« 笑福亭鶴瓶落語会「CHINGE」「青木先生」「錦木検校」 | トップページ | ガラスの葉 »

キース・ジャレット ジャパンツアー

Keith Jarrett/Gary Peacock/Jack DaJohnette JAPAN TOUR 2010  2010年10月

Bunkamuraオーチャードホール。1Fの中央やや後ろ、右寄りの席で1万円。

思いがけずジャズを聴きに行きました。ピアノのキース・ジャレット65歳、ドラムのジャック・ディジョネット68歳、ベースのゲイリー・ピーコック74歳によるスタンダードトリオ。外国人をまじえ客層は幅広く、皆とても楽しみにしている感じ。ジャレットは天才肌で気難しいらしく、開演前には広い会場が静まりかえり、緊張感に包まれる。傘が途中で倒れて音をたてないよう、床に置くように、といった指示まであってびっくり。

実は全く予習していなくて、正直ちょっと不安だったけど、スタンダードということで、始まってしまったらとても楽しめた。ベテラン3人が静かに登場して深々と頭を下げ、おもむろに演奏。ジャレットは照明がまぶしいらしく、2曲目あたりでサングラスに替えた後は、けっこうノリノリ。前傾姿勢をとったり、立ち上がって足を踏みならしたり、うなったり。

20分の休憩を挟んで2時間強。ピーコックさんのソロはさすがに辛そうではあったが、ジャレットの音はほとんど生のように、粒だって聞こえた。さすがだなあ。2部は3曲で短めだと思ったけど、スタンディングオベーションでアンコールを3曲やってくれました。Answer Me,My Loveがきゅんとした~ 以下セットリストです。Photo_16

〈1st〉
1,Golden Earrings
2,Show Nuff
3,Little Man,You Have A Busy Day
4,Butch & Butch
5,Last Night When We Were Young

〈2nd〉
1,You Won’t Forget Me
2,Things Ain’t What They Used To Be
3,Broadway Blues

〈Encore〉
1,I’ve Got A Cruch On You
2,Answer Me,My Love
3,Straight,No Chaser

« 笑福亭鶴瓶落語会「CHINGE」「青木先生」「錦木検校」 | トップページ | ガラスの葉 »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キース・ジャレット ジャパンツアー:

« 笑福亭鶴瓶落語会「CHINGE」「青木先生」「錦木検校」 | トップページ | ガラスの葉 »