« 噺小屋スペシャル「夢の酒」「竹の水仙」「死神」 | トップページ | ベルが鳴る前に »

A Night With Strings

山崎まさよし・スキマスイッチ・秦基博 A Night With Strings Featuring 服部隆之 2012年2月

日本武道館の1階左側(西スタンド)、前の方で8400円。オフィスオーガスタ20周年の一環となるスペシャルライブ。3組の実力派を、25人編成のラッシュストリングスとの一夜限りのアレンジで聴かせる。女性が圧倒的ですね。広口のマグカップ、タオルハンカチをゲット。
ステージ中央にストリングスが陣取り、昨年末の山崎まさよしライブと同じベースとドラム+キーボード。演出は照明だけでシンプルです。

お馴染み「HERO」のテーマなど、弦のメドレーで幕を明け、スキマスイッチが登場。大橋君はぽちゃぽちゃ、常田くんは裸足と相変わらずの2人だけど、ストリングスの雰囲気に合わせてモノトーンにネクタイなのが居心地悪そう。「SL9」でがんがん熱唱、「全力少年」できっちり盛り上げるのはさすが。
続く秦基博も同様のファッションで、韓流じゃないよ、と自己紹介。警備員さんに止められちゃった話とかも。期待通り繊細な歌声、ストリングス映えして、情景が目に浮かぶ。まだ広いステージを支配するほどのパワーはないけど。ジャズっぽい「Over the Rainbow」がお洒落で、「メトロフィルム」のトライアングルもしみる。

続いてなぜか一人だけアロハの山崎まさよしがひょこひょこ出てきて、左袖近くで服部さんとおしゃべり。いつものとぼけぶりだけど、以前にも一緒にライブをしていて親密そう。選曲はブルース、スライドギターとあえて弦とはミスマッチなのが面白い。1曲目出だしを間違え、やり直すハプニングもあり、チャレンジしてるなあ。特に「水のない水槽」が凝ってたかな。やっぱり一回り大きいミュージシャンです。大好きな「Georgia on my mind」で泣かせた後、スキマと秦くんが飛び出してきてちょっとボックスを踏むサービス。
アンコールはステージ中央、全員で常田くんにハッピーバースデー。山崎さんが仕切るMCは相変わらず雑だけど、「大橋くんは高音をお客さんに歌わせてるよね」なんて突っ込みが、仲よさそう。そして「セロリ」。ハーモニーが見事で、早口も楽しく。
せっかくの弦をスピーカーで聴くのはちょっと居心地が悪く、アンコールはもうちょっと聴きたかったけど、2時間半ほど、贅沢でくつろいだライブでした。以下、セットリストです。

1.Overture

スキマスイッチ
2.藍
3.view
4.さいごのひ
5.Crazy Love(カバー)
6.SL9
7.全力少年

秦基博
8.アイ
9.水無月
10.鱗
11.Over the Rainbow(カバー)
12.エンドロール
13.メトロ・フィルム

山崎まさよし
14.僕と君の最小公倍数
15.水のない水槽
16.月明かりに照らされて
17.Geogia On My Mind
18.I'm sorry
19.花火

Encore
20.セロリ
Augusta Mug

« 噺小屋スペシャル「夢の酒」「竹の水仙」「死神」 | トップページ | ベルが鳴る前に »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: A Night With Strings:

« 噺小屋スペシャル「夢の酒」「竹の水仙」「死神」 | トップページ | ベルが鳴る前に »