« スルース~探偵~ | トップページ | 文楽「仮名手本忠臣蔵」 »

ら文楽さろん

ら文楽さろん 2016年11月

番外編で、文楽ポータルサイト「楽文楽」主催の講座に初参加。池上実相寺の洒落た100帖の和室に椅子を並べるスタイルで、忘年会と合わせて5000円。
まずロビーで薩長同盟締結150年記念と銘打ち、山口・旭酒造のご存知「獺祭」、鹿児島からは大海酒販のすっきりした焼酎「大海」がふるまわれた。

本編は2018年に吉田玉助襲名が決まった吉田幸助さんをメーンに、お馴染み玉勢さん、伸び盛り玉路さんが登場。録音の浄瑠璃をバックに、まずめでたい「三番叟」からリズミカルな鈴ノ段、さらにお客さんを相手役にして「野崎村」を披露。珍しく女形。
休憩も挟みつつ、幸助さんのトークもたっぷりと。人形の着つけ方や12月公演「忠臣蔵」の粗筋、「うめだ文楽」の裏話…。なにより襲名にかける意気込みが伝わってきました!

終演後は長テーブルと座布団を並べて忘年会に。美味しいおでん、おむすびをつつきつつ、皆さんと和やかにおしゃべりして、抽選は外れちゃったけど、面白かったです。

« スルース~探偵~ | トップページ | 文楽「仮名手本忠臣蔵」 »

文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ら文楽さろん:

« スルース~探偵~ | トップページ | 文楽「仮名手本忠臣蔵」 »