« 談春「棒鱈」「三軒長屋」 | トップページ | 薄い桃色のかたまり »

羅生門

百鬼オペラ「羅生門」  2017年9月

2013年「100万回生きたねこ」が素晴らしかったイスラエルのインバル・ピント&アブシャロム・ポラックが、演出・振付・美術・衣装を手掛ける、コンテンポラリーダンス中心の舞台。柄本佑と満島ひかりの透明感が印象的だ。お洒落な女性らダンスファンが集まった感じの、Bunkamuraシアターコクーン、上手やや後方寄りで1万800円。休憩を挟み2時間半。

がらんとした空間に、江戸川萬時らダンサー8人と、シンプルなセットで幻想的なイメージを展開。冒頭からグレーの全身タイツのダンサーたちが、固まって泥のようにのたくったり、大詰めでは落命した女の後ろに、リフレインのように列になってうずくまる造形が目を引く。床のそこここに空いた大小の穴から、めまぐるしく俳優、ダンサーが出入りするのも面白い。ごく静かなフライングも多用。石、髪、ランプ、ろくろ首の母など妖怪の要素は、着ぐるみ風でどこか童話的だ。

若手の吉沢亮のほか、田口浩正、小松和重、銀粉蝶という俳優陣は、達者に歌や複雑なフォーメーションをこなす。長田育恵の脚本は、芥川龍之介の「藪の中」「羅生門」の設定をベースに、業を背負う下人の脳内世界として、「鼻」「蜘蛛の糸」のエピソード等を構成。「ねこ」に比べるとストーリー性は薄く、やや散漫な印象は否めないかな。

作曲・音楽監督は蜷川幸雄「海辺のカフカ」などの阿部海太郎。藤田貴大とも組んできた青葉市子ら、ミュージシャン6人も舞台を出入りして、アコーディオン、マンドリン、歌などでシーンの重要なパーツになる。ノコギリ、ウォッシュボードなど面白い楽器も駆使。

20170924_001

« 談春「棒鱈」「三軒長屋」 | トップページ | 薄い桃色のかたまり »

ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羅生門:

« 談春「棒鱈」「三軒長屋」 | トップページ | 薄い桃色のかたまり »