« 「義経千本桜」「五十年忌歌念仏」 | トップページ | A Night With Strings »

噺小屋スペシャル「夢の酒」「竹の水仙」「死神」

噺小屋スペシャル・如月の三枚看板 喬太郎+文左衛門+扇辰 2012年2月

雪がちらつく夜、銀座ブロッサム中央会館で。1階後ろの方で3300円。ロビーでチケットやサイン本を販売していた。入船亭辰じんの「道灌」途中で到着。

入船亭扇辰はロビーで妙な人(文左衛門さん)がチケットを売っていたが、懐中に気をつけてください、今日の鳴り物は小せんさん、と紹介してから、なぜか紅白に出た夢、楽屋の差し入れを白鳥が全部食べた夢、いやこれは本当の話、というマクラから「夢の酒」。前に立川流一門会で談修さんで聴いたことがある、若旦那の夢に女房が嫉妬する話。巧いんだけど、女性の表現がちょっと凝り過ぎの気がして、集中できず。
続いて橘家文左衛門が登場、マクラもそこそこに「竹の水仙」。名工・左甚五郎が三島のさえない旅籠に泊まり、宿賃代わりに竹で水仙を作ると、細川の殿様が価値に気づき、高額で買い取る。そのカネを主人に預けて、自分のような文無しを泊めてやってくれ、と頼む講談っぽい人情噺です。文左衛門さんの演出では、甚五郎が主人を「養子」「養子」と責めたり、細川家の家来の名をプロレスラーにしたり、ほかの噺のフレーズを挟んだりして、笑いがふんだん。江戸っ子らしい豪快さと丁寧な語り口に好感がもて、気持ちよく聴かせてもらいました。

中入りを挟んでお待ちかね柳家喬太郎。マクラがけっこう長くて、もう爆笑です。今日、学校寄席に行って駅前の薬局で強烈なポスターをみた話、客席に「笑いウエルカム!」とかまてしてから、駅員になぜか「千代田区に婚姻届を出しても受理されない」と訴えるおじさんの話、落語会の会場に早く着いても噺家と気づいてもらえない話、「親子会」のギャグ(実話とか)、受験シーズンは神頼み、と振って「死神」。 
マクラを受けて呪文を「あちゃらかもくれん千代田区に婚姻届」とアレンジしたり、人相の見分けがつかないことを「AKBみたい」、消えそうな蝋燭をさしてホイットニー・ヒューストンといったり、時事ネタをちょこちょこ挟む。けれどもちろん演技はしっかりしていて、愛嬌のある丸っこい姿なのに、ちゃんと萎びた死神が目に浮かぶ。サゲはどーんと倒れるスタイルでそのまま幕。一瞬、拍手の間が難しいけど、人の愚かさ、命のはかなさが余韻を残して印象的。面白かったです!
2012_02_17_1

« 「義経千本桜」「五十年忌歌念仏」 | トップページ | A Night With Strings »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 噺小屋スペシャル「夢の酒」「竹の水仙」「死神」:

« 「義経千本桜」「五十年忌歌念仏」 | トップページ | A Night With Strings »