017年12月

ケラリーノ・サンドロヴィッチ作・演出。来年25周年を迎える劇団の3年ぶりの新作は、おそらくケラ流を熟知した劇団ならではの、安定の不条理喜劇だ。男性も多い本多劇場、やや後ろ上手端で6900円。休憩を挟んで3時間強。

金持ち一家、父(三宅弘城)、母(犬山イヌコ)、兄(遠藤雄弥)、妹(峯村リエ)は退屈な日々を送っていたが、裏庭に住み着いちゃったホームレス一家、祖母(藤田秀世)、父(みのすけ)、母(村岡希美)、兄(大倉孝二)、妹(水野美紀)に屋敷を乗っ取られる。一家の没落には、実はペテン師だった使用人(マギー)の企みが…というストーリーは、あってないようなもの。「賛成・反対」や「受付名簿」などを巡って、かみ合わない会話とナンセンスな笑いが畳み掛けられていく。

ナンセンスななかに、街を支配しているらしい「飛行船」と市民運動の対立といった、社会の歪みが見え隠れ。時空を超えた「葉書」のやり取りにはコミュニケーションの不安が漂う。
三宅、犬山をはじめとして手練の俳優陣は間合いがよく、飄々と、かつ温かい。なにより不快感がないのがさすがだ。のっけから白塗り、たれ目のメークなので、ブラックな笑いが分かりやすいし。それにしてもこのメークだと、水野の美貌が際立つなあ。大好きな大倉は、飛び道具ぶりは控えめながら、電信柱に登ったり、葉書を書いたりして、笑いと不思議感を牽引。メイドに小園茉奈。

斜めの窓がついた壁の折りたたみと、人力の回り舞台で、屋敷内と裏庭を何度か行き来する。別役実へのオマージュ満載とのことで、裏庭には象徴的な電信柱や月を配置。美術は「陥没」などのBOKETA。ナイロンお馴染みのプロジェクションマッピングが、不穏さを加える。冒頭、幕をちょっと開けるような照明で、俳優を紹介していくのが面白い。

20171202_009_2


« 小三治「死神」 | トップページ | 文楽「日高川入相花王」「傾城恋飛脚」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと、まってください:

« 小三治「死神」 | トップページ | 文楽「日高川入相花王」「傾城恋飛脚」 »