« 雨 | トップページ | チャリティ落語「壷算」「替わり目」「時そば」「道灌」「ハナコ」 »

幽霊たち

パルコ・プロデュース「幽霊たち」 2011年6月

原作はポール・オースターの86年の小説。柴田元幸翻訳。パルコ劇場、前の方右寄りで7500円。観客層は若め。構成・演出は白井晃、振付は小野寺修二。

1947年、ニューヨーク。若い私立探偵ブルー(佐々木蔵之介)は、ブラック(奥田瑛二)という男を監視するよう依頼される。向かいのアパートの一室から、単調な男の日常を見張り続けるうちに、自己の存在を見失っていく。
ノンストップで2時間、大半はブルーの独白による断片的なエピソードや回想だ。ブルックリン橋設計者の親子とか、失踪したのに自宅近くで暮らす男の話(ホーンソーンの「ウェイクフィールド」)とかが印象深い。そして存在を曖昧にする私書箱や覆面、ブラックの部屋に乗り込んで見つけた写真…

抽象的で難解だけど、非常にお洒落だ。時おり背景に、街並みの映像が流れるシンプルなセット。登場人物たちはスマートな中折れ帽とロングコートをまとい、前後左右にテンポ良く行き来する。頻繁に小道具を持ち替え、机や椅子を音もなく滑らせて出し入れしながら。
歩き続けるだけとはいえ、よくぶつからないものだと思っちゃうほどスリリングで、ダンスのようだ。場面転換、エピソードごとの役の切り替えにも無理がない。こういう緻密な舞台を、稽古しながら創っていくというからびっくり。

俳優陣がみな巧くて、危なげがないのはさすが。出ずっぱり、しゃべりっぱなしの佐々木蔵之介が予想通り良かった。飄々としていて、ほどよく色気があって。奥田瑛二は意外に渋くて、懐が深い感じ。大詰めの、不条理な展開もわざとらしくない。細見大輔は声がよく通り、斉藤悠もきびきび。お父さんが斉藤洋介さんとは。市川実日子は可愛いけど、ちょっと線が細かったかな。

« 雨 | トップページ | チャリティ落語「壷算」「替わり目」「時そば」「道灌」「ハナコ」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幽霊たち:

« 雨 | トップページ | チャリティ落語「壷算」「替わり目」「時そば」「道灌」「ハナコ」 »