« バイエルン「少年の不思議な角笛」「ワルキューレ」 | トップページ | 関数ドミノ »

薪能「二人袴」「大般若」

第十五回飛鳥山薪能  2017年10月

天候に恵まれ、中秋の名月を愛でつつ、野外の薪能に足を運んだ。4月の夜桜能に続き、季節感+伝統芸能で心が豊かになる。しかも予想外にド派手な演目で、なんだか得した気分。
JR王子駅にほど近い飛鳥山公園内野外舞台、前方中央のSS席で8500円。恒例行事とあって団体客も。寒かったけど、落語「王子の狐」を思わせる幸寿司のお稲荷さんを売っていたり、携帯カイロを配ってくれたり、地元あげての手作り感が嬉しい。休憩を挟み約2時間。

まず中村雅之・横浜能楽堂館長の解説、八木光重・王子神社神主のお祓い、花川與惣太・北区長らの火入れ式があって、狂言「二人袴」。若い聟(万作の弟子・内藤連がきびきびと)が挨拶のため、舅(人間国宝の野村万作)を訪ねるが、気恥ずかしいと言って兄(野村萬斎)に付き添ってもらう。兄は門前で待つが、太郎冠者に見つかってしまい、舅に会うことに。祝儀の長袴が1枚しかないので、聟と交互につけて誤魔化すものの、ついに2人同時に招き入れられ、なんと袴を半分ずつ着用。酒を飲むうち、ひとさし舞えと言われて…
現代的な、めちゃ頼りない聟、招かれて大らかに「迷惑だあ」と叫ぶ兄に爆笑。思い余って、袴を前後に裂いちゃうアクションも派手だ。4月にも観た86歳の万作さん、礼儀とか言いながら、自分が呑みたいだけでは、と思わせる、飄々とした雰囲気がいい。

休憩後は再び中村館長の解説後、能「大般若」。意外にも一大スペクタクルで、びっくりするやら、面白いやら。
タイトルは三蔵法師が求めたお経のこと。若い三蔵法師(ワキ、御厨誠吾)が天竺へ向かう道中の流沙河(りゅうさが)で、怪男(前シテ、松木千俊)に出会う。男は「実はお前は前世で大願かなわず、ここで7度命を落としている。自分は川に住む深沙大王だ。今度は経を与えよう」と教える。
大王ノ眷属(うそぶきの面が面白い)の間狂言を挟み、いよいよ後半。まず、しずしずと一畳台が置かれ、華やかな朱の衣装をまとった飛天2人が舞い、長い袖を翻し、三蔵法師を支えて難所を越える。続いて、なんと頭に龍の絵(龍戴)を載せた龍神2人が礼拝すると、ひときわ巨大な龍(大龍戴)を載せ、7つの髑髏を首にかけた大王(後シテ)が登場! 恐ろしい真蛇の面で威圧感が凄い。笈(おい)から経を取り出して三蔵法師に授け、共に高々と読み上げる。大詰めでは1列になった神たちが、順に回るダイナミックなシーンも。台に乗った大王の神通力で、「十戒」のように河が割れるさまを表現してるんですねえ。ついに大願がかない、意気揚々と行く三蔵法師が一度振り返ると、大王が羽団扇を掲げて見送る。
お馴染み「西遊記」に先立つ物語で、1983年に梅若玄祥さんが復曲したとのこと。大王を祀っているのが深大寺で、西遊記ではカッパの沙悟浄に転じたとか。あの首飾りはそういう意味だったのか… 知らなかったなあ。

今回の能舞台は屋根は無く、後方にリアルな松。虫の音に加え、時折都電の音も聞こえてくる大らかなシチュエーションだ。拍手のタイミングがだいぶ早いのもご愛敬。また飛鳥山は江戸時代の桜の名所、人気行楽地であり、明治になってからは王子製紙を興した渋沢栄一が住んだんですね。いろいろと勉強になりました~

22141145_10213943811850887_61426130

22195581_10213943812170895_34464099

22154373_10213945016881012_28991877

« バイエルン「少年の不思議な角笛」「ワルキューレ」 | トップページ | 関数ドミノ »

能・狂言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薪能「二人袴」「大般若」:

« バイエルン「少年の不思議な角笛」「ワルキューレ」 | トップページ | 関数ドミノ »