« 二月花形歌舞伎「青砥稿花紅彩画」 | トップページ | 落語会「浮世床 夢」「時そば」「花見の仇討」「新聞記事」「宗悦殺し」 »

失望のむこうがわ

アル☆カンパニー第13回公演「失望のむこうがわ」  2014年2月

つかこうへい事務所出身の平田満、井上加奈子夫妻によるプロデュース共同体の公演で、作・演出の三浦大輔らしいリアリズム劇。ほかに劇団ハイバイの平原テツ。100人ほどのキャパのSPACE雑遊で、客層はけっこう幅広く、通路に補助席も出ていた。3800円。休憩無しの1時間40分。

50代・子なし夫婦のごくごく平凡な閉塞を、静かに執拗に描く会話劇だ。めぼしいセットはダイニングテーブルだけで、登場人物が角度を変えながら座る。数度の暗転を挟みつつ、つけっぱなしの隅のテレビがまったりと、日曜の昼下がりから深夜までの時の流れを表す。
夫は妻の火遊びに気づいて動揺し、知りたくもないことまでネチネチ追及せずにいられない。専業主婦の妻はぼそぼそ謝るんだけど、どうも心底、関係を修復しようと思っているふうでもなく、はた目には滑稽なやり取りが、次第に堂々めぐりに陥っていく。終盤には浮気相手のガソリンスタンドに勤める若い男が呼び出され、謝罪しつつも、つい身も蓋もない本音まで語っちゃう。

三浦らしい過激描写はなく、特段の事件も発見もないのだけれど、作家の思考をけっこうよく示した戯曲かもしれないと思った。普遍的な人の情けなさ、家族という密室の欺瞞、生きることの虚しさ。でも日常を続けていくしかない。
芝居を引っ張る平田が、さすがに巧いなあ。誠実さにひそむ歪みがくっきり。

0223

« 二月花形歌舞伎「青砥稿花紅彩画」 | トップページ | 落語会「浮世床 夢」「時そば」「花見の仇討」「新聞記事」「宗悦殺し」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 失望のむこうがわ:

« 二月花形歌舞伎「青砥稿花紅彩画」 | トップページ | 落語会「浮世床 夢」「時そば」「花見の仇討」「新聞記事」「宗悦殺し」 »