« トーテム | トップページ | 歌舞伎「ひらかな盛衰記」「籠釣瓶花街酔醒」 »

同じ夢

同じ夢  2016年2月

作・演出は2014年「風の吹く夢」が良かった赤堀雅秋。幅広い層の観客が入り、立ち見も多いシアタートラムの、中央あたりの席で6300円。このくらいのサイズの劇場が、戯曲の雰囲気に合っていると思う。
言ってしまえば平凡な庶民の一日なのだが、手練れの俳優が揃い、しかもそれぞれにはまり役。ゆったりしたテンポで、細かい視線の絡み合いから、ぱっとしない、でも愛すべき大人たちの心の揺れがしみじみと伝わってくる。休憩無しの約2時間。

商店街にある精肉店。ごたごたしたDKとリビングのワンセットで、神経質な2代目店主(光石研)と近隣の文房具店主人(田中哲司)、店員(赤堀雅秋)、亡くなった妻の事故当事者(大森南朋)という「さえないボーイズ」に、寝たきりの父を世話するヘルパー(大好きな麻生久美子)、娘(健気な木下あかり)がからむ。
登場人物それぞれが抱える屈託が、解決するわけではない。老親介護の辛さとか、取り返しのつかない過去の罪とか、成就しない淡い恋とか。それでも随所に力が抜けちゃうような笑い、愛嬌が散りばめられ、ちっとも息苦しくない。
中年男たちが換気扇のそばに並んで、タバコを吸いながら歌う「いつでも夢を」(名曲!)の、やけくそ気味の切なさ。そして一人ひとりがさえないなりに、何かを振り切っていくということ。手癖の悪いダメ男の赤堀が、土壇場でものすごく役に立つシーンでは、思わず拍手したい気分になる。悩み多き人生を象徴するような、靴下の伏線も効いてます。

俳優陣はみな、期待通りの自在な演技だ。個人的にちょっと苦手な大森が、今回は飄々としてとてもいいし、昨年「RED」で観ごたえがあった田中哲司も、なかなかの色気。
客席にはなんと加賀まりこ、秋山菜津子らしき姿も。赤堀さん、人気ですねえ。

006 004

 

« トーテム | トップページ | 歌舞伎「ひらかな盛衰記」「籠釣瓶花街酔醒」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同じ夢:

« トーテム | トップページ | 歌舞伎「ひらかな盛衰記」「籠釣瓶花街酔醒」 »