« 猟銃 | トップページ | 志の輔らくご「異議なし!」「みどりの窓口」「柳田格之進」 »

同居人

別役実 海外交流シリーズ第3作目「同居人」  2011年10月

別役実作、K.KIYAMA演出、名取事務所製作。伝統の俳優座劇場で、かなり前の方右寄りの席。5000円。さすがに年配の人が多い。

テーブルと茶箪笥がある平凡なダイニング。男1がカップ麺を食べていると、女1が現れてやっぱりカップ麺を食べ出す(たいらげ方が豪快)。2人ともこの家に間借りしており、ダイニングを共有しているらしい。微妙に噛み合わないコミカルな会話をかわしているところへ、近道だといってダイニングを通り抜けちゃう強引な女2やら、以前の間借り人「岩本さん」に宅配便を届ける若い男2やら、「異物」がちん入する。あげくに、ホスピスから「里帰り」してきた見ず知らずの老人(男3)と付添人(男4)が登場。男1、女1は彼を互いの叔父さんなんだと思いこんで、愛想良く接する。

それぞれ抜き差しならない問題を抱えながら、仮の住まいに逃げ込んで、困難を先送りしている男女。小さな違和感を誤魔化すことで、どんどん事態がややこしくなっていく愚かしさ。ラスト、何食わぬ顔で行き交う街の人々の姿が他人事でない。
出演の吉野悠我、森尾舞、三谷昇、児玉泰次、森岡正次郎、小林亜紀子はみな達者。不条理がごく自然で、テンポがいい。男1が電話で話す地理クイズや、間違った囲碁など小ネタも可笑しくて印象的。岩本さんの失踪と地蔵の頭というブラックなエピソードは、実はよく意味がわからなかったけど、そういう不思議さも含めて嫌いではないなあ。

005b

« 猟銃 | トップページ | 志の輔らくご「異議なし!」「みどりの窓口」「柳田格之進」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同居人:

« 猟銃 | トップページ | 志の輔らくご「異議なし!」「みどりの窓口」「柳田格之進」 »