« 「ネジと紙幣」 | トップページ | 松任谷由実コンサートツアー2009 TRANSIT »

竹本住大夫 素浄瑠璃の会 「菅原伝授手習鑑」

竹本住大夫 素浄瑠璃の会「菅原伝授手習鑑 桜丸切腹の段」 09年9月

日経ホール、左寄り後方のR列。6500円。

いよいよ素浄瑠璃を初体験です。年配男性を中心に、大手町に文楽ファンが集結!

「トザイ、トーザイ」はなく、緞帳が上がると明るいステージの中央、金屏風を背に住大夫さんと野澤錦糸さんが並んでいて、おもむろに三味線が始まる。人形がいない分、語りのリズム、節回しや豊かな演技が際立つ。同時に、三味線の様々な変化もよくわかって面白い。
字幕もないので、皆パンフレットの床本を追いつつ、熱心に聞き入る。さすがは住大夫師匠、全く中だるみせず1時間弱があっという間だ。最初に掛け声がかかり、「泣くない」「アイ」のところで皆、気持ちよく拍手。それにしても文楽は、これに人形までついてくるのだから、贅沢な芸能だよねー。

20分の休憩のあと、赤川次郎さんとの対談。いつものように修業の苦労、若手への苦言などチャーミングな語りを1時間ほど聞かせ、最後は立ち上がって丁寧にお辞儀していました。

竹本住大夫 素浄瑠璃の会 @ 日経ホール おりおん日記

« 「ネジと紙幣」 | トップページ | 松任谷由実コンサートツアー2009 TRANSIT »

文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 竹本住大夫 素浄瑠璃の会 「菅原伝授手習鑑」:

« 「ネジと紙幣」 | トップページ | 松任谷由実コンサートツアー2009 TRANSIT »