« パン屋文六の思案 | トップページ | 慙紅葉汗顔見勢(伊達の十役) »

酒と涙とジキルとハイド

酒と涙とジキルとハイド  2014年4月

三谷幸喜作・演出。昨年のシリアスな「ドレッサー」などから一転、オリジナルでドタバタに徹したコメディだ。出演は花形歌舞伎役者、さらにバラエティで活躍する女性タレントの初舞台と、話題十分です。東京芸術劇場プレイハウスの前のほうで9500円、ノンストップの1時間45分。

ジキル博士(片岡愛之助)は人格を善悪に分離する画期的新薬の発表を明日に控えているが、実は研究は失敗。助手のプール(迫田孝也)と共謀して、あろうことか売れない役者ビクター(藤井隆)をハイドに仕立て、窮地を切り抜けようとしている。しかしお嬢様で婚約者のイヴ(優香)が事情を知らずに、とんでもない行動に出て…。
ジキル博士の実験室のワンセットで、衝立と階段を使って立体的に人物を動かし、入れ替わりや取り違えを繰り出す。後半ギャグのリフレインが目立つものの、スピード感があり、「キャラの解放」という前向きなメッセージも三谷さんらしい。

ドタバタはお手のものの藤井が、汗びっしょりで奮闘。優香がやや声を枯らしつつも、堂々のコメディエンヌぶりで舞台を掌握してた。チャーミングだし、壁にぶつかっちゃうなどアクションも思い切りよく、さすが長年、志村けんと組んでいるだけのことはある。
愛之助はさすがの安定感で、大げさな表情、オネエ言葉など笑いも十分なんだけど、存在に色気があるので、今回の場合、世間体にとらわれていて退屈、という人物設定にどうにも違和感が…。年齢はともかく、中井貴一とか西村雅彦とかだったら、もっと落差が出て可笑しかったかも。アテ書きって難しいもんですねえ。
なかなかの存在感を見せたのが迫田。のっけから長い金髪が怪しく、博士を助けるふりをして、どんどん状況をややこしくしちゃう。ワルの表情、声がよくて要注目だ。
音楽は「おのれナポレオン」に続き高良久美子。青木タイセイと一緒にセットの屋上で生演奏も担当し、効果音でわかりやすくギャグをアシスト。前説は優香の仲良し、さまぁ~ずでした。客席に獅童さんがいらしてましたね。銀河劇場、大阪でも公演あり。
005

« パン屋文六の思案 | トップページ | 慙紅葉汗顔見勢(伊達の十役) »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3458/59535735

この記事へのトラックバック一覧です: 酒と涙とジキルとハイド:

« パン屋文六の思案 | トップページ | 慙紅葉汗顔見勢(伊達の十役) »