« 文楽「祇園祭礼信仰記」「碁太平記白石噺」「連獅子」 | トップページ | 月亭可朝 立川談春 二人会「狸賽」「百川」 »

裏切りの街

パルコ・プロデュース公演「裏切りの街」 2010年5月

パルコ劇場。舞台至近のY列ほぼ中央で7350円。作・演出は三浦大輔。観客は20代が中心だけど、中年男性も散見されけっこう幅広い。

予備知識無しで、正直あまり期待していなかったんだけど、面白かった。ストーリーは言ってしまえば、無気力なフリーター25歳と30代専業主婦との、行きずりでだらだらした関係を描くだけ。15分の休憩を挟んでほぼ3時間、びっくりするようなことはほとんど起こらない。回り舞台で転換する装置も2人の家、駅前、ホテルくらいでシンプルかつ地味。
しかし主役の秋山菜津子、田中圭にとても色気があって、魅力的だった。秋山のいつも眉をひそめていてうまく笑えない感じとか、田中の卑屈に猫背、うつむき加減で力無く手を差し出すしぐさとか、演出がきめ細かい。安藤サクラ(奥田瑛二の娘さん)、松尾スズキらも上手。過激なシーンなんか、下手だったらとても観ていられないだろうなあ。素っ気ないカーテンコールまで、観客がいないかのような自然さで、でも、妙な緊迫感がある。

周囲も含めて、ダメでない人はひとりとして登場しない。ケレンの対極で普遍的なダメ人間を描いているからこそ、ラストシーンのやりとりにはっとする現代的要素があって巧い。作家、俳優陣とも要注目。音楽は銀杏BOYZ。

« 文楽「祇園祭礼信仰記」「碁太平記白石噺」「連獅子」 | トップページ | 月亭可朝 立川談春 二人会「狸賽」「百川」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 裏切りの街:

« 文楽「祇園祭礼信仰記」「碁太平記白石噺」「連獅子」 | トップページ | 月亭可朝 立川談春 二人会「狸賽」「百川」 »