« 裏切りの街 | トップページ | ドリームガールズ »

月亭可朝 立川談春 二人会「狸賽」「百川」

日経ホール落語第五回 月亭可朝 立川談春 二人会 2010年5月

中央前の方で、舞台上と目が合うようないい席。客層はかなり幅広い。4000円。

いきなり壇上に座布団が2枚並んで、お二人のトークが始まりました。お馴染みの可朝さんのギャンブル話から。負けを一気に取り返すべく、家を抵当に入れて連戦負けのクラウンに賭けた逸話は凄い。緊張のあまりテレビ収録に向かう車をとめて、深呼吸したのを、同乗していた談志さんが「万歳した」と面白くして広めたとか、局で勝敗を確かめに行ったのが上岡龍太郎さんだとか。その後、談春さんが芸談をふり、可朝さんは自分は永遠に前座のつもりだから羽織を着ないとか、大御所米朝さんは巧いけど、巧さが感じられるようでは最高峰の一流ではないか、面白いこと言ってましたね。

続いて可朝さんが一席。カンカン帽はかぶったままでしたね。ほとんど漫談のような大阪のおばはんの話が続き、ギャンブルつながりで「狸賽」。語りはゆっくりしているけど、味がありました。

休憩を挟んでお楽しみ談春さん。導入なしで、可朝さんが批判した「本で覚えた話」という「百川」。あえて人情ものではなく、馬鹿馬鹿しい話をぶつけてきたのかな。人物の描きわけが見事で、楽しめました!Photo_15

« 裏切りの街 | トップページ | ドリームガールズ »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月亭可朝 立川談春 二人会「狸賽」「百川」:

« 裏切りの街 | トップページ | ドリームガールズ »