« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

ビルのゲーツ

ヨーロッパ企画第33回公演「ビルのゲーツ」  2014年8月

チラシをみてセンスのいいタイトルに魅かれ、足を運んでみた。京都を拠点に、テレビ制作なども手掛ける演劇・企画集団。秀逸な群像コントです。作・演出は主宰の上田誠。観客は若めで、男性が多い。本多劇場のかなり後ろ、上手端で4500円。

CEOからの直メールで大企業の社屋に招かれ、張り切るITベンチャーの面々が、IDカードで次々にゲートを開けていく。エントランスでカードをかざすときの、ちょっとした恍惚感から発想したんだとか。そんなアイデア1本でシーンをつなぎ、休憩無しの2時間10分を十分もたせちゃう。「企画性コメディ」、かなりの水準です。
ゲートはやがてマイクロソフト風のパズル面接の様相を呈していき、気のいい普通の人々が力を合わせて出題に挑む。団結ぶりが可笑しくも爽やかだ。大爆笑というよりクスクス笑いを誘い、ラストはメルヘン。これがビジネスマン人生というものか。あ~、面白かった。

ベンチャー組は加藤啓(客演)をリーダーに、石田剛太、太っちょ諏訪雅、土佐和成、若い金丸慎太郎(客演)。うわっぱり電気系が岡嶋秀昭(客演)、永野宗典、とぼけた味のバイト少女が西村直子、威張ってる新進気鋭組が中川晴樹と天才エンジニアの酒井善史。さらにけなげな吉川莉早(客演)、本多力、そして角田貴志。
パンフレットは大学サークルの雑誌風だし、ロビーでタイトル文字を書いただけのTシャツを売っているのもチャーミング。石田剛太が挨拶して終わりました。

炎立つ

炎立つ  2014年8月

奥州藤原氏の祖・キヨヒラの苦闘を描いた高橋克彦の原作・原案を、「おそるべき親たち」を観た木内宏昌が脚本にし、「木の上の軍隊」などの正統派・栗山民也が演出。片岡愛之助、三宅健出演とあって、シアターコクーンは女性客が圧倒的だ。中央のいい席で1万円。休憩を挟み2時間半。

時は平安後期。陸奥を治めるキヨヒラ(愛之助)は、エミシの棟梁たらんとする異父弟イエヒラ(三宅)に攻められ、無残にも母(三田和代)と妻(宮菜穂子)が自害する。辛くも逃げのびた後、朝廷に認められたい源氏の源流・陸奥守ヨシイエ(益岡徹)とのタッグを選択。出羽で兵を蓄えたイエヒラを壮絶な戦いのすえ、ついに討ち果たすが、恨みを超えて平和な理想郷を築くべく、黄金の都・平泉を開く。

構築的で非常に上品な舞台だ。低い横長の階段に、赤い布や照明、人物のシルエットでうまく変化をつける。美術は「あかいくらやみ」などの二村周作。数万の軍勢や柵(砦)があるはずの戦闘シーンも、群集や安っぽい映像は一切無し。「5オクターブの音域」新妻聖子の歌と語り、4人の女性コロスの歌とダンスで、十分、想像力が喚起される。
朗々と語るシーンが多い俳優陣は、安定している。特に宿命の抗争を予言する古代神アラハバキの平幹二朗が、長髪を振り乱して怪演だ。暴力を象徴するような真っ赤な舌が怖いし、舞台後方に控えているだけのシーンでも、存在感を発揮する。ちょっと能っぽいかな。愛之助は耐える役回りだけど、大地に一本の杭を打つ象徴的な仕草が、実に美しい。さすがです。敵役の小柄な三宅は、黒っぽいメークとキレのある動きで奮闘。

英雄のドラマだけでなく、民衆の犠牲や差別も描き、現代の東北はもとより世界で絶えない紛争までも想起させる、重層的な物語だ。一貫してまっすぐで生真面目。そのぶん中盤ではちょっと平板な印象も。
幻想的な音楽、ヴァイオリン演奏は金子飛鳥。開演前に栗山さんとロビーで遭遇しました~

007

「真景累ケ淵」より「豊志賀の死」

「真景累ケ淵」より「豊志賀の死」   2014年8月

古典芸能好きの集まり・古遊座で、夏らしく神田春陽さんの蝋燭怪談を体験する。上野広小路亭の会議室で、約1時間。
三遊亭円朝の落語を元に、歌舞伎にもなった作品。速記本では97章に及ぶ大長編だそうです。よく上演されるのは、旗本・深見新左衛門が金貸しの宗悦を斬ったことが発端となるストーリーで、この「宗悦殺し」は春陽さんの講談や、喬太郎さんの落語で聴いたことがある。その後、敵同士である新左衛門家側の新五郎・新吉兄弟、宗悦家側の豊志賀とお園の姉妹が、それとは知らず運命的に遭遇して、次々に惨劇が起きていくわけです。

この日聴いたのは富本の師匠となった豊志賀が、若い煙草屋の新吉といい仲になるものの、弟子のお久との関係を疑って病にとりつかれちゃうくだり。実家に帰った新吉を豊志賀が訪ねてきて、駕籠に乗せて帰そうとするが、これが実は幽霊! 新吉の後妻をとり殺す、と言い残す。途中からは照明を落として和蝋燭1本。炎が長くて、ゆらゆら揺れる。怖い怖い。

前後に会の主宰・東雲喜光さんの解説を聴く。偶然出会ったはずの人物に、いちいち因縁があるというストーリーなので、冷静に考えると都合が良すぎると思える。けれど、そういう「巡る因果の恐ろしさ」が江戸から明治期の日本人を魅了したわけで、それは現代にも通用する気がする。豊志賀は病人だから、庶民だけど駕籠に引き戸がついているとか、細かい演出の配慮も面白い。
ちなみに、口演しながらうまく蝋燭の芯を切れるのが、「真打」の語源の一つだとか。春陽さん、もうすぐ真打お披露目ですね!
009

ロミオとジュリエット

NINAGAWA×SHAKESPEARE LEGENDⅠ「ロミオとジュリエット」  2014年8月

御大・蜷川幸雄が初めて手掛けたシェイクスピアであり、その後も節目で演出してきたという戯曲。レジェンドと銘打ったシェイクスピアシリーズ番外編だ。オールメールで、半裸でびゅんびゅん駆けまわる男の子たちがとにかく愛くるしい。翻訳は松岡和子。若い女性ファンが集った感じの、彩の国さいたま芸術劇場小ホール。休憩を挟んで約3時間半。

狭いホールとあって、俳優が目の前で喋り、暴れる。装置はシンプルで、勾配のきつい客席が馬蹄形に3方を囲み、残る1辺に扉と鉄骨の階段、見上げる位置にある廊下だけ(美術は中越司)。ベッドやデスクなど最低限のセットを出し入れし、照明がシルエットを添える。

とにかく若い才能を生かす舞台。焦点となるロミオの菅田将暉は惚れっぽく、非常に幼い造形だ。特に著名なバルコニーのシーンは、出会ったばかりの恋人の一言一言に跳ねたり転がったり、思わず客席から笑いがもれるほど。生き生きして、いい。
喧嘩ばかりしているモンタギュー家、キャピュレット家の若者たちも、ジーンズにジャラジャラとアクセサリーを着け、下ネタを連発。どこにでもいる未熟で無軌道な不良たちですね。舞踏会のダンスシーンも、かなり猥雑だし。マキューシオ役・矢野聖人はしなやか、ティボルト役・平埜生成はヤンキーらしく、一人生き残る舞台回し役のベンヴォーリオ、大衆演劇の若葉竜也に安定感がある。楽しみな俳優さんたちです。ただ、若手はセリフが不明瞭なのが気になった。
ジュリエットの月川悠貴は、いつも通り細身で女らしい仕草だけど、今回はひとり大人っぽく、いっそ枯れているといえるくらい。男子たちの暴走を冷静に受け止める。

若手が発散するエネルギーのおかげで、たった5日で運命の恋から破滅に至る前半は疾走感十分。それに比べると後半で悲嘆に転じてからは、ちょっと一本調子だったかな。難しい戯曲ですねえ。
そんなもたつきを一掃するように、ラストで大人たちに憎しみの愚かさを見せつける演出は、いかにもニナガワ節。まだまだ面白い舞台を見せてほしい。レジェンドシリーズにも期待です。
003

METライブビューイング「テンペスト」

METライブビューイング アンコール2014「テンペスト」  2014年8月

2012年11月10日上演、2012―13年シーズン第3作のアンコール上演に行ってみた。今年のシーズンオフのアンコールでは、生誕450周年のシェイクスピアものを一挙に取り上げている。「テンペスト」は1971年生まれ、ブリテンの再来といわれるトーマス・アデス作曲で、なんと本人が指揮。お得な3000円だけど、さすがに東劇は空いていた。休憩1回含め約3時間。

5月に白井晃演出で演劇「テンペスト」を観たのと、ルパージュ演出なので興味をもった。ところが現代オペラがほとんど初体験で、曲の難解さについていけなかった感じ。残念です。珍しく英語上演なのは、わかりやすかったけど。
18世紀ミラノ・スカラ座のステージという設定。幻想的で、冒頭から豪華シャンデリアを使って、アリエル(代役)がシルクドゥ・ソレイユみたいにくるくる回るのが面白い。全身タトゥーのプロスペロー役、サイモン・キーンリーサイド(バリトン)が一礼して、静かにステージを去るラストも効いている。重層的な物語だけど、幕間インタビューで本人が語ったように、大きなテーマの一つが「毅然とした引退」だということがくっきり。本作初演以来歌っているというキーンリーサイドは、本当に苦悩する姿が格好いいなあ。
歌手陣は安定しており、この難しい曲を存分に聴かせる。端正なベテラン陣を相手に米国の若手も健闘。娘ミランダのイザベル・レナード(メゾ)、王子フェルディナンドのアレック・シュレイダー(テノール)が素直だし、超高音アリエルのオードリー・ルーナ(ソプラノ)は剽軽さもあって伸び伸び。ナポリ王、ウィリアム・バーデン(テノール)の美声が印象的でした。

キャストインタビューのほかゲルブ総裁とアデス、ルパージュの鼎談付き。METは新旧さまざまにチャレンジしているなあ。

ラストフラワーズ

大人の新感線「ラストフラワーズ」  2014年8月

人気の大人計画と劇団☆新感線が強力タッグを組んだ、話題の公演に足を運んだ。松尾スズキのダークなアクション喜劇を、いのうえひでのりが映像、字幕を駆使してキッチュかつ派手に演出。歌とか殺陣とかギャグとか、得意技を次々と繰り出し、古田新太、阿部サダヲら2劇団の看板俳優、プラス小池栄子という演じる側も楽しそうだ。客層は若く、開幕前からワイワイとお祭りムードが盛り上がる。赤坂ACTシアター、やや後ろ上手寄りで1万1000円。休憩を挟んで3時間半。

前半はグロテスクでコミック風の「ふくすけ」テイストをベースに、往年のスパイもの、ヤクザもの、唐十郎、大家族バラエティーと、パロディてんこ盛りで笑わせる。悪の組織セレスティーノ財団(松尾スズキ、粟根まこと)を秘密捜査班(古田、小池、杉村蝉之介、荒川良々)が追い、さらにセレスティーノの陰謀で「進化」を遂げた勝場兄弟(阿部)が仕切るヤクザ・勝場組(橋本じゅんら)と、在日オンドルスタン系辛龍会(橋本、高田聖子、河野まさとら)が抗争を繰り広げる。
後半では全員がオンドルスタンのシン将軍(皆川猿時)戴冠式になだれ込むが、結局ストーリーはそっちのけ。大詰めでは日本の政治状況、さらには各地で続く国際紛争に対して、落ちぶれフォーク歌手(宮藤官九郎)とライター(平岩紙、タンバリンが上手)、気弱な取り立て屋(星野源)が高らかに反戦ソングを歌って、舞台をさらっちゃう。
フラワー、ピースという70年代アイコンが散りばめられた切ない歌詞、そして東京スカパラダイスオーケストラの明るくリズミカルな曲が、じんと胸に染みます。星野が元気になってよかったなあ。

古田、阿部がいつもの圧倒的な存在感を発揮し、飛び道具キャラたちもそれぞれお約束の活躍。2階建てセットと上手に設置した小さい盆を使って、めまぐるしくシーンを転換していく。映像やポスターとして蒼井優、天海祐希も登場し、豪華です。カーテンコールでは松尾のおぼつかないステップがチャーミングでした。

ロビーで偶然、先輩と遭遇。このへんが人気劇団の話題公演ならではかな。あふれるサービス精神、やりきる自信。この2つの劇団は、まだまだエンタメ界を盛り上げそうですね… 

002

小澤アカデミー演奏会 バルトーク「弦楽のためのディヴェルティメントより」

小澤国際室内楽アカデミー奥志賀2014演奏会 2014年7月

昨年に続いて、アジアの若い演奏家を育てる小澤征爾主宰NPO法人の演奏会で、生き生きしたエネルギーに触れる。聴衆も関係者が多く、応援モードで気持ちがいい。東京オペラシティコンサートホールの2Fバルコニーで3500円。ステージを下手側の上から眺める位置で、オザワの指揮ぶりをつぶさに。休憩を挟んで約2時間。

25人中8人はシンガポール・オーディションの選抜メンバーで、昨年より若く、日本人が増えた感じ。なんと17歳の現役女子高生もいる。偉いなあ。海外勢は韓、中、豪、マレーシアから。時折、弱音などに難はあるものの、みな堂々たる演奏ぶりだ。
前半は4重奏6組が1楽章ずつを披露する。スメタナ「わが生涯より」の三井恵理佳(ヴァイオリン)、ベートーヴェン「ハ長調59-3」の伊藤悠貴(チェロ)、ラヴェルの小島燎(ヴァイオリン)、有田朋央(ヴィオラ)ら、楽しみですねえ。出入りの時に楽屋から円陣みたいな歓声が聞こえるのが、なんとも微笑ましい。
後半はいよいよ合奏になって、小澤さんが登場。椅子を用意していたものの、ほとんど立って、最後のほうは踊るように指揮していて、大喝采だ。バッハ「2つのヴァイオリンのための2重協奏曲BWV1043より第2楽章」では、会田莉凡と小川響子が独奏。力強い。そしてバルトーク「弦楽のためのディヴェルティメントより第2、3楽章」。変化にとんだ自然を感じさせる。やっぱりナマの弦の波動はいいな。1楽章ごとに席替えするのが、教室っぽくてまた可愛いです。
カーテンコールはお馴染み、指導の小栗まり絵、川本嘉子、原田禎夫も登壇して盛り上がってました。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »