« 松任谷由実コンサートツアー2009 TRANSIT | トップページ | 「印獣」 »

歌舞伎「通し狂言義経千本桜」

芸術祭十月大歌舞伎 09年10月

歌舞伎座さよなら公演の折り返しで、夜の部に行った。1階ほぼ中央。1等席1万6000円。

演目は「通し狂言義経千本桜」で、今年文楽でみたのでイヤホンガイド無しで楽しむ。前半「渡海屋」「大物浦」は知盛の吉右衛門が、とにかく人物の大きさを存分に発揮。典侍の局の玉三郎は、お柳として登場するシーンから上品さと、何とも言えない芯の強さを漂わせていてさすがです。前半は相模五郎の歌六、入江丹蔵の歌昇が歌舞伎独自の「魚づくし」で笑わせ、玉三郎の「洗濯のしゃべり」で拍手。
後半は海を望むセットに広がりがあり、幼い安徳天皇ががんばって演技していたのも印象的。典侍の局の逡巡は文楽よりあっさりした印象だが、碇知盛はやっぱり、人形より俳優の方が迫力がある感じだ。

休憩でお弁当を食べ、「吉野山」「川連法眼館」。菊五郎さんの忠信、菊之助さんの美しい静御前で、まず華やかな道行。後半、時蔵さんの義経に哀愁が漂っていて良かった~。狐忠信はどうしても人形の方が、ファンタジー度が高いかも、と思いますが。

文楽と見比べるなど、今回はだいぶ歌舞伎にも慣れてきたかなあ。まあ、最近毎月のように観ているしね。

「吉野山」「川連法眼館」-『義経千本桜』十月大歌舞伎夜の部の感想(その二) 六条亭の東屋

« 松任谷由実コンサートツアー2009 TRANSIT | トップページ | 「印獣」 »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎「通し狂言義経千本桜」:

« 松任谷由実コンサートツアー2009 TRANSIT | トップページ | 「印獣」 »