« 薄い桃色のかたまり | トップページ | 薪能「二人袴」「大般若」 »

バイエルン「少年の不思議な角笛」「ワルキューレ」

第15回記念NHK音楽祭2017 バイエルン国立管弦楽団  2017年10月

ワーグナーのお膝元バイエルン国立管弦楽団を引き連れ、音楽総監督キリル・ペトレンコが初来日。1972年ロシア生まれ、2019年からベルリン・フィルの首席指揮者就任が決まっている。しかも美声のクラウス・フロリアン・フォークト(ドイツのテノール)が登場し、圧巻のドラマを満喫した。
この座組のオペラ公演はなんと平日昼間だったため、なんとか1日限りのコンサートに駆けつけた次第。おひとり様ワグネリアンが目立つNHKホール、1F後ろのほうA席で2万円。休憩を挟んで3時間弱。

まずマティアス・ゲルネ(ドイツのバリトン)が登場し、マーラーの歌曲集「少年の不思議な角笛」から7曲を。軽妙な恋の歌などをへて、少年鼓手の死に至る。打楽器が活躍。
休憩後、いよいよワーグナー楽劇「ワルキューレ」第1幕。ピュアなジークムントにフォークト、双子の妹ながら運命の恋に落ちる情熱的なジークリンデに、エレーナ・パンクラトヴァ(堂々たるロシアのソプラノ)。それぞれの身の上話(クドキですね)をしっかり聴かせ、幕切れの愛の2重唱へと、ぐんぐん盛り上がる。夫フンディングのゲオルク・ツェッペンフェルト(ドイツのバス)もドレスデン国立歌劇場の宮廷歌手とあって、豊かな表現だ。
小柄なペトレンコは激しいアクションで、きめ細かく起伏を表現。演奏会形式だけに演出に気を取られず、声の魅力を存分に楽しめて、贅沢な時間でした~
ホワイエでは知人のエコノミストらに遭遇。

20171001_001

« 薄い桃色のかたまり | トップページ | 薪能「二人袴」「大般若」 »

オペラ」カテゴリの記事

クラシックコンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バイエルン「少年の不思議な角笛」「ワルキューレ」:

« 薄い桃色のかたまり | トップページ | 薪能「二人袴」「大般若」 »