« Die Fledermaus | トップページ | Les Pêcheurs de Perles »

An American in Paris 

An American in Paris  2015年12月

寒空のTKTS(チケッツ)で、なんと1時間並んでRushをゲットした、トニー賞の振付賞受賞作へ。ミュージカル映画の古典「巴里のアメリカ人」(1951年)の舞台化で、期待通りダンスがめちゃめちゃ美しい! 舞台装置も秀逸で、とってもお洒落でした~ タイムズスクエアに面した名門Palace Theater(パレススアター)の2F端で64.5$。見切り席だったけど十分エンジョイしました。

演出振付でブロードウェーにデビューしたChristopher Wheeldon(クリストファー・ウィールドン) はロイヤル・バレエの常任振付家だというから、とんでもなく贅沢だ。大詰めの、流麗な長尺バレエシーンが最大の見どころだけど、お馴染みGeorge Gershwin(ジョージ・ガーシュイン)の名曲にのせて、タップもモダンも、ちょっとフォッシー風もと、バリエーション豊か。

さらに驚くのは主演の2人。主役ジェリーのRobert Fairchild(ロバート・フェアチャイルド)はニューヨークシティバレエのプリンシパル。ヒロイン、リセのLeanne Cope(リアン・コープ)はロイヤル・バレエのファースト・アーティストというから、こちらもバリバリのバレエダンサーなわけです。重力を感じさせない踊りが素晴らしいのはもちろんのこと、歌も巧い。凄い才能。特にリセの抜群のメヂカラが、舞台を牽引します。

お話は大戦直後のパリを舞台にした、王道青春ストーリー。アメリカからやって来た画家の卵と、可憐なバレリーナの卵が恋に落ち、一度は夢をかなえるためにあきらめようとするけれど…と、ラ・ボエーム風です。
セットがまた素晴らしい。立体的に川岸を見せるなど、比較的シンプルながら絵画的な工夫が満載。プロジェクションマッピングの使い方が実に洗練されていて、流れるようにセットを転換していくのも洒落ていた。

今回NYで観たもう1本のミュージカル「レミゼ」が、歌中心だったので、いいバランス。この作品は是非、オリジナルキャストで来日してほしいな~ 外見が普通のビルなのに、内装はオペラハウスのような劇場の雰囲気も楽しかった。

1122 1125 1134 1154 1172

« Die Fledermaus | トップページ | Les Pêcheurs de Perles »

ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3458/62997131

この記事へのトラックバック一覧です: An American in Paris :

« Die Fledermaus | トップページ | Les Pêcheurs de Perles »