« 立川談春独演会 「おしくら」「鼠穴」 | トップページ | スキマスイッチTOUR2010 ”ラグランジュポイント” »

文楽「曾根崎心中」

第170回文楽公演 2010年2月

国立劇場小劇場。前のほうだけど左端で、ちょっと見づらかった。5700円。

楽しみにしていた吉田蓑助文化功労者顕彰記念の公演で、第三部を観る。プログラムに特別に絵はがきが付いていて、そこにスタンプを押しました。
演目は極めつけ近松「曾根崎心中」。もちろん、お初はかつて玉男さんとのコンビで当たり役となった蓑助さん。対する徳兵衛は弟子の桐竹勘十郎さんという、たまらない配役だ。去年、歌舞伎座で藤十郎さんのお初を観ているので、イヤホンガイドは無し。人形中心に観たけれど、三味線もよくきこえた気がします。

筋立ては歌舞伎に比べて脇役が少なく、九平次の悪事が露見するくだりもなくてシンプルな印象。その分、お初・徳兵衛の悲恋が際立つ。特に徳兵衛さんに寄り添って、その顔を一心に見上げるお初の幼くも官能的な仕草が、この上なく可愛らしい。心中シーンで打ち掛けを木の枝にかけたり、帯で体を結びつけたりする動きは、歌舞伎より派手かもしれないですね。

「生玉社前の段」は豊竹英大夫さん。「天満屋の段」で嶋大夫さんがたっぷり聞かせ、「天神森の段」はお初が津駒大夫さん、徳兵衛が文字久大夫さんで鶴澤寛治さんがびしっと締め、清志郎、龍爾、寛太郎さんらが盛り上げてました。面白かったです!Photo

« 立川談春独演会 「おしくら」「鼠穴」 | トップページ | スキマスイッチTOUR2010 ”ラグランジュポイント” »

文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文楽「曾根崎心中」:

« 立川談春独演会 「おしくら」「鼠穴」 | トップページ | スキマスイッチTOUR2010 ”ラグランジュポイント” »