« 不道徳教室 | トップページ | 柳の家の三人会「花筏」「金明竹」「紺屋高尾」 »

歌舞伎「御存鈴ヶ森」「助六由縁江戸桜」

歌舞伎座新開場柿葺落六月大歌舞伎 第三部  2013年6月

大顔合わせシリーズのラストを飾るのは、理屈抜きの歌舞伎らしい娯楽作で、海老蔵が伸び伸びと躍動し、楽しませてくれた。休憩を挟んで約3時間、2階左端で2万円。

まず四世鶴屋南北作の「御存鈴ヶ森」。お尋ね者の白井権八は、さよなら公演と同じ梅玉が、ひわ色の衣装で端正に。前半は暗闇のなか、手探りで雲助を次々やっつける。ゆったりとコミカルな立ち回りだ。後半に登場する幡随院長兵衛の幸四郎は貫録があり、名文句の応酬のなかで「五代目」や「おやじ」に触れて歴史を感じさせる。侠客としては上品かな。ずっと薄暗い刑場シーンだけど幕切れ、後ろの黒幕が落ちてぱあっと明るくなる転換が、鮮やかで気持ちいい。

30分の休憩後、「十二世市川団十郎に捧ぐ」と題したスター揃い踏みの「助六由縁江戸桜」。さよなら公演のラストに団十郎・玉三郎で観たのが懐かしい。ばからしいほどの派手さ、夢のような吉原、登場人物の単細胞ぶりが痛快だなあ。口上は幸四郎で、柿色の裃に鉞のまげで、団十郎にかわり海老蔵が演じると語る。御簾の内はお約束の河東節十寸見会御連中だ。今日のロビーの名札にはなかにし礼さんや財界人の名前がありましたね。
まず揚巻は、福助が見事な立兵庫、きんきらきんの衣装で。セリフ回しが重々し過ぎるかな、と感じたけれど、大物らしさがある。前回は福助だった白玉はぴったりの七之助。すらっとした姿と声が良く、本当に楽しみだ。髭の意休は定番の大柄な左団次。おつきの男伊達は亀鶴、松也、歌昇らが若々しく。
揚巻が悪態の初音を聞かせ、立ち去りかけて戻ったところへ、いよいよ助六が登場。やっぱり華があって、格好良いなあ。花道の出端でたっぷりと杏葉牡丹紋の傘を回したり、紫の喧嘩鉢巻きを指さして、奥女中・江島に頭を下げる仕草をしたり。2部の「対面」に比べて、ツラネのセリフ回しが滑らかで、煙管で意休を挑発するあたりの子供っぽさに、何とも言えない色気がある。コミカルなくわんぺら門兵衛は、ご馳走の吉右衛門。福山のかつぎは、婿舅対決で、若手ご馳走の菊之助がきびきびと。啖呵の声がよく通って、爽やかだ。この人もこれからが楽しみ。
兄の白酒売りで、前回と同じく菊五郎が登場。余裕たっぷりで愛らしい。股くぐりのシーンの通人里暁は三津五郎。前回の勘三郎さんに負けず劣らず、はやり言葉、菊之助の結婚、海老蔵のブログや競馬、長男誕生をネタにして笑わせつつ、すえながい贔屓を乞うて泣かせます。
揚巻が墨絵のような松の打ち掛け、七夕の帯で丸顔・東蔵の母満江と再登場。紙衣への着替え、意休の香炉切りと続いて、楽しく幕となりました。

« 不道徳教室 | トップページ | 柳の家の三人会「花筏」「金明竹」「紺屋高尾」 »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎「御存鈴ヶ森」「助六由縁江戸桜」:

« 不道徳教室 | トップページ | 柳の家の三人会「花筏」「金明竹」「紺屋高尾」 »